銀行系のおまとめローンの特徴は?メリットデメリットから消費者金融系おまとめローンとの違いまで徹底解説!

カードローンなどを複数の金融機関から借りている人は、カードローンの返済をするためにまた他のカードローンから借り入れしたりしていないでしょうか。カードローンなどを複数の金融機関から借りている多重債務者は、返済に追われなかなかカードローンなどの残高を減らすことができません。
こんな時に役に立つローンが、おまとめローンです。おまとめローンは複数の借り入れを一本にまとめることで、毎月の返済額を減らすことができ負担を減らすことができます。
今回は、おまとめローンの中でも銀行系のおまとめローンの特徴やメリット、デメリットについて解説していきます。

銀行系のおまとめローンの特徴は?

メリットデメリットから消費者金融系おまとめ借り換え前のローンから増えも減りもしません。また、おまとめローンで複数の借入金をまとめることにより、毎月の返済額を減らせたり、金利が下がったり、借入金の管理が楽になったりするメリットがあります。
そのため、おまとめローンに借り換えた方が良い人は、上記のメリットを満たす人になります。以下では、おまとめローンに借り換えた方が良い場合について、一つ一つ見ていきます。

おまとめローンで借り換えた方が良い場合

毎月の返済額が減る場合

おまとめローンによって複数あった毎月の返済を一本化した場合、大抵の場合は複数回あった毎月の返済を1回に減らすのでおまとめ前よりも返済額は減るはずです。ただし、おまとめローンの特徴として、既存の複数の借入金を返済する前と実行後の借入金残高は基本的には変わりません。
そのため、借入金残高が変わらないで毎月の返済額だけ減る場合は、完済までの期間が長くなってしまいます。金利が変わらずに完済までの期間が長くなる場合は、総返済額が増えるということになります。
おまとめローンに借り換える場合は、毎月の返済額が減ることだけでなく総返済額のことも考慮する必要がありますので、よく検討してみることが大切です。

金利が下がる場合

まとめる前の複数の借入金の金利が高い場合、おまとめローンに借り換えすると金利が下がる可能性があります。ただし、いくら金利が下がっても毎月の返済額を今までよりも減らし過ぎると、結果的に返済期間が長くなってしまい総返済額が借り換え前よりも増えてしまう可能性があります。
この場合も、おまとめローンに借り換えするかをよく検討する必要があります。

返済管理が苦手な場合

借入金が複数ある場合、それぞれ返済日が違うと管理が大変です。何回もある引き落とし日に対していつどこの口座から引き落とされて、残高が足りているかなどを把握していないといけません。
きちんと管理していないと、知らない間に返済が遅れてしまったということにもなりかねません。おまとめローンにまとめることによって、月々の返済が一回になり引き落とし口座も一つになりますので返済管理が楽になります。
おまとめローンにまとめることは、返済管理が苦手な人にとってはとてもメリットがあることなのです。

おまとめローンが発展した理由

おまとめローンは、1990年代にバプル経済が崩壊した後に多重債務者が増えたためそれに伴い発展していきました。その理由は、バプル経済の崩壊により、銀行などの金融機関が貸し渋りを行ったのです。
そのため、銀行などから新たな借り入れができなくなった債務者は、消費者金融会社やグレーゾーン金利でヤミ金からお金を借りるしかなくなりました。その結果、多重債務者が増えていったのです。
多重債務者が増えると毎月の返済負担を減らすために借り入れを一本化したいニーズが発生し、おまとめローンが発展していきました。金融機関にとっても貸し倒れリスクは大きいですが、長期的に多くの金利収入が見込まれるおまとめローンは魅力的だったのです。
おまとめローンは、このような経緯で発展していったのです。

銀行系のおまとめローンの特徴

おまとめローンには銀行が提供するものと、消費者金融が提供するものに分かれます。ここでは、銀行系のおまとめローンの特徴について解説していきます。

銀行のおまとめローンの現状

現状では、おまとめ専用のローンを取り扱っている銀行はあまり多くはありません。おまとめローンというよりも、資金使途が自由であるフリーローンやカードローンを利用して既存の借入金をまとめることが多いようです。
そもそも銀行がおまとめローンの取り扱いを積極的に行わない理由ですが、おまとめローンを希望している人は複数の借入金があるため多重債務者が多いです。そのため、おまとめローンは、非常に貸し倒れリスクが高いローンでもあるのが理由になります。
このように、おまとめローンは貸し倒リスクが高いため、どうしても金利を高く設定せざるを得ません。

銀行のおまとめローンの審査

おまとめローンとは複数の借入金を一本化するローンのため、複数の数にもよりますが多重債務者と判断される可能性もあります。そのため、銀行にとっては貸し倒れリスクの高い商品になります。
また、まとめる前の借入金がカードローンだった場合などは、返済されて空いた枠を使ってもう一度借り入れする可能性もあります。このようなことを考えると、銀行にとっては厳しく審査せざるを得なくなるのです。
銀行のおまとめローンの審査は、厳しいと考え方が良いでしょう。

消費者金融系おまとめローンとの違い

銀行のおまとめローンと消費者金融会社のおまとめローンは、両方ともに他の借入金を一本化することについて一致しています。また、複数の借入金をまとめることによるメリットも同じです。
しかし、両者には決定的な違いが一つあります。それは、銀行の借入金を消費者金融会社のおまとめローンで一本化することはできないことです。
なぜなら、消費者金融会社のおまとめローンの目的は、消費者金融会社などの貸金業からの複数の借入金をまとめることに限定されているからです。一方、銀行のおまとめローンは、まとめる複数の借入金が銀行からの借入金でも消費者金融会社からの借入金でもどちらでも認められているのです。

総量規制

消費者金融などの貸金業者に対する法律として、貸金業法があります。貸金業法の中には、総量規制という個人に対し年収の3分の1を越えて貸し出ししてはいけないという規制があります。
銀行のおまとめローンは、銀行自体が貸金業法の対象ではないので総量規制の対象外になります。しかし、銀行は自主規制を行うため、貸金業法を越えるようなケースは審査に通らないことが多いでしょう。
一方、消費者金融にとって総量規制は貸しすぎを防止する役目になっていますが、おまとめローンは総量規制の対象外となります。そのため、おまとめローンは、消費者金融が提供するものの方が圧倒的に審査に通りやすくなっています。

銀行系おまとめローンのメリット

おまとめローンに一本化するメリットですが、特に銀行ならではのメリットがあるわけではありません。おまとめローン自体のメリットは、上記で説明をしたおまとめローンで借り換えた方が良い場合と同様になります。
おまとめローンのメリットは以下になります。
  • 毎月の返済額が減る可能性があること
おまとめローンに一本化することにより、毎月の複数の返済金の返済をしていた金額よりも返済額が減る可能性が高くなります。返済額が減ることより、毎月の負担が軽くなるメリットがあります。
  • 金利が下がって利息が軽減される可能性があること
既存の複数の借入金の金利が高かった場合は、おまとめローンに一本化することで既存の借入金よりも金利が下がる可能性があります。
  • 返済管理が楽になること
今まで複数の借入金分だけ毎月の返済があったのが、おまとめローンに一本化することにより月一回の返済になります。その分返済管理が楽になるメリットがあります。

銀行系おまとめローンのデメリット

一方、銀行系おまとめローンのデメリットは以下になります。
  • 金利が高いこと
銀行系に限らずおまとめローンは、貸し倒れリスクが高い分他のローンよりも金利が高めに設定されている金融機関が多いです。
  • 審査が厳しい
銀行系のおまとめローンに限らずおまとめローンは全体的に審査が厳しいです。基本的に多重債務者かもしれない人に対して貸し出しをするため、貸し倒れリスクが高い商品になります。
そのため、どうしても審査が厳しくならざるを得ないのです。
  • 追加の借り入れができない
カードローンの場合は、返済していけば限度額までなら何回でも借り入れすることができます。しかし、おまとめローンは、基本的には毎月返済していって残高が減っていっても追加に借り入れができません。
追加で借り入れしたい場合には、新たなローンの申し込みになります。

おすすめの銀行系おまとめローンの紹介

東京スター銀行 スターワン乗り換えローン

https://www.tokyostarbank.co.jp/products/loan/unsecured_refinance/

東京スター銀行 スターワン乗り換えローンの特徴

おまとめローンといえば東京スター銀行といわれるほど、おまとめローンで有名な銀行です。東京スター銀行のスターワン乗り換えローンの特徴は、来店不要でインターネットだけで申し込みができます。
このおまとめローンは、あくまでも正社員や契約社員や派遣社員などの給与所得者専用ローンです。そのため、自営業者やパートやアルバイトの人は利用することができません。

東京スター銀行 スターワン乗り換えローンの商品概要

  • 借入金額:30万円以上1,000万円以下(1万円単位)
  • 実質年率:年12.5%
  • 借入期間:10年以内
  • 利用条件:申込時に満20歳以上で65歳未満であること、正社員、契約社員、派遣社員などの給与所得者であること、年収200万円以上であること、保証会社(株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンス)の保証が受けられること
    貸金使途:本人に対する無担保個人向けローンの借り換えおよびおまとめ資金、対象となるローンは金融機関(銀行、信用金庫、
  • 信用組合、労働金庫、農業協同組合、信販会社、カード会社、消費者金融会社など)のローンに限る
  • 返済方式:元利均等月賦返済
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンスの保証付きのため不要

西日本銀行  NCBおまとめローン(無担保型)

https://714919.jp/loan/omatome/

西日本銀行  NCBおまとめローン(無担保型)の特徴

NCBおまとめローン(無担保型)の申込金額は最高500万円、返済期間は最長15年まで可能ですのでゆとりをもった返済ができます。また、原則保証人なしで申込みができることや、繰上返済手数料無料であることが特徴です。
さらに、パートやアルバイトや新入社員であっても安定した収入があれば申し込みができます。専業主婦であっても配偶者に安定した収入があれば申し込みできます。
ただし、パート、アルバイト、専業主婦は50万円までの申し込みになります。

西日本銀行  NCBおまとめローン(無担保型)の商品概要

  • 借入金額:10万円以上500万円以内(1万円単位)
  • 実質年率:年4.5%~年15.0%(固定金利、保証料込)
  • 借入期間:6ヶ月以上15年以内(1ヶ月単位)
  • 利用条件:申込時の年齢が満20歳以上満75歳未満で、完済時の年齢が満80歳以下であること、個人事業者は税金の滞納や延滞がないこと、取扱店の近くに住んでいるか、勤務していること、現住所に1年以上住んでいること(ただし、転勤や結婚や住宅購入などの理由による転居の場合は1年未満でも申し込み可能)
  • 貸金使途:現在利用中のローン等の返済資金(ただし、個人間の借入金の返済には利用不可)
  • 返済方式:元利金均等毎月返済(6ヶ月毎の増額返済も可能)
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:九州カード株式会社または九州総合信用株式会社の保証付きのため不要

みちのく銀行おまとめローンらくらく応援隊

https://www.michinokubank.co.jp/kariru/free/rakuraku.html

みちのく銀行のおまとめローン らくらく応援隊の特徴

みちのく銀行のらくらく応援隊は、カードローンやキャッシングやショッピングなどを一本化できるローンです。また、複数の借入金の一本化だけでなく、借入金額の半分または30万円のいずれか低い金額を上限として自由資金にも利用できるのが特徴です。
繰上返済手数料や条件変更手数料などの各種手数料も無料のためたいへんお得です。

みちのく銀行のおまとめローン らくらく応援隊の商品概要

  • 借入金額:10万円以上500万円以内(1万円単位)
  • 実質年率:年6.5%~年14.5%(固定金利)
  • 借入期間:6ヵ月以上10年以内(1ヶ月単位)
  • 利用条件:申込時満20歳以上で完済時満75歳以下であること、安定した収入のあること(パート・アルバイト、専業主婦も対象)、みちのく銀行の審査基準を満たし保証会社の保証が受けられること、本支店所在地周辺(青森県、北海道、秋田県、岩手県、宮城県内のみ)に住んでいること
  • 貸金使途:他金融機関(クレジット会社等を含む)の借入返済資金
  • 返済方式:元利均等返済
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:(株)オリエントコーポレーションの保証付きのため不要

愛媛銀行 ひめぎんおまとめローン

https://www.himegin.co.jp/personal/loan/omatome/

ひめぎんおまとめローンの特徴

ひめぎんおまとめローンは、複数のローンを一本にまとめてスッキリ無理のない返済をするための商品です。ひめぎんおまとめローンにまとめることで、金利を軽減し毎月の返済額が減らすことができます。
返済日が月1回になるため、管理が容易にできます。無担保で保証人も不要です。
以下はひめぎんおまとめローンの手数料です。
  • 繰上完済手数料
返済元金100万円未満無料
返済元金100万円以上5,500円
  • 返済期間、返済日等の条件変更手数料 5,500円
  • 新規実行時の借入事務手数料
30万円未満無料
30万円以上返済期間1年未満無料
30万円以上返済期間1年以上1,100円

ひめぎんおまとめローンの商品概要

  • 借入金額:10万円以上500万円以内(1万円単位)
  • 実質年率:年5.8%~年14.5%(固定金利)
  • 借入期間:6ヵ月以上10年以内(6ヶ月単位)
  • 利用条件:申込時年齢満20歳以上満69歳以下で完済時年齢満75歳以下であること、安定継続した収入があること(専業主婦、年金収入のみの人を除く)、愛媛銀行営業管轄内に居住または勤務していること、保証会社の保証を受けられること
  • 資金使途:愛媛銀行、他行や他社ローンの借換資金(ただし、目的型ローン、住宅ローン、個人間の借入、事業性資金は除く)
  • 返済方式:元利均等月賦返済(ボーナス返済併用可能)
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:オリックスクレジット株式会社またはライフカード株式会社の保証付きのため不要

まとめ

このように、銀行系のおまとめローンには、いろいろなメリットやデメリットがあります。複数の借入金で悩んでいる場合は、良く考えて決定すると良いでしょう。
aktkaktk
aktkaktk
554 views

金融機関勤務歴8年ですが、金融機関歴は、信用金庫で営業や融資の窓口を経験して住宅ローンやカードローンなどの個人ローンに強みを持っています。

現在は、銀行のシステムを開発しながら、カードローンや、クレジットカードや、社会保険労務士の資格を活かした年金など金融機関のライティングをしています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。