海外FX・FX海外口座の評判・おすすめの海外FX業者をプロが解説

海外FXとは?

海外FXとは

日本国外(海外)に本社があるFX業者を利用してFXトレードをすること

を言います。

日本国外(海外)に本社があるFX業者のことを「海外FX業者」と呼びます。

FXというのは、外為証拠金取引のことであり、扱っている商品が日本円や米ドルなどの「通貨」です。

日本円は、アメリカで両替しても、イタリアで両替しても、フランスで両替しても、レートの違いはあれど日本円は、日本円なのです。

FXトレードは扱う商品が「通貨」だからこそ、

  • 日本国内のFX業者を使っても、
  • 海外FX業者を使っても、

基本的には同じ仕組みで、トレードができるのです。

「同じサービスなら、なんで海外FX業者を使う必要があるの?」

通貨の売買という意味では、同じサービスなのですが、「海外FX業者」には、「国内FX業者」にはないサービスが多く用意されています。

海外FX業者のメリット

メリットその1.最大レバレッジが大きい

「国内FX業者」のレバレッジ

「国内FX業者」の場合は

  • 個人:最大25倍
  • 法人:変動制40倍~50倍

と、2011年に導入されたレバレッジ規制によって、レバレッジはかなり低く抑えられています。

しかも、日経新聞で2018年に報じられたように、金融庁はさらにレバレッジを引き下げることを検討しているのです。

FX規制強化へ 金融庁、証拠金倍率10倍に下げ

2018/2/12 20:00日本経済新聞 電子版

金融庁は2018年春にも外国為替証拠金取引(FX)の規制を強化する方針だ。個人投資家が預けたお金の何倍まで取引できるかを示す証拠金倍率(レバレッジ)を、現行の25倍から10倍に引き下げることを検討する。外国為替相場が急変動した際、個人投資家や業者が想定を超える損失を抱えるリスクを減らす。

FX規制強化へ 金融庁、証拠金倍率10倍に下げ
金融庁は2018年春にも外国為替証拠金取引(FX)の規制を強化する方針だ。個人投資家が預けたお金の何倍まで取引できるかを示す証拠金倍率(レバレッジ)を、現行の25倍から10倍に引き下げることを検討す

「海外FX業者」のレバレッジ

「海外FX業者」の場合は

  • 一番レバレッジが大きい海外FX業者:最大3,000倍
  • 一般的な海外FX業者:最大400倍~500倍

と、「国内FX業者」の数十倍のレバレッジで、トレードすることができるのです。

レバレッジが大きければ、少ない証拠金で大きな取引が可能になります。

例:自己資金10万円の場合
国内FX業者
  • レバレッジ25倍
  • 1ドル=100円
  • 強制ロスカット=証拠金維持率:0%以下

だとした場合

持てる最大ポジションは

10万円 × 25倍 / 100円 = 25,000ドル(0.25ロット

です。

1ドル100円から101円に上昇した場合

25,000円の利益

になります。

海外FX業者
  • レバレッジ3,000倍
  • 1ドル=100円
  • 強制ロスカット=証拠金維持率:0%以下

だとした場合

持てる最大ポジションは

10万円 × 3,000倍 / 100円 = 3,000,000ドル(30ロット

です。

1ドル100円から101円に上昇した場合

3,000,000円の利益

になります。

同じ証拠金でトレードしたとしても、100倍以上の利益が変わってきてしまうのです。
海外FXは、ハイレバレッジトレードができるため、少ない証拠金で大きな利益が得られる可能性があるFXサービスなのです。

メリットその2.追証ゼロサービス

追証とは?

為替の急変動に対して、FX業者が行う強制ロスカットが間に合わなかった場合に、口座残高がマイナスになることがあります。このマイナス分を、FX業者が投資家に後から請求することを「追証(おいしょう)」と呼びます。
国内FXでは「追証(おいしょう)」があるため、証拠金以上の損失を被むるリスクがあるのです。

「追証って、そもそもそんなに発生しないのでは?」

と思う方も多いと思いますが

2015年1月15日 スイスフランショックでは

顧客区分発生件数(件)発生金額(百万円)
個 人1137件19億4800万円
法 人92件14億4000万円
合 計1229件33億8800万円

もの「追証」が発生しているのです。

個人投資家1137名に19億4800万円の追証ですから、一人当たりの追証は171万円にのぼります。
追証 = 債務(借金)

ですから、一夜にして1000名以上の個人投資家が約171万円もの借金を負った事実があるのです。

多くの海外FX業者では

「追証ゼロサービス」

を導入しています。

万が一、為替の急変動が発生して、FX業者の強制ロスカットが間に合わずに口座残高がマイナスになったとしても、「追証」は発生せずに、海外FX業者が損失を負担し、口座残高を0円にリセットしてくれるサービスのことを言います。

例:XM

入金額以上の損失を被る可能性はありますか?

いいえ、お客様が入金された金額以上を失うことはありません。特定の通貨ペアでスリッページが発生し口座残高がマイナスになりました場合には、新たにご入金頂き次第、マイナスが自動的に解消されます。

とあります。

国内FX → 入金した金額以上の損失を被るリスクがある
海外FX → 入金した金額以上の損失を被ることはない

という大きな違いが出てくるのです。

海外FX業者では、ハイレバレッジを採用していますが「追証がゼロ」だからこそ、ハイレバレッジトレードであっても、自己資金以上の損失を被ることはありませんので、リスクを限定してハイリターンの投資ができるのです。

「ハイレバレッジ」+「追証なし」

というのが海外FX業者の大きなメリットとなっています。

メリットその3.投資家と海外FX業者の目的が同じ

国内FX業者が採用している取引方法は「店頭取引(呑み取引)」です。

「店頭取引(呑み取引)」とは

投資家の注文を国内FX業者が吞んで、実際にはインターバンク市場で取引をしない取引方法のこと
  • 投資家に利益が出たら → 国内FX業者が自腹で利益分を払い戻す
  • 投資家に損失が出たら → 国内FX業者のまるまる利益になる

という取引方法を採用しています。

実際に投資家の注文通りに、インターバンク市場で通貨の売買を行わないため、国内FX業者はスプレッドが狭くできるのです。

しかし、この取引方法の最大の問題点は

投資家と国内FX業者の利益が相反すること = 「利益相反」していること

なのです。

  • 国内FX業者 → 投資家が負ければ負けるほど儲かる
  • 投資家 → 儲けたい

のですから、「利益相反」になるのは一目瞭然なのです。

目に見えるように投資家が稼ぐことを妨害する国内FX業者はありませんが

  • 儲けられない、損をしやすい、初心者投資家向けのサービスになる
  • ストップ狩りで、一時的に為替相場をいじって、強制的に損切させる
  • レートずらし、本来のレートとはずらして相場を操作する
    ・・・

など、投資家にとって不利益なことを隠れて行っているのが、国内FX業者の現状なのです。

国内FX業者が無条件に安全と考えている方は、FXで稼いでいる方の中には少ないのです。

一方、海外FX業者が採用している取引方法は「NDD取引」です。

「NDD取引」とは

「No Dealing Desk」の略称で、ディーラー「仲介者」不在で、投資家からの注文を自動的にインターバンク市場に投げて、実際に売買を行う取引方法のこと

を言います。

投資家の注文をそのままインターバンク市場に投げる取引方法であり、

海外FX業者の利益は、取引の手数料(スプレッド)のみ

となります。

そのため、

海外FX業者は、収益を増やすためには投資家の取引量を上げてもらう必要があるのです。

投資家に取引量を上げてもらうためには、儲けてもらうしかありません。

だからこそ

  • 海外FX業者 → 投資家に儲けてほしい(儲けて、取引量を増やしてほしい)
  • 投資家 → 儲けたい

と、同じ目的になるのです。

海外FX業者は、投資家に儲けてもらうためにいろいろなサービスを展開しています。

  • ボーナス
  • トレードコンテスト
  • 無料VPS
  • コピートレード(ソーシャルトレード)
  • ECN口座
  • ノースプレッド口座
  • PAMM口座
  • CFD取引
  • 仮想通貨取引
  • シグナル配信
  • オートチャーティストなどのトレードツール
  • ウェブセミナー(ウェビナー)
    ・・・

国内FX業者よりも、海外FX業者の方が投資家と同じ目線で、儲けやすくなる環境を構築してくれているのです。

投資家との関係では、利益相反になる国内FX業者よりも、同じ目的を持つ海外FX業者の方が望ましいのです。

メリットその4.MT4/MT5(メタトレーダー)が使える

投資家にとって魅力的なのは、海外FX業者であれば多くの業者で「MT4/MT5(メタトレーダー)が使える」点にあります。

MT4/MT5(メタトレーダー)とは

ロシアのMetaQuotes社(メタクオーツ社)が開発したFXのトレードプラットフォーム(取引ツール)のこと

を言います。

世界で最も普及しているトレードプラットフォーム

です。

「なぜ、MT4/MT5(メタトレーダー)が世界で最も使われているトレードプラットフォームになったの?」

MT4/MT5(メタトレーダー)には

  • 操作が軽い
  • 自分でカスタマイズしやすい
  • 投資家自らがテクニカル分析指標を開発できる
  • 投資家自らが自動売買ストラテジーを開発できる
  • 無料

というメリットがあるのです。

とくに

  • 投資家自らがテクニカル分析指標を開発できる
  • 投資家自らが自動売買ストラテジーを開発できる

が多くの投資家に支持され、世界中で投資家がテクニカル分析「インジケーター」、自動売買ストラテジー「EA(エキスパートアドバイザー)」をこぞって開発したのです。

開発されたテクニカル分析「インジケーター」、自動売買ストラテジー「EA(エキスパートアドバイザー)」を利用すれば、誰でもすぐにプロレベルのトレードができるので、急速に広まったのです。

国内FX業者も、一部の業者で「MT4(メタトレーダー4)」が利用できる業者がありますが、片手で数えられるぐらいしかありません。

多くの国内FX業者では、内部で投資家を負けさせる操作のしやすい独自のプラットフォームを採用しているのです。

MT4/MT5(メタトレーダー)を利用できれば

多くの投資家がすでに開発しているテクニカル分析「インジケーター」、自動売買ストラテジー「EA(エキスパートアドバイザー)」を利用できる

というメリットがあるので

中級者以上の投資家は、MT4/MT5(メタトレーダー)が利用できる海外FX業者を選んでいるのです。

メリットその5.ボーナスがある

海外FXには「ボーナス」というサービスがあります。

ボーナスには

  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス
  • 損失補填ボーナス
  • 利息ボーナス
  • ポイント、キャッシュバック
  • トレードコンテスト
    ・・・

など、様々なものがあるのですが、代表的な「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」について解説すると

「口座開設ボーナス」とは

口座開設するだけで、トレードするのに必要な証拠金がもらえるボーナスのこと
例:XM「口座開設ボーナス」

  • ボーナス額:3,000円
  • 入金不要

「入金ボーナス」とは

入金した金額に対して、何%かの割合の証拠金がもらえるボーナスのこと
例:XM「入金ボーナス」

  • 500ドルまでは、最大100%の入金ボーナス
  • 5000ドルまでは、最大20%の入金ボーナス

となっています。

入金ボーナス100%という海外FX業者を利用すれば

10万円の入金 + 10万円分のボーナス証拠金付与 = 計20万円の証拠金

でトレードができるのです。

証拠金が2倍になるのですから、儲けられる確率が上がるのは説明するまでもありません。
ボーナス証拠金は、証拠金としてトレードをして得た利益は出金できますが、ボーナス証拠金そのものは出金できないものがほとんどですので注意が必要です。
※一部の海外FX業者のボーナスでは、一定条件をクリアするとボーナス証拠金自体も出金できるものがあります。

まとめ

海外FXには、国内FXにはないメリットがあります。

1.レバレッジ制限がない → 最大3,000倍のレバレッジ設定も可能

少額資金でも、大金を稼げる可能性がある

2.追証がない → 口座残高がマイナスでも、マイナス分は海外FX業者が負担

証拠金以上に損をするリスクがない

3.海外FX業者と投資家の目的が同じ → 国内FXのように利益相反しない
海外FX業者が投資家が儲けるためのフォローをしてくれる
4.世界で最も人気があるMT4が利用できる → カスタマイズや自動売買が容易
高性能のトレードプラットフォームが使える
5.ボーナスがある → 証拠金が多ければ2倍になってトレードできる
証拠金が増える分、儲けやすくなる
というメリットがあるからこそ

「国内FXよりも海外FXの方が稼ぎやすい!」

と考えて、主要口座を海外口座に移す投資家が急増しているのです。
海外FXに興味がある方は、一度試してみることをおすすめします。思った以上にハードルが低く、高いサービスレベルでFXができるのです。

海外FXおすすめランキング

1位.XM

口座の種類マイクロ口座/STPスタンダード口座/STPゼロ口座/ECN
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.000.50
最小スプレッド
米ドル/円
1.001.000.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.801.800.45
最大レバレッジ888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
500倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
約定力99.35%を1秒以内に約定99.35%を1秒以内に約定99.35%を1秒以内に約定
最低入金額500円相当500円相当1万円相当

2位.TitanFX

口座の種類Zeroスタンダード口座/STPZeroブレード口座/ECN
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.35
最小スプレッド
米ドル/円
1.000.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.330.33
最大レバレッジ500倍500倍
約定力ミリ秒単位の約定スピードミリ秒単位の約定スピード
最低入金額2万円相当2万円相当

3位.AXIORY

口座の種類スタンダード口座/MT4/STPナノスプレッド口座/MT4/ECNスタンダード口座/cTrader/STPナノスプレッド口座/cTrader/ECN
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.300.000.30
最小スプレッド
米ドル/円
1.100.101.100.10
平均スプレッド
米ドル/円
1.600.601.600.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
約定力約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
約定率:99.97%
スリッページ平均:0.039pips
約定スピード:202.42m/sec
最低入金額2万円相当2万円相当2万円相当2万円相当

4位.LAND-FX

口座の種類Live口座/STP100%ボーナスPlus口座/STPECN口座/ECN
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.000.35
最小スプレッド
米ドル/円
0.700.700.10
平均スプレッド
米ドル/円
0.900.900.40
最大レバレッジ500倍500倍200倍
約定力約定スピード0.035秒約定スピード0.035秒約定スピード0.035秒
最低入金額3万円相当1万円相当20万円相当

5位.HotForex

口座の種類マイクロ口座/STPプレミアム口座/STPZERO口座/STPAUTO口座/STPHFCOPY口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.000.600.000.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.001.000.001.001.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.701.700.201.701.70
最大レバレッジ1000倍500倍500倍500倍400倍
約定力
最低入金額500円相当1万円相当2万円相当2万円相当5万円相当
タイトルとURLをコピーしました