1日自動車保険って?家族や知人の車に乗る時に使える「1日自動車保険」の使い方と注意点は?

1日だけ使う自動車保険?

「1日自動車保険って何に使うの?加入する必要性はある?」

車に関する様々なリスクを、補償する事が出来る自動車保険。自動車を所有している方、自動車を運転する方はしっかりと加入しておきたい保険ですが「1日自動車保険」という保険について掴めていない方も多いと思います。

というのも、一般的に自動車保険に限らず、保険というものは数年~数十年を目安に加入するものであり「1日だけ加入する自動車保険」という保険に違和感を感じる方も少なくないでしょう。

どこか違和感を感じる「1日自動車保険」は、万人に必要な保険ではありませんが、人によってはかなり必要性の高い保険になる可能性があります。掴みどころのない保険というイメージをお持ちの方も少ないと思いますが、自動車を利用するなら必要な保険の1つとしてしっかりと理解しておきたいところです。

なので、この記事では1日自動車保険の概要、必要性、入り方等について徹底解説していきます。まず始めに、1日自動車保険の概要についてご紹介していきます。

1日自動車保険ってどんな保険?

1日自動車保険とはどのような保険なのでしょうか?簡単にまとめてしまうと「短期間だけ利用出来る自動車保険」の事です。

名称の通り、基本的には通常の自動車保険と同じような補償内容を受ける事が可能ですが、少し異なっている部分もあるのでまずはじめに自動車保険について押さえて、1日自動車保険との違いについてもご紹介したいと思います。

自動車保険とは?

そもそも、自動車保険とは「自動車に関する様々なリスク」を補償するものです。自動車のリスクについてまずはじめに思いつくのは「事故」に関するリスクでしょう。

自動車事故で他人の建物・人体に損害を与えてしまった時に、多額の賠償責任が発生する事が少なくありません。そのようなリスクを補償する事が可能であり、自動車を所有している方なら必要性の高い保険になると言えます。

しかし、中には「自賠責保険があるから必要ない」という認識の方も少なくないでしょう。というのも、通常自動車を購入する際や車検の際「自賠責保険」に、加入しているケースがほとんです。

自賠責保険は、自動車を保有している限り必ず加入しないといけない保険であり、その補償内容は主に「他人に対する賠償」を補償しています。

ただ、この自賠責保険は必要最低限の補償に絞られている事が一般的です。というのも、自賠責保険への加入が義務であり、必要な理由は「被害者への救済」に重きを置いているからです。

もしも、事故で他人を死亡させてしまったと仮定します。その際に発生する賠償責任は「数千万円」中には「数億円」という金額になる事もあります。しかし、自動車保険に加入しておらず、経済的な理由から賠償責任を果たせないとなると被害者へあまりにも負担が向いてしまう事が想定されます。

そのような事が起こらないように、自賠責保険では

  • 傷害の場合は120万円
  • 重い障害の場合は最高4,000万円
  • 死亡した場合は最高3,000万円

などの補償を受ける事が可能です。かなり大きな金額に感じますが、もしも相手に死亡・障害等を与えてしまった場合は、これ以上の金額になるケースも少なくありません。

自賠責保険は本当に最小限の補償内容であり、もしものときに相手への最低限の救済を行うために加入するものなのです。実際の所は、自賠責保険以上の賠償責任を負う可能性もあり、何かあった時の補償をしっかりと行うには「自動車保険(任意)」に加入する必要性があるのです。

つまり、任意で加入することの出来る自動車保険は、自賠責保険で補償出来ない部分を補填するための保険だと言えるでしょう。

通常の自動車保険と1日自動車保険

先程、通常の自動車保険の概要についてご紹介させて頂きました。では、1日自動車保険との違いはどのような点にあるのでしょうか?

容易に思いつくのは、通常の自動車保険が長期的なスパンで加入するのに対して、1日自動車保険は1日という短いスパンで加入するという点だと思います。確かに、そのような違いはありますが、最も大きな違いは「自分以外の車でしか加入出来ない」という点にあると言えます。

通常の自動車保険の場合は、逆に自分の自動車に乗る際のリスクに対応するのに対して、1日自動車保険は「他の人の車」に乗るときしか加入する事が出来ません。

このような特徴から見えてくる自動車保険の使いみち・用途は「家族・友達」などの車を「短期間だけ」利用する時に使用出来る自動車保険だと言うことです。例えば、一時的に帰省しており、実家の車を使う事になったり、一時的に友達の車を貸して貰うなんて経験がある方も少なくないでしょう。

しかし、そのような用途であっても「事故」のリスクというものは、常に存在します。友達の車で事故・家族の車で事故なんて事も十分に考えられるでしょう。しかし、そのたびに長期的なスパンを想定している通常の自動車保険に加入する事は現実的に難しいです。

そこで、1日という短期間だけ加入することの出来る自動車保険を利用する事によって、短期間であってもしっかりと補償することが出来るのです。自動車保険と1日自動車保険の違いをまとめると

  • 自動車保険は自分の車・1日自動車保険は他人の車に乗る時に加入する
  • 自動車保険は長期的・1日自動車保険は短期間を補償する時に使う事が出来る

上記を押さえておけば、1日自動車保険の概要は押さえたと言えると思います。

なぜ、1日自動車保険が必要なのか

1日自動車保険の用途や概要はしっかりと理解出来たと思います。しかし、ここで思い浮かぶのは「1日自動車保険って具体的にどんなリスクを補償するの?」という点だと思います。

基本的な補償内容は通常の自動車保険とそれほど変化しませんが、補償を厚くするべきポイントは「他人の車」という点から大きく変化します。そのため、1日自動車保険が必要になる理由であるリスクについてしっかりと理解するためにも1日自動車保険のリスクとそれに対応する補償についてご紹介していきます。

自動車の利用にはどんなリスクがあるのか?

まず、はじめに自動車を利用する上でのリスクについてしっかりと押さえておきましょう。自動車を利用する上で、以下のようなリスクがあります。

  • 対人・対物賠償に関するリスク
  • 搭乗者の障害・死亡に関するリスク
  • 車両・手荷物に関するリスク

今回は自動車に関するリスクを3つに分類させて頂きました。この3つのリスクを簡単な言葉に砕くと「他人に対する賠償」「運転手・一緒に乗ってる人の怪我や死亡に関するリスク」「車両・車の中の荷物に対するリスク」です。

他人に対する賠償のリスク(対人・対物賠償)

まず、自動車保険に加入する理由と言えば「他人に対する賠償」のリスクである「対人・対物賠償」のリスクだと言えます。自動車保険に加入する大きな理由がこのリスクに対処するためであり、自動車保険に加入するならカバーする必要のあるリスクだと言えるでしょう。

このリスクを理解するには「対人・対物」という2種類のリスクを知る必要があります。対人とは、文字通り「人体に対するリスク」です。自動車のリスクとして想像しやすいリスクであり、人体に大きな影響を与えるような事故は大きな賠償責任を問われる事が少なくありません。

次に、対人と同じように気を付けたいのは「対物賠償」です。対物とは「物」に対するリスクであり、例えば事故で他人の家に損害を与えてしまった場合などのリスクです。

最近、自転車関しても厳しく取り締まられていますが、自転車では自転車という乗り物の特性から主に「人体」に対するリスクが大きくなります。しかし、一方の自動車では乗り物自体のスピードや大きさの規模が自転車とは異なるため建造物などに対しても、大きな損害を与えてしまう事も少なくありません。

そのため、自動車の場合は「対人・対物」どちらとも大きなリスクとなりえるでしょう。

乗ってる人のリスク

次にご紹介したいのは乗っている人のリスクです。乗っている人のリスクとは「搭乗者の障害・死亡」のリスクに該当し、対人・対物賠償が他人に対するリスクを重きを置いていたのに対して、このリスクは「運転手・一緒に乗っていた人」という主に「自分に対するリスク」を補償するものです。

事故を起こしてしまった時に、もしも賠償責任が全て自分自身に認められたとしても相手のみならず、自分の車に乗っている自分自身・搭乗者が怪我をしてしまう可能性は十分にあります。そのため、そのようなリスクについてもしっかりと押さえておく必要があるでしょう。

また、相手方が自動車保険・自賠責保険に加入しておらず、満足な賠償を受けられないという可能性も考えられます。一般的に、事故の賠償というのは大きくなりがちなので、相手方がよほど裕福ではない限り、満足な賠償を受けるのは不可能に近いです。

そのため、仮に自分に賠償責任があろうと、相手方に賠償責任があろうと「運転手・搭乗者」に対するリスクは十分に考えられるのです。

車両・手荷物に対するリスク

最後に押さえたいリスクは「車両・手荷物」に関するリスクです。先程、ご紹介した「乗っている人のリスク」では自分自身の人体や搭乗者の人体に関するリスクです。しかし「自分の車両・手荷物のリスク」では、主に自分の「物」に対するリスクです。

実は、通常の自動車保険でカバーするリスクでは、この車両・手荷物に対するリスクというのはそれほど重要視されません。なぜなら「自分のもの」だからです。最悪の場合は、自腹で新たな車を購入すれば良いですし、保険料の観点からよほどの高級車ではない限りそれほど厚く補償しないリスクです。

しかし、「1日自動車保険」に関しては別物だと考えるべきでしょう。なぜなら、1日自動車保険は「他人の車に乗っている時」のリスクをカバーするものだからです。つまり、友達・家族の車が事故に遭ってしまい車両・荷物が大きな損害負う可能性があるという事です。

1日自動車保険では、重要な補償になってくるので特に注意したい部分であると言えるでしょう。

リスクに対処出来る保険・補償

先程、リスクに対処する補償についてご紹介させて頂いたので、これからそのリスクに対処することの出来る補償についてご紹介していきます。

対人・対物賠償保険もしくは補償

他人に対する賠償責任に関するリスクは「対人・対物賠償保険もしくは補償」で対処する事が可能です。対人賠償・対物賠償保険では、主に「他人に対する賠償」についてのリスクをカバーしており、自賠責保険ではカバーしきれない人体に対するリスクを厚く補償、対物に関してもしっかりと補償してくれます。

補償内容は加入する保険によって大きく異なりますが、自動車保険・1日自動車保険のどちらでも基本的な補償になるので、加入する際はしっかりと考慮したい保険であると言えます。

搭乗者傷害保険・補償

次に押さえたいのは「搭乗者傷害保険・補償」です。この補償では「運転手・一緒に乗っていた人」の傷害・障害・死亡などのリスクをカバーする事が可能です。

軽い怪我程度の障害の場合は通院費・入院費の実費を補償する事が可能で、死亡・障害などのケースでは保険によっても大きく異なりますが「数千万円」程度の補償を受ける事が可能です。

また、相手方に賠償責任が発生しているが、保険に加入しておらず満足な賠償額を受け取れない際は「無保険車傷害保険・補償」でカバーする事が可能です。

通常自賠責保険への加入は義務付けられていますが、他人の車に乗っていた・無免許だったのようなケースでは、補償を受けられないケースが少なくないので、そのようなリスクを補償に対応出来ます。

車両保険・補償

最後にご紹介したいのは、車両保険・補償です。通常の自動車保険では「対人・対物賠償保険」「搭乗者障害保険」のみに加入し、車両・手荷物に関するリスクはカバーしないというケースが少なくありません。

しかし、先程ご紹介させて頂きましたが、1日自動車保険は「他人の車」を利用する事を前提とした保険です。他人の車を運転するという1日自動車保険を加入するようなケースでは、もしも事故を起こしてしまい車が故障してしまった場合は、しっかりと弁償する必要があると言えます。

そのため、通常の自動車保険とは異なり、しっかりと加入するべき保険・補償だと言えるでしょう。

1日自動車保険の入り方

1日自動車保険について理解出来たので、1日自動車保険の入り方・1日自動車保険の注意点などについてご紹介していきたいと思います。

1日自動車保険の入り方は?

1日自動車保険の入り方はいくつか挙げられますが、最も現在ベーシックなものは「コンビニ」「スマートフォン」から加入する事が出来ます。保険の加入と聞くと面倒くさい手続きが必要になるイメージがありますが、1日自動車保険に関してはかなり簡易的に加入の手続きを進める事が可能です。

詳しい手続きは保険会社によって異なりますが、三大キャリアの携帯で加入が可能な「ちょいのり保険(東京海上日動)」の加入方法を一例に少しご紹介していきます。

スマートフォンなどを利用したインターネットからの利用は、まずはじめにWEBサイトの案内通りに事前登録を済まし、申し込みなどを行う事によって契約を行う事が可能です。インターネットからの申込みは、必ず事前登録が必要になりますが(簡単な手続きです)、一度済ませてしまうとその情報を元に何回でも申し込む事が可能になります。

ローソンからの申込みは「ミニストップ」から利用し、コンビニの店頭で全ての手続きを済ませる事が可能です。しかし、その際は「運転免許証」が必ず必要になるので、携行しておいてください。

もっと詳しい手続きについては、以下が参考になります。

1日自動車保険の注意点

最後に1日自動車保険の注意点についてご紹介しておきます。1日自動車保険で注意したいのは「車によっては加入出来ない」ケースがあるという事です。

というのも、1日自動車保険は基本的に「借りた車」が前提となっており、保険会社によって借りた車の定義が異なります。例えば「法人名義」であったり、「貨物登録」が行われているものだと加入出来ない事が少なくありません。

それに加えて、車名義が配偶者の場合は、1日自動車保険が利用できないケースがあります。このあたりは、保険会社によって大きく異なるので詳しくは加入したい保険会社の条件をしっかりとチェックしておきましょう。また、不明な点がある場合は保険会社に積極的に問い合わせれば良いと思います。

まとめ

1日自動車保険の基本的な事

  • 短期間の自動車保険
  • 他人の車のみに補償を掛ける事が可能

なぜ、1日自動車保険は必要?

  • 短期間の利用であっても、自動車事故のリスクは大きい
  • そのようなリスクにしっかりと対応することが出来る
  • 車両保険をしっかりと検討するべき

1日自動車保険の加入方法

  • コンビニやスマートフォンで加入出来るものが多い
  • 簡単に加入できるが、コンビニの場合は免許書などの書類が必要になる

この記事では1日自動車保険の概要や特徴、1日自動車保険の必要性・補償、1日自動車保険の加入方法などについてご紹介させて頂きました。

軽い気持ちで友達の車を借りたり、親御さんの車を借りてドライブに行ってみたら大きな事故に繋がったというリスクは十分に考えられます。また、自ら事故を起こさなくても起こされる可能性もあります。例え短期間であっても、しっかりと1日自動車保険を利用しましょう。

senna
senna
728 views

金融業界経験 4年 個人投資家 3年

個人投資家として「株式」「債権」「FX」「仮想通貨」などへの投資・投機を中心的に行っている。

資産運用はもちろん、ファイナンシャルプランナーの知識を活かしながら、税金やライフプランに関する情報発信を行っている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。