複数ローンをまとめるにはアイフルのおまとめローンが最適!他社ローンとの比較とメリットについても解説

複数の会社でカードローンを借りていたり、複数のローンを組んでいると、毎月の返済金額だけで苦しんでいる人もいると思います。そのような時には、複数の借り入れを一本化できるおまとめローンという商品があります。

おまとめローンはすべての金融機関にある商品ではありません。カードローンで代用しているところもありますし、金融機関にとってのリスクもありますので商品化していないところもあります。その中で大手消費者金融会社であるアイフルは、おまとめローンに力を入れている会社です。ここでは、アイフルのおまとめローンについて、他社ローンとの比較と合わせて詳しく解説していきます。

おまとめローンは何故お得?

Woman
複数の借り入れがある人にとって、おまとめローンで借り入れをまとめるといろいろなメリットがあると聞いたのですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?
Expert
複数の借り入れを一本化することにより、毎月の返済金額を減らせる可能性があります。また、金利が下がる可能性があります。さらに、借り入れが一つになることで、管理が楽になります。

おまとめローンがお得な理由

毎月の返済額を減らすことができる

複数のローンを借り入れしていている場合の毎月の返済額は、複数のローンの毎月の返済額を合計した金額になります。そのため、借り入れしている数が多いほど、金額も大きくなるのです。

複数のローンをおまとめローンで一本化すれば、毎月の返済額がおまとめローン一本の返済額になります。そのため、まとめる前の複数のローンを合計した毎月の返済額よりも、少なく調整することができるのです。

金利が下がる可能性がある

カードローンを複数の金融期間で借りている場合などは、一つ一つのカードローンの借入限度額が低く、金利が高いケースが多いと思われます。そのため、おまとめローンでカードローンをまとめることにより、多少なりとも金利が下がる可能性が高くなります。銀行系のおまとめローンなど金利が低めに設定されているおまとめローンでまとめることができれば、大きく金利を下げられるかもしれません。

管理が楽になる

カードローンを含めた複数のローンを返済していると、基本的に毎月ローンの数だけ返済日があることになります。そして、その都度入金したり振込したりするのも大変ですし、なによりいちいち管理をしなければなりません。

しかし、おまとめローンに複数のローンをまとめることにより、返済のために入金したり振込をすることが一度ですみます。また、管理もおまとめローン一本だけでよくなりますので、かなりの負担が軽減できるのです。

アイフルのおまとめローンは総量規制の対象外?

Man
銀行のカードローンやその他のローンと消費者金融会社のカードローンを消費者金融会社のアイフルにまとめたいのですが、総量規制の対象になってしまいませんか?
Expert
おまとめローンは、提供している会社が消費者金融であっても総量規制の対象外の商品です。そのため、年収の3分の1を越える借り入れをしても問題ありません。

貸金業法の総量規制

貸金業法

消費者金融会社などの貸金業に対する法律である貸金業法は、2006年12月に成立しました。ただし、貸金業側の準備と借り手側への影響が大きいことにより、段階的に施行されてきたのです。そして、2010年6月18日に総量規制を含むすべての規定が施行されています。

総量規制

総量規制とは消費者金融などの貸金業からの個人の借入総額が、原則年収の3分の1を越えてはいけないという法律です。ただし、貸金業からの借り入れであっても、一部総量規制の対象外となる借り入れもあります。例えば、不動産購入のための借り入れや、自動車購入のための借り入れなどです。そして、おまとめローンも総量規制の対象外になります。

多重債務者

貸金業法の総量規制が施行される前は貸金業に対する貸出金額を規制する法律がなかったため、多重債務者がどんどん増えていくという社会的問題にまでなりました。総量規制は、多重債務者が増えていった社会的問題を解消するためにできた規制なのです。

銀行などが提供しているローン

貸金業法は、消費者金融などの貸金業を対象とした法律です。そのため、銀行や信用金庫やろうきんなどの金融機関は、対象外業種になります。ただし、最近では銀行系カードローンでも多重債務者の問題を抱えているため、ほとんどのところで自主規制などで自ら制限をしています。

アイフルのおまとめローン

消費者金融のアイフルは貸金業に含まれますので、貸金業法の対象業種になります。そのため、アイフルのカードローンについては、貸金業法の総量規制の対象です。しかし、おまとめローンについては総量規制の対象外ローンのため、年収の3分の1を越える金額のローンをまとめることができるのです。

アイフルの「おまとめMAX」について説明

Woman
アイフルのおまとめローンには、どのような種類があるのでしょうか?
Expert
アイフルのおまとめローンには、アイフルを利用したことがある人のための「おまとめMAX」と、アイフルを初めて利用する人のための「かりかえMAX」の2種類のおまとめローンがあります。どちらのおまとめローンも、複数のローンを一本化するためのローンです。また、貸金業法に基づくおまとめローンのため、総量規制の対象外です。

「おまとめMAX」の概要

  • 実質年率: 年3.0%~年17.5%
  • 借入金額:1万円以上800万円以内
  • 借入期間:10年以内(120回)
  • 貸金使途:アイフルの借入金及び他社借入金の借換え資金
  • 返済方式:元利定額返済方式
  • 必要書類:他社の借入条件の確認ができる書類、免許証などの本人確認書類、源泉徴収票などの収入証明書類
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:不要
  • 在籍確認:あり
  • 利用条件:満20歳以上で定期的な収入と返済能力がある人、アイフルの基準を満たす人

「おまとめMAX」を利用するメリット

  • 毎月の返済額や利息の負担を減らすことができます。
  • 毎月の計画的な返済により、確実にローン残高を減らすことができます。
  • カードローンのように借入限度額内の新たな借り入れができないため、ローン残高が増えることはありません。
  • 複数の借り入れを一本化することにより、返済管理が楽になります。

申し込みから融資までの流れ

来店契約の場合

  1. インターネットまたは電話での申し込み
  2. アイフルでの審査
  3. 審査結果が連絡される
  4. 来店して契約手続き
  5. 融資実行
  6. 各社の既存ローンの返済

郵送契約の場合

  1. インターネットまたは電話での申し込み
  2. アイフルでの審査
  3. 審査結果が連絡される
  4. 契約関係書類とカードが郵送される
  5. 契約関係書類を記入後返送
  6. 書類不備がなければ融資実行
  7. 各社の既存ローンの返済

アイフルの「かりかえMAX」について説明

「かりかえMAX」の概要

  • 実質年率: 年3.0%~年17.5%
  • 借入金額:1万円以上800万円以内
  • 借入期間:10年以内(120回)
  • 貸金使途:他社借入金の借換え資金
  • 返済方式:元利定額返済方式
  • 必要書類:他社の借入条件の確認ができる書類、免許証などの本人確認書類、源泉徴収票などの収入証明書類
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:不要
  • 在籍確認:あり
  • 利用条件:アイフルを初めて利用する満20歳以上で定期的な収入と返済能力がある人、アイフルの基準を満たす人

「かりかえMAX」を利用するメリット

  • 毎月の返済額や利息の負担が減らせます。
  • 新たな借り入れができないことや、毎月計画的に返済することにより、確実にローン残高を減らせます。
  • 複数の借り入れの一本化により、返済管理が楽になります。

申し込みから融資までの流れ

「おまとめMAX」と同様の流れになります。

来店契約の場合

  1. インターネットまたは電話での申し込み
  2. アイフルでの審査
  3. 審査結果が連絡される
  4. 来店して契約手続き
  5. 融資実行
  6. 各社の既存ローンの返済

郵送契約の場合

  1. インターネットまたは電話での申し込み
  2. アイフルでの審査
  3. 審査結果が連絡される
  4. 契約関係書類とカードが郵送される
  5. 契約関係書類を記入後返送
  6. 書類不備がなければ融資実行
  7. 各社の既存ローンの返済

アイフルのおまとめローンのシミュレーション

例えば、現在他社3社からカードローンを合計2,000,000円借りているとします。また、それぞれのカードローンの毎月の返済額の合計が50,000円のため、アイフルの「かりかえMAX」でまとめようとしています。

「かりかえMAX」でまとめた場合

借入金額200万円、金利15.0%、返済期間10年の場合、毎月支払額が33,000円になります。この条件でまとめた場合、毎月の返済額が17000円軽減されます。しかし、このケースの場合、返済期間が10年のため総返済額が3,703,379円にもなるのです。そのため、既存のカードローンの金利やどのくらいの期間で完済できるのかを考慮して、まとめることが大切です。

他社おまとめローンと比較とメリットについて

アイフルのおまとめローンと他社おまとめローンの違い

おまとめローンという言葉はよく聞くと思いますが、おまとめ専用のローンを提供している金融機関は実は少ないのです。実際は、カードローンやフリーローンをおまとめローンとして利用している金融機関が多いのです。

アイフルのおまとめローンは、借入金の借換え資金専用のローンのため、他社のおまとめローンと比較して使いやすいのが特徴です。また、資金使途が決まっているため、審査に通りやすいのも特徴の一つです。しかし、銀行のフリーローンと比較すると、金利はアイフルのおまとめローンの方が高く設定されています。また、有担保のフリーローンと比べると、借入金額も低く設定されているのです。

他社の借り換え専用ローンの紹介

おまとめローンをカードローンやフリーローンで代替している金融機関が多いのですが、中には借り換え専用ローンとしておまとめローンを提供している金融機関もあるのです。ここでは、アイフル以外の借り換え専用ローンを紹介していきます。

東京スター銀行 スターワン乗り換えローン

  • 実質年率:年12.5%
  • 借入金額:30万円以上1,000万以内
  • 借入期間:10年以内
  • 貸金使途:借入人本人に対する無担保個人向けローンの借り換えおよびおまとめ資金(対象となるローンは、事業性資金を除く金融機関のローンに限る)、東京スター銀行の無担保個人向けローンの借り換えには利用不可
  • 返済方式:元利均等月賦返済
  • 手数料:事務手数料、繰上返済手数料などの手数料は不要
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンスの保証付のため不要
  • 利用条件:申込時に満20歳以上65歳未満、給与所得者(正社員、契約社員、派遣社員)で年収200万円以上の人、保証会社(株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンス)の保証が受けられる人

東京スター銀行のスターワン乗り換えローンは、複数のローンを一本化して確実に返済していくためのローンです。来店不要でインターネットから申し込みができます。

給与所得者(正社員、契約社員、派遣社員)専用のローンのため、自営業者やパートやアルバイトの人は利用できません。現在利用中のローンの金利が12.5%以下の場合は、利息の総支払額が減らない可能性がありますので検討が必要です。

トマト銀行 トマト・借換え専用フリーローンひとまとめ

  • 実質年率:固定金利 年4.8%、年6.8%、年9.8%、年13.8%のうちトマト銀行所定の審査で決定
  • 借入金額:10万円以上800万以内
  • 借入期間:6ヶ月以上10年以内
  • 貸金使途:消費者金融会社、他行ローン、信販クレジットの借り換え資金(事業性資金は除く)
  • 返済方式:毎月元利均等分割返済
  • 手数料:不要
  • 必要書類:運転免許証、パスポート、個人番号カード、健康保険証などの本人確認資料、利用金額が300万円超となる場合は所得証明書
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:オリックス・クレジット株式会社の保証付のため不要
  • 利用条件:申込時に満20歳以上65歳未満で完済時に満70歳以下の人、安定した収入のある人、保証会社(オリックス・クレジット株式会社)の保証が受けられる人、住まいや勤務先がトマト銀行本支店の営業区域にある人、トマト銀行所定の借入条件を満たしていること、申込時点でトマト銀行の借り入れに延滞の無い人

トマト銀行のトマト・借換え専用フリーローンひとまとめは、複数の借り入れを一本にまとめて確実に返済ができるようになるおまとめローンです。申し込み方法は、インターネットや電話やFAXや店頭など自分に都合にあわせた方法でできます。

トマト銀行は岡山県に本店を置く地方銀行で、ほとんどの支店が岡山県内にあります。そのため、住んでいる地域によっては、トマト・借換え専用フリーローンひとまとめを申し込むことができない場合がありますので注意が必要です。

アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン

  • 実質年率:年7.7%~年18.0%
  • 借入金額:1万円以上300万以内
  • 借入期間:最長13年7ヵ月(2~162回)
  • 貸金使途:貸金業者債務の借り換え資金
  • 返済方式:元利均等返済方式
  • 必要書類:運転免許証、個人番号カード、健康保険証などの本人確認書類、借入総額により源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:不要
  • 利用条件:20歳以上で安定した収入と返済能力を有する人、アコムの基準を満たす人

アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローンの借り換えの対象となる債務は、貸金業者からの借入債務に限定されています。すなわち、銀行などのローンの借り換えには利用できません。

まとめ

おまとめローンは、複数の借り入れを一本化することにより、毎月の返済額や総返済額を減らすためのローンです。また、借り入れの一本化によるローンの返済の管理がしやすくなるというメリットもあるのです。

おまとめローンは、貸金業法の総量規制の対象外のローンです。、そのため、消費者金融会社などの貸金業者で借り入れをした場合であっても、年収の3分の1を超える借り入れができます。

アイフルのおまとめローンは、アイフルを利用したことがある人用のおまとめMAXと、初めて利用する人用のかりかえMAXの2種類があります。両方ともおまとめ専用のローンのため使いやすく、消費者金融会社のローンのため審査に通りやすいのが特徴です。複数債務で悩んでいる人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

aktkaktk
aktkaktk
167 views

金融機関勤務歴8年ですが、金融機関歴は、信用金庫で営業や融資の窓口を経験して住宅ローンやカードローンなどの個人ローンに強みを持っています。

現在は、銀行のシステムを開発しながら、カードローンや、クレジットカードや、社会保険労務士の資格を活かした年金など金融機関のライティングをしています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。