経営者必見!EC・ネットビジネスを強化するソフトウェアの機能・コストまとめ

個人でも手軽にネットビジネスを始めることができるようになり、さらに中古品売買の需要も高まっていることから、EC・ネットビジネスの市場規模はすでに2兆円に達しているといいます。

このようにEC・ネットビジネスの拡大が進む中、赤字経営、人手不足、経費削減などに頭を悩ませている経営者も多いようです。

経営者の悩みを解決できるといわれる、ビジネスサポート機能に優れたソフトウェアの数はそれこそ数えきれないほどありますが、サイトで調べても具体的な費用がわからず、問い合わせる手間すらわずらわしく、結局それきりになってまうのが現状ではないでしょうか。

そこで、今回はEC・ネットビジネスに大きく役立つソフトウェアの機能や、もっとも気になるコストについてまとめてみました。

EC・ネットビジネスとは

まずは、オンラインでできるビジネスを大きく2つに分けて解説していきたいと思います。

Woman
ECとネットビジネスとかネットショップとか、実は区別がよくわからないんだけど。
Expert

EC(Electric Commerceの略)で電子商取引といい、主にオンラインの小売業・ネットショップのことを意味します。だからネットショップはECと言い換えることもできるのです。

そして、ネットビジネスは広義でいえばECも含まれますが、正確にはオンラインでビジネスサービスを提供するシステムのことをいいます。

EC

ネットショップ、オンラインショップ、ネッツ通販など・・・

アマゾン、楽天、メリカリ、バイマ、ネットオフ、その他

本や電化製品、化粧品やサプリメント、家具、靴・カバン、食品など物を売買すること。

ネットビジネス

こちらはかなり幅広い業種が対象となり、

ネット広告、WEBメディア、情報サービス、オンライン教育、オンライン投資、WEBコンテンツ、アプリ、ソフトウェア、WEB上のサービスのやり取り全般。

対面することなくWEB上でビジネスが完結するもの。

Woman
じゃあ、私は衣料品や雑貨のオンラインショップをしているから、ECに分類されるわけね。
Man
だったら僕の場合は地域飲食店の情報サイトを経営しているから、ネットビジネスになるんだね。
Expert
その通りです!では、このように幅広いネットビジネスではありますが、今回はECとネットビジネスに役立つソフトウェアを紹介するにあたって、それぞれのビジネスの特徴を考えていきましょう。

EC・ネットビジネスのメリットとデメリット

ECやネットビジネスの経費を抑えより効果的な利益を出していくために、活用できるソフトウェアがいろいろありますが、でもそれぞれのビジネスの特徴や経営者の環境によって、どんなソフトウェアの活用が効果的なのかがわからないと思うのです。

そこで、それぞれのメリットとデメリットをまずは明確にしてみたいと思います。今回は「顧客側」と「運営側」の両方の視点で考えていきましょう。

EC運営

ECの運営方法は主に2種類に分けることができます。

  1. ECサイトのみでの運営
  2. 実店舗がある上での運営

実店舗があるなしによって、若干の違いはあると思いますが、大まかなところでは

メリット

  • 販売エリアは全国、海外と幅広く展開できる
  • 店舗や事務所になどに経費がかからない
  • 時間・曜日を問わず自宅にいながら買い物ができる
  • 自由にECサイトを作成できる
  • 自由に広告活動ができる
  • 会話をする必要がない

デメリット

  • 競合の数が著しく増加する
  • 対面のようにリアルタイムな営業促進ができない
  • 在庫の管理に手間がかかる
  • 集客対策に広告費などの費用がかかる
  • 梱包や発送に手間や費用がかかる
  • 問い合わせの対応が困難

など・・・が大まかなところでしょう。

ECサイトにとっては、販路を可能な限り拡大できるというメリットがありますが、物が対象となるため、物を仕入れたり管理したりする時間や手間がかかってしまいます。

写真1つの構図や色調、デザインなどがその商品の良さを左右してしまいかねません。いかに魅力的な物の写真を掲載するかが重要だといえます。

ネットビジネス運営

では、次にネットビジネスのメリット・デメリットを考えてみたいと思いますが、大まかなところではだいたいECのメリットとデメリットと共通していると思います。

さらに、ECと区別した際に、ネットビジネスの大きな特徴というのは、物を媒体としないサービスだということです。

物を媒体としないネットビジネスのメリットは、

時間帯や曜日などにとらわれない、より自由度の高いビジネスが実現できる、デリバリーコストがかからない、

となります。基本的に見たり触ったりできる物を売るわけではないため、梱包や発送などに費用や手間はかかりませんが、その分顧客の満足度が高いサービスや技術が要求されます。

ネットビジネスを提供する上でのデメリットは、

商品の良さを伝えづらい、良さを実感してもらうのに時間がかかる、対コストとの商品の評価が判断しづらいなどがあげられ、トータルで考えれば売りづらいものとなります。

例えば、WEBライティングを1つの商品として考えます。たいていは、検索結果としてタイトルのみがリストアップされた状態です。一見しただけではその中身というのはわかりません。

仮に、タイトルをクリックして中身を読んだとしても、それにどのような価値があるのかが明確にしづらい部分があります。

オンライン広告やオンライン教室でも同じことで、利用してみて時間がたたなければ結果を数字で出すことができません。ソフトウェア、アプリ、その他のWEBサービスもしかりです。

売り上げを上げるためにできること

では、これからEC・ネットビジネスで利益を上げていくために、どんなことができるのかを考えていきたいと思います。

コストを抑える

コストが低ければ、それだけ売り上げ率が高くなるのは誰でもわかる簡単な理論です。しかし、経営者が陥りやすい過ちは、大切なもののコストを下げてしまうことです。

その1つが人件費。ビジネスを円滑に運営するために時給1,000円でアルバイトを雇っていたとします。でも、経費を削減したくて時給を900円に下げてしまいます。

するとどうでしょうか、1000円で働いていたバイトA君は辞めてしまい、900円で新しく雇ったバイトB君は前者よりも能力が低い。仮にA君が1時間で済ませていた仕事をB君が2時間かかって終わらせるとすれば、そこにいったい何のコスト削減の効果が見れるというのでしょう。

そうであれば、1500円を払って30分で仕事を済ませてくれる人を雇った方がコスト削減力は高くなるということなのです。

では、仮に個人経営で自分1人で運営していたとします。その際には、1人で費やした時間がコストとして換算されますので、10時間かかって仕入れとリストアップ・梱包・発送をして売り上げが3,000円だったとすれば、結局のところ時間給は300円!(そんなバカな・・・)です。

今時300円で誰が仕事をするでしょうか。しかし、ここで3人が役割分担することで仕事の能率が上がり、30時間で3万円の商品が売れたとします。そうすると、1人あたりの利益は1万円となり、時給に換算すると1,000円です。まぁ、悪くないといえるでしょう。

削減すべき経費、増やすべき経費

大切なのは、何に費用をつかって、何を削減するかということです。いや、どうしても個人で経営したいからと言う人ももちろんいるでしょう。

また、経営方針として商品の質は落とせない、とかどうしてもこのブランドでないと、この金額でないと、などそれぞれ譲れない部分があると思います。

質を落としても構わないものは何か?

例)光熱費、ネット回線の料金プラン、梱包用の素材、サービス料金の変更、広告費など・・・

各自の運営スタイルに応じて削減できるものは何かを考えてみましょう。

質を上げていきたいものは何か?

例)時間効率、顧客層、商品、広告費、ネットの通信速度、サービス内容など・・・

費用をかけることで、それが利益へと還元されていく要素は何なのか判断しましょう。

WEBサイト構築を考える

EC・ネットビジネス、双方にとって中核となるのは自社HPです。

集客力の高いWebサイトをつくることは、利益を得るために最も重要なことだといえます。単にHTMLやデザイン、画像、リンク、キーワードなどをキャッチーな雰囲気で組み合わせればいいというものでもありません。

結局、消費者から「購入」「契約」「登録」のコンタクトを得なければ、売り上げはゼロのままです。その最終的なアクションを促すためにどうしたらいいのかを戦略を練ること、それがWEB構築です。

そして、最終目的に促すためには、まず検索結果にてリストに掲載されなければなりません。そのためにどうしたらいいのか、を考えるのがSEO対策です。SEO対策=WEB構築と思って頂いて構わないでしょう。

おそらく、経営者の皆さまはすでに、SEO対策のことはご存知だと思います。

Woman
SEO対策は知っているけど、あれって業者に頼むと費用がかかるんでしょう?
Expert
業者によっていろいろですが、高い費用を払っても必ず集客できるわけではないようです。これまで、不正な方法や不自然なやり方でSEO対策に望む人があまりにも多かったため、故意にランクインを目指して作られたようなサイトは逆効果を与える場合もあるのです。

SEO対策

SEO対策を業者に頼む場合に大切なのは、依頼する相手がビジネスの内容や経営者の経営方針などに従って、どれだけ親身に対応策を提案してくれるのかということだと思います。

見せかけだけのテクニックで、検索システムを納得させたとしても、肝心な消費者が納得しなければ意味がありません。ですから、プロに任せるのも1つの方法ですが、経営者として自分自身で消費者のことを研究し、SEO対策に臨むことが1番です。

そして、SEO対策を進める上で、消費者の動向を知るために行うのがWEBマーケティングです。

WEBマーケティングとWEB構築、SEO対策は三位一体で考えていくべきものだといえます。

無料でダウンロードできる!

売り上げ向上のためには、欠かすことのできないWEB構築、SEO対策に役立つツールが無料でダウンロードできます。無料と有料のライセンスがあるので、必要に応じて選択することができます。

また、検索エンジンの代表取締役であるGoogleは純粋な(トリック重視でない)SEO対策を無料で支援しています。毎日コツコツと努力することで、きっと人気のサイトを作ることができるでしょう。

マーケティングで消費者のことを勉強しよう!

支援ツールにはどんなソフトウェアがある?

個人経営であっても、少人数の経営であっても、多少まとまった人数であろうとも、ビジネス支援ができるソフトウェアを上手に使いこなすことで、経費削減にもなり、売り上げを増やすことが可能になります。

近年では、もうAIが組み込まれたロボットが高齢化社会のニーズに沿って、介護支援をする時代です。ニーズに合った支援機能の高いソフトウェアを利用しない理由はないでしょう。

Expert
そのソフトウェアによっては3人分、5人分、10人分の仕事を期待することができるかもしれないのです。たった1人で10人分の業務をこなすことができたとしたら・・・、ありがたきはシリコンバレー、IT技術です。

そこで、ECサイト、ネット通販を総合的に支援するソフトウェアをいくつかご紹介したいと思います。

EC支援ツール

EC強化や人出不足が解決できるソフト

Woman

衣料品や雑貨を効率よく販売して、利益をあげていきたい。私が経営者で、従業員は5人、自宅兼事務所にて商品管理から、梱包、発送、問い合わせ対応までやっています。

忙しい時は人が足りないくて事務作業が滞りがち、でも、これ以上はスペース的な問題もあって人数は増やせない。

このようなニーズに対して、対応できるソフトウェアは?

販促システム

Eストアコンぺア 参考URL

  • 既に確保している集客数を活かし、収益率、リピート率が向上
  • 受注や顧客管理ができる通販システム
  • 集客力を高め、新規購入数を増やすWEB構築
  • リピート転換率、成約数、生涯価値を分析
  • 売り上げ重視、利益重視など用途に合わせて集計
  • 商品詳細を2バターン提示し、比較検証できる

など・・・ コスト(セットアップ料/1万、月額利用料/2万~)

販促システム2

Eストアークエリ― 参考URL

  • リピート率を向上
  • 顧客の属性を細分化
  • 自動メール配信、ステップメールサービス
  • 多種多様な条件にて分析
  • メールマーケティング
  • リピートを妨げる要因を徹底分析

など・・・コスト(セットアップ料/1万、月額利用料/2万~)

会計サービス

CalQカルク参考URL

  • 記帳代行→専用封筒にて領収書、請求書、売り上げ票、各種書類をもとに会計を代行
  • 会計業務をスムーズに行うために、会計履歴等がアプリでチェック
  • 電話やメールにて随時、会計業務のバックアップ

など・・・コスト(月額料金/9,180円)

ネットビジネス

アフィリエイト広告の利用、作業の負担を減らすソフト

Man
僕は地域の飲食店情報サイトをやっていて、主に飲食店からの広告費の収入で稼いでいます。アフィリエイト広告をはじめて、その他の地域情報サイトと連結させたりして集客力を高めることにも力を入れていきたい。1人で経営したいから、対応できる仕事に限界があるのが難点。ブログ作成や広告作成、さらに運営上の雑事なんかをオンライン上で人に任せられたら助かるけど・・・。

アフィリエイト無料会員登録

A8.Net 参考URL

楽天、アマゾン、ヤフー、NTTコミュニケーションズ、ツタヤなど大手のアフィリエイト広告主を選ぶことができます。会員登録は無料で、サイト内にて商品が売れた場合に広告主から広告料が支払われます。

アフィリエイトの中にはクリックだけで広告料が発生するものもありコストは0円!

次世代型サイト作成

シリウス 参考URL

5万名以上のユーザーに支持されている、アフィリエイト広告を目的にしたサイト作成ツール。SEO対策に特化した独自の技術でサポートします。

外部リンク機能が充実しており、自動登録機能などで簡単にソーシャルメディとも連結可能です。

など・・・コスト(ライセンス型/2万4800円)

アフィリエイトのノウハウ

3Mブログサイトアフィリエイト 参考URL

ブログサイトアフィリエイトの始め方、運営方法などをしっかりと基本から教えてくれます。簡単に、小手先の技術で稼ぐことはできないと、前置きした上で真剣に熱意をもって取り組むことを推奨しています。

真剣に取り組めば、初心者でも月5万以上の収入が短期間でもゲットできる秘伝。

など・・・コスト(ライセンス型/2万2800円)

ブログ作成などの業務を委託する

クラウドワークス参考URL

Webメディア、ブログのライティング、アプリ作成、HP作成などのさまざまな業務をクラウドワーカーに委託することができます。登録料は無料。

募集を載せたり、ワーカー情報を見て仕事を依頼したりできる。

コスト(案件による/交渉による)

まとめ

EC・ネットビジネスの普及によって、これまでの私達の生活は便利で快適なものへと大きく変わりました。家の中から1歩も出なくても、いろんな物が購入できて、ニーズに合わせたサービスを探すことができる現代。

今後はさらに、多種多様なEC・ネットビジネスが拡大してくことが予想されます。市場が拡大していくのは好ましい現象ではありますが、それと比例して競争も厳しくなってしまいます。

他にはない独自の商品やサービス・技術で、ユーザーを1人でも多く勝ち取っていきたいものです。そのためにも、コスト削減を徹底して実施し、良質で高効率の独自の運営方法を見出していく必要があります。

ぜひ、今回ご紹介したソフトを参考に自分に合った支援ツールを発見して、今後の皆様のビジネスの繁栄に役立てて頂けたらと思います。

mi001you
mi001you
854 views

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ等の投資活動を副業として、5年目の金融ライターがあなたに初めての投資をわかりやすくご説明いたします!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。