カードローンの審査とはどういうもの?銀行系カードローンと消費者金融系カードローンとの審査の違いも解説します!

カードローンを利用したいと思った時に、どこの金融機関に申し込みをするのかはとても重要な問題です。どこの金融機関でも、どのくらいの借入限度額でも申し込みができる人であれば問題ありません。しかし、カードローンには必ず審査があり、利用者の収入や金融機関での借入状況や金融事故情報などによって借り入れできるのかが決まってくるのです。

カードローンの審査基準は金融機関ごとに違ってきますので、申込金融機関によって審査に通過する可能性が変わってきます。ここでは、カードローンの審査とはどういうものなのかについて詳しく解説していきます。

カードローンとはどのようなローン?

Man
カードローンは、便利だとよく聞きますがいったいどのようなローンなのでしょうか?
Expert
カードローンとは、借入限度額内であれば何回でも借り入れと返済を繰り返すことができる資金使途自由のローンです。金融機関によって違いますが、基本的にはローンカードを利用した提携ATMからの借り入れや、振込での借り入れができます。

カードローンの特徴

カードローンは、生活費が足りない場合や急な出費などでお金が必要になった場合に、すぐに必要な金額だけ借り入れできますのでとても便利なローンです。また、ほとんどのカードローンが無担保で保証人も必要ないため、手軽に申込みができます。

基本的に事業資金以外であれば資金使途が自由な場合が多く、金融機関の中には即日融資ができるところもあるくらい審査スピードが早いのが特徴です。ただし、他の種類の無担保ローンに比べて金利が高いことがデメリットになります。

カードローンの種類

カードローンの種類には、銀行系カードローンや消費者金額系カードローンや信販系カードローンなどがあります。それぞれのカードローンの種類に特徴があり、メリットやデメリットがあるのです。

銀行系カードローン

銀行や信用金庫などが提供するカードローンで、金利は他のカードローンの種類に比べて低めに設定されています。

消費者金融系カードローン

アコムやプロミスなどの消費者金融会社が提供するカードローンで、金利は他のカードローンの種類に比べると少々高めに設定されています。

信販系カードローン

三井住友カードやオリコなどの信販会社が提供するカードローンで、銀行系カードローンや消費者金額系カードローンに比べると利用者が少ないのが特徴の一つです。金利は銀行系カードローンに近いところもありますし、消費者金融系カードローンに近いところもあります。また、信販系カードローンは、貸金業法の総量規制の影響を受けるため、年収の3分の1を越える借り入れはできません。

銀行系カードローンとはどのようなローンでどのような審査方法?

銀行系カードローンの特徴

銀行系カードローンのは、カードローンを提供している金融機関が銀行や信用金庫などのため、他のカードローンの種類と比べるとイメージが良い印象はあります。また、銀行カードローンの適用される法律は銀行法のため、貸金業法の総量規制の対象外です。そのため、年収の3分の1を越える借り入れも可能です。

ただし、銀行カードローンの過剰貸付が問題になったため、2017年の4月頃より自主規制を行う銀行も増えました。その結果、銀行によっては年収の2分の1や3分の1までしか貸さないように規制しているところもあるのです。

銀行カードローンの金利は他のカードローンの種類と比較すると低めに設定されています。また、借入限度額の設定も高く設定できる銀行もあります。

銀行系カードローンの審査

銀行系カードローンの審査は、他のカードローンの種類に比べて厳しいといわれています。銀行カードローンに限らずどのカードローンでも、審査基準を公表している金融機関はありません。しかし、どこの銀行であっても、提示された年収や、現在の借入総額や過去の金融事故情報などの信用情報から返済能力があるのかを審査しているのです。

銀行などの金融機関は、個人の信用情報を知るために信用情報機関に加入しています。信用情報機関に照会すれば、他の金融機関の借入状況や返済状況や延滞情報などすべてがわかるのです。

銀行系カードローンの審査に通過しにくい人は、他社の借入件数や金額が多かったり、延滞している債権があったり、過去に金融事故を起こしていたりする人です。審査が厳しいといっても、他に借り入れが無く、年収や申込金額などから返済能力があると判断されれば問題なく審査に通過することは可能なのです。ほとんどの銀行系カードローンの借入条件に含まれている、継続して安定した収入があって、保証会社の保証を受けることができれば審査に通過する可能性は高くなるでしょう。

消費者金融系カードローンはどのようなローンでどのような審査方法?

消費者金融系カードローンの特徴

消費者金融系カードローンは、銀行系カードローンなどに比べると金利は高めに設定されていますが、審査結果が早く即日融資ができるカードローンもあります。また、インターネットでの申し込みから融資実行まで、来店不要ですべてWEBで完結できるところもあるのです。

さらに、消費者金融系カードローンの中には、ローンカードの発行も行わないで、郵送物もなく、借り入れも振込融資などすべてインターネットで完結できる商品もあります。このように、消費者金融系カードローンの特徴は、手軽に便利に借り入れできるところにあるのです。

近頃では、初めてその会社を利用する人へのサービスとして、一定期間無利息サービスを行っている消費者金融会社も多くあります。例えば、一時的に資金が必要な場合などは、無利息サービスを利用するこにより金利0円で借り入れることができるのです。短期の資金が必要なためカードローンの申し込みをしようと考えている人には、とてもお得なサービスなのです。

消費者金融系カードローンの審査

消費者金融系カードローンの審査は、一般的には銀行系カードローンなどに比べて緩いといわれています。しかし、消費者金融系カードローンは、貸金業法の総量規制の対象のため、他の総量規制対象のローン残高と合計した金額が年収の3分の1を越えてはいけないのです。そのため、総量規制を越える金額は、審査に通らないのです。

他の金融機関の借り入れだからわからないだろうと思って総量規制以上の金額を申し込んでも、信用情報機関に照会すればすぐにわかってしまいます。したがって、申込時には、印象が悪くならないためにも正確な金額を記入するようにしましょう。

カードローンの審査に通る人と落ちる人との違い

同じくらいの年収や年齢や雇用形態であっても、カードローンの審査に通る人と落ちる人がいます。この違いは何なのでしょうか?

他のカードローンやクレジットカードの所有数が多い

カードローンの審査時は、必ず信用情報機関に信用情報の照会を行います。信用情報には、たとえ利用していなかったとしても他のカードローンの所有情報がでてきます。また、クレジットカードにもキャッシング枠が付いている場合があります。

クレジットカードのキャッシング枠は、利用していなくても総量規制の対象になりますので注意が必要です。利用していないカードローンやクレジットカードは、できるだけ解約をするようにしましょう。

過去に延滞や金融事故を起こしている

今はきちんとローンの返済をしていたり返済能力があったとしても、過去に返済遅延や金融事故を起こしていたら、いわゆるブラックリストに入っている場合があります。ブラックリストはすべての金融機関に共有されていますので、どこで申し込みをしても審査に通ることは難しくなります。ただし、5年が経過すれば信用情報期間の情報が消えますので、審査に通る可能性がでてくるのです。

他の金融機関からたくさん借りている

他の金融機関にローンがあっても返済能力にあった借り入れであれば、審査に通ることもあります。しかし、返済能力を超えるような借り入れがある場合は、審査に通る可能性が低くなります。

審査に通りやすいカードローン

基本的に、銀行系カードローンよりも消費者金融系カードローンの方が審査に通りやすいといわれています。そのため、審査に通りやすいカードローンは、消費者金融系カードローンが中心になりますが、銀行系カードローンの中にも比較的審査に通りやすいといわれているカードローンもあるのです。ここでは、審査に通りやすいカードローンの紹介をしていきます。

アコムのカードローン

  • 貸付利率(実質年率):3.0%~18.0%
  • 融資額:1万円~800万円
  • 必要書類:運転免許証(交付を受けていない人は個人番号カードや健康保険証など)、借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)
  • 返済方式:定率リボルビング方式
  • 返済期間:最終借入日から最長9年7ヵ月
  • 返済回数:1回~100回
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:不要
  • 申込条件:20歳以上で安定した収入と返済能力を有する人、アコムの基準を満たす人

アコムのカードローンは、最短30分の審査で即日利用できるのが特徴です。審査はわりと緩めで、20歳以上の安定した収入と返済能力を有していることが条件になります。借

り入れは店頭窓口やアコムATMや提携ATMなどが利用可能で、インターネットや電話での振込による借り入れであれば24時間365日利用できます。アコムをはじめて利用する人であれば、契約日の翌日から30日間金利0円の無利息サービスを行っています。

プロミスのフリーキャッシング

  • 貸付利率(実質年率):4.5%~17.8%
  • 融資額:1万円~500万円
  • 必要書類:運転免許証(交付を受けていない人はパスポートまたは健康保険証+1点(住民票など))、源泉徴収票や確定申告書や給与明細書などの収入証明書(希望借入額が50万円を超える場合、他社の利用残高との合計が100万円を超える場合)
  • 返済方式:残高スライド元利定額返済方式
  • 返済期間:最終借入後原則最長6年9ヶ月
  • 返済回数:1~80回
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:不要
  • 申込条件:年齢20歳以上で69歳以下の本人に安定した収入のある人

プロミスのフリーキャッシングの審査は、主婦でも学生でもアルバイト等でも安定した収入があれば申し込みできるのが最大の特徴です。また、審査時間も最短30分可能のため、インターネットを利用すれば最短1時間で融資まで完了できます。

さらに、プロミスをはじめて利用する場合、メールアドレスの登録とWEB明細の利用で初回借入日の翌日より30日間の無利息サービスを行っています。借入日の翌日からのため、契約後急いで借り入れする必要がありません。

レイクアルサ

  • 貸付利率(実質年率):4.5%~18.0%
  • 融資額:1万円~500万円
  • 必要書類:運転免許証等、契約額に応じてレイクアルサが必要とする場合に収入証明
  • 返済方式:残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式
  • 返済期間:最長8年
  • 返済回数:最大96回
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:不要
  • 申込条件:満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある人

新生銀行の新生フィナンシャルカードローンが、2018年4月に新生フィナンシャル株式会社が提供する消費者金融カードローンとして新たに生まれ変わったものがレイクアルサです。レイクアルサの最大の特徴は、契約日の翌日から30日間の無利息サービスか、5万円まで180日間の無利息サービスのどちらかを選択できるところです。また、2018年9月3日から11月30日までの期間限定で、30日間の無利息サービスが60日間無利息サービスになるキャンペーンを行っています。

アイフルのキャッシングローン

  • 貸付利率(実質年率):3.0%~18.0%
  • 融資額:1万円~800万円
  • 必要書類:本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)、契約額に応じて収入証明書
  • 返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
  • 返済期間:最長14年6ヶ月
  • 返済回数:1回~151回
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:不要
  • 申込条件:満20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する人、アイフルの基準を満たす人

アイフルのキャッシングローンは、インターネットからでは24時間365日申し込みすることができます。また、審査は最短30分で完了し、メールまたは電話で連絡が来ます。

借り入れはローンカードを利用して全国の提携ATMで行うか、または振込により行うことができるのです。さらに、アイフルをはじめて利用する人であれば、契約日の翌日から最大30日間の利息が0円になる30日間利息0円サービスを行っています。

楽天銀行のスーパーローン

  • 貸付利率(実質年率):1.9%~14.5%
  • 融資額:10万円~800万円
  • 必要書類:本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)、収入証明書(源泉徴収票、課税証明書など)
  • 返済方式:残高スライドリボルビング返済方式
  • 返済期間:1年ごとの自動更新
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:不要
  • 申込条件:満年齢20歳以上62歳以下の人、日本国内に居住している人(外国籍の人は永住権を持っている人)、勤めている人で毎月安定した定期収入のある人、または専業主婦の人、保証会社の保証を受けられる人

楽天銀行 スーパーローンは、楽天銀行が提供するカードローンです。そして、銀行系カードローンの中では、比較的審査が緩いといわれています。なぜなら、申込条件にあるように、パートやアルバイトの人でも専業主婦の人でも申し込みができるのです。

また、楽天会員で楽天銀行の取引振りによっては、審査が優遇されることがあります。この審査優遇は、他のカードローンにはない特徴なのです。

まとめ

カードローンの種類には、銀行系カードローンや消費者金融系カードローンや信販系カードローンなどがあります。どの種類のカードローンを申し込む場合も、必ず審査がありますが、その審査基準を公表している金融機関はありません。

しかし、カードローンの申し込みをした場合は、信用情報期間に照会して他のローンの返済状況や借入情報や事故情報などの信用情報を元に返済能力があるかどうかの審査をしていることは明確です。また、カードローンの審査は、消費者金融系カードローンよりも銀行系カードローンの方が厳しいといわれています。ただし、消費者金融系カードローンは、貸金業法の総量規制の対象のため、他の対象ローンと合わせて年収の3分の1を超える金額の借り入れはできません。

aktkaktk
aktkaktk
167 views

金融機関勤務歴8年ですが、金融機関歴は、信用金庫で営業や融資の窓口を経験して住宅ローンやカードローンなどの個人ローンに強みを持っています。

現在は、銀行のシステムを開発しながら、カードローンや、クレジットカードや、社会保険労務士の資格を活かした年金など金融機関のライティングをしています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。