アフィリエイトの仕組みってどうなってるの?なぜ稼げるのか?稼げる理由と稼ぐための手法を紹介

アフィリエイトの仕組みってどうなってる?

「副業でアフィリエイトに挑戦したいけど、アフィリエイトの仕組みが分からない!」

ネットビジネスと言えば、転売や輸入・輸出などを思い浮かべる事も可能ですが、最も有名なネットビジネスの1つに「アフィリエイト」が挙げられると思います。

副業として、アフィリエイトを開始したけど数年で「本業を上回る収入なった」や、しっかりと更新作業やノウハウが溜まってくると「数百万円」を超える収入を得られるなんていう情報を、耳に挟んだ経験がある方も少なくないはずです。

しかし、同時に仕組みが良く分からないと「なんだか怪しい」と感じてしまいますよね。なので、この記事ではアフィリエイトの仕組みを理解する上で、不可欠な「アフィリエイトの概要」、「アフィリエイトの種類」「媒体の種類」などについて徹底解説していきます。

まず、はじめにアフィリエイトをしっかりと理解するために「概要」や「副業になるのか?」という基本的な部分についてご紹介していきます。

紹介して購入を促すもの

アフィリエイトについて簡潔にご紹介すると「紹介して購入を促すもの」が、最も正しいと思います。

そもそも、アフィリエイト(affiliate)とは、英語で「加入・合併」のような意味を持っています。一方で、日本のネットビジネス界隈では一般的に「成功報酬型広告」や「クリック保証型広告」などやそれを使ってお金を稼ぐ事を指しています。

というのも、このアフィリエイトという言葉は「アフィリエイトする」のように、名詞とは異なった使い方をされていたりと、様々な使い方をされているので「これがアフィリエイト!」と一概に表す事が出来ません。

「成功報酬型広告」や「クリック保証型広告」とは、主に「ネット上の広告」を指しており、アフィリエイトとはその「広告の仕組み」を指しているというのが、最も近いイメージだと思います。

アフィリエイトを利用したネットビジネスでは、主に「ASP」というサービスを提供しているWEBサイトから、貼り付けたい広告を探して申し込むというのが、ポピュラーな方法です。

ASPとは?

ASPとは、広告を貼り付けたい人と広告を貼り付けて広告主を、仲介しているサービスの事です。

有名な会社だと

などが挙げられます。

ASPには、沢山のジャンル・種類の広告が提供されており、その広告を見た・紹介された人が、サービスや物品を購入したら購入金額の内、元から決められている割合の報酬が入る仕組みです。(10%~数百%まで、開きがあります)

例えば、、

美容関係のサイトを運用しているAさん
そのサイトを見たBさん

が、いたと仮定します。

美容関係のサイトを運用しているAさんは、サイトから収入を得るために、広告を掲載する事にしました。
Aさんのサイトを見ているターゲットが望みそうな商品(美容グッズなど)を、ASPで探して自分のサイトに掲載・紹介します。

そのサイトを見ていたBさんは、紹介されている広告の品を購入しました(Aさんに購入資金の数%が入る)

アフィリエイトは副業になるのか

サイトを運用したり、広告を掲載したりとなんだか大変そうに聞こえてしまい、副業としてハードルが高く感じてしまうかもしれません。しかし、そんなに難しいものでもなく、もしも難しく感じるなら単純に「ブログをやって、商品紹介して、購入されたらお金が入る」とイメージすると、もっと分かりやすいかもしれません。

また、SNSの登場によってサイトを必ずしも運用する必要はなく、集客するための媒体(サイトやSNSなど)も様々な種類が出てきました。そのため、それほど始めるためのハードルは高くないと思います。どちらかと言うと、アフィリエイトを始める上で大きな障害は「アフィリエイトで稼げるようになるまで」だと思います。

どんな媒体を使ったものでも、アフィリエイトは稼げるまでに、一定の時間が必要になると覚悟しないといけません。(一般的にはしっかりと運用すれば、半年~1年と言われています)

そのため「稼げるまでの時間を気にしない」という方には、副業にアフィリエイトはおすすめできますが、「早く成果が欲しい!」という方はあまり副業として優秀ではないと言えます。

アフィリエイトの広告ってどんなものがある?

先程、アフィリエイトは「広告を掲載・紹介して報酬を貰う」という仕組みである事をご紹介させて頂きました。しかし、広告と一括りにしても、アフィリエイトには「物販に関連するもの」「クリック広告」「オプトインアフィリエイト」など、いくつか種類があります。

これから、アフィリエイトをしっかりと理解するために、アフィリエイトの広告の種類についてご紹介していきます。

物販に関連するもの

まず、はじめにご紹介したいアフィリエイトの種類は「物販に関連するもの」です。「物販に関連する」と書いてしまうと、かなり大まかな括りになってしまいますが、主に「ASP」を通した広告の事です。

ASPとは、先程ご紹介した広告を掲載したい人と広告主を繋ぐサービスの事ですが、アフィリエイト中で最もポピュラーな広告の形だと思います。

理由は、

  • 成功した時の報酬が高い
    (扱う商品にもよりますが、ものによっては数万円というものも)
  • 商品を自分で選べる
    (集客した層にあった商品を選べる)
  • 広告の種類が多い
    (大手のASPだと、沢山の広告主がいる)

などが、挙げられると思います。

ASPを利用した広告は「成果報酬型広告」と呼ばれており、紹介したものが「もしも購入されたら、資料請求されたら」など、指定されたアクションがされた時(成果が出た時)に、報酬が確定します。ここに、ASPを利用した広告のメリットが挙げられ、PV数に依存する事なく、報酬を上げていく事が可能という事です。

例えば、見られた回数=報酬のように、見られた数がダイレクトに報酬に影響するようなものだと、集客人数が大きくなるまで報酬は期待出来ません。(動画のPV数に依存するYoutuberの広告など)しかし、ASPを利用した広告であれば、例えば見ている人が10人いたとして、その中の1人でも購入してくれれば、報酬に繋がるという事です。

紹介文とターゲット層の絞り込みがしっかりとしていれば、利益を出せるというのがASPを利用した広告の大きなメリットです。

クリック広告など

次にご紹介したいアフィリエイトの広告の種類は「クリック保証型広告」です。ASPを通した広告では、購入や資料請求がされた時、つまり「成果」が出た時に「報酬」が確定するというものでした。(クリック保証型は、クリック報酬型広告とも言われています。)

クリック保証型広告では「広告がクリックされた」時に、報酬が確定します。つまり、成果報酬型広告と比べた時に「報酬が確定するまでのハードルが低い」広告だと言えます。

有名なサービスは、Googleが提供している「Google アドセンス」です。

クリック保証型広告を掲載出来るのは、主に「WEBサイト」を利用したサイトアフィリエイトのみで、SNSやメルマガを利用したアフィリエイトでは使用できません。というのも、クリック保証型広告の掲載方法は、サイトの一部に広告を挿入するというものなので、WEBサイトが主な媒体になると思います。(一部、アプリを利用したものもあります)

1クリックあたりの報酬額は「広告のジャンル」や「時期」、「サービス」などによって異なるのでなんとも言えないところですが、低いサイトだと「十数円」高いサイトだと「数百円」というのが、主な1クリックあたりの報酬額みたいです。

ポイントとしては、クリック保証型広告では、広告のジャンルを通常選択する事が出来ません(サービス元が最適な広告を選択する)。そのため、クリック率をある一定のところから上昇させる事は限界があります。。

つまり、見てくれる人(PV数)をアップさせる必要があり、PV数の高いジャンルを扱っているWEBサイトに導入される事の多い広告です。

オプトインアフィリエイト

最後にご紹介したいアフィリエイトの広告の種類は「オプトインアフィリエイト」です。オプトインアフィリエイトとは「メルマガ登録を促す」事で、実際に紹介した相手がメルマガに登録すると、報酬が確定するというアフィリエイトです。

報酬の額は「一件あたり十数円から数千円」とかなり開きがあり、傾向的には「お金」に関係する情報を提供するメルマガは報酬額が高くなる傾向にあります。

オプトインアフィリエイトは、SNSやWEBサイトなど、どんな媒体から集客した人でも紹介する事が可能なので、場合によってはかなり早いペースでたくさんの報酬を確定させる事が可能になります。

しかし、「このメルマガに加入したらこんなメリットがあります!」という事を、読者に伝える事が必要になるので、高い文章力やブランディングが要求されるアフィリエイト広告だと思います。文章力やマーケティングについて知識をお持ち方は、最も稼ぎやすく・早いペースで報酬が確定すると思います。

はじめの内は無料のメルマガ登録の広告を紹介しましょう。無料のものだと、紹介する相手も「登録するまでのハードル」が低くなり、成果が出やすいと思います。

アフィリエイトの媒体は?

][

先程、アフィリエイトの広告についてご紹介させて頂きました。しかし、これだけでは「アフィリエイト」をしっかりと理解する事は出来ません。

なぜなら、通常アフィリエイトでは、

  • 1.人を集める
  • 2.魅力的なコンテンツで商品を紹介する
  • 3.読み手にアクションを起こさせる

という手順で、報酬が確定していくからです。

つまり、広告は2・3の部分に関連する部分ではありますが、まずは1の部分である「人を集める(集客)」という部分について押さえないとそもそも紹介する相手を、確保する事が出来ません。また、このように人を集めるサイトやSNSの事をまとめて「媒体」と呼びます。

これからアフィリエイトで、用いられることの多い媒体である「サイト」「SNS」「メルマガ」「PPC」という4点をご紹介していきます。

サイト

最もアフィリエイトの媒体として代表的なのが「WEBサイト」です。

WEBサイトは、先程ご紹介したアフィリエイトの広告を全て掲載する事が可能であり、ASPを通した広告を掲載しながら、Googleアドセンスなどの成果報酬型広告なども掲載するというように、組み合わせて広告を設置する事が可能です。つまり、人が集まるサイトを作ってしまえば、かなり高い収益を作る事が可能なのです。

これだけだと、WEBサイトからの集客は一見、メリットだらけのように思えてしまいます。しかし、WEBサイトから集客する上では、サイトが成長するまでの「時間」必要になるという点を抑えておく必要があります。

というのも、運用しているサイトのコンテンツ(主に記事)を、沢山作成してそれが人を集めるようになるまでには「一定の時間・労力」が必要になります。

この時間や労力というのも、副業に割ける時間によって異なりますが、サイト運用をして1時間で3000文字の記事を作れる・作業時間は毎日2時間と仮定した時に「3~6カ月」ほど、成果が出るまでに時間が掛かるみたいです。

なぜこのように大きな時間が掛かってしまうのでしょうか?それは、サイトの集客方法が大きく影響しています。WEBサイトの主な集客口が「検索エンジン」であり、たくさんの人を集めるには、検索エンジンで検索結果上位に、自分のWEBサイトを上げる必要があります。

実はこの作業がすごく時間が掛かるもので、検索結果上位に上げてもらうためには「検索エンジンから見たサイトの評価」を上げていく必要があり、評価を上げるには「質の高い記事が沢山必要」になります。つまり、コンテンツの評価してもらうまでの期間に、一定の期間と労力が必要になるという事なのです。

もしも、サイトを主な媒体と使用するなら、ある程度の「時間・労力」を確保する必要があることを、押さえておきましょう。

SNS

次にご紹介したいアフィリエイトの媒体は「SNS」です。SNSを利用した媒体では主に「ASP」を利用したアフィリエイトと「オプトインアフィリエイト」などを掲載・紹介する事が可能です。

SNSとは、有名なものだと「Facebook」や「ツイッター」が挙げられ、最近では「インスタグラム」なども場合によっては、アフィリエイトの媒体に使用することが可能でしょう。

では、SNSを実際にどのようにアフィリエイトに活用していくのでしょうか?これから、有名な手法の一例をご紹介します。まずは、紹介する広告を決めておきます。(今回は健康関連と家庭)

  • 1.Twitterで健康に関する豆知識や面白いコンテンツを投稿する
  • 2.その投稿に関するファンが集まる
  • 3.集まったファンを対象としたメルマガ・ブログを開始する
  • 4.そこで、オプトインアフィリエイトやASPの広告を紹介する

というような順序です。例えば、健康関連に興味があるファンが集まっているので、例えばそれに関連した「健康・美容商品広告」をASPから掲載すると、かなり効率的に販売が進むと思います。(健康に興味がある人が集まっている・ファン層が厚いなどの理由です。)

SNSを活用したものもメリットは「スピード・拡散力が高い」という点です。まず、面白いコンテンツやニッチな層を狙うと、魅力的なコンテンツなら数ヶ月ほどである一定のフォロワー(ファン)が集まると思います。サイトでは「半年~1年」掛かってしまう集客を、数ヶ月で達成する事が可能なのです。

また、もしもコンテンツが「バズった(話題になった)」時の拡散力が高く、大きな可能性を秘めている媒体だと言えます。他の媒体から集客を行う場合でも外せない媒体であり、他の媒体と組み合わせていく事で効率的にアフィリエイトが進みと思います。

メルマガ

メルマガというのも、アフィリエイトを行う上でよく利用される媒体の1つです。メルマガとは、メールマガジンの略であり、メルマガに登録して貰ったメールアドレスに「情報発信」が可能になるというものです。

メルマガの媒体としての特徴は「紹介相手の購買意欲が高い」という点だと思います。というのも、メルマガを受け取るには「メルマガに登録する必要」がありますし、メルマガに登録しているという事は「この人の情報を受け取りたい・信用できる」と思われているという事でもあります。

メルマガで利用できる広告は、主に「オプトインアフィリエイト」や「成果報酬型広告」で、メルマガ内で「この商品がおすすめです!というような感じで、広告を紹介していく流れです。

しかし、メルマガ単体では集客は出来ないので、メルマガを登録して貰えるような人を集客する必要があり、サイトやSNSなどと言った媒体を組み合わせて用いる必要があるでしょう。

メルマガを利用したアフィリエイトの流れ(一例)

  • 1.ブログを開設して、人を集める
  • 2.ブログ内で、メルマガを発行している事を知らせる
  • 3.メルマガを登録して貰うように促す
  • 4.登録してくれたユーザーを対象に、メルマガ内で広告を紹介

と言ったような流れです。集客を単体で出来ないのが弱点ですが、メルマガに登録して貰った場合は「質の高いファン」である可能性が高いので、紹介した際に「アクションを起こしてくれる可能性が高い」と言えます。

PPC

アフィリエイトの媒体として、最後にご紹介したいのは「PPC」です。PPCとは、主にクリック報酬型広告を指しています。アフィリエイトは「広告を掲載・紹介」して、報酬を確定させるものでした。PPCを媒体として使用するアフィリエイトでは「広告を用いて、広告を紹介」するのです。

具体的な手法は、まずPPC広告をできるサービスで、申し込みが必要になります。最もベーシックなものに「Google AdWords」が挙げられると思います。

ネットサーフィンの必需品は、検索エンジン(GoogleやYahoo!)だと言えますが、検索している際に最も上位に来て、目立っているものを拝見した事が無いですか?その部分をよく見てみると小さく「広告」や「Ads」のような記載を確認できると思います。

Google AdWordsでは、この部分に広告を掲載できるもので、種類やキーワード、ジャンルによって料金は異なりますが「1クリックあたり数十円〜数千円」ぐらいの金額に収まると思います。

この広告費を支払う事で、効率的に集客をする事が可能であり、速効性の観点から見ると「最も集客力が高い媒体」だと言えます。しかし、「採算が取れるようなジャンル」を選択するというのが、かなり重要な課題になって来ます。

例えば「1クリックあたり100円」という広告を、掲載したと仮定します。アフィリエイトの紹介の報酬が、1案件あたり1万円だとすると、100人に1人のペースで、広告の紹介が成功しないと赤字になってしまう可能性が出て来ます。

通常、アフィリエイトで掛かってくる費用は、サーバー代やドメインの維持費程度なので、赤字が出たとしてもそれほど大きな損害が発生する事はありません。

しかし、PPCを用いた媒体だと、効率的に集客が可能な反面、大きな赤字が出てしまう可能性があります。そのため、正しい知識を有してない方や初心者の方、資金力の無い方にはあまりおすすめできません。他の媒体と比べた時に、ハードルの高い媒体だと言えるでしょう。

どの媒体・広告がおすすめ?

先程、アフィリエイトで用いられる広告や媒体について、いくつかご紹介させて頂きました。しかし、これだけでは「自分に合った広告や媒体」を、見極める事は難しいかもしれません。

なので、これからオススメの媒体や広告に触れていき、初心者が挑戦しやすいアフィリエイトの方法を、ご紹介していきます。

サイトアフィリエイト

媒体によって、使用できる広告は異なってきます。というのも、例えば「メルマガ」を利用した媒体で「Google アドセンス」のような広告を、掲載して利益を出していくことは出来ません。つまり、どんな媒体を用いてアフィリエイトを行うのか?というのは、どんなアフィリエイトを行うのか?という点にも繋がるのです。

初心者の方におすすめしたい媒体は「WEBサイト」を用いたもので、一般的に「サイトアフィリエイト」と呼ばれるものです。

サイトアフィリエイトがおすすめ点は、沢山挙げられますが3つのポイントにまとめると

  • やり方によっては、どんな広告でも掲載出来る可能性がある
    (拡張性が高い)
  • 持続性が高い
    (一度、サイトを育ててしまうと、お金を生み出す資産をネット上に作る事が出来る)
  • 目立った費用が掛からない
    (無料ブログ等を利用すれば、無料で始める事も出来る)

のような点が挙げられます。初心者の方は、まず「サイト」を開設する事から始めましょう。

サイトを開設する方法はいくつかありますが、アフィリエイトでサイトを開設するために用いられているサービスは、主に2つです。

  • はてなブログ
  • WordPress

はてなブログでは、初心者の方でもすぐに記事(コンテンツ)を制作する事が可能で、はてなブログを利用すれば「ドメイン・サーバー」など、サイト開設に伴って必要な手間をほとんど解決する事が可能です。一方で、HTMLやCSSの知識がある方にとっては、少しカスタマイズ性に欠けると言えるでしょう。

WordPressの場合は「サーバー」というWEBサイトを置いておく場所や管理、ドメインなどを用意する必要があり、はじめての方にとっては「手間の掛かる作業」になりえると思います。しかし、自分のサイトをしっかりと持てるので、カスタマイズ性が高く知識がある方にとっては、魅力的な選択肢になると思います。

WEBに関しての知識がなく、ややこしい事は避けたい!という方は「はてなブログ」、しっかりとカスタマイズしたい!という方は「WordPress」を用いて、サイトを開設する事がおすすめです。

クリック広告は早く報酬が出る

サイトを用いたアフィリエイトでは、Google アドセンスなどを代表とする「クリック報酬型広告」を、利用する事が可能です。このクリック保証型広告が、初心者におすすめしたいアフィリエイトの広告で、理由は「すぐに報酬が確定する」という点です。

アフィリエイトを始める上で最も障害になるのは「モチベーションの維持」です。アフィリエイトというビジネスは、参入障壁が低いので「誰でも参加できる」ビジネスになっています。しかし、その分ライバルが多く、結果がすぐに出にくいことから「多くの脱落者」を出しているビジネスでもあるのです。

結果がすぐに出にくいビジネスなので「モチベーション維持」というのが、大きなキーポイントになってきて、クリック保証型広告では「細かく・大量に」報酬が出る形になっています。

つまり「小さく成果が出やすく・モチベーションを維持しやすい広告である」と言え、初心者の方は「クリック保証型広告」という広告と「サイトアフィリエイト」という媒体を使用して、アフィリエイトを行うのがおすすめです。

まとめ

アフィリエイトの仕組みは?

  • 商品やサービスを紹介して、報酬を貰う仕組み
  • アフィリエイトは、長期的な副業を求めている方におすすめ

アフィリエイトの広告はどんなものがある?

  • ASPなどを通した物販
  • クリック保証型広告
  • オプトインアフィリエイト

アフィリエイトの媒体は?

  • サイト
  • SNS
  • メルマガ
  • PPC

おすすめの媒体と広告の組み合わせ

  • サイトとクリック保証型のセット

ネットビジネスの中で、最も大きな報酬が期待出来るビジネスの1つが「アフィリエイト」ですが、成果が出るまでにかなりの時間が掛かる事も特徴的です。

もしも、これからアフィリエイトを行うなら成果をすぐに追い求めずに「半年後~数年後」の利益を意識できるのか?が、アフィリエイトを成功させる上でキーポイントになってくると思います。

senna
senna
832 views

金融業界経験 4年 個人投資家 3年

個人投資家として「株式」「債権」「FX」「仮想通貨」などへの投資・投機を中心的に行っている。

資産運用はもちろん、ファイナンシャルプランナーの知識を活かしながら、税金やライフプランに関する情報発信を行っている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。