お金を借りるならキャッシング?カードローン?使い分け方法を徹底解説

今すぐお金を借りたいときに利用できるのが、キャッシングとカードローンです。

当記事では、そんなングとカードローンの違いと選び方、実際に借りるときの流れなどをまとめました。

すぐにお金を借りたい方、万が一のときにお金を用意する方法を知っておきたい方はぜひチェックしてください。

スピーディな融資が叶うキャッシングとカードローン

今すぐお金が必要なときに利用できる方法が、クレジットカードのキャッシングとカードローンです。

いずれもATMにカードを挿入して現金を引き出しますが、どのような違いがあるのでしょうか。そもそもキャッシングとは何なのか、カードローンとの違いはどんなことなのかをまとめました。

キャッシング=現金を引き出すこと

キャッシングとは、クレジットカードのキャッシング枠を活用してお金を借りる方法のことです。

すでにキャッシング枠が付与されていれば審査不要で利用できるので、急ぎで現金が必要なときも対応できます。

なお、キャッシングとは現金を手に入れることを意味する和製英語です。

また、ATMから現金を引き出すことがキャッシングですが、英語では少額のお金を借りることをcash advanceやsmall loanと呼びます。

カードローンはローン専用のカードを使ってお金を借りる

その一方、カードローンは、ローン専用のカード(ローンカード)を使ってATMから現金を借りるローンのことです。

大手消費者金融や都市銀行、地方銀行、信用金庫、信販会社などのさまざまな会社でカードローンを取り扱っています。

カードローンも「ATMからお金を引き出す」ため、キャッシングの一種と言えるでしょう。

また、近年、ローンカードを発行しないで銀行口座に振り込んだりスマホアプリを利用したりしてお金を借りるタイプのカードローンも増えています。

カードを使わないことから「カードレスカードローン」などと呼ばれることもありますが、この場合のカードローンは、融資限度額まで何度も借入・返済を繰り返せる特徴があります。

クレジットカードでキャッシングをする特徴とメリット・デメリット

キャッシングは、お金を借り入れることそのものを指すほか、ATMから現金を引き出すこと、クレジットカードのキャッシング枠を利用することを意味します。

ここでは、クレジットカードのキャッシング枠を活用した借り入れ方法について解説していきましょう。

クレジットカード発行時に審査が終了

クレジットカードを発行するときに、ショッピング枠に対する審査と別にキャッシング枠の審査も完了しているのがほとんどです。そのため、キャッシングを希望しなくてもクレジットカードを発行するだけでキャッシング枠の付帯があることがあります。

また、申し込み時にキャッシング枠を希望しなかったとしても、クレジットカードのコールセンターに都合の良いタイミングで申し出ればいつでも審査がおこわなれます。

キャッシング枠はあるけれど、利用できる枠が少ない場合も、同様にコールセンターに言えば審査をしてもらえます。

希望する金額しだいでは書類提出不要で審査が終わることもあるなど、最短即日で枠を設定してもらえる場合があります。

利用方法

クレジットカードにキャッシング枠がすでに設定されている場合、提携ATMで今すぐにキャッシングが可能です。

提携ATMはクレジットカードの公式サイトにも記載がありますが、ATM本体にクレジットカードのマークのステッカーが貼られているかどうかで判断できます。

そして、以下の手順でお金を借りましょう。

■クレジットカードのキャッシング手順
1.ATMにクレジットカードを挿入する
2.「融資」か「借入」「引き出し」と記載されたボタンをタッチ
3.借り入れたい金額をキャッシング枠内で設定
4.クレジットカードの契約時に設定した4桁の暗証番号を入力
5.現金とクレジットカード、利用明細書を受け取れば完了

メリットとデメリット

クレジットカードのキャッシングは、キャッシング枠さえ付与されていれば審査不要で利用できます。そして、ローン専用のカードを持たなくともお金を借りられるメリットがあります。

その一方、ショッピング枠が100万円を超えてもキャッシング枠だけ10~30万円のみというようなデメリットがあります。

そのほかにも金利が高いことがデメリットで年17~18%程度なこともあるほどです。そのうえ、リボ払いに設定されていて返済が長期間になりがちなデメリットもあります。

そのほかのキャッシングのメリットとデメリット

そのほかのキャッシングのメリットとデメリットは以下のようになります。

■メリット
・キャッシング枠内なら何度でも借入と返済を繰り返せる
・担保や保証人は不要
■デメリット
・ショッピング利用額と合算して請求されるので1回に支払う金額が多くなる
・毎月の最低返済額が高めに設定されている
・適用金利が高め(年17~18%)
・利用限度額が低め(50万円以下のことが多い)
・追加返済に手間がかかり、返済期間が長引きがち

スコアリングによるスピード審査

カードローンに申し込むと審査を受けなくてはいけません。

しかし、大手消費者金融をはじめとする多くで、年収や勤務形態、年齢などのスペックを点数化。コンピュータで融資可否を判断するスコアリングシステムを導入しています。そのことから、30分程度あれば審査は終了するでしょう。

その一方、銀行のカードローンは、警察庁のデータベースへ問い合わせるなどの慎重かつ手間をかけた審査がおこなわれます。

とは言っても、基本的に消費者金融等のカードローンと同じくスコアリングを導入していることから、最長でも数営業日あれば審査は終了します。

利用方法

ローンカードをATMに挿入して現金を借り入れるまでの流れは、クレジットカードのキャッシングと同じです。提携ATMにローンカードを挿入し、枠内に金額を指定すれば希望額を借りられます。

なお、大手消費者金融のカードローンは、ローンカードを使わない振込融資も利用可能です。

振込融資の利用手順は以下のようになります。

■振込融資の手順
1.振込融資に利用する金融機関の口座を登録
2.会員ページか会員用コールセンターで振込融資を申し込む
3.振込先の口座のキャッシュカードが利用可能なATMでお金を引き出す

メリットとデメリット

カードローンのメリットは、申し込みから融資までのスピードが速いこと、無担保・無保証人で契約可能なこと、何度でも借り入れができることです。

その一方のデメリットが何度も借り入れることで完済が遠のくこと、金利が高いことです。

なお、カードレス融資が可能なローン商品の中には、契約時にローンカードの発行が必要なケースもあります。ローンカードの発行を希望しない場合、カードレス契約ができるかどうかを確認してから申し込んでください。

そのほかのキャッシングのメリットとデメリット

そのほかのキャッシングのメリットとデメリットが以下のようになります。

■メリット
・対応するATMが多い
・毎月の最低返済額が低めに設定されている
・担保や保証人は不要
・振込融資を利用できることが多い
・簡単に追加返済できる
・融資上限額が高め(大手消費者金融では500~800万円)
■デメリット
・適用金利が高め(消費者金融では年17~18%、銀行では年13~15%)
・ローン用のカードを発行しなくてはならないことが多い

クレジットカードのキャッシングとカードローンの使い分け方

クレジットカードのキャッシングもカードローンも、借り入れのための優れた方法です。

紹介するメリットとデメリットを参考にしたうえで使い分けてみてください。

また、使い分けに迷ったときは、以下のポイントを参考に選んでみましょう。

・高額を借りたい→カードローン
・提携ATMの多さ→カードローン
・早期完済を目指したい→カードローン
ローン用のカードを持ちたくない→クレジットカードのキャッシング

多めのお金を借りたいのならカードローン一択です。クレジットカードのキャッシングは最大でも50万円程度、ゴールド以上のランクでも200万円程度が上限になります。

その一方、カードローンは500~800万円が一般的な上限になるため、高額融資を受けられる可能性があります。

今は必要なくても、先々高額融資が必要になるのであれば、最初から高額融資ができるカードローンを選んでください。

提携ATMの多さで選ぶときもカードローンがおすすめ

大手消費者金融のカードローンはコンビニATM(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATM)からお金を引き出せます。

しかし、クレジットカードのキャッシングはカードローンと比べて提携ATMが少なめです。さらに、カードローンは自社ATMや一部の提携ATMを手数料無料で利用できますが、クレジットカードのキャッシングは自社ATMがないので提携ATMでも手数料がかかることが一般的でしょう。

提携ATMの多さ、手数料の金額を重視するならカードローンを選ぶのがおすすめです。

早期完済を目指す場合もカードローンがおすすめ

クレジットカードのキャッシングはリボ払いと一括払いのいずれかから選択できることが多いです。しかし、初期設定でリボ払いになっていることも多く、返済が長期間になりがちです。

また、任意返済をしたいときも、お客様センターに電話をするなどして指定の口座に振り込まないとなりません。

それに対しカードローンなら、ローンカードやインターネットバンキングを利用すれば都合の良いタイミングで追加返済ができます。気軽に返済ができることもあり、早期完済や利息軽減を叶えやすいメリットがあります。

バレたくない方にはクレジットカード

クレジットカードであれば、持っていてもローンの利用があるかまでは気付かれません。

また、ローンを利用するにあたって新規でカード発行をする必要もないので、カード類を増やしたくない方にもおすすめでしょう。

カードローンの場合はローン専用のカードなので持っているだけでローンを利用していることがバレます。自宅に保管することで家族に見つけられるリスクも高いので、誰にも知られたくない方はクレジットカードのキャッシングを選んでください。

利便性重視ならカードローン

クレジットカードのキャッシングと比べて、利用限度額が大きく提携ATMが多いのがカードローンです。

審査通過直後の金利はいずれも年18%ほどと変わりませんが、カードローンは融資限度額の上限が高いため、利用可能額が増えると適用金利が下がります。そして、長期的に使い続ければ金利もお得になるでしょう。

カードローンの中で、特に利便性・融資までのスピードがともに優れているのが大手消費者金融の取り扱うカードローンです。

自動契約機は全国各地にありますから、急いでいるときや自宅に郵便物を送ってほしくない場合も契約とローンカード発行がスムーズにできます。

クレジットカードのキャッシングの流れ

クレジットカードのキャッシング枠を利用するには、キャッシング枠のあるクレジットカードに申し込む必要があります。

方法はいくつかありますが、手軽かつスピーディにクレジットカードを発行できるのはインターネットからの申し込みです。

クレジットカード申込からキャッシングまでの流れは以下のようになります。

■クレジットカードのキャッシング借入までの流れ
1.キャッシング枠のあるクレジットカードを選ぶ
2.申込フォームキャッシング希望額に0以外の数字を記入して送信
3.本人確認書類や収入証明書類をアップロードなどで提出
4.在籍確認のため、自宅や勤務先に電話がかかってくる
5.審査通過時には1~2週間後にクレジットカードが郵送
6.クレジットカードを提携ATMに挿入して借入手続き

カードローンのキャッシングの流れ

カードローンはローン専用の商品のため、どのように申し込んでもキャッシングはできます。

クレジットカードと同じく申し込み方法は多くありますが、ほとんどのケースで最短にて
キャッシングができるのはインターネットを使った方法です。

■カードローンのキャッシングの流れ
1.申込フォームに必要な情報を記入
2.本人確認書類や収入証明書類をアップロードなどで提出
3.在籍確認のために、自宅や勤務先に電話がかかってくる
4.審査に通過した場合はローンカードが発行
*自宅に郵送されるが、大手消費者金融では自動契約機でローンカードを受け取ることも可能
5.ローンカードを自社ATMや提携ATMに挿入してキャッシング
*ローンカードを使わずに振込融資を受けることも可能

利用する際の注意点

クレジットカードのキャッシングもカードローンもお金を借りる点は共通します。

そして、お金を借りれば返済義務も発生するので、本当に必要な金額を考えて借り入れる必要があるでしょう。

借金と返済のバランスが崩れれば家計は厳しくなり、生活が苦しくなることがあります。そこで、キャッシングを賢く活かすために知っておきたいポイントを解説するのでぜひチェックしておいてください。

キャッシングは金利が高め

キャッシングはローン商品の中でも金利が高めです。借入期間が長くなると利息が高くなり生活が圧迫されるでしょう。

とにかく早めに返済することを意識して利用してください。

銀行のフリーローンはカードローンより金利が低め

必要なときに必要な金額だけ借りられる点が、クレカキャッシングとカードローンの魅力です。しかし、利便性よりも低金利にこだわりたい方は銀行のフリーローンを検討してみてください。

フリーローンは契約時にまとめてお金を借りる方法ですが、カードローンよりは低金利に設定されていることが多いので低利息にて借りられます。

さらに、何度も借り入れをしないことから返済期間が長引かない(契約時に返済期間が決定)特徴もあります。

最低返済額の返済だけでは利息が高くなる

家計に余裕がない場合は、最低返済額のみを返済することも仕方ないでしょう。しかし、ずっと最低返済額のみを返済していると、返済期間が長引くうえに利息も増えます。

適度に任意返済を組み入れるなどして、できるだけ早めの完済を目指してください。

特に口座振替で返済をおこなう場合、毎月自動的に最低返済額のみが引き落とされますから、放っておくと返済期間が最長となるものです。毎月1回は「多めに返済しよう」と意識するなどして、任意返済を実行するのがおすすめです。

カードローンは借入残高をいつも把握する

クレジットカードのキャッシングもカードローンも、何度も借入・返済できる点は魅力です。しかし、何度も借入と返済を繰り返していると、「今、どのくらいのお金を借りているのか」が分かりにくくなってしまいます。

少なくとも1ヶ月に1度は会員ページやATM明細書をチェックするなどして、借入金額を把握しておいてください。また、借入額が多い=利息が高いことなので、借入残高はできるだけ知っておくようにしましょう。

まとめ

今すぐお金が必要なときに、クレジットカードやカードローンを活用したキャッシングがおすすめですし便利です。

いずれもカードがあればお金が借りられる以外に、一度契約すれば何度でも借りられるメリットがあります。

しかし、便利な反面で使い過ぎること、借金をした金額が分からなくなるリスクもあります。それらを充分に把握して、キャッシングを賢く活用していきましょう。

とさかおみ
とさかおみ
1,036 views

メガバンクに勤務経験あり。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。