おすすめのカードローンをジャンルごとに比較!審査に通りやすいカードローンや金利が低いカードローンなどを紹介

カードローンは、資金使途が決まってなくても自由に利用できる便利な借り入れです。例えば、急に大きな出費が必要になったり、生活費が足りなかったり、交際費として利用したりで生活にかかせないものになっている人も多いのではないのでしょうか。

カードローンの怖いところは、銀行のATMやコンビニのATMからも手軽に資金の引き出しができますので、お金を借りているという感覚がなくなってしまうところです。しかし、カードローンも借り入れの一つなので、当然借り入れた分だけ利息が発生します。

また、資金使途が自由な無担保ローンのため、資金使途が決まっている自動車ローンやリフォームローンに比べて金利も高く設定されています。そのため、少しでも有利なカードローンを選びたいものです。ここでは、カードローンを申し込む時に何を重視すれば良いのかを解説し、おすすめのカードローンを紹介していきます。

カードローンを申し込むには何を重視するべきか

カードローンには、銀行や信用金庫や労働金庫などが発行している銀行系カードローンと、消費者金融会社などが発行している消費者金融系カードローンがあります。他にも、信販会社が発行しているカードローンなどもあります。そして、カードローンを申し込む時に何を重視するかによって、銀行系カードローンにするのか、消費者金融系カードローンにするのかが決まります。

金利を重視

とにかく金利重視という人は、銀行系カードローンを選ぶことをおすすめします。なぜなら、銀行系カードローンは、消費者金融系カードローンと比較して金利が低めに設定されているからです。

さらに、カードローンの仕組みとして、借入限度額が大きくなればなるほど金利が低くなるという特徴がありますので、限度額を大きめに申し込みをするといいかもしれません。しかし、金利が低くなるために必要より大きい限度額を申し込むことは、あまりおすすめしません。もちろん審査も厳しくなりますし、他の新たな借り入れをする時に不利になってしまう可能性があるからです。

審査のスピード重視

「資金がすぐにでも必要なため、できるだけ早く借り入れをしたい。」という人には、消費者金融系カードローンがおすすめです。消費者金融系カードローンの中には、最短1時間で審査完了や、申し込みから融資まで即日完了を売りにしているところもあります。

審査の通りやすさを重視

審査の通りやすさを重視するのなら、消費者金融系カードローンがおすすめです。カードローンの審査は、一般的には銀行系カードローンよりも、消費者金融系カードローンの方が通りやすいといわれています。

しかし、消費者金融系カードローンは、貸金業法の総量規制の対象のため、他の貸金業での借り入れと合わせて年収の3分の1を越える借り入れはできません。そのため、金額によっては審査を通ることが難しくなります。一方、銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、最近では自主規制により以前より審査が厳しくなっています。

無利息期間を重視

消費者金融系カードローンの中には、新規でカードローンの申し込みをした人に対して一定期間や一定金額を金利0円で貸し出すサービスをしています。消費者金融系カードローンは、もともとの金利が高めのため、無利息期間が終わった後はもとの高めの金利に戻ります。しかし、短期間だけ資金が必要な人にとっては、無利息期間内に全額返済できれば金利0円で借り入れをすることになりますのでおすすめです。

カードローンのメリットとデメリット

カードローンは、借入限度額までなら手軽にお金が借りられるため便利なローンですがメリットもデメリットもあります。ここでは、カードローンのメリットやデメリットについて解説していきます。

カードローンのメリット

資金使途が自由

マイカーローンは、自動車の購入資金など自動車関係の資金としてしか使えません。また、教育ローンは、学費なとの教育関係の資金にしか利用できません。

このように、大抵の借り入れは、資金使途が決まっていて他のことに利用することはできないように決まっていています。しかし、カードローンは、資金使途が自由なため限度額までなら生活費にも交際費にも利用できるのです。そのため、便利に利用できるのが特徴なのです。

銀行ATMやコンビニATMなどで引き出しできるため利便性が高い

カードローンは、ちょっとお金が足りなくなった時や、急にお金が必要になった時などに、近くの銀行ATMやコンビニATMに行けばすぐに借り入れができます。また、夜中や休日にお金が必要になった時でも、24時間稼働しているATMがあれば借り入れすることが可能です。このように、カードローンはとても利便性の高い商品なのです。

限度額内であれば何回でも借り入れと返済を繰り返せる

カードローンには、限度額が決まっていています。そして、その限度額の範囲内であれば、何回でも借り入れすることができます。また、カードローンには約定返済という毎月の返済もありますが、その他に余裕資金ができた時にはATMなどでいつでも返済することができます。即ち、カードローンは、限度額内であれば自由に何回でも借り入れと返済を繰り返すことができるのです。

審査が早い

カードローンは、他の借り入れに比べると審査が早いこともメリットの一つです。特に、消費者金融系のカードローンは、ほとんどのところで最短即日に審査結果がでることを売りにしています。

カードローンのデメリット

金利が高い

カードローンは、資金使途が自由な借り入れであり、さらに無担保のローンのため金利が高めになっています。同じ無担保のローンでも、マイカーローンや教育ローンと比較しても金利が高いです。特に、消費者金融系カードローンに関してはより高く設定されています。

簡単に借り入れができるため繰り返してしまう

銀行ATMやコンビニATMなどで簡単に借り入れや返済ができるため、利便性のとても高いところがカードローンのメリットです。一方、簡単に借り入れができてしまうということで、限度額まで繰り返しどんどんと借り入れをする人も多くいます。即ち、借り入れが癖になりやすいことが、カードローンのデメリットの一つなのです。

カードローン残高を減らしにくい

カードローンの返済は、約定返済という方法が一般的です。約定返済とは、毎月一定額を返済していく方法ですが、約定返済だけではあまりカードローン残高が減っていきません。また、毎月返済していても限度額までなら自由に新たな借り入れができるため、どんどん借り入れをしていくとカードローン残高は増えるばかりなのです。そのため、きちんと自分で返済計画を立てなければ、カードローンの残高は減っていかない仕組みになっているのです。

信用情報機関に履歴が残る

カードローンに限ったことではないのですがローンの審査を受けた場合、審査が通っても通らなくても信用情報機関に半年は履歴が残ります。また、返済についても信用情報機関に履歴が残るのです。そのため、カードローンの審査を短期間に繰り返し行うことは、できるだけ避けた方が良いでしょう。

審査に通りやすいおすすめカードローン

年収の低い人や、収入が安定していない人などがカードローンを申し込む場合、審査の通りやすさを重視することがおすすめです。ここでは、審査に通りやすいおすすめカードローンを紹介します。

アイフル キャッシングローン

  • 金利:年3.0%~年18.0%
  • 借入限度額:1万円以上800万円以内
  • 返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
  • 担保、連帯保証人:不要
  • 利用条件:満20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する人、アイフルの基準を満たす人

アイフルのキャッシングローンは、インターネットなら24時間365日申し込みができるカードローンです。また、審査は最短30分で完了し、即日融資も可能です。借り入れ方法は、全国の提携銀行ATMやコンビニATMからローンカードを利用して借り入れる方法と、電話やインターネットで依頼をして口座に振り込んでもらう方法とがあります。

利用限度額が50万円以下且つ他社も含めた借入金総額が100万円以下の場合は、収入証明書の提出が不要です。はじめてアイフルを利用する人には、最大30日の利息0円サービスもありますのでとてもお得です。

アコム カードローン

  • 金利:年3.0%~年18.0%
  • 借入限度額:1万円以上800万円以内
  • 返済方式:定率リボルビング方式
  • 担保、連帯保証人:不要
  • 利用条件:満20歳以上で安定した収入と返済能力を有する人、アコムの基準を満たす人

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融で、銀行カードローンよりも審査基準が甘めといわれています。アコムのカードローンの申し込みは、インターネットであれば来店不要で24時間365日受け付けています。

また、最短30分のスピーディーな審査が特徴です。インターネットまたは電話で、24時間365日振込による借り入れができます。さらに、初めてアコムを利用する人は、契約から30日間は金利0円で借り入れをすることができます。カードローンの申し込み方法は、店頭窓口や自動契約機(むじんくん)に来店する方法の他に、インターネットや電話や郵送でもできるのです。

金利が低いおすすめカードローン

カードローンの金利は、概ね高めに設定されています。特に、借入限度額が少なければ少ないほど金利も高く設定されているのです。

そのため、借入限度額を高めにしても審査に通るような収入の高い人などは、金利を重視してカードローンを選ぶことをおすすめします。ここでは、金利が低いおすすめカードローンを紹介します。

イオン銀行 カードローン

  • 金利:年3.8%~年13.8%
  • 借入限度額:10万円以上800万円以内
  • 返済方式:約定返済は約定返済日(毎月20日)に前月末日の借入残高に応じて返済、残高スライド方式
  • 担保:連帯保証人:イオンクレジットサービス株式会社またはオリックス・クレジット株式会社の保証が付くため不要
  • 利用条件:契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満、継続して安定した収入の見込める人、日本国内に居住している人、外国籍の人は永住許可を受けている人、イオンクレジットサービス株式会社またはオリックス・クレジット株式会社の保証が受けられる人

イオン銀行のカードローンは、申し込みから契約まで来店不要でインターネットだけで完結できるカードローンです。イオン銀行の口座を持っていなくても契約することができ、返済も他の金融機関からの口座引き落としが設定できます。イオン銀行ATMやコンビニATMのイーネットATMやローソンATMなら、24時間365日手数料無料で借り入れや返済をすることができます。

専業主婦でも借りられるおすすめカードローン

カードローンは、本人の収入が無いとなかなか審査に通ることができません。また、消費者金融系カードローンは貸金業法の総量規制の対象になりますので、年収が無い人は借り入れることができません。その中で、専業主婦にもおすすめのカードローンを紹介します。

横浜銀行 カードローン

  • 金利:年1.9%~年14.6%
  • 借入限度額:10万円以上1,000万円以内
  • 返済方式:定例返済日は毎月10日で、前月の定例返済後の借入残高に応じて指定の預金口座から自動的に引き落とし
  • 担保:連帯保証人:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証が付くため不要
  • 利用条件:契約時の年齢が満20歳以上69歳以下、安定した収入の見込める人またはその配偶者、神奈川県内全地域や東京都内全地域や群馬県内の一部の市に住んでいるまたは勤務している人、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証が受けられる人、横浜銀行やSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意できる人

横浜銀行カードローンは、パソコンやスマホで24時間365日申し込むことができ、契約まで来店不要で手続きすることができます。また、利用条件の一つに安定収入が見込める人の配偶者という条件があるため、専業主婦でも借り入れ可能です。借り入れや返済は、横浜銀行ATMやセブン銀行ATMやイオン銀行ATM、コンビニATMのイーネットATMやローソンATMでは利用手数料無料で行うことができます。

無利息期間のあるおすすめカードローン

消費者金融系カードローンの中には、一定期間や一定金額を金利0円で借り入れできる無利息サービスを行っているところがあります。無利息サービスの内容は、金融機関ごとそれぞれですが、短期の借り入れをしたい人にはおすすめです。ここでは、無利息期間のあるおすすめカードローンを紹介します。

レイクALSA

  • 金利:年4.5%~年18.0%
  • 借入限度額:1万円以上500万円以内
  • 返済方式:元利定額リボルビング方式、元利定額リボルビング方式
  • 担保:連帯保証人:不要
  • 利用条件:満20歳以上70歳以下の人、安定した収入のある人(パートやアルバイトも可)、国内居住の人

レイクALSAは、新生フィナンシャルカードローンの名称変更により2018年4月から提供を始めた新しいカードローンです。この名称変更は、カードローンの提供者が株式新生銀行から新生フィナンシャル株式会社に変更になったためです。そのため、レイクALSAは、消費者金融系カードローンとして提供されています。

レイクALSAの特徴として、インターネットなら24時間365日申し込みが可能です。また、平日14時までに申込みをし、必要書類が確認完了できれば最短60分間で即日融資も可能なのです。

レイクALSAの最大の特徴は、初めて利用する人には2種類から選択できる無利息期間にあります。1種類目は、契約額が1万円から200万円の人であれば、借り入れ額のうち5万円まで180日間無料です。

もう1種類は、契約額が1万円から200万円の人であれば、借り入れ額全額が30日間無料になるのです。さらに、2018年9月3日から11月30日までに契約した人であれば、30日間の無料期間が60日間に延長されます。

まとめ

このように、カードローンは資金使途が自由で銀行やコンビニのATMで簡単に借り入れすることができるため、利便性の高い商品です。また、他のローンと比較して格段に審査が早いため、急にお金が必要になった時にも便利に利用できます。

一方、カードローンには、他のローンと比較して金利が高かったり、なかなか残高が減りにくかったりというデメリットもあるのです。そのため、少しでも借り手にとって有利になるような商品を選ぶことはとても大切なことです。カードローンを借りる目的は人によってそれぞれ違いますので、自分の目的にあったおすすめのカードローンを選択して申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

aktkaktk
aktkaktk
167 views

金融機関勤務歴8年ですが、金融機関歴は、信用金庫で営業や融資の窓口を経験して住宅ローンやカードローンなどの個人ローンに強みを持っています。

現在は、銀行のシステムを開発しながら、カードローンや、クレジットカードや、社会保険労務士の資格を活かした年金など金融機関のライティングをしています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。