ネット銀行のネットキャッシングでお金を借りる方法。メリットデメリット・お金を借りるまでの手順を丁寧に解説

ネット銀行のネットキャッシングでお金を借りる方法とは

主にネット銀行が行っているサービスの1つに、ネットキャッシングがあります。簡単に仕組みを解説すると

  1. 事前にパソコン、スマートフォン、電話、書類の郵送などの方法で、利用申込をする
  2. 審査に通過すると、利用可能額の範囲でATMから借入を行ったり、所定の銀行口座に借入希望額を振り込んでもらったりできるようになる
  3. あらかじめ定めた返済条件に従い、期日通りに返済を行っていく

というものです。

woman
正直、カードローンとの違いが全く分からないのですが。

カードローンとネットキャッシングの大きな違いは、専用のローンカードの有無です。つまり

  1. 専用のローンカードが用意され、それを使ってATMから借入を行うのがカードローン
  2. ローンカードを用いず、その銀行のキャッシュカードやアプリを用いてATMから借入を行うのがネットキャッシング

と考えましょう。

teacher
今回の記事では、この2つの定義を前提として、話を進めていきます。

ネット銀行のネットキャッシングでお金を借りる方法のメリット

最初に、ネット銀行のネットキャッシングでお金を借りる方法について、メリットを考えてみましょう。以下の3つの点について解説します。

  1. 専用のローンカードの到着を待つ必要がない
  2. 防犯性の面からも優れている
  3. 周囲から「お金を借りている」ということがバレにくい

1.専用のローンカードの到着を待つ必要がない

銀行、消費者金融のカードローンの場合、借入を行うためには、一部の例外を除き専用のローンカードが必要になります。つまり、申込をし、審査に通ったとしても、実際に借入を始められるのは「手元にローンカードが届いてから」ということです。

もし、審査が長引いたり、郵便事情に問題があったりした場合は、審査が完了してからローンカードが届くまで、だいぶ待たされてしまうことも十分にあり得ます。

一方、ネットキャッシングではローンカードは使いません。その銀行のキャッシュカードや専用アプリがあれば、審査に通り次第すぐに使い始められるので「まとまったお金が必要な日になってもローンカードが届かなかった」という事態は避けられます。

2.防犯性の面からも優れている

ローンカードの問題点として「1枚余計にカードを持つことになる以上、管理が大変になる」が挙げられます。お金に関わるものである以上、盗まれたり、失くしたりしたら大きなトラブルに発展しかねないので、取扱いには注意が必要です。しかし、いくら注意をしていたとしても、人間のやることである以上、100%大丈夫とは言い切れません。疲れていたり、不慮のアクシデントに巻き込まれたりすれば、ローンカードを失くしてしまうこともあり得るでしょう。

一方、ネットキャッシングであれば、これまでにも使ってきたキャッシュカードやスマートフォンを使えばいいので、ローンカードを持ち歩く必要もありません。そもそも発行がされない以上、盗まれる心配もありません。

防犯面ではかなり優れているのも、ネットキャッシングのメリットです。

3.周囲から「お金を借りている」ということがバレにくい

ローンカードが発行されないということには、別のメリットもあります。それは、周囲から「お金を借りている」ということがバレにくい、というメリットです。

ローンカードを用いてカードローンを提供している銀行・消費者金融の場合、申込方法によっては、郵送で自宅にローンカードが送られてきます。本人限定受取郵便もしくは書留で送られてくることがほとんどなので、基本的には本人以外は受け取らないのですが、それでも、受け取っているところを家族に見られたことが原因で、家庭内のトラブルにつながることはあり得ます。違法性は全くないとは言え、人によっては「お金を借りる」ということに、強い抵抗感を覚えることもあるのが事実です。

その時のやり取り次第では、後々の関係に申告なダメージを与える可能性もあるでしょう。

一方、ネットキャッシングであれば、ローンカードは発行されません。そのため「お金を借りている」ということが、周囲にはバレにくいです。

teacher
どうしても周囲の目が気になる、ということであれば、これはメリットになると思いますよ。

ネット銀行のネットキャッシングでお金を借りる方法のデメリット

一方、ネットキャッシングにもデメリットはあります。次の5点について解説しましょう。

  1. 対応している銀行が少ない
  2. その銀行の口座があることが前提になる
  3. 金利がかなり高いケースもある
  4. 審査は年々厳しくなっている
  5. 気軽に利用できるため、浪費につながる恐れもある

1.対応している銀行が少ない

ネット銀行であっても、カードローン・ネットキャッシングなどを含めた一般消費者向けの貸付を行っているところはたくさんあります。しかし、その多くがカードローンの形態をとっているため、一部の例外を除いて、専用のローンカードがないと利用できない仕様になっているのです。

teacher
ここで、主要な銀行のカードローン・ネットキャッシングについて、ローンカードの有無を調べました。
楽天銀行
ソニー銀行
Auじぶん銀行
イオン銀行
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
セブン銀行

この表に出ていないGMOあおぞらネット銀行、大和ネクスト銀行は、カードローン、ネットキャッシングに相当するサービス自体を提供していません。

ネット銀行というくくりだけで見ても、すべての銀行がネットキャッシングを提供しているわけではないことに気を付けましょう。

2.その銀行の口座があることが前提になる

ネットキャッシングは、専用のローンカードを利用せず、銀行が発行するキャッシュカードや専用アプリを利用して、借入を行うのが大きな特徴です。そのため、ネットキャッシングを利用する上での大前提になるのが「その銀行の口座(普通預金口座)を既に開設していること」です。

裏を返せば、その銀行の口座を持っていない人がネットキャッシングを利用するには、遅くともネットキャッシングの仮審査と同時に口座開設の手続きを進めていかなくてはいけないことになります。

口座開設の手続きが終わらないとネットキャッシングによる借入もできないので、まとまったお金が必要になる予定がわかっている場合は、早めに動き出したほうがいいでしょう。

3.金利がかなり高いケースもある

ネットキャッシングに特有の問題というわけではないのですが

  • 利用する銀行
  • 銀行から提示された利用限度額

によっては、金利がかなり高いケースもあります。例えば、ジャパンネット銀行の場合、適用される金利は、利用限度額に応じて以下のように決定される仕組みです。

利用限度額金利(年率)
1,000万円1.60%
900万円以上1,000万円未満3.00%
800万円以上900万円未満3.50%
700万円以上800万円未満4.00%
600万円以上700万円未満5.00%
500万円以上600万円未満5.50%
400万円以上500万円未満6.00%
300万円以上400万円未満6.50%
250万円以上300万円未満8.00%
200万円以上250万円未満10.00%
150万円以上200万円未満12.00%
100万円以上150万円未満15.00%
100万円未満18.00%

一方、楽天銀行のカードローンの場合は、利用限度額と利息の関係は以下のようになっています。

利用限度額金利(%)
800万円1.9%~4.5%
600万円以上800万未満3.0%~7.8%
500万円以上600万未満4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満9.6%~14.5%
100万円未満14.50%

利用限度額が100万円未満だった場合は、ジャパンネット銀行のネットキャッシングを利用するより、楽天銀行のカードローンを使った方が、金利は低いです。

「支払う利息の総額を少なくしたい」という意図があるなら、ネットキャッシングだけでなく、他の銀行のカードローンも含めて、どの商品を使うべきか検討しましょう。

4.審査は年々厳しくなっている

ネット銀行は、通常の都市銀行・地方銀行と同じく銀行法という法律の枠組みで運営されています。当然、ネット銀行が提供する商品の一環でもあるネットキャッシングも、銀行法や銀行社内の業務遂行ガイドラインのもとで運営されるのです。

従来、銀行が提供するカードローンやネットキャッシングは、銀行法のもとに提供される商品であって、貸金業法の規制を受けませんでした。実際のところ、商品の性質に目を向けてみると「申込をし、審査を受けた人に対して貸付を行う」という点では、貸金業法の規制を受ける消費者金融のカードローンとは全く変わりません。それにも関わらず

  • 低金利で多額の借入が容易に可能であると誤認するような広告・宣伝がなされている
  • 返済能力を上回る過剰な貸付けが行われている

という、不適切な運営が横行していたのです。もちろん、銀行の業界団体である一般社団法人全国銀行協会もこれを看過するはずはありません。平成29年=2017年に発表された「銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ」において、配慮に欠けた広告・宣伝の抑制を図るとともに、健全な消費者金融市場の形成に向けた審査態勢等の整備を行う旨を通知したのです。

もちろん、個々の銀行においても、「銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ」の発表を受け、カードローンやネットキャッシングについても、ガイドラインを策定し、そのガイドラインに従って審査や途上与信を進めていくようになりました。

「銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ」の目的は、過剰貸付の抑止による顧客の保護です。その目的を達成するという意味もあり、カードローンやネットキャッシングについても、年々審査は厳しくなっています。

5.気軽に利用できるため、浪費につながる恐れもある

ネットキャッシングの審査自体は厳しくなっているものの、一度審査に通ってしまえば、自分の都合がいい時にATMから借入ができてしまうのが現実です。このような気軽さはネットキャッシングの長所でもありますが、短所にもなりえます。

人によっては、お金を借りるためにやることが事実上、ATMの操作だけになるので、心理的なハードルもだんだん薄れてきてしまうはずです。「ちょっと足りないから借りておこうか」という気軽な気持ちで使ってしまうと、いつのまにか残高が膨れ上がっていた、ということにもなりかねません。

また、返済が長期化すると、利息の支払いに追われて、元本の支払いにまで手が回らないケースもあり得ます。最悪の場合、任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理をしなくてはいけないこともあるので

  1. いくら必要なのか
  2. 借りた額を何年で返すのか
  3. その場合、利息はいくらかかるのか

をしっかり把握し、無理がない利用計画を立てましょう。

シミュレーターを使ってみよう

woman
確かに、長く借りていると、金利がどんどんかかりますもんね。でも、いくら借りたらいくら金利がかかるかって、どうやって計算すればいいですか?
teacher
一番手っ取り早いのは、シミュレーターを使うことですね。

ネットキャッシングの利用による

  • 借りた額の返済期間
  • 支払うことになる利息の総額

を把握するには、銀行がホームページ上で公開しているシミュレーターを利用するといいでしょう。試しに、ジャパンネット銀行のホームページ上で公開されているシミュレーターを利用し、10万円を借りた場合の返済期間と、支払うことになる利息の総額を計算してみましょう。

teacher
なお、シミュレーターによる計算結果の中に「残高スライド元利定額返済方式(A)」と「残高スライド元利定額返済方式(B)」という言葉が出てきますが、これは毎月の返済額(約定返済額)の決定方式のことです。毎月の返済日(約定返済日)の前日までの最終借入残高により返済するべき金額(約定返済額=元本+利息)が決まります。

【残高スライド元利定額返済方式(A)】

約定返済日前日の最終借入残高約定返済額(元本+利息合計)
10万円以下3,000円
10万円超30万円以下6,000円
30万円超50万円以下11,000円
50万円超80万円以下15,000円
80万円超100万円以下20,000円
100万円超150万円以下25,000円
150万円超200万円以下30,000円
200万円超250万円以下35,000円
250万円超300万円以下40,000円
300万円超400万円以下45,000円
400万円超500万円以下55,000円
500万円超600万円以下55,000円
600万円超700万円以下60,000円
700万円超800万円以下70,000円
800万円超900万円以下75,000円
900万円超1,000万円以下80,000円

【残高スライド元利定額返済方式(B)】

約定返済日前日の最終借入残高約定返済額(元本+利息合計)
50万円以下11,000円
50万円超100万円以下20,000円
100万円超200万円以下30,000円
200万円超300万円以下55,000円
300万円超400万円以下60,000円
400万円超500万円以下70,000円
500万円超600万円以下80,000円
600万円超700万円以下90,000円
700万円超800万円以下100,000円
800万円超900万円以下111,000円
900万円超1,000万円以下120,000円

これを踏まえて、以下の条件でシミュレーションしてみます。

  • 返済開始日は2020年9月1日
  • 借入額は10万円
  • 適用される利息は年率18.0%

結果は以下のようになりました。

残高スライド元利定額返済方式(A)残高スライド元利定額返済方式(B)
返済期間3年11ヶ月0年11ヶ月
支払総額139,611円109,155円
内利息39,611円9,155円
teacher
同じ金額を借り入れたとしても、支払期間や毎月の支払額によって、最終的に支払うことになる利息の総額は全く違います。早めに返済すれば利息を支払わなくて済むのはもちろんですが、繰上返済をしすぎて毎日の生活に困窮するようになってはどうしようもありません。バランスも考えながら、返済計画を立てましょう。

ネット銀行のネットキャッシングでお金を借りるまでの手順

ネット銀行のネットキャッシングまでお金を借りるまでの手順について説明しましょう。大まかな流れは以下の通りです。

  1. ネットキャッシングの利用申込を行う(オンラインが中心)
  2. 本人確認資料を提出する
  3. 仮審査が始まり、通過したら本審査に進む
  4. 本審査を通過したら契約に進み、初期設定を行う
  5. 初期設定が完了したら、ネットキャッシングの利用が可能になるので、実際に借入を行う
  6. あらかじめ決められた返済スケジュールに従い、返済を行っていく
teacher
もちろん、ネット銀行によって細かい部分の差はありますが、大まかなながれはほぼ同じと考えてくださいね。

おすすめのネット銀行のネットキャッシング

ここから先は、おすすめのネット銀行のネットキャッシングを紹介します。

1位.ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行ならキャッシュカードで借りられる。|ジャパンネット銀行

金利(年率)年1.6%~18.0%
利用限度額1,000万円まで
無利息特約の有無有※初回借入日を含めた30日間は無利息期間となる

ジャパンネット銀行のネットキャッシングをおすすめする理由

ジャパンネット銀行のネットキャッシングをおすすめする理由として

  1. 無利息期間がある
  2. スマホアプリやホームページを利用すれば24時間365日借入ができる
  3. セブン銀行のATMは利用回数、金額に関係なく借入・返済ともに手数料が無料

の3つが挙げられます。

まず「無利息期間がある」についてですが、ジャパンネット銀行のネットキャッシングを始めて利用する場合、初回借入日を含め、30日間は無利息期間となります。この期間の間であって、かつ、所定の返済日に返済した場合、利息はかかりません。

出典:30日間無利息(初回限定)|はじめてのキャッシングならジャパンネット銀行

teacher
ただし、以下の場合は無利息期間だったとしても、利息がかかってしまうので気を付けてください。
  • 約定返済を延滞した場合
  • 2007年1月15日以前に初回借入をしていた場合
  • 無利息期間が終了しているカードローン等から、別のカードローンに契約し直した場合
  • カードローン等を解約した場合
  • 当社が定める各種規定に違反した場合

また

  • スマホアプリやホームページを利用すれば24時間365日借入ができる
  • セブン銀行のATMは利用回数、金額に関係なく借入・返済ともに手数料が無料

についてですが、ジャパンネット銀行のネットキャッシングでは、以下の借入方法が設けられています。

teacher
わかりやすくするために表にまとめました。
スマホアプリからホームページからセブン銀行ATMから
借入資金口座に即入金現金で即受取
ログイン操作パターンまたは生体認証で1秒ログイン店番・口座番号・ログインパスワードを入力ログイン不要
出金時の手数料規定の提携ATM利用手数料無料
取扱時間24時間365日セブン銀行ATMの取扱時間に準ずる

その時の状況に応じて、借入方法を選べるのは、大きなメリットです。一方、デメリットとしては「在籍確認の電話が必ずかかってくる」ことでしょう。ジャパンネット銀行の公式ホームページでは、在籍確認の電話について、以下のような記述が設けられています。

出典:契約の流れ(口座がある方)|カードローン|ジャパンネット銀行
プライバシーに最大限配慮すると書いてある上に、実際に配慮を払って運用していることは想像に難くないでしょう。しかし「どんな些細なことであっても、人に知られてしまうきっかけになりそうなのは嫌」という人にとっては、デメリットになるかもしれません。

2位.住信SBIネット銀行

カードローン | 商品・サービス | 住信SBIネット銀行

金利(年率)年1.59%~14.79%
利用限度額1,200万円まで
無利息特約の有無

住信SBIネット銀行のネットキャッシングをおすすめする理由

住信SBIネット銀行のネットキャッシングは、同行のキャッシュカード「ミライノデビット」を利用し、提携ATMからの引き出しにより借り入れるのを予定した商品です。特定のローンカードが発行されないという意味で、ネットキャッシングに含めました。

住信SBIネット銀行のネットキャッシングをおすすめする理由として

  1. 属性が優良と判断されれば、借入条件の優遇が受けられる
  2. ネットキャッシング(=カードローン)の利用によりATMを手数料無料で利用できる回数が増える

の2つが挙げられます。

まず「属性が優良と判断されれば、借入条件の優遇が受けられる」ですが、住信SBIネット銀行のネットキャッシングを利用する際、初回申込時に提出した情報や審査の結果に基づき、適用される金利および利用上限額のコース(プレミアムコース・スタンダードコース)が決まります。

teacher
プレミアムコースの場合は、このようになっています。
利用限度額基準金利
10万円~100万円年7.99%
100万円超~200万円年6.39%~6.99%
200万円超~300万円年5.29%~5.99%
300万円超~500万円年4.99%
500万円超~700万円年3.99%
700万円超~900万円年2.99%
900万円超~1,000万円年2.49%
1,000万円超~1,100万円年2.39%
1,100万円超年1.59%
teacher

一方、スタンダードコースの場合は、以下のようになっています。

利用限度額基準金利
10万円~100万円年14.79%
100万円超~200万円年11.99%
200万円超~300万円年8.99%

また「ネットキャッシング(=カードローン)の利用によりATMを手数料無料で利用できる回数が増える」ですが、住信SBIネット銀行では「スマートプログラム(スマプロ)」という顧客優遇プログラムを設けています。簡単に言うと、住信SBIネット銀行との取引状況により

  • 提携ATMの手数料が無料になる回数
  • 他行への振込手数料が無料になる回数

が決まるというものです。

teacher
以下の4つのランクがあります。
ATM利用手数料無料回数振込手数料無料回数他の金融機関あて
ランク4月15回月15回
ランク3月7回月7回
ランク2月5回月3回
ランク1月2回月1回

このうち、ランク2であれば、以下の条件の中から、2つ以上達成していれば適用されます。

総預金の月末残高が30万円以上
ロボアドバイザー資産運用残高の合計が月末時点で10万円以上
以下1~11の条件のうち2つ該当
以下1~11の条件のうち2つ該当
外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
仕組預金の月末残高あり
SBIハイブリッド預金の月末残高あり
純金積立月末時点でご契約あり
給与、賞与または年金の月内ご入金あり
目的ローンまたは不動産担保ローンの月末残高あり
カードローンの月末残高あり(50万円以上2つにカウント)
スポーツくじ購入または公営競技ご入金の月内合計が2万円以上
ミライノ デビットの月末時点の確定金額が合計1万円以上(3万円以上2つにカウント)
クレジットカード「ミライノ カード(JCB)一般」の引落口座を当社に設定かつ当月確定(翌月引落)金額が1万円以上(5万円以上2つにカウント)
当社口座からプリペイドカード「JAL Global WALLET」への円貨チャージの月内合計金額が1万円以上(3万円以上2つにカウント)
外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
30歳未満

出典:スマプロランクについて | スマートプログラム | 住信SBIネット銀行

一方、デメリットとしては、先ほど紹介したジャパンネット銀行のように、初回利用時の無利息期間がないということでしょう。どんなにすぐに返したとしても利息はかかってきてしまうので、無理のない範囲で早めに返済できるようスケジュールを立てるとともに、臨時収入があったらすぐに繰上返済するのをおすすめします。

3位.セブン銀行

出典:カードローン | セブン銀行

金利(年率)年14.0%~15.0%
利用限度額100万円まで
無利息特約の有無

セブン銀行のネットキャッシングをおすすめする理由

セブン銀行のネットキャッシングは、セブン銀行のATMからの引き出しや、セブン銀行普通預金口座への入金によって借入を行います。なお、セブン銀行のATMからの引き出しの際には、セブン銀行のキャッシュカードはもちろん、専用のアプリを利用することも可能です。

セブン銀行のネットキャッシングのメリットとして

  • 口座開設も即日可能であるため、利用できるようになるまでが早い
  • 利用明細もWebで確認できるので、郵便物が送られてくる可能性が低い

が挙げられます。まず「口座開設も即日可能であるため、利用できるようになるまでが早い」についてですが、セブン銀行の公式ホームページには、以下のような記述があります。

Myセブン銀行(スマートフォンアプリ)から即時口座開設(最短10分で口座開設が完了)を行うと、Myセブン銀行内のローン申込みボタンからすぐにローンサービスをお申込みいただけます。

出典:カードローン | セブン銀行

銀行が行うカードローンやネットキャッシングに関しては、反社会勢力への資金流出を阻止する目的で審査が厳しくなっているのが現状です。そのため、申し込んだその日から利用する、というわけにはいきません。それでも銀行のカードローンやネットキャッシングの中では、実際に利用できるようになるまでは早い部類に属するはずです。

また「利用明細もWebで確認できるので、郵便物が送られてくる可能性が低い」についてですが、利用明細は専用ページやアプリで確認できます。郵便物が送られてくるのは、長期間の延滞・滞納をしたなど、ごく一部のケースなので、プライバシーも万全に保たれるでしょう。

一方、デメリットとしては「利用限度額がかなり低い」ことです。初回申込の場合、利用限度額は10万円、30万円、50万円のいずれかから決定されます。その後、利用状況に応じて増額していくこともできますが、それでも上限は100万円までです。収入に見合わないほど利用限度額が大きくても、実際に無理なく返済できるかは全く別なので、利用限度額が大きいからいいというわけでもありません。しかし、まとまったお金を借り入れる必要が出てきた場合、この点がネックになる人もいるでしょう。

パンダFP
m_kikuchi
176 views

大学院まで行って公認会計士を目指していたものの、紆余曲折を経て今は「日本一、お金のことを楽しくわかりやすく説明できるライター兼ファイナンシャルプランナー」目指して活動中です。日本FP協会のイベントのお手伝いもしています。保有資格)日本FP協会認定AFP、FP技能検定2級、税理士会計科目合格、日商簿記検定1級、全経簿記能力検定上級

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。