足りない教育費の補填におすすめの教育ローンを紹介!教育にかかる費用や奨学金についても解説します。

子供のいる家庭では、幼稚園から小学校、中学校、高校、大学への進学費用などいろいろな教育費がかかります。また、教育費として、学校にかかる費用だけでなく、塾に通ったり習い事に通ったりする費用も必要です。

扶養する子供の数が多ければ、子供の人数分だけ教育費も増えていきます。教育費を世帯の収入だけで賄うことができれば何も問題はないのですが、そのような家庭は僅かだと思われます。

実態は教育費のために、コツコツと積み立てをしている家庭もあれば、そこまでまわらない家庭もあるでしょう。そのような時に便利なのが、教育ローンです。

教育ローンとは、資金使途を教育関係資金に限定されたローンで、金融機関によって金利も商品性も違ってきます。ここでは、教育費はどれだけかかるのかを説明し、不足分を埋めるのにどのような方法が良いかを解説し、おすすめの教育ローンの紹介をしていきます。

教育費はこれだけかかる

幼稚園から高校までにかかる教育費

文部科学省の調査で、子供の学習費調査というものがあります。この調査は、子供を公立や私立の幼稚園、小学校、中学校、高等学校に通わせている保護者が、1年間に学校教育及び学校外活動の費用として支出した金額を調査したものです。

平成28年度の子供の学習費調査

公立年間の費用私立年間の費用
公立幼稚園234,000円私立幼稚園482,000円
公立小学校322,000円私立小学校1,528,000円
公立中学校479,000円私立中学校1,327,000円
公立高等学校(全日制)451,000円私立高等学校(全日制)1,040,000円

幼稚園から高校まですべて公立だったとしても、15年間で5,424,000円かかります。一方、すべて私立だった場合にかかる費用は、15年間で17,715,000円です。

4年生大学にかかる教育費

さらに、4年生大学に行った場合はどのくらい教育費がかかるのでしょうか。

日本政策金融公庫の平成29年度教育費負担の実態調査

国公立、私立自宅通学、自宅外初年度費用2~4年目費用4年間にかかる費用
国公立大学自宅通学1,777,000円1,085,000円5,032,000円
国公立大学自宅外3,077,000円2,015,000円9,122,000円
私立文系自宅通学2,542,000円1,613,000円7,381,000円
私立文系自宅外3,842,000円2,543,000円11,471,000円
私立理系自宅通学2,672,000円1,802,000円8,078,000円
私立理系自宅外3,972,000円2,732,000円12,168,000円

この調査には、授業料や施設費や教科書代といった学費の他に、通学費や食費や住居費などの生活費や、娯楽費や嗜好品費までも含まれています。そのため、少々割高感はあるかもしれません。

教育ローンとはどういうローン?

教育ローンとは、子供の教育にかかる教育費のために、保護者が借りて保護者が返済するローンのことをいいます。教育ローンは、基本的には無担保のローンで、資金使途は教育資金に限定されているのが特徴です。

主に、日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンと、銀行や信用金庫や信販会社などが提供する民間の教育ローンに分かれます。どちらの教育ローンも、無担保ローンの中では比較的金利が低く設定されています。

民間の教育ローンは、金融機関ごとそれぞれに特徴があります。金融機関の中には、学校へ支払う入学金や授業料の他にも、塾の費用や家賃や下宿代なども資金使途として認めているところもあるのです。そのため、教育ローンを選ぶ時には、よく検討することが大切です。

教育ローンと奨学金との併用について

教育ローンと奨学金の違い

教育ローンの他に、教育費のための借入金として奨学金があります。奨学金と教育ローンの違いとして、まずは借主が違います。奨学金の場合は学生本人が借主で、教育ローンは学生の保護者が借主になるのです。

また、奨学金の借り入れは毎月一定額が振り込まれるのに対し、教育ローンは一括で振り込まれます。さらに、奨学金は在学中の利息が発生せず、返済も卒業後から始まります。

教育ローンと奨学金の併用

教育ローンの借主は保護者であり、奨学金の借主は学生本人であることから併用は可能です。保護者の立場からすると、奨学金は子供に返済を負わせることになりますので不安があるかもしれません。

しかし、利息有りの第二種奨学金は、教育ローンよりもずっと低金利のため総返済額は少なくて済みます。そのため、奨学金を借り入れして、足りない教育資金を教育ローンで借り入れすることが賢い選択かもしれません。

国の教育ローンと民間の教育ローンとの違い

国の教育ローンとは

国の教育ローンとは、日本政策金融公庫が提供する教育ローンです。公的な教育ローンのため、年収の低い人でも借り入れできます。一方、国の教育ローンを利用できる条件として、世帯年収に上限がありますので年収の高い世帯は借り入れることができません。また、世帯年収の上限額は、子供の人数が多いほど高くなっています。

世帯年収(所得)の上限額

子供の人数世帯年収の上限額世帯所得の上限額
1人7,900,000円5,900,000円
2人8,900,000円6,800,000円
3人9,900,000円7,700,000円
4人10,900,000円8,700,000円
5人11,900,000円9,700,000円

また、資金使途も入学金や授業料の学校納付金だけでなく、受験料などの受験にかかった費用や、敷金や家賃などの住居費用や、教科書代やパソコン購入費などにも使用できます。

融資限度額は子供1人につき350万円以内で、金利は固定金利年1.76%(保証料別)です。保証は、連帯保証人を付けるか、保証料を払って(公財)教育資金融資保証基金の保証を受けるかを選択できます。

おすすめの教育ローンの紹介

三井住友銀行 教育ローン(無担保型)

  • 金利:変動金利年 3.475%
  • 借入金額:10万円以上300万円以内
  • 借入期間:1年以上10年以内
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:不要
  • 保証:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証が付きます
  • 保証料:適用する借入利率の中から支払い
  • 手数料、費用:借入時の手数料は不要、費用としては、所定の印紙代を返済用口座から自動引き落とし
  • 繰上返済:一部繰上返済、全額繰上返済ともに繰上返済手数料として5,400円かかります
  • 資金の使いみち:学校や塾や予備校等に支払う教育関連資金、またはその借り換え資金
  • 利用条件:申込時年齢が満20歳以上で65歳以下の教育を受ける人の両親または本人、前年度税込年収が200万円以上で安定した収入のある人、保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる人、日本国内在住の人、契約時に来店できる人

三井住友銀行の教育ローン(無担保型)は、教育資金の借り入れだけでなく、現在借りている他の金融機関の教育ローンの借り換えにも利用できます。また、三井住友銀行のカードローンプラザで、21時まで教育ローンの相談や申し込みを受け付けているのです。

さらに、最短で即日審査し、結果が報告されます。他にも、三井住友銀行で住宅ローンを借りていて返済に遅延がない人は、教育ローンの借入時から完済時まで店頭金利からマイナス0.5%の金利優遇が受けられますのでおすすめです。

三井住友銀行 教育ローン(有担保型)

  • 金利:変動金利年 2.975%
  • 借入金額:50万円以上3,000万円以内
  • 借入期間:1年以上30年以内
  • 担保:原則として本人の所有不動産に、三井住友銀行が指定の保証会社を抵当権者とする抵当権を設定
  • 連帯保証人:原則不要
  • 保証:SMBC信用保証株式会社の保証が利用できます
  • 保証料:適用する借入利率の中から支払い
  • 団体信用生命保険:三井住友銀行指定の団体信用生命保険に加入(保険料は三井住友銀行が負担)
  • 手数料:保証会社手数料として、32,400円(消費税込)かかります
  • 繰上返済:別途所定の手数料がかかります
  • 資金の使いみち:教育資金全般(入学金や授業料などの学校への納付金、塾や予備校の費用など)
  • 利用条件:申込時年齢が満20歳以上で満70歳の誕生日までで、完済時に満80歳の誕生日までの人、入学予定または在学中の子供がいる人、三井住友銀行指定の団体信用生命保険に加入できる人、保証会社(SMBC信用保証株式会社)の保証を受けられる人

三井住友銀行の教育ローン(有担保型) は、教育ローンとしては珍しい有担保型のローンです。有担保のため、大きな金額を借り入れすることができ、期間も長く設定できることがおすすめです。また、将来申し出により子供に返済を引き継ぐことができる親子リレー返済もできます。

イオン銀行 教育ローン

  • 金利:変動金利 年2.80%~3.80%
  • 借入金額:10万円以上500万円以内
  • 借入期間:1年以上15年以内
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:不要
  • 保証:イオンクレジットサービス株式会社の保証が付きます
  • 保証料:適用する借入金利の中に含まれます
  • 手数料:不要
  • 繰上返済:一部繰上返済、全額繰上返済ともに無料
  • 資金の使いみち:入学金や授業料や施設費や寄付金などのイオン銀行が認める教育機関に関わる資金、通学のために転居する場合の敷金および礼金、他の教育ローンの借り換え資金
  • 利用条件:就学(予定)者に対する続柄が3親等以内の人、契約時年齢が満20歳以上で完済時に満70歳未満の人、イオン銀行の普通預金口座を持っている人、前年度税込年収が150万円以上で安定継続した収入のある人、保証会社(イオンクレジットサービス株式会社)の保証を受けられる人、日本国内居住の人、外国籍の場合は永住許可を受けている人

イオン銀行の教育ローンは、教育資金だけでなく教育ローンの借り換え資金としても使えるのが特徴です。また、イオン銀行のカードローンを契約済の人は、 マイナス年1.0%の金利優遇もありますのでおすすめです。

申し込みは、来店してもできますし、郵送でもできます。郵送の場合は、申し込みから融資まで来店せずに行うことができるのです。

融資金は、イオン銀行の普通預金口座に入金されます。新規借り入れの場合は、納付証明書類などを融資実行翌月末までにイオン銀行に郵送する必要があります。また、借り換えの場合は、完済証明書を融資実行翌月末までにイオン銀行に郵送する必要があるのです。

イオン銀行 イオンアシストプラン教育ローン

  • 金利:固定金利 年3.80%~8.80%
  • 借入金額:30万円以上700万円以内
  • 借入期間:1年以上8年以内
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:不要
  • 保証:オリックス・クレジット株式会社の保証が付きます
  • 手数料:事務手数料として契約1件につき2,700円(消費税込)
  • 繰上返済:一部繰上返済、全額繰上返済ともに無料
  • 資金の使いみち:入学費や授業料や受験費用など学校に払う費用、交通費や宿泊費などの教育関連費用、塾や部活動や習い事の費用など教育のことであれば何でも使えます
  • 利用条件:契約時年齢が満20歳以上で満60歳未満、イオン銀行の普通預金口座を持っている人、前年度税込年収が原則200万円以上で安定継続した収入のある人、保証会社(オリックス・クレジット株式会社)の保証を受けられる人、日本国内居住の人、外国籍の場合は永住許可を受けている人

イオン銀行のイオンアシストプラン教育ローンは、イオンアシストプランの目的型ローンの中の一つです。申し込みはインターネットで簡単にできて、融資まで来店不要ですべて行えます。

インターネットバンキングまたはイオン銀行店舗で、一部繰上げ返済や全額繰上げ返済が手数料無料で可能です。教育ローンの金利として希望の沿えない結果になったとしても、資金使途自由のフリーローンとして審査を行ってくれるのでおすすめです。

みずほ銀行 教育ローン

  • 金利:変動金利 年3.475%、固定金利 年4.300%
  • 借入金額:10万円以上300万円以内
  • 借入期間:6ヵ月以上10年以内
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:不要
  • 保証:株式会社オリエントコーポレーションが審査して保証します
  • 保証料:不要
  • 手数料:印紙代等諸費用は別途負担
  • 団体信用生命保険:希望により加入可能(店頭表示金利に年0.3%上乗せ)
  • 資金の使いみち:教育に関する資金全般、他の金融機関等の教育ローンの借り換え資金
  • 利用条件:借入時年齢が満20歳以上で満60歳未満で最終返済時年齢が満71歳未満の人、勤続年数(自営業の人は営業年数)が2年以上の人、前年度税込年収が200万円以上で安定継続した収入のある人、保証会社の保証を受けられる人

みずほ銀行の教育ローンは、資金使途が教育関連資金全般と幅広いのが特徴です。また、すでに支払済の教育資金であっても、支払後1ヵ月以内であれば申し込みをすることができます。

現在みずほ銀行の証書貸付を利用中の場合や、過去に利用していた場合でも、マイナス年0.1%の金利優遇が受けられますのでおすすめです。さらに、教育ローンには珍しく、希望すれば団体信用生命保険に入れるところも特徴の一つです。

まとめ

このように、子供1人に対する教育にかかるお金は莫大なものになります。幼稚園から大学までの学費だけでなく、塾の費用や習い事の費用などいろいろかかります。公立の学校に通うのか私立の学校に通うのかによっても違いますし、現在では国や自治体などの支援もいろいろあります。

それでも、子供1人の幼稚園から大学までの教育費は、約1千万~約2,500万円かかるのです。子供が多い家庭では、子供の人数分だけ教育費がかかりますのでさらに大変です。

このように、教育費には莫大なお金がかかりますので、どうしようか悩んでいる家庭も多いと思われます。不足している教育費を補うためには、教育ローンがおすすめです。

教育ローンには、公的機関である日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンもありますし、民間金融機関の教育ローンも一般的には低金利で借り入れできます。教育ローンにもいろいろありますので、家庭にあった教育ローンを選択することがおすすめです。

aktkaktk
aktkaktk
167 views

金融機関勤務歴8年ですが、金融機関歴は、信用金庫で営業や融資の窓口を経験して住宅ローンやカードローンなどの個人ローンに強みを持っています。

現在は、銀行のシステムを開発しながら、カードローンや、クレジットカードや、社会保険労務士の資格を活かした年金など金融機関のライティングをしています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。