【初心者でも月5万円】副業としてのWEBライターの実態について迫る!

あなたはWEBライターという副業に挑戦したことはありますか?WEBライターはPC一つとWi-Fi環境さえあればどこでも仕事できるのでサラリーマンはもちろんの事、主婦や学生でも手を出しやすい副業の一つです。

しかし、WEBライターが普段どのような記事を書いて、毎月どれぐらい稼げるのか、どこから仕事をもらっているのかなど、今まで挑戦したことが無い人には想像がつかないことばかりのはずです。

僕はWEBライターを始めて気が付けば早くも2年が経過していました。稼げる月や稼げない月など様々ですが、はっきり言ってWEBライターや正しいやり方で頑張ればガッツリ稼げるお仕事です。始めたばかりでも毎月5万円は容易に達成できます。

今回はそんな魅力的なお仕事、「WEBライター」の実態についてあなたに知っていただきたいと思いますので、仕事内容な必要なスキル、実体験についてお話しします。

WEBライターってこんな仕事

WEBライターとは、その名前の通りWEB記事を書くライターのことを指します。簡単に言えば他人のブログ記事を書いてあげることでお金をいただいている職業です。依頼人が求めている内容の記事を、その人の代わりに書いてあげます。

内容は幅広く、金融や副業関係の記事、アフィリエイトの方法などから、健康器具、薬の説明、芸能ニュースのまとめ記事、ただの日記記事まであります。

一見すると需要が無いように思えるかもしれませんが、個人はもちろんの事大手企業がWEBサイト作成(およびSEO対策)にかけている予算の総額は毎年のように増加しているのです。それだけWEBサイトが企業にもたらす利益というのは莫大なのです。企業によっては一つのサイトを作成するために2000万円~1億円用意する場合も少なくありません。

利益をもたらすWEBサイトというのは、例えば次のようなものがあります。

  • 企業が作るオウンドメディア(自社のPR、自社製品の販売が目的)
  • 利益を上げるアフィリエイトメディア(他社の商品を紹介して利益を上げる)
  • 個人を売るブログメディア(個人がブランドを確立し、有名になることを目指す)

これらのメディア運営には参入障壁が低い分、競合も多くなります。ほかのメディアに勝つためにと外注する会社は多いのです。そのため、これからの副業WEBライターの需要はどんどん高まるばかり。たかがWEBサイトの記事なんて…と思うかもしれませんが、あなたが思っている以上に需要があるのです。

副業始めるために必要なもの、スキル

WEBライターをするうえで必要なものと、スキルをまとめると次のようになります。

【用意するもの】

  • PC
  • Wi-Fi環境

【求められるスキル】

  • 一般的な日本語が使えること
  • まとまった文章が書ける
  • 正しい場所から引用ができる(情報収集能力)
  • 文章の構成が作れること
  • ロジカルシンキング
  • SEO対策

まず、用意するものについてですが、PCとWi-Fi環境は必須になります。WEBを通して行う副業なのでこれだけはどうしても用意しなければならない初期投資になります。しかしこれさえ用意してしまえば場所や時間にとらわれず副業ができます。

次に求められるスキルについてですが、ざっくり6つほど挙げさせていただきました。最初からすべてできる必要はありません。最低限、日本語が書ければライターが務まります。なお、下の項目までできるようになってくると、より高い報酬が得られるようになります。一つ一つ確認しましょう。

一般的な日本語が使えること

WEBライターに求められるのは正しい日本語が使えることです。国語の教科書に載っているような厳密な日本語は必要ありませんが、一般人が見て違和感のない日本語は最低限使っておきたいところです。

例えば「では、○○しましょう」を「でわ、○○しましょう」と書いたり、そもそも日本語の使い方を間違えてしまったりといった具合です。

よほど変でない限りは大丈夫です。この段階はほとんどの方がクリアすることができます。これさえできれば、誰もがWEBライターになれるのです。

まとまった文章が書ける

次に求められるのは、まとまった文章が書けることです。依頼主の最終的なゴールは書いてもらった記事がGoogleに評価されて上位表示されることです。

ところが、書いた記事の文字数があまりにも少なすぎる場合にはGoogleから良い評価を得られずに記事が上位に表示されません。そのため、WEBライターにはある程度まとまった文字数がかけたほうがベターです。3000文字もあれば基本的には十分とされます。

最初はかけないと思いますが、書ける文字数を1000文字、2000文字と増やしていき、少しずつ成長していくとよいでしょう。

正しい場所から引用ができる(情報収集能力)

また、ある程度専門的な記事を書くようになると求められるのが、情報収集の能力になります。基本的にWEBサイトというのは不特定多数の個人が書いている記事がほとんどであるため、そのような記事をうのみにして記事を作成すると誤った情報を提供する可能性があります。

レポートやプレゼン同様、情報を集めたり引用する場合には必ず公的な機関や信頼できるWEBサイトから行うようにしましょう。例えば、法律関係であれば警視庁などのWEBサイトから引っ張ってくるといった具合です。

文章の構成が作れること

ある程度記事作成ができるようになったら、文章の構成をすることになります。文章はお笑い同様、起承転結が必要です。フリがあって、オチがあるのです。これがあることによって読者は内容を理解しやすくなります。

この能力は自分が文章を作るうえで必要になることはもちろんのこと、逆に外注する立場になった際にも必要となる能力です。

ロジカルシンキング

構成の起承転結と少し共通するのですが、ロジカルシンキングも大切なスキルです。文章全体を通して主張は一貫しているか、物事を論理的に整理して説得力のある記事に出来上がっているかなどです。

これができると文章全体に説得力が増します。その結果、商品の高倍率を高めることができるようになります。

SEO対策

最後はSEO対策です。SEO対策とは検索エンジン最適化の事です。つまり、とあるワードで検索した時に、その記事が一番上にくるように工夫をすることです。

SEO対策はライターに限った対策ではないのですが、ライターが理解しておくべき重要な対策です。これができるようになると自信をもって高単価の案件が取れるWEBライターとなるでしょう。

WEBライターのメリット

WEBライターのメリットには次のようなものが挙げられます。

  • 自由な時間で副業できる
  • 場所にとらわれない
  • 初期費用がほとんどかからない
  • 原価はほとんどゼロ
  • すぐに収益が上がる

WEBライターのメリットはものすごく多いです。ざっくり考えただけでもこれだけ多くのメリットが存在します。

まず最も大きいメリットは、時間、場所にとらわれないことではないでしょうか。主婦さんのように子育てに忙しくパートに出られない人でも、在宅で空いた時間に副業することが可能です。また、場所を選ばないので世界中どこに旅行していてもお金を稼ぐことができる副業です。

日本円を稼ぎながら、発展途上国で暮らすと物価の差が大きいのでかなり裕福に暮らすことができます。

さらに言えば初期費用はPC代とWi-Fi環境にかかるお金だけですし、記事作成にかかるお金も(書籍などを買わない限り)ゼロです。

またブログなどの広告収入などと違い、書いた記事がすぐにお金に代わるので成果がわかりやすくお勧めです。

WEBライターのデメリット

WEBライターのデメリットは次の通りです。

  • 仕事を管理しなければならない
  • 仕事が割に合わない場合も
  • 細かい意思疎通が取れない

まず、仕事を管理しなければならないということです。WEBライターは会社とは違い、自分で仕事をとって、自分で納期までに納品しなければなりません。(外注する仕組みを作らない限りは)自分が仕事をしなければ利益が上がらないのです。

今までこのような仕事をしたことが無い場合は、この管理が案外難しいと言えます。特に副業でしている場合は、本業が忙しくなってしまうと時間が取れないことや、時間あってもやる気が出ないなどを理由に、ずるずると先延ばしにしてしまいます。自分を律するように心がけなければならない点はある意味デメリットかもしれませんね。

また、WEBライターの仕事が割に合わないこともしばしばあります。最初は、企業から直接案件を取る場合を除き、基本的にはランサーズなどのクラウドソーシングサービスを利用して下請けという形で作業することがほとんどです。

つまり、企業から渡された予算から中間マージンとクラウドソーシングサービスの利用料を差し引いた金額があなたの報酬という訳です。そのような仕事の中には文字数に対して明らかに割に合わない仕事も出てきます。また、文字数当たりの報酬が妥当でも、求められている品質が他よりも高いこともあります。(例えば、オリジナル写真を用意する場合、実際に取材しなければならない場合など)

仕事を請け負ってみるまではどうしてもわからない点も多いので、難しいところです。

また、細かい意思疎通が取れないこともあります。WEB上でのやり取りになるので、伝え方次第では細かいニュアンスが伝わらず、出来上がった記事が満足してもらえない場合などがあります。

直接やり取りでは起こりえない意思疎通の微妙なずれが、修正の増加を招くのでストレスになることも少なくありません。

実際のところWEBライターは稼げているのか?

冒頭でもお話ししましたが、私はWEBライターを始めて2年以上になりました。はっきり言ってWEBライターは他の仕事に比べ自由が利く上、短時間でまとまったお金を稼げるオイシイ副業であると言えます。実際、毎日数時間しか働いていませんが、頑張っていない月でも普通に収入は10万円を超えます。

WEBライターになる前は飲食店やアパレルなどで数百時間働いていましたが、それほど稼ぐことはできませんでした。むしろ自分の時間を確保できない日々が続いていました。

この10万円が多いとおもうか少ないと思うかは人それぞれですが、一日ほんの少し働くだけでまとまったお金が手に入るというのは非常に魅力的なのではないでしょうか。

【実体験】WEBライターを始めてよかったこと

WEBライターを始めてよかったなと思うことは、

  • 文章作成からSEOの知識まで身についた
  • 自由な時間が増えた

この2点です

まず、文章作成能力が身についたことです。元々は僕もちゃんとした記事を書ける人間ではありませんでした。それでも副業として案件を受注し続け、成長を続けてきました。

様々な案件を通して文章作成の方法やコツなどが知らずのうちに身につきました。また、SEO関係のことについても依頼主から言われ続け興味を持つようになり、自分で勉強してある程度身に着けることができました。

自分自身で(全く稼げていなかった)ブログ運営を3年前から行っていたのですが、これらを通して最近では少しずつ収益が上がるようになっています。

次に、自由に過ごす時間が増えたことです。今までは時間があれば仕事をする仕事人間でした。一日10時間の労働を何日も続けることは当たり前でした。それでも時給は上がらないし低賃金だなと不満を持っていました。しかし、お金が無いのは不安なので仕事をやめられない、といった悪循環が続いていました。

副業を始め、WEBライティングで稼げるようになってからは短い時間でまとまったお金を稼げるようになったので、時間的にも精神的にも余裕が生まれるようになりました。今までは仕事を理由に遊びの誘いなどを断っていましたが、今では自由に仕事の時間を選ぶことができるため、興味があればいつでも行けるように変わりました。

また、自分の趣味の時間や、休養の時間を増やすことができて生活の質が格段に上がったことを実感しています。今までは高級で出来なかった体験も、今では自分が頑張れば収入を増やせる自信があるのでできるようになりました。休むときは思い切って休むこともできます。

【実体験】WEBライターをしていてしんどかったこと

WEBライターをしていてしんどかったことは次の2点です。

  • 仕事が取れるか不安だった
  • 仕事内容が苦手な記事だった時

まず一つ目は仕事が取れるか不安だったことです。WEBライターとして副業を始めたばかりの頃はタスク(単価は低いが、責任があまり問われない仕事、誰でもできる)ばかりこなしており、少額しか稼げていませんでした。

しかしWEBライターで生きていくためには、プロジェクト(単価が高く、責任が問われる仕事、選べれる人は少数)をこなさなければなりませんでした。しかしプロジェクトはタスクとは違い、仕事内容に対して依頼主に提案を出さなければなりませんでした。選ばれないことには仕事にありつくことができないのです。

イメージ的にも非常に難しそうでしたし、僕なんかがプロジェクトに申請してよいのだろうかと躊躇したことを覚えています。

また、WEBライターだけで生きていくためには仕事が1件とれただけでは生活できるほどまとまった金額を稼ぐことができません。安定するためにはある程度まとまった仕事量の案件を3~4件こなさなければなりませんでした。この時期を乗り越えるのは本当に苦労しました。

また、仕事内容が苦手な記事だった時も大変でした。普段は金融や副業等について書くことが多いのですが、健康食品や美容品、ファッションについて書いてほしいという案件が来たときはかなり苦戦しました。文字数がいつも書いている記事に比べ圧倒的に少ないにもかかわらず、です。

WEBライティングを始めたばかりの頃は選べるほど案件を取れないと思いますので、まずは何でも挑戦することになると思います。しかし、人には向き不向きがあるので書けない記事は本当に捗りません。予備知識がない分野は特に苦しいです。

まとめ

今回はWEBライターという副業について、概要から必要なスキル、メリットデメリットまで、僕の実体験を交えながら赤裸々にお話しさせていただきましたが、いかがだったでしょうか。全体的な内容を改めてまとめたものは以下の通りです。

  • WEBライティングは需要がある副業
  • 初期投資がほぼ要らない
  • スキルが無くても始められ、スキルが付けば単価が上がる
  • 場所や時間に縛られず、初期費用や原価がゼロなどメリットが多い。
  • 仕事管理やWEB越しの意思疎通が若干難しい
  • WEBライティングで自由な時間は増える。
  • 始めたばかりは仕事が取れるか不安になることも

となります。WEBライティングは今までやってきた仕事の中で最も楽しく自由が利く仕事になります。片手間にできてしまう副業なうえ、せどりや投資のようにリスクを抱えなくてよいので本当に気楽にお仕事が可能です。

もし、あなたが「副業を始めてみたい!けどあまりリスクを取りたくない」という場合にはWEBライティングで副業することをお勧めします。気になった方はぜひ、挑戦されてみてはいかがでしょうか。

村上友哉
村上友哉
99 views

投資業界と物販事業、メディア事業すべてに2年間の経験を持つ資産運用のスペシャリスト。主に仮想通貨投資と洋服、服飾品を取り扱う。「誰でも簡単にできる資産運用を伝える」ことがモットー。

現在は既存事業に加え、「靴磨き」を使った新規事業を立ち上げ中。靴磨きや事業に関わる情報を、自身のサイト「靴磨き製作所(http://www.murakamiyuya.com/)」にて発信中。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。