【2020年】おすすめETCカード5選。ETCカード保有者が教えるおすすめのETCカード比較ランキング

man
「おすすめのETCカードはどれですか?」
「ETCカードは、何を重視して比較すれば良いでしょうか?」
「ETCカードは、どうやって選ぶものですか?」

高速道路を利用する方にとって、必要不可欠なETCカードですが、どういう視点でETCカードを選べば良いでしょうか?どのETCカードがおすすめでしょうか?今回は、ETCカード保有者がおすすめのETCカードをランキング形式で紹介します。

ETCカードの比較ポイント

比較ポイントその1.ETCカードは、年会費無料のものを選ぶ

ETCカードの機能というのは

ETC車載機にETCカードを挿入した車で、ETCレーンを通過した際に、高速料金をETCカードの親カードであるクレジットカードで支払いができる機能

です。

ETCカードの機能というのは、どのETCカードでも違いがないのです。プロパーカードのETCカードでも、提携カードのETCカードでも、ゴールドカードのETCカードでも、プラチナカードのETCカードでも、ブラックカードのETCカードでも、機能は同じなのです。

機能に違いがないのですから、ETCカードは費用負担の安い、つまり無料のものを選ぶべきなのです。

ETCカードにかかる費用には

  1. 年会費
  2. 発行手数料
  3. 親カードの年会費

の3つがありますが、どれも無料のETCカードを選びましょう。

  • 年会費:永年無料
  • 発行手数料:無料
  • 親カードの年会費:永年無料

という完全無料のETCカードを選ぶべきです。

比較ポイントその2.ETCカードは、ポイント還元率が高いものを選ぶ

ETCカードで支払う高速道路の料金にも、親カードのポイント還元率でポイントが付与されます。

例:毎月2万円の高速道路料金の支払いがある場合

ポイント還元率:0.5%のETCカードを使う

  • 貯まるポイント = 月2万円 × 12カ月 × 0.5% = 1,200円分のポイント

ポイント還元率:1.0%のETCカードを使う

  • 貯まるポイント = 月2万円 × 12カ月 × 1.0% = 2,400円分のポイント

と、貯まるポイントに差が出てきます。

ETCカードをお得に使いたいのであれば、ポイント還元率の高いETCカード(親カード)を選ぶべきなのです。

比較ポイントその3.ETCカードは、ガソリン代割引のあるものを使う

ETCカード(親カードのクレジットカード)には

  • ガソリンスタンド(SS)でポイント倍増
  • ガソリンスタンド(SS)で割引
  • ガソリンスタンド(SS)でキャッシュバック

という特典があるものがあります。

ETCカードを利用するシチュエーションは、当然「車に乗っている」ことになります。

車を利用する機会が多い方は、高速道路はもちろんですが、ガソリンスタンド(SS)を使う機会も多いはずです。

だからこそ、ガソリンスタンド(SS)での特典が手厚いETCカード(親カードのクレジットカード)を選ぶことで、さらにお得に利用できるのです。

比較ポイントその4.ETCカードの即日発行で選ぶ

「ETCカードが必要」というシチュエーションには、急に必要になるケースが少なくありません。

man
「明日、旅行に行こうとしていたら、ETCカードがないことに気づいた。」

など、今日中にETCカードが必要という場合は、前述した比較要素とは別に「即日発行」が可能なETCカードを選ぶ必要が出てきます。

数は少ないのですが、即日発行可能なETCカードを選ぶことで、申し込んだその日のうちにETCカードを手にすることができるのです。

おすすめのETCカードランキング

1位.Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

カード分類一般カード
国際ブランドMastercard、JCB
申込方法-
発行スピード最短8営業日
年会費無料ステータス永年無料
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)300万円
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)2.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=0.6マイル)
JALマイル(1ポイント=0.5マイル)
ETCカード年会費0円
電子マネーチャージiD利用、QUICPay利用、楽天Edy、nanaco
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害-
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害-
ショッピング保険/国内利用-

ETCカードの比較項目

ETCカード比較検討の重視項目内容
クレジットカード(親カード)の年会費永年無料
ETCカードの年会費永年無料
ETCカードの発行手数料(更新手数料)無料
ETC料金支払い時のポイント還元率1.00%(入会から6カ月は2.00%)
ガソリン代割引なし
発行までの期間最短8営業日

ETCカードの中でおすすめする理由

Orico Card THE POINTは、ETCカードを完全に無料で取得できるクレジットカードです。

その上で

  • ポイント還元率:1.0%
  • 入会6カ月間のポイント還元率:2.0%
  • オリコモールの利用で0.5%のオリコポイントを特別加算(ショップ独自の加算が最低0.5%なので+1.0%)

という高還元率カードとなっています。

ETCカードを利用するときも

  • ポイント還元率:1.0%
  • 入会6カ月間のポイント還元率:2.0%

で、ポイントが貯まって、

Yahoo!ショッピング、楽天市場、Amazon.co.jpで買い物するときは

  • ポイント還元率:2.0%
  • 入会6カ月間のポイント還元率:3.0%

でポイントが貯まる計算となります。

ネットショッピングをする機会が多い方におすすめできるETCカードとなっています。
デメリットは、7カ月目からETCカードの利用に関しては、ポイント還元率:1.0%になってしまうので、それほど高還元率というわけではなくなってしまう点です。

2位.REX CARD(レックスカード)

REX CARD(レックスカード)

カード分類一般カード
国際ブランドVISA、Mastercard
申込方法-
発行スピード通常3週間
年会費無料ステータス永年無料
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)200万円
ポイント還元率(下限)1.25%
ポイント還元率(上限)1.50%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=0.2マイル、1,500ポイント単位、交換上限なし、交換手数料無料)
ETCカード年会費0円
電子マネーチャージ楽天Edy、nanaco
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害2,000万円(自動付帯:2,000万円)
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害1,000万円
ショッピング保険/国内利用-

ETCカードの比較項目

ETCカード比較検討の重視項目内容
クレジットカード(親カード)の年会費永年無料
ETCカードの年会費永年無料
ETCカードの発行手数料(更新手数料)無料
ETC料金支払い時のポイント還元率1.25%(リボ払い利用1.75%)
ガソリン代割引なし
発行までの期間通常3週間

ETCカードの中でおすすめする理由

REXカードも、ETCカードを完全に無料で取得できるクレジットカードです。

その上で

  • 通常のショッピングのポイント還元率:1.25%

と、条件なしで高還元率でポイントが貯まる特徴があります。

ベースのポイント還元率ですから、ETC料金の支払いでも、1.25%のポイントが貯まる計算となります。

貯まったポイントは、「Jデポ」でキャッシュバックが可能ですので、直接的な値引きと同等になるのです。

ETC料金を効率的に削減したい方におすすめできるETCカードと言えます。
デメリットは、ベースのポイント還元率は高いのですが、それ以外の優待やサービスなどは手薄なクレジットカードですので、ポイント還元率だけのカードと考える必要があります。また、リボ払いでポイント還元率は1.75%まで上昇しますが、リボ払い手数料が発生してしまうため、おすすめしません。

3位.リクルートカード

リクルートカード

カード分類一般カード
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB、銀聯(UnionPay)
申込方法Web申込み
発行スピード-
年会費0円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)1.20%
ポイント還元率(上限)3.20%
交換可能マイル-
ETCカード年会費0円
電子マネーチャージ楽天Edy、nanaco、Suica
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害2,000万円
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害2,000万円
ショッピング保険/国内利用200万円

ETCカードの比較項目

ETCカード比較検討の重視項目内容
クレジットカード(親カード)の年会費永年無料
ETCカードの年会費永年無料
ETCカードの発行手数料(更新手数料)無料※JCBのみ
ETC料金支払い時のポイント還元率1.20%(リクルートサービスで最大4.2%)
ガソリン代割引なし
発行までの期間

ETCカードの中でおすすめする理由

リクルートカードも、ETCカードを完全に無料で取得できるクレジットカードです。

その上で

  • 通常のショッピングのポイント還元率:1.2%

と、条件なしで高還元率でポイントが貯まる特徴があります。

ベースのポイント還元率ですから、ETC料金の支払いでも、1.2%のポイントが貯まる計算となります。

REX CARD(レックスカード)よりは、若干ポイント還元率が落ちますが、その分、じゃらん、ポンパレモール、ホットペッパービューティーなどのリクルートサービスを利用することで、最大4.2%のポイント倍増特典が利用できます。

高還元率と日常で使いやすいポイント倍増特典があることで、おすすめできるETCカードです。
デメリットは、ポイントの交換先が少なく、メインがPontaポイントとなります。使えるお店は多いのですが、キャッシュバックなどができない不便さがあります。

4位.JCB CARD W

JCB CARD W

カード分類一般カード
国際ブランドJCB
申込方法-
発行スピード-
年会費無料ステータス永年無料
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)1.00%
ポイント還元率(上限)1.00%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限なし)
JALマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限15,000ポイント)
スカイマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限なし)
ETCカード年会費0円
電子マネーチャージQUICPay利用、楽天Edy
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害2,000万円
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害-
ショッピング保険/国内利用-

ETCカードの比較項目

ETCカード比較検討の重視項目内容
クレジットカード(親カード)の年会費永年無料(39歳以下限定)
ETCカードの年会費永年無料
ETCカードの発行手数料(更新手数料)無料
ETC料金支払い時のポイント還元率1.00%(最大5.5%)
ガソリン代割引出光昭和シェル石油ポイント還元率1.5%
発行までの期間最短3営業日

ETCカードの中でおすすめする理由

JCB CARD Wも、ETCカードを完全に無料で取得できるクレジットカードです。JCBが提供する39歳以下・WEB入会限定のクレジットカードとなっています。

  • 通常のショッピングのポイント還元率:1.0%

と、JCBのカードの中でも、かなり高いポイント還元率が設定されていて、ETC料金の支払いでも、1.0%のポイントが貯まる計算となります。

さらにJCBオリジナルシリーズパートナーを利用することで

  • スターバックス ポイント還元率:5.5%
  • セブンイレブン ポイント還元率:2.0%
  • Amazon.co.jp ポイント還元率:2.0%
  • 出光昭和シェル石油 ポイント還元率:1.5%

と、高いポイント還元率が設定されています。

他のETCカードよりも、車に乗っていて使いやすい店舗でポイント倍増があるので、車を利用する機会の多い方は、より効率にポイントを貯められるのです。
デメリットは、39歳以下のクレジットカードですので、40歳以上は作ることができないETCカードとなっています。

5位.セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

カード分類一般カード
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
申込方法-
発行スピード来店受取の場合、即日発行
即日~7営業日
年会費0円
年会費備考-
ショッピング限度額(上限)-
ポイント還元率(下限)0.50%
ポイント還元率(上限)0.50%
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=3マイル、交換上限なし、交換手数料無料)
JALマイル(1ポイント=2.5マイル、交換上限なし、交換手数料無料)
ETCカード年会費0円
電子マネーチャージiD利用、QUICPay利用、楽天Edy、nanaco
海外旅行傷害保険/死亡後遺障害-
国内旅行傷害保険/死亡後遺障害-
ショッピング保険/国内利用-

ETCカードの比較項目

ETCカード比較検討の重視項目内容
クレジットカード(親カード)の年会費永年無料(39歳以下限定)
ETCカードの年会費永年無料
ETCカードの発行手数料(更新手数料)無料
ETC料金支払い時のポイント還元率0.50%
ガソリン代割引
発行までの期間最短即日(セゾンカウンターで受け取り)

ETCカードの中でおすすめする理由

セゾンカードインターナショナルも、ETCカードを完全に無料で取得できるクレジットカードです。

  • 通常のショッピングのポイント還元率:0.5%

と、前述したETCカードよりも、かなり低いポイント還元率なのですが、セゾンカードインターナショナルの最大の特徴は「即日発行ができる」という点です。

WEBから申込をした後に、指定のセゾンカウンターに来店で受け取りをすると、即日でETCカードを手に入れることが可能です。

セゾンカウンターはこちら

「今日中にETCカードを手に入れたい。」
「明日の旅行でETCカードを使う必要がある。」

という方におすすめできるETCカードとなっています。

デメリットは、ポイント還元率が低い点です。直近のETCカードを使う用事が終わったら、前述したポイント還元率が高いETCカードに切り替えることをおすすめします。
お金BANK【編集部】
お金BANK【編集部】
2,343 views

お金BANK編集部です。お金を増やすための情報を配信していきます。

編集者は
・FX、株式投資、不動産投資歴7年
・会社経営、M&A実績あり、WEBマーケティングに精通
・クレジットカード15枚所有、ローン媒体運用経験あり
・FP資格保有
という「お金の専門家」です。

ただの専門家ではなく、実際に自分で投資をして、ビジネスをして、資産を増やしてきた経験の持ち主です。
このサイトでは、大人から子供まで、文字通りお金を増やす「味方」になれるよう「お金が増えるノウハウ」を中心に記事にしてまいります。
https://okane-mikata.jp/company/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。