• HOME
  • ブログ
  • FX , 投資
  • FXのレバレッジの概要・計算方法・国内と海外の最大倍率まで徹底的に解説!【2019年最新版】

FXのレバレッジの概要・計算方法・国内と海外の最大倍率まで徹底的に解説!【2019年最新版】

Man
FXのレバレッジって何のこと?詳しく教えて欲しい!

こんな気持ちを持っていませんか?

FXではレバレッジの仕組みを活用することで、大きな利益を狙っていくことができます。いっぽうで、その仕組みをしっかりと理解しておくことは大きな損失を出さないためにも非常に重要です。なぜなら、レバレッジにはメリットと同じくらいのデメリットやリスクが存在するからです。

そこで今回の記事では、FXのレバレッジについて良い点だけでなく悪い点も合わせて解説していきます。初心者向けにわかりやすく解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

FXのレバレッジとは?

FXのレバレッジとは、自己資金に対して適用する倍率のことを指しています。たとえば、レバレッジが5倍で自己資金が10万円であった場合の計算式は、「10万円(自己資金) × 10倍(レバレッジ)= 100万円」となります。

そのため、本来であれば10万円しか持っていないにも関わらず、総額で100万円の資金を使ってトレードを行うことができるのです。このように、レバレッジの仕組みは運用できる金額を大きくしてくれる、FXの中でも大事な役割を担っているのです。

レバレッジと証拠金の仕組み

レバレッジと証拠金の仕組みについても確認していきましょう。証拠金とは、レバレッジを適用する前の自己資金のことを指しています。もっとざっくりいうと、FX会社に入金するお金の全額を証拠金と呼びます。

FXではこの証拠金を基にして投資を行います。運用できる金額の総額も、証拠金から算出されることになります。仮にレバレッジの上限が10倍までであれば、証拠金に対して10倍までの金額しか運用することができません。それ以上の金額を取引で使いたい場合には、別途証拠金を入金する必要があるのです。

レバレッジのメリット

レバレッジの概要については、よくわかりましたね。ここからは、レバレッジの仕組みからどのようなメリットが得られるのかについて確認していきましょう。

①少ない資金も大きくすることができる

レバレッジの仕組みを使うことで、自己資金を大きくすることができます。もしあなたが投資に回せる金額が1万円しかなくても、レバレッジを使うことでその金額を数倍や数十倍にすることができるのです。

こうした点は、FXの大きなメリットの1つです。資金が少ない人でも大きな金額を運用できるため、FXが大きな人気を集めている秘訣ともなっています。

②レバレッジに比例して利益も大きくなる

FXのメリトとして、レバレッジに比例して利益も大きくなる点が挙げられます。仮に通常の取引で5万円の利益が出る取引内容だった場合をイメージしてみましょう。この場合、レバレッジが5倍で取引をすれば利益も5倍の25万円になります。

国内では最大でレバレッジ25倍まで利用することができるので、その場合は100万円もの利益を手にすることができるのです。このように、レバレッジに比例して利益も大きくなる点は、レバレッジに関するメリットの1つとなっています。

レバレッジのデメリット・リスク

メリットがある一方で、レバレッジにはデメリット・リスクも存在します。ここからは、そうしたレバレッジのデメリットについて確認していきましょう。

①レバレッジに比例して損失も大きくなる

レバレッジはその倍率に比例して利益も大きくるメリットがありますが、それと同時に損失が大きくなるデメリットも持っています。仮に通常の内容で取引を行い5万円の損失が出たらどうでしょうか。この場合、レバレッジ10倍で取引をしていれば50万円もの損失が出ることになります。

レバレッジの良い点は確かにあり、多くの人を惹きつける理由ともなっています。その反面、そのデメリットを多くの人が忘れてしまいがちです。レバレッジは上げたら上げた分だけ、損失も比例して大きくなることは、常に意識してトレードを行うようにしておきましょう。

②借金をする可能性がある

借金をする可能性があることも、レバレッジのデメリットの1つです。上記でも確認しましたが、証拠金が10万円しかなくてもレバレッジを適用することで100万円など非常に大きな金額を運用できることがわかりましたね。

いっぽうで、本来持っている資金は証拠金の10万円だけです。100万円の資金を使っていれば、10万円以上の損失が出る可能性は十分にあり得るでしょう。もしそうなってしまうと、借金をすることになってしまいます。

FX業者ではこうした借金が生まれないようにするために、ロスカットの仕組みを設けています。ロスカットとは、一定水準以上までに損失が出た時に、強制的にポジションを決済する仕組みのことです。しかし、価格変動が急激に起こった場合などには、ロスカットが間に合わなくなってしまうこともあるのです。

レバレッジに関してよくある質問

ここまでで、レバレッジについて、その仕組みやメリット・デメリットなどは理解することができましたね。ここからは、レバレッジについてよくある質問を確認していきましょう。

①国内の最大レバレッジはいくら?

国内の最大レバレッジは、よくある質問の1つです。結論をいうと、国内では最大で25倍のレバレッジまで利用することができます。

過去には、50倍近くの非常に大きなレバレッジを使うことができる時期もありました。しかし、法律の変更などがある、現在ではレバレッジ25倍で規制が入っています。

②海外の最大レバレッジはいくら?

海外の最大レバレッジについても、初心者の方からはよく質問があります。海外レバレッジは日本の法律が適用されないため、上限はさまざまです。

実際に、100倍のレバレッジを提供している企業は数多く存在します。業者によっては、400倍や700倍という信じられないくらいのハイレバレッジを提供しているところもあるのです。

海外FXはこうした点からも、国内業者と比較してリスキーな取引となります。大きな損失を防ぐために、証拠金が0円になった時点で強制的にロスカットが入るゼロカットシステムなどもありますが、初心者の方には基本的にあまりおすすめできません。もし利用する際には、慎重にトレードをするようにしましょう。

レバレッジ取引でおすすめのFX業者TOP3

ここまで、レバレッジについてよくある質問を見てきました。国内や海外のレバレッジについても、理解を深めることができましたね。

ここからは、初心者でも使いやすいレバレッジ取引におすすめの業者TOP3を紹介していきます。今回紹介するFX業者は、信頼性の高い国内業者だけなので、登録がまだ済んでいない人はこの機会に登録してみてくださいね。

第1位 SBI FXトレード

SBI FXトレードは、大手企業であるSBIホールディングスが運営するFX業者です。上場企業であるというだけでなく、国内でも長年に渡って事業を行ってきており、その信頼性は非常に高くなっています。

加えて、SBI FXトレードは最低取引単位が1通貨単位となっており、最小取引金額がわずか4円(ドル円)から取引を行うことができます。資金が少なくてFXを始めようか悩んでいる人も多いでしょうが、4円であればどれだけ投資金額が少ない人でも、気軽に始めることができるでしょう。

加えて、SBI FXトレードではスプレッドも狭くなっています。スプレッドは買いと売りの差額のことであり、実質的に取引手数料の役割を持っています。ドル円であれば0.27銭からトレードを行うことができるので、コストを抑えた取引をすることが可能です。信頼性の高い企業で小額からコストを抑えてFXを始めたい方は、ぜひSBI FXトレードに登録しましょう。

第2位 DMM FX

DMM FXは大手企業であるDMM.comが運営するFX業者です。大手企業の運営だけあって、信頼性は非常に高いですし、サポート体制も万全です。何かトラブルが起こっても、問い合わせですぐに解決することができます。

また、DMM FXの最大の魅力は、何といってもデモトレードを提供している点です。デモトレードは無料でFXの練習ができるツールのことで、DMM FXでは本番とまったく同じ取引環境・レートで最長で3ヶ月間FXの練習を行うことができます。しっかりと準備をしてから、本番のトレードを行いたいという方には、非常におすすめです。

DMM FXは国内では口座開設数第1位という実績を持っています。多くの人が支持するだけの使いやすさがあるということに他なりません。トレードを始めてみたいという方は、ぜひDMM FXのデモトレードから取引をスタートしてみましょう。

第3位 ヒロセ通商

ヒロセ通商は約定率99.9%を誇る、スキャルピングなどの短期トレードに適したFX業者です。また、DMM FXと同じくデモトレードを提供しています。最大の特徴は、FXが本来であれば休みである土日にもデモトレードを利用できる点にあります。

FXの市場は平日は常に世界のどこかでオープンしています。これらの市場をぐるぐると回ることで、平日24時間の取引が可能となっているのです。しかし、土日はすべての市場が閉じているため、取引をしたくてもすることができません。このタイミングでヒロセ通商では、デモトレード向けに独自に作成したレートでデモトレードを行うことができます。

土日といえば、多くのトレーダーが休みのタイミングでしょう。もっとも多く時間が取れることは、間違いありません。このタイミングで練習をすることができるヒロセ通商は、非常に貴重な存在といえるので、ぜひ積極的に活用していきましょう。

レバレッジで必ず抑えておきたいリスクや取引のコツ

ここまで、FXのレバレッジに関連してさまざまな事柄を確認してきました。おすすめの業者もわかったことで、トレードをさっそく始めてみようと考えている人も多いでしょう。

そこでここからは、レバレッジ取引で必ず抑えておきたいリスクや取引のコツなどを確認していきます。効率的に収益をあげるだけでなく、相場の世界で生き残っていくために必要な知識になるので、ぜひこのタイミングで覚えておいてくださいね。

①感覚でのトレードは避けよう

多くの初心者が負けている理由として、感覚でトレードをしてしまっている点が挙げられます。FXの初心者の多くが、感覚でのトレードしてしまいがちなのです。感覚でのトレードはたとえ短期的には勝つことができても、長期的には必ず負け越してしまうことになります。

トレードにおいてもっとも重要なのは、なぜそのポジションを持つのか、なぜそのタイミングで決済をするかの根拠です。そのため、すべてのエントリーと決済において明確な根拠を持てるようにしましょう。

根拠を持つことができれば、初心者から抜け出し、プロのトレーダーに一歩近づくことができるようになります。それだけでなく、レバレッジ取引におけるリスクも低減することは間違いありません。結果的に、FXにおける勝率も飛躍的に向上するので、まずは根拠を持ってトレードが行えるようしっかりと取り組んでいきましょう。

②テクニカル分析を徹底しよう

テクニカル分析を徹底することも、プロの投資家に近づくためには重要なポイントになります。どんな投資本を読んでも、テクニカル分析の重要性は必ず書かれています。それくらい、投資の世界ではテクニカル分析が重要なものとなるのです。

テクニカル分析はチャートを分析することで、その後の価格の動きを予想する分析手法の1つです。分析には、さまざまな指標やインジケーターを活用します。テクニカル分析にはさまざまな指標や理論があるため、そのすべてを覚えることは困難です。重要なものや自分に合ったものをチョイスして勉強するようにしましょう。

もしどこから勉強をすれば良いかわからないという方は、まずはダウ理論から勉強することをおすすめします。ダウ理論は相場の分析における、基本中の基本となる理論です。しっかりとマスターをしてから、他のテクニカル分析を勉強するようにしましょう。

③資金管理を徹底しよう

資金管理を徹底することも、FXにおいては重要です。資金管理とは、1度の取引でどれくらいの資金を使うかを決めて、それを徹底して守ることです。資金管理はトレードにおいて、大きな損失を防ぐために重要となります。

仮に、証拠金ギリギリで常に取引をしていたらどうでしょうか。通常であれば、大きな価格変動はFXの世界ではあまり起きません。しかし、突発的なファンダメンタルが発生してしまい、価格が急激に変動してしまうと、強制ロスカットの対象になってしまい、大きな損失を受ける可能性が出てきます。

こうした事態を防ぐためにも、FXでは資金管理を徹底的に行わなければいけません。具体的に目安をいうのであれば、1度の取引で利用できる資金量の目安は、証拠金に対して10%までです。これ以上の資金は原則としてトレードで使わないよう、ルールを決めて徹底して守るようにしましょう。

④土日の時間で勉強や予習をしよう

FXでは土日が休みとなっており、相場も動いていないため、一見すると暇な時間のように感じます。しかし、この時間をどのように活用するかによって、他のトレーダーと大きな差が開くのです。

そのため、土日はしっかりと勉強をすることをおすすめします。上述したテクニカル分析はもちろんですが、翌週のファンダメンタルの確認も行うようにしましょう。

重要な指標や発表があるタイミングはカレンダーやスマートフォンなどにメモを残しておき、その時間帯は予定を入れずに必ずトレードできるようにしておきます。このように、土日の時間をしっかりと活用していくことで、FXの勝率はさらに高めていくことができるのです。

まとめ

以上、FXのレバレッジについて解説してきました。今回紹介したように、FXではレバレッジの仕組みを活用することで大きな利益を狙うことができます。いっぽうで、レバレッジにはリスクがあり、それを理解していない状態で取引をすることは非常に危険です。しっかりとデメリットやリスクを理解したうえで、安全な取引ができるよう心がけていきましょう。

また、トレードを行う時には根拠を持つことが非常に重要です。プロと初心者の大きな違いは、トレードにおいて根拠があるかないかにあります。プロのトレーダーはすべてのエントリーや決済に根拠を持ちますが、初心者は感覚でトレードをしてしまいがちです。勝率を上げるのであれば、しっかりとテクニカル分析やファンダメンタル分析を行い、根拠を持ってトレードができるようにしましょう。

この記事を参考に、ぜひみなさんもFXのレバレッジを活用して利益を狙ってみてくださいね。

前原
前原
655 views

仮想通貨やフィンテックを中心にフリーライターとして活動しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。