• HOME
  • ブログ
  • FX , 投資
  • 海外FX口座を作るならXMで決まり!ハイレバレッジトレードが可能な海外FXのメリットデメリット

海外FX口座を作るならXMで決まり!ハイレバレッジトレードが可能な海外FXのメリットデメリット

FX投資は、小額から始めることができます。そのため、投資初心者からしたらFXは入りやすい投資です。しかし、投資なので絶対に儲かるということはありません。さらに、小額から投資を始めるとあまり儲かりません。

そこで、小額でも大きな利益を得られることができるのが海外口座のレバレッジです。そのレバレッジの高さから、海外口座を開設している人が多くなりました。

海外口座は、少し怖いと思っている方も多いといえます。そこで、今回おすすめする海外FX業者は、XMです。XMでは、レバレッジ最大888倍と全世界のトレーダーが利用している世界最大のFX業者といっても過言ではありません。

今回は、XMについて詳しく解説していきます。

XMとは?

海外FX業者のXM、FX取引を行っている方なら一度は聞いたことがある会社だといえます。ここでは、XMについて詳しく紹介していきます。

XMの会社概要

海外FX業者のXMは、セーシェル金融庁から金融ライセンスの許可を正式に取得した海外FX業者です。また、XMでは投資を始めた初心者の方向けに、ウェビナーというものを行っています。ウェビナーは、決められた時間帯に行われます。なかなかFXの勉強を無料で教えてくれるところはありません。そのため、口座開設をするとともにFXの知識を無料でつけてしまいましょう。

XMは信託保全?分別保管?

信託保全と分別保管の違いをわかりますか?信託保全とは、仮にFX業者が倒産しても自分の資産に影響することなく全額保証されています。分別保管は、FX業者の資産と個人の資産を別々に分けるというものです。この時に、注意しなければならないことは分別保管の場合は、FX業者の資産も個人の資産も法律上はFX業者の資産になることです。

つまり、FX業者が倒産してしまった場合個人の資産が保証されません。つまり、信託保全のほうが安心して取引を行えます。

では、XMはどちらの保証なのでしょうか?XMでは、分別保管を採用しています。そのため、倒産した場合は、資産は保証されえません。しかし、XMではAIG保険に加入しており最大1億円までカバーされる保険に入っています。仮に、XMが倒産しても資産は守られているといえます。

FX取引会社として数々の賞に受賞

これまでにXMは、数々の名誉ある賞を受賞してきました。その勢いは、衰えることなく今年の2018年には新しい賞を二つも受賞しました。Capital Finance International Magazine(CFI.co)より、ベスト市場研究&学習賞とWorld Finance Magazineより、2018年のベストFXブローカーヨーロッパ賞の二つを受賞しました。

Capital Finance International Magazine(CFI.co)は、イギリスを拠点とする代表的な経済やビジネスのオンライン誌であり、世界市場の分析やニュースを発信している企業です。この賞は、ウェブサイト訪問者や読者などの投票によって公平に決められています。

World Finance Magazineは、Capital Finance International Magazine(CFI.co)と同じくイギリスで活動し、金融情報や経済ニュースなどを発信している企業です。この賞は、World Finance Magazineのエキスパートたちが会社の業績などを見て決定しています。

XMでの取引

XMが人気の理由の一つに、取引内容が充実している点があげられます。まず、小額から取引を始めることができます。さらに、レバレッジが888倍とかなり高い設定となっています。ここでは、レバレッジと少額取引やその他の取引について紹介していきます。

小額から取引できる

XMでは、小額から取引を始めることができます。では、実際にどのくらいの証拠金で取引できるのか気になるところですね。XMで取引できる最小取引は、500円からです。500円から投資できるとは、驚愕ですね。しかし、500円から投資してもあまりの金額の低さに投資をしている感覚がないといえます。

そのため、小額投資は1万円から入金することをおすすめします。1万円であればなくしたら嫌だなと思うため、危機感を持てるくらいの金額で取引をすることが大事です。いきなり、100万円いれてもその資金を溶かしてしまっては、悔やみきれませんね。そのため、投資はなくしたら嫌だなと思うくらいの資金から始めることをおすすめします。

レバレッジ最大888倍

XMで一番の魅力は、レバレッジ888倍です。皆さんは、レバレッジと聞いてなんだかわかりますか?わからない人のために、レバレッジについて少し解説します。

レバレッジとは?

レバレッジは、てこの原理と呼ばれています。FX業界では、少ない資金で大きな金額の取引が行えることです。では、なぜそのようなことが可能となったのか?その理由は、レバレッジとは、FX業者からお金を借りることにより実現したサービスです。では、損した時には借りた分も返さなければいけないのか?と疑問になります。

心配はありません。レバレッジをかければ利益も大きくあるが、その分損失も大きくなるからです。証拠金がなくなれば強制ロスカットになり勝手にポジションが切られてしまうシステムとなっているのです。これを、強制ロスカットと呼びます。

そのため、追証もなくなり損したからといって借金を背負う必要がないのです。その代わり、自分の証拠金のみがなくなるだけなのです。証拠金がなくなれば、入金をしない限りはFX投資を行うことができません。

次に、レバレッジの具体的な仕組みについて紹介します。

1万円を入金したとします。通常は、1万円分の取引しかできませんね。しかし、レバレッジを100倍かければ100万円分の取引ができるのです。1万円が100万円にかわるのですから相当なものですね。ちなみに日本国内の最大レバレッジは、25倍です。これを比較するとわかりますが、XMのレバレッジ888倍は、次元が違うといえます。

ちなみに、1万円でレバレッジを888倍かければ888万円分の取引が可能となります。そのため、うまくいけば1万円が一回の取引で10万円になる可能性があるのです。これが、レバレッジの意味です。

レバレッジのデメリット

FXにおいてレバレッジ取引は、最大の魅力です。しかし、レバレッジは諸刃の剣とも言えます。利益が出たときは、何倍にも増えますが、損失を出してしまえば何倍にも資金が減ってしまいます。2015年のスイスフランの大暴落の時のように暴落してしまえば、一気に証拠金がなくなります。

証拠金が100万円あろうが200万円あろうが、一気に失う可能性があります。証拠金が残っていれば、取引をして取り返すことは可能ですが、証拠金がなくなってしまっては取引自体ができなくなってしまうため、レバレッジをかける際はしっかりとリスクを考えて取引することをおすすめします。

また、レバレッジ取引を行っていると冷静な取引ができないデメリットもあります。為替トレードをやっている方ならわかると思いますが、為替レートは、上下に振り子のように動いていきます。そのため、ポジションをとってからすぐに利益が出ることはあまりありません。

そのため、逆行しても少し我慢しなければいけません。逆行した際に、レバレッジをかけて取引を行っていると金額が大きくマイナスになってしまいます。そのため、その数字を見て冷静な判断ができずに焦ってしまい、すぐに損切りしてしまうことがあります。

損切りした後に、自分が思っていた方向にレートが動き悔しい思いをしている方も多いのではないでしょうか?レバレッジをかける際は、逆行しても冷静でいられるだけの金額設定にすることをおすすめします。

国内FX業者と海外FX業者の比較

海外FX業者は、レバレッジ取引から投資できる金額から驚きの連続です。では、日本国内のFX業者は、どのようなサービスをしているのでしょうか?海外FX業者と比較しながら紹介していきます。

最大レバレッジが違う

まず、日本国内の最大レバレッジは、25倍です。これは、日本の法律によって定められているためそれ以上は、法律に違反してしまうため会社経営ができなくなってしまいます。今年の2018年にはレバレッジが10倍になるかもしれないというニュースもありましたが、現在は見送られています。

日本国内では、レバレッジ規制が進んでいるためお金を増やすことが難しくなってます。逆に、海外ではXMの最大レバレッジ888倍が最高かと思いきやレバレッジ1000倍という会社もあるため、海外ではどんどんレバレッジが大きく設定されて行っています。

日本国内では、損を最小限に抑えることを重視し、海外は利益をたくさん儲けることに重視しているといえます。

取引プラットフォームの違い

国内FX業者は、その会社が開発したプラットフォームを使用しなければなりません。そのため、多様性には欠けるといえます。海外FX業者は、すべてMT4プラットフォームを採用しています。このMT4が世界的にみても人気であり使いやすいツールなのです。

MT4とは?

MT4は、ロシアのメタクオーツ社が開発したプラットフォームです。このMT4の魅力は、自分好みにカスタマイズできることです。ローソク足の色を変えたり背景を変えたりして自分好みにカスタマイズすることができます。MT4では、違う時間足を何枚でも表示させておくことができ、無料でたくさんのインジケーターも設定することができます。

また、EA(自動売買)にも対応しているため、プログラミングで自動売買を作成しそれをMT4に組み込むことができます。そのため、自動売買を組み込めば自分でトレードせずにシステムが勝手にトレードしてくれるのです。

注文方式が異なる

海外FX業者と国内FX業者では、注文方式が全く異なります。ここでは、少し重要なことを解説します。注文方式は、とても重要なことなのでしっかりと覚えるようにしましょう。

注文方法は、2種類あります。NDD方式とDD方式です。海外業者は、NDD方式を採用し、国内業者はDD方式を採用しているところが多いようです。NDD方式は、為替ディーラーを通さずに直接インターバンクに注文を流す注文方法です。DD方式は、一旦注文を為替ディーラーに流し、その為替ディーラーがインターバンクに注文を流すことになるのです。

NDD方式は、直接インターバンクに注文を流してくれるため透明性でフェアな取引ができます。問題があるのは、DD方式です。この方法は、一旦為替ディーラーを挟むことが厄介なのです。その為替ディーラーがインターバンクに流さないことがあります。これをノミ行為といいます。お客様の注文をノムのです。

このノミ行為は、大変悪質がある行為です。DD方式を採用しているところでは、ストップ狩りやスリップなど頻繁に起こるようです。負けているトレーダーには行いませんが、勝っているトレーダーには、頻繁に起こるようです。DD方式のFX業者は、おすすめできません。

スプレッドの違い

スプレッドとは、取引手数料のことです。国内FX業者は、DD方式を採用していることからスプレッドを薄く設定しています。逆に、海外業者はスプレッドが高めに設定されています。

国内業者は、DD方式のため顧客が負ければ会社の利益になるためスプレッドの安さで客を引き、負けトレードを重ねさせ利益を得ているのです。逆に、海外業者は手数料がなければ運営していくことができないため顧客が勝つことによりトレード回数が増え手数料をいっぱい払ってくれることを望んでいます。

現在では、海外業者もスプレッドが薄い口座を作成しどんどんスプレッドが薄くなってきています。そのため、あまり日本国内のFX業者とスプレッドの差はありません。また、現在では、日本のFX業者もNDD方式を採用しているところが多くなっています。

信託保全

日本国内のFX業者は、信託保全が義務化されています。そのため、会社が倒産したとしても個人の資産は守られることになります。しかし、海外FX業者は信託保全が義務化されていないため、信託保全に加入していないFX業者もあります。

FX取引を行う上で、信託保全があるのかないのかによって変わります。日本のFX業者はすべて信託保全が付いています。海外FX業者を使いたい方は、信託保全が付いているFX業者を選ぶようにしてください。

海外FX業者のメリットデメリット

海外FX業者のメリットは、レバレッジが高いため一気に金額を増やすことができます。また、NDD方式のため透明性のあるトレードができます。プラットフォームがMT4のため自分好みにカスタマイズし使用することができます。デメリットは、レバレッジが高いため一気に資金を失うことがあります。また、スプレッドも広く大きい損失をしてしまう可能性があります。

そのため、レバレッジをかける際は、冷静な判断ができるくらいが重要です。スプレッドも、XMではZERO口座といってスプレッドが薄い口座も誕生したため、そういった口座を開設しトレードすることをおすすめします。

国内FX業者のメリットデメリット

国内FX業者のメリットは、レバレッジが少ないため損失する金額も少ないです。信託保全にも必ず入っているため、会社が倒産しても資産が守られる安心感があります。また、スプレットも狭いため手数料を安く抑えることができます。デメリットは、レバレッジがかけられないためあまり儲けることはできません。

DD方式のため、のみ行為が発生し公平ではないトレード環境になってしまいます。そのため、スリップや約定拒否など様々な問題が起こる可能性があります。

また、プラットフォームは会社が開発したのを使わなければいけないため自分好みにカスタマイズすることができません。自動売買もできないため裁量トレードが中心となります。

FX口座を作るなら国内よりも海外FX業者のXM

少ない資金から億万長者になりたい人や一気に資金を増やしたい方は、海外業者のXMをおすすめします。XMの強みは、最大レバレッジが888倍という点です。レバレッジ取引は、メリットになりますがデメリットにもなります。そのため、リスクの範囲でレバレッジを使用することをおすすめします。

また、XMでは入金キャンペーンやウェビナーといった特典も多数ついております。投資初心者の方は、ウェビナーで勉強することをおすすめします。口座開設は無料で行えるため、無料で口座を開設すればFXの知識も手に入り一石二鳥です。そのため、XM口座を開設しない手はないといえます。

hiro
hiro
56 views

初めまして。
廣瀬と申します。
ライティングと投資で生計を立てている29歳です。
波乱万丈の人生ですが、ライティングはこだわって書いていきます。
ぜひ、読んでみてください。
宜しくお願いします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。