軽減税率対策補助金が支給されるPOSレジとは?POSレジについてわかりやすく解説します!

2019年10月から、いよいよ消費税10%の実施が決定し、今後の商売にどのような影響が出るかを懸念する経営者は多いのではないでしょうか。すでに決定したことであれば従う意外に方法はなく、ましてや、それが政府が決めたこととなれば回避する方法がないのは尚更のことです。

しかし、消費税が引き上げになることで、消費率自体が低下してしまう恐れがあるのも事実。消費税10%に引き上げれれるとともに軽減税率8%が特定の商品には適用されることになり、安堵のため息をきながらも、複雑になるであろう会計が今度は心配になります。

そんな中、軽減税率対策としてPOSレジが注目されていて、POSレジを導入する小売り・飲食関連の事業者には補助金が支給されることになりました。一体このPOSレジとは何なのでしょうか。

今回は補助金が支給されるという、POSレジについてわかりやすく解説していきます。

軽減税率対策補助金とは

消費税10%の引き上げに伴い、特定の商品に限り消費税8%が適用されることになります。この2%安くなる税率のことを軽減税率と言います。

軽減税率の対象となるのは・・・

飲食料品
酒類を除く、規定する食品全般。
外食やケータリング等の食事は軽減税率の対象とはなりません。

新聞
週2回以上発行される新聞で、一般的な社会的事実を掲載するもの。

これらの商品に対しては、消費税8%が適用ということで、税金が安くなるのは嬉しいことでもありますが、会計がややこしくなるというデメリットがあります。

軽減税率について詳しく調べたい方は以下のサイトを参考にしてみて下さい。

【保存版】消費税の軽減税率制度とは?消費税軽減税率制度についてわかりやすく解説します

これらの軽減税率に関わりのある業種は、主に小売りや飲食関連業で、お客様に対する会計だけにとどまらず、支出入の管理も複雑になってしまいます。

そこで、今注目されているのが、自動的に税率別に計算してくれるPOSレジの存在です。POSレジがあればその難解になる会計や収支計算が非常に簡単になるのです。

軽減税率対策補助金

消費税10%の引き上げに向けて、政府はこのPOSレジの導入を支援する為に、導入にあたって補助金を支給することになったのです。すでに、この申請期間は始まっており、POSレジについて検討を始めている経営者もいることでしょう。

軽減税率補助金の対象は、中小企業、小規模事業者となっており、導入するPOSレジシステムの種類や、事業の規模、総従業員数などによって補助金の金額も異なります。

支給額はそれぞれ、約20万円前後の支給額もあれば、100万円を超える場合もあり、会計に手間がかからなくなるのであれば是非検討したいところではあります。

また、このPOSレジは、複数税率の計算を簡単にしてくれるだけではなく、その他にも様々なメリットがあります。そこで、これからPOSレジについて詳しく解説していきたいと思います。

POSレジとは

すでに小売り・飲食関連業で普及し始めているPOSレジは、

POSシステム、POSレジシステム、POSアプリ、

などとも呼ばれているハイテク機能のレジスターのことを言います。

簡単に言えば従来のレジをスマホやタブレット、PC上で管理していくシステムです。と、聞けば何だか苦手な分野だと思ってしまう経営者もいることでしょう。

Expert

大丈夫です。

POSレジシステムの基本的な仕組みさえ理解すれば、誰でも手軽に利用できる非常に便利なシステムです。

POSレジの仕組み

POSの意味は・・・

Point Of Sales(ポイント・オブ・セールス)を略したもので、「売る」と「買う」が行われた時間や場所金額などを1つのポイント(場所)にまとめていくという意味があります。

ただ単に会計を行うだけでなく、

  • 通信端末に接続して利用する
  • 画面で情報を見ることができる
  • 記録を残して管理することができる
  • 自動的に税率などを計算してくれる
  • バーコードリーダー機能がついている
  • キャッシュドロワーと接続されている
  • レシートが自動的に出てくる
  • 週ごと、月ごと、年間のデータの集計ができる

などが基本的なPOSの機能になります。

他にもPOSレジにはいろいろな種類があり、シンプルな会計機能のものから、セールスマーケティングに活用できるもの、スマホ決済やクレジットカード決済が可能なものなど、付加的な機能を付けることも可能になります。

付加的な機能には・・・

  • 各店舗、店舗内の数台のレジを統一して管理できる
  • 在庫管理ができる
  • スマホやタブレットをレジ変わりに使用することができる
  • 顧客情報を管理できる
  • スタッフのシフト管理ができる
  • 時間帯、月別のマーケティングデータがわかる
  • メールマガジン、メールサービスが利用できる
  • 各種決済、ポイントサービスが利用できる

などと・・・数えきれないほどの機能を利用することができるのです。従って、単純に消費税引き上げ、軽減税率がなかったとしても、このPOSレジを導入する価値は非常に高いと言えるのです。

POSレジシステムは役に立つのか

Woman
POSレジを導入しておけば、今後いろいろなことに活用できるということでしょう?
便利になるのはわかるけど、本当に経営者にとって役に立つの?
Expert
そうですね。具体的にどんな効果があるのかわからないと不安になります。それでは、このPOSレジが経営者にとってどんな利点があるのか、またデメリットとなる要素は何なのかを解説していきたいと思います。

POSレジシステムのメリット

POSレジシステムを導入した際の最大限のメリットは、

  • これまで会計にかかっていた労力、手間、人件費が削減できる

例えば、レシートや伝票が一日100枚、200枚となった場合にはその清算や統計にどれだけの時間、手間がかかるでしょうか。仮に一日の清算数が少ないとしても、それを月間、年間で統計を出すためには数日かかってしまいます。

税率の計算が自動になるだけでなく、すべての清算を自動で行いますので、計算ミスや不正を防ぐことにもなります。

小規模な事業の場合は、経営者本人が数日かかって月次決算書を作成するとしても、もし、その時間や手間をその他の商品開発やお店のDIYなどに使えたら、どんなに効率が良くなるでしょうか。

  • データ収集と分析で売り上げ向上が狙える

POSレジシステムであれば、オーダーの内容、購入した商品の内容、金額、時間帯などを一瞬にて統計を出していくことができます。基本的にそれらのデータは画面上でグラフや表にして提示されるので、わかりやすく、分析がしやすいという利点になります。

売上げを向上させていく為には、何が売れているのか、どうして売れているのか、どんな人に売れているのか統計を出していくことは非常に大切なことになります。

それを、会計する度に手書きで記録していくには限界があり、ましてや統計を出していくとなれば、膨大な時間がかかってしまいます。例えば、小売り界のキング、アマゾンはマーケティングリサーチに兆単位で費用をかけているとのことです。それは極端な例だとしても、やはりお店の現状を詳細に渡って把握できることは、戦略を練っていく上でも大きく役に立つでしょう。

  • 希望に合わせてシステムのアップグレードができる

ひとたびPOSレジシステム導入しておけば、いつでも付加機能を付けてアップグレードさせていくことができます。例えばマーケティングをもっと本格的に進めていきた場合は、年代や性別、職業などが記録できるものもあります。

さらに、経営上に必要な事務的な機能、給料計算、シフト管理なども一台のパソコンですべて管理することができます。もう、事務員を雇ったり、委託で頼んだりする必要がなくなるわけです。

IT技術は日々進化しており、便利なソフトウェアやアプリが毎日のように登場し続けています。その進化に合わせて、いつでも必要な時に、新しい機能を追加していくことができるから便利です。

POSレジシステムのデメリット

POSレジシステムは上述のように、メリットを述べ始めたらきりがないと言えるほど役に立つシステムですが、もちろんデメリットもあります。

POSレジシステムのデメリットは

  • 通信端末がないと使用できない

いかに今日ではPCやタブレット、スマホなどの普及が進んでいるとはいえ、通信回線をお店に引いていない経営者もまだまだたくさんいると思います。普段の経営スタイルで、端末を利用していない場合には、PCなどの端末の導入から検討しなければなりません。

経営者の中には、通信端末の操作自体に不慣れな人もいて、POSレジシステムの導入に抵抗を感じる人もいることでしょう。自分に使いこなせるのかどうか不安になってしまう人もいると思います。

  • 費用がかかる

今回のPOSレジシステムの導入に、いくら補助金が出るといっても全額負担してくれるわけではありません。少なからず、いくらかの費用が掛かってしまいます。

無料で利用できるシンプルなレジ機能のアプリもありますが、レジ会計をするだけであればあまり意味がありません。結局様々な機能を追加した際には、完全無料で使えるPOSレジシステムはほとんど皆無に等しいのが現状であります。

また、補助金をあてにして高価なPOSレジシステムを導入したのに、補助金が思ったよりもかなり少なかったというケースも考えておく必要があります。

  • 習得に時間がかかる

どんなに普段からPCやスマホを使い馴れているとしても、システムを使いこなすまでに時間がかかってしまうことです。忙しい時間帯に操作方法がわからなくなってしまった際に、営業に支障をきたしてしまいかねません。

  • セキュリティ対策が必要

そして、POSレジ対策のデメリットとして一番注意しておきたいのがセキュリティ対策です。通信端末でデータが管理できるということは、誰でもデータにアクセスできるチャンスを与えることにもなります。万全なセキュリティ対策を検討する必要があります。

おすすめのPOSレジシステム5選!

POSレジシステムには多くの利点がありますが、デメリットもいくつかあることを理解した上で、本格的なPOSレジシステムの導入を検討していきましょう。お店の経営スタイル、規模、客層、商品数、従業員の数など、それぞれの状況に応じてPOSレジシステムを選ぶことがポイントとなります。

それでは、人気のPOSレジシステム、おすすめのPOSレジシステムをご紹介いたします。
今後の参考にしてみて下さい!

小規模なお店におすすめPOSレジ

個人経営や少人数での経営であれば、そんなに大がかりなシステムは必要ないかもしれません。(経営者によりますが)シンプルな機能で、できるだけ費用を抑えたい、でもPOSレジのメリットは堪能したい方には・・・

AirREGI

AirレジはiPadやiPhoneにダウウンロードするだけの簡単POSレジシステムです。端末をお持ちでない経営者に嬉しいのがPOSレジシステム導入に必要な端末購入にも補助金が適用できることです。

Airレジの基本的なサービスは無料でご利用頂けます。その他サービス内容に応じて周辺機器を揃えれば1人でも軽く3人分くらいの仕事をこなすことができます。すでにiPhoneをお持ちの方であれば、無料で使える機能だけを試してみてもいいですよね。

  • レジ会計機能

注文入力、会計、レシート出力、キャッシュドロワ―、顧客分析、領収書発行、売上管理、会計ソフトなど・・・

  • サポート

電話やメール、ビックカメラなどの家電量販店にサービスカウンターで相談できる

端末操作に自信がない人におすすめPOSレジ

ネット回線を用意したり、端末を用意したり・・・、今までPCやスマホなどをあまり扱ったことがない方は、サポート体制が充実しているPOSレジシステムを選ぶことがポイントになります。担当がついてくれて、直接店内にて操作方法や接続方法などを丁寧に教えてくれるところは・・・

USENのUレジ

BGMなどの有線放送でおなじみのUSENは小売り・飲食関連の店舗経営に関する知識の豊富です。どのようなシステムがお店に適しているのか相談できて、サポート体制も充実しているから安心です。

Uレジはタブレット、スマホをレジの代わりに統合して使っていけるソフトウェアです。スマートフォンがハンディ端末になりオーダーを取ったり伝票を作成したりできます。レジ本体に接続することも可能です。

  • 機能や端末が選べる
  • 予算に合わせて、料金プランが選べる
  • 店舗経営のノウハウが相談できる

オンラインから資料請求、見積もり相談が可能です。

予算に合わせて希望のPOSレジシステムの考案が可能なことが大きなメリットでもあります。最低限の機能でいいのか、その他の機器を用意して万全に整えていくのか、お店に合わせたプランを選べるから嬉しいですね。

大型飲食店におすすめのPOSレジ

フロアが複数階に分かれている、キッチンからフロアが離れている、大型店舗やレジ台数が多いお店におすすめなのは、複数のレジを効率よくメインサーバーにて管理していけるものがおすすめです。

同じ敷地内であれば無線接続にて、それぞれの端末を使っていけるから便利です。遠く離れた支店の情報も全部まとめて管理していくことができます。

ポスキューブ

  • 飲食店に必要な機能がすべてワンセットになっている
  • どの端末にも接続することができる
  • 初期費用以外の追加料金がほとんどない
  • 初期費用は60万前後から相談できる

資料を取り寄せなくても、オンラインでダウンロード、見積もりもメールでできるから便利です。

支店やネットショップと連結できるPOSレジ

支店が複数あったり、ネットショップと連結している場合にはトータルで管理していく機能が必要です。離れた場所のデータ、複数のデータを一括で管理していくなら・・・

BCPOS

パソコンにBCPOSのソフトをダウンロードして、利用していけるPOSレジです。商品管理、在庫管理、顧客管理、ポイント管理など基本的な機能に、様々な優れた機能を追加していくことができます。

  • パソコン1台につき月額5,000円からのプランが選べる
  • その他用途に合わせてオプションが追加できる
  • クラウドにて安全にデータを保管していける
  • 分散した情報を1つにまとめていける

機能を最大限に活用するPOSレジ

回転寿司、弁当、ホテル、物流などどんな業種にも対応できる超多機能のPOSレジシステム。栄養分析から、賄い費用、廃棄物計算など、細部に渡って業務を効率化、売上向上に役立てることが可能です。

ALPHA FOOD SYSTEM

多彩なPOSレジシステムがあり、希望に応じて選ぶことができます。

  • POS本体機器 15万8千円~
  • 基本機能が充実している
  • その他オプションを追加できる
  • 食材ロスを最小限に抑えることができる

電話・メールにてご相談して頂けます。

ALPHA FOOD SYSTEMは、早くからPOS会計システムを開発してきた会社で、会計システムという枠を超えた他では見られないサービスを提供していることが特徴です。

小型店舗から大型店舗、大手企業から中小企業と幅広く対応できるシステムなので、機能性を追求したい方には大満足して頂けるPOSレジだと言えます。

まとめ

POSレジ、という言葉を聞くと何だか複雑で難しそうなシステムに聞こえてしまうかもしれません。しかし、実際は単に、オーダー表、伝票、領収書など、これまで手書きで行っていたものをスマホやPCの上に書いていくだけだと思えばそんなに難しいことではありません。

ただ、通信設備の接続や操作方法など、最初だけ覚えるまでに、時間を要するということです。一度覚えてしまえば、労力・手間が省けて、こんなに便利なものはないと納得するに違いありません。

今回、2019年10月からの消費税10%引き上げを機会に、軽減税率を個別で計算していく必要性に迫られ、この自動会計機能を備えたPOSレジを検討し始める人は多くいると思います。POSレジの導入には国からの補助金が支給されることもあり、検討してみるいい機会ではないかと思います。

そして、せっかく導入するのであれば、単純に自動計算ができるレジ機能だけでなく、経営自体を根本的に見直していけるようなシステムを探して、売上向上に役立てていきたいですね。

mi001you
mi001you
4,061 views

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します!

これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。

職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。