海外旅行傷害保険のおすすめクレジットカードはどれ?海外旅行傷害保険の選び方

海外旅行に行く際には、忘れがちですが非常に大事な、やるべきことが二つあります。

準備していないなら、なるべく早く始めなくてはなりません。

  • クレジットカードを持つこと
  • 海外旅行傷害保険に加入すること

この二つは本来別々の話ですが、世には海外旅行傷害保険のついたクレジットカードが多数あります。

ですから、新たにクレジットカードを持とうとするなら、海外旅行傷害保険の付いているカードを選ぶと、やらなければならないことが一度で済みます。

クレジットカードにより、海外旅行傷害保険をカバーする方法について以下、見ていきましょう。

海外旅行に行くには保険加入が必須

海外旅行に行く前には、海外旅行傷害保険への事前加入は必須です。

うっかり加入を忘れてしまい、現地でケガや病気を発症してしまうと、医療費全額を支払わなければなりません。

保険に入れば、わずかな出費でまさかのときの多額の支払を防ぐことができるのです。

海外では医療制度が違う

日本国内では、誰でも健康保険や国民健康保険に加入しています。

このおかげで国内では、病院に掛かっても3割負担で済んでいるわけです。健康保険が基本的に利かないという状態は日ごろ想像していないかも知れませんが、海外に行くと簡単にこの状態となります。

さらに医療制度自体が根本的に違いますので、日本の常識では計り知れない高額の治療費を請求されることもあります。

盲腸炎の手術で200万円を超える請求も、ごく普通にあります。

保険に入っておらず現地で高額の費用を支払った場合、健康保険や国民健康保険には、海外療養費の制度があります。

ですが海外療養費は日本での医療水準に基づき支払われますので、高額医療については一部しか戻らないことが多いです。

大事なのは医療を受けられること

海外旅行に行きますと不測の事態が増えます。最悪の場合、死亡事故もあり得ます。

ですが死亡保険金のことよりまず優先されるべきは、ケガや病気の治療を適切に受けられるようにしておくことです。

死亡事故よりも、治療を受ける可能性はずっと高くなります。

手術や入院などが必要なこともありますが、このような場合でも、海外旅行傷害保険に入っていれば安心です。

できれば、受けられる治療費の上限について、200万円程度はあったほうが無難でしょう。

海外旅行傷害保険商品

海外旅行傷害保険に入る場合、例として4泊5日のアジア旅行の場合ですと、安いプランの保険料は2,000円しません。

海外に向かう際の空港にも保険カウンターがあり、その場で保険の加入手続ができます。ですが、事前にWebで申し込んでおくに越したことはありません。

事前申し込みのメリットは、自宅を出たときから保険が適用されるということです。

大きな荷物を持って移動する以上、国内であっても普段と違う環境にあるわけですから、これは大事なポイントです。

場合によっては保険が適用されないことがある

海外旅行傷害保険は、事故の原因については支払われない場合があります。

代表的な例を列挙します。

  • 故意、重大な過失
  • 資格のない運転、酒気帯び運転による
  • 妊娠によるもの
  • 戦争(テロ行為の被害は除く)

常識的な範囲での事故や病気による限り、保険金が支払われないということはありません。

クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険の特徴

1人2,000円程度の保険金を支払ってこれに加入するという選択肢は、決して悪いものではありません。

最近ではこういった保険商品の中には、海外で医療を受ける際、旅行者において一時的な支払をしなくていいものも増えています。キャッシュレスで治療が受けられるわけです。

海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを持っているかどうかにかかわらず、新たに保険に加入すると安心できていいでしょう。

ただ、クレジットカードの保険だけで済ますこともできなくはありません。カード付帯の保険の場合、旅行の都度加入しなくていいのは大きなメリットです。

そして、同行の家族が多いと、加入する保険料も意外と馬鹿になりません。そこでクレジットカードの重要性が増すのです。

クレジットカードの保険で済ます場合、次の点には気を付けておきましょう。

  • 複数のクレジットカードがある場合は限度額を合算し、200万円程度の治療が受けられるようにしておくこと
  • 「利用付帯」のクレジットカードの場合、必ずそのカードで旅行代金を事前に決済すること(後述)
  • クレジットカードの有効期限が切れていないこと
  • 「家族カード」「家族特約」を把握して、同行の家族のうち、保険が適用されない人がいないようにすること

これらに気をつけておけば、クレジットカードだけでも大丈夫です。

海外旅行傷害保険商品との違い

海外旅行の都度申し込む旅行傷害保険と、クレジットカード付帯の保険とでは、次の違いがありますので注意しましょう。

  • 一般の保険では適用される「疾病死亡」の項目が、クレジットカードにはない(病気により海外で死亡した場合、保険の適用外となる)
  • クレジットカードには「緊急歯科治療費用」等の項目もない
  • 治療を受けるにあたっては、必ず自分自身で一度、医療費全額の支払いをする必要がある
  • 「疾病死亡」が適用されない件については、特に生命保険に入っている人ならそれほど気にならないでしょう。

歯科医療についても、きちんと定期的に歯のケアをしている人なら、緊急事態となることは少ないはずです。

要注意:自動付帯と利用付帯

海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを持っても、気を付けないといけないことがあります。

クレジットカードの海外旅行傷害保険には、次の二種類があります。

  • 自動付帯
  • 利用付帯

自動付帯は、クレジットカードを所持しているだけで保険が適用されるものです。

利用付帯は、保険適用の条件があるものです。現地でのカード決済後に適用となるものもありますが、多くの利用付帯のクレジットカードにおいては、事前に旅行代金の一部をクレジットカードで支払っておかなければなりません。

海外航空券や海外ツアーの代金をカードで支払えばOKです。

クレジットカード2枚の保険を利用したいが、両方とも「利用付帯」のカードだという場合はどうしたらいいでしょう。

たとえば手持ちのカードが、楽天ゴールドカードと、セディナカードクラシックの場合です。

この場合、事前に支払う旅行代金を2枚のカードに分ければ両方の保険が適用されます。飛行機代とホテル代などです。

ツアー利用で分けられない場合ですが、出発空港までのリムジンバスや電車の料金をクレジットカードで支払うだけで、「利用付帯」の要件を満たせる場合もあります。

わからなければ保険デスクに電話して訊きましょう。

複数の保険は合算して適用できる?

海外旅行の都度加入する保険でも、クレジットカードに付帯の保険でも、その補償は併せて受けられます。

大事なことですのでこれは覚えておきましょう。

クレジットカードに保険が付いているがその補償額が低いという場合、任意に保険に加入する際には、クレジットカードの補償額を考慮して、安いプランに入ればいいということになります。

ただし「死亡・後遺障害」については合算不可で、もっとも高い金額の補償のみ受けられます。それ以外の項目は合算できます。

たとえば200万円の医療費の補償のある保険に加入し、さらにクレジットカードで50万円の補償が受けられるとします。

この場合、盲腸炎の手術で250万円要しても、治療費全額を保険でカバーできることになります。

複数のクレジットカードの保険があっても、同様に死亡・後遺障害以外は同じように合算して補償が受けられます。

海外旅行傷害保険の付帯したクレジットカードいろいろ

海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを見ていきましょう。

死亡・後遺障害以外の補償項目は合算できますから、補償額の小さい保険のついたクレジットカードであっても、役に立ちます。

ただし、保険付帯をアピールしていてもほぼ役に立たないクレジットカードもあります。「死亡・後遺障害」のみ補償のあるカードです。

補償の合算もできませんので、意味がありません。

必ず、ケガ・病気の治療が受けられる保険のものを選びましょう。

ゴールドカード以上のカードには海外旅行傷害保険がついている

ゴールドカードというのは、一般的に券面が金色の上級のクレジットカードです。

ゴールドカードは審査が厳しく持つことが難しいと思っている人も多いでしょうが、さらに上級のプラチナカードならともかく、そうでもありません。

年会費が高いこれらのカードの場合、ほぼ例外なく海外旅行傷害保険が自動付帯されています。

年会費が高いといっても、ゴールドカード以上のクレジットカードの場合、家族カードが少なくとも1枚、年会費無料で申し込めます。

家族カード会員にも海外旅行傷害保険が適用されますので、このメリットは海外旅行の際には大きいでしょう。

こういったサービスを考えますと、家族で海外旅行に行く際にはゴールドカードの年会費は決して高いものではありません。

ただ、ゴールドカードの海外旅行傷害保険にも利用付帯のものがあります。気を付けましょう。

三井住友VISAゴールドカードも、自動付帯枠と利用付帯枠とに分かれており、後者のほうが枠が大きくなっています。

カードを持っているだけで適用される保険の枠は小さいですからご注意ください。

ゴールドカードの一例として、JCBゴールドの補償内容を見てみます。

治療費の上限は、ケガの場合も傷害の場合も、300万円です。家族カードも同様です。

高校生以下の家族に役立つ家族特約もあり、治療費上限は200万円となります。

これだけの額があれば、カード1枚でも最低限対応できるでしょう。

死亡・後遺障害の保証については、本会員・家族カード会員と家族特約とで差が大きくなっています。

本会員は、事前の旅行代金支払がある場合1億円、ない場合5千万円なのに対し、家族特約では1千万円となっています。

JCBゴールドカード

海外旅行傷害保険の付帯しているスタンダードのクレジットカード

年会費が1,000~3,000円程度のクラスのカードでも、海外旅行傷害保険付帯のものがあります。

1枚では補償額の足りないカードも、複数持つと十分な価値を持つこともあります。

このクラスの中では、ちょっと年会費が高め(税抜3,000円ただし初年度無料)ですが、「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」の内容が優れています。

ケガ・病気の治療費用の上限が300万円で、保険自動付帯です。保険内容に関しては、アメックスオリジナルのグリーンカードより優秀な内容です。

先のゴールドカードにも匹敵する、高パフォーマンスを誇るクレジットカードです。

家族カード会員は、年会費1枚につき1,000円(税抜)です。

家族カード会員の治療費用に関しては、本会員と同一です。

家族特約はないので、高校生以下の家族同行の場合、クレジットカードの保険は適用されません。子供がいる場合にはゴールドカード以上のカードがいいでしょう。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの見逃せないメリットは、Webで申し込み、即日での審査通過後、全国にあるセゾンカウンターに出向いてカードを受け取ることができる点です。

忙しい出発前に即日でカードが手に入れられるのです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費無料なのに海外旅行傷害保険がついているクレジットカード

年会費永年無料のカードは人気が高いです。

中には、それでいながら海外旅行傷害保険が付帯しているものもあります。

このタイプのカードの筆頭が「エポスカード」です。

エポスカードの傷害保険の限度額は、ケガの治療で200万円、病気の治療で270万円となっています。これだけでもほとんどの事故には対応できるでしょう。

しかも自動付帯です。1枚持っておくと心強いでしょう。

さらに、全国(マルイ等)にあるエポスカードカウンターで、申込後即日交付を受けられるという優れものです。
国際ブランドはVISAです。

家族カードはありませんので、旅行に行く人全員が審査を通過してカードを持つ必要があります。

エポスカード

海外旅行に便利なクレジットカード選びの注意点

海外旅行傷害保険のためのクレジットカードと考えれば、補償内容で選べばいいのです。

ただ、クレジットカードは海外で支払能力を証明し、買い物で決済するための大事なアイテムですので、保険以外に選ぶ理由
があります。

国際ブランドにも注意

クレジットカードの右下には、国際ブランドが付いています。

日本で発行されるクレジットカードは、国際ブランドは以下の4種類です。

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • American Express

迷ったときは、VISAかMastercardが無難です。この二つのブランドは、世界でのシェアの1位と2位で、使えないお店はあまりありません。

日本のブランドJCBは、アジアでは強いです。

その他、各地のクレジットカードブランドと提携している北米(Discoverブランドと提携)、南米(シエロ、ファーストデータの各ブランドと提携)、豪州(アメックスと提携)では、特に2枚目のカードとしては十分使えます。

ただし、欧州では非常に存在感の薄いブランドです。

欧州にお出かけの場合や、北米・南米でも言葉がおぼつかない場合はお勧めできません。

American Express(アメックス)も、信頼は非常に高いのですが、加盟店は若干少なめです。
アメックスは2枚目として持つ方が無難です。

複数のカードを持つ場合は、ブランドは変えましょう。それだけ、決済できるチャンスが増えます。

海外キャッシングで両替要らず

海外では、日本と違って現金よりカードのほうが幅を利かすことが多いですが、多少の現金は必要です。

海外通貨を作るためには、両替などの方法もありますが、もっとも簡単なのがクレジットカードでの海外キャッシングです。

キャッシングですから借り入れることになり、利息が付く点はご注意ください。

ですがほとんどのカードでは、帰国後日本円で早めの返済が可能です。海外キャッシングの場合レートが優遇されていますので、すぐに返してしまえば両替よりも手数料が掛からない場合が多いです。

なおキャッシングのためには、キャッシング枠がクレジットカードに付いていることが必要です。
入会時に申し込まなかった場合など、枠がついていないことがありますのでご注意ください。

まとめ

海外旅行に欠かせない傷害保険について、クレジットカードで間に合わせる方法について見てきました。

Webで簡単に申し込める旅行保険も便利ですが、クレジットカードにも便利な点があります。

クレジットカードだけで海外に行く場合は、付帯している保険の条件をきちんと確かめてからにしましょう。

また、保険に入る場合でも、補償については併用可能であることをきちんと理解しておきましょう。

弁天小僧
弁天小僧
11 views

ライターの弁天小僧です。
お金以外では、こんなジャンルも執筆しています。
・落語
・カーシェア
・自動車
・お酒(蒸留酒)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。