年会費がお得な1枚!MUFJカードのメリットやポイント制度も解説

発行されるカード会社によって、流通系や信販系、消費者金融系などに分類されるクレジットカードですが、ステータスや信頼性の高さから人気や支持が高いのが銀行系クレジットカードです。

その中でMUFGカードは日本を代表するメガバンクの一つ、三菱UFJ銀行系のクレジットカードの一つです。まだ、クレジットカードとしての歴史は浅いですが、お得や利用しやすさなどを理由に注目のある1枚と言えます。

当記事では、MUFGカードにどんな特徴があるのか気になる方に向けて、カードの概要やメリットなどを解説します。

MUFGカードの概要

MUFGカードは三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となる、三菱UFJニコス株式会社が発行をおこなっています。

旧日本信販ブランドのニコスカード、DCカードも発行しているカード会社で、MUFGカードは2008年に誕生。まだ歴史は浅いですが、三菱UFJニコスの主力と言えるカードでしょう。

そこで、巨大グループ発行のスタンダードな1枚となるMUFGカードはどんなクレジットカードなのかについて、基本的な情報を解説していきます。

MUFGカードの基本スペック

MUFGカードで選択可能な国際ブランドは以下の4種類です。

・VISA
・Mastercard
・アメックス
・JCB

そのほかにも追加カード扱いにはなるものの、中国では多くの方が保有する銀聯カードも持てます。

また、MUFGカードは、ほかの銀行系カードと比較すると年会費が低いことも特徴です。初年度年会費無料はもちろん、翌年度以降も割引適用されるなど、銀行系クレジットカードをお得な値段で利用できます。

三菱UFJ銀行のATM手数料が無料になる

MUFGカードを持つにあたり、三菱UFJ銀行の口座開設をする必要がありません。ただし、三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社発行のクレジットカードだけあり、¥三菱UFJ銀行の利用がお得になるサービスがそろっています。

そのうちの一つがATM利用手数料無料サービスで、所定の条件を満たすことで三菱UFJ銀行のATM手数料が何度でも無料になります。また、コンビニATMも2回まで無料で利用可能です。

三菱UFJ銀行をメインで使っている方でしたら、コストダウンが叶うクレジットカードになるので1枚持っておいて損はないでしょう。

MUFGカードを使う4つのメリット

最近よく見かける「年会費無料」「ポイントもお得にどんどん貯まる」などの特徴があまりないイメージの銀行系カードなので、MUFGカードも同様に思われているかもしれません。しかし、実際は銀行系カードならではのメリットは多くあります。

そこで、MUFGカードのメリットを以下でまとめてみました。

■MUFGカードのメリット
・メガバンク系カードの信頼性
・1つの契約で国際ブランドを3つ持てる
・リボ払い「楽Pay」の登録・利用で年会費節約ができる
・旅行で使える優待サービスも豊富

メガバンク系カードの信頼性

MUFGカードの最大のメリットとなるのが、大手メガバンク系カードならではの信頼性の高さと安心感でしょう。

三菱UFJニコスの親会社となる三菱UFJフィナンシャル・グループは、国内にある4つのメガバンクの一つ、三菱UFJ銀行の運営企業になります。クレジットカードを使う中で、盗難や詐欺リスクは避けられませんが、信頼性の高い企業が発行するMUFGカードであれば、安心を得ることができます。

そのほかにも、歴史あるメガバンク系のクレジットカードなことから、申し分のないステータスがあることも魅力の一つです。

1つの契約で国際ブランドを3つ持てる

クレジットカードでは、通常1つの契約ごとに国際ブランドも1つ選びます。な間には同じカード会社で追加発行が可能なケースもありますが、1枚1枚が新しい契約となると思って良いでしょう。そのため、それぞれのカードに年会費も発生します。

そこで、MUFGカードであれば1つの契約で国際ブランドが異なる複数枚のカードを持つことができるのです。その詳しい仕組みと得られるメリットについて以下で解説します。

一般的な複数枚持ちと異なるデュアルスタイルとは?

MUFGカードが提案・展開する複数枚発行サービスが「デュアルスタイル」です。VISA、MasterCard、JCBのMUFGカード(一般、ゴールド、ゴールドプレステージ)を保有する方を対象に、MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カードの追加ができるのです。

国内はもちろん、海外でも高いシェアを誇るVISAにMasterCard、日本唯一の国際ブランドで顧客満足度も高いJCBのいずれかに、充実したサービスと特典付帯が魅力のアメックスをプラスして2枚1組で使えば利用価値はぐんと上がることでしょう。

そのほかにも、一般的な複数枚持ちと異なり、デュアルスタイルでは支払う年会費がお得に2枚のクレジットカードが持てます。

たとえば、ゴールドカードでデュアルスタイルを発行した場合、初年度年会費3,810円(税別)のところ250円(税別)になります。そして、翌年度以降は2,155円(税別)で2枚のゴールドカードの利用が可能です。

■デュアルスタイルの年会費

・一般
MUFGカード(VISA、マスターカード、JCB):税別250円(通常は税別1,250円)
MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カード:通常と同じ税別1,250円

・ゴールド
MUFGカード(VISA、マスターカード、JCB):税別250円(通常は税別1,905円)
MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カード:初年度無料(翌年度から税別1,905円)

・ゴールドプレステージ
MUFGカード(VISA、マスターカード、JCB):税別2,000円円(通常は税別10,000円)
MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カード:初年度無料(翌年度から税別10,000円)

上記に加えて、デュアルスタイルを選べばポイントはいつでも1.5倍(海外はいつでも2倍)になり、デュアルスタイル入会後3か月間はポイントが3倍になるなど、ポイント優遇が適用されます。

中国で人気の銀聯カードも持てる

MUFGカードはデュアルスタイルを利用することによって、1契約で2つの国際ブランドを持てますが、さらにもう1枚国際ブランドを増やすことが可能です。それが中国国内で高い人気と支持を集める銀聯(ぎんれん)カードになります。

中国では必要な国際ブランドではあるものの、実は日本のカード会社での取り扱いが少ない状況です。そこで、MUFGカードを持っていれば、年会費無料、かつ新規発行手数料1,000円(税別)で銀聯カードの発行ができます。

海外の銀聯加盟店でMUFGカードを利用すれば、ポイントが2倍になるなどの優遇サービスもあります。中国へ行く機会がある方人にとっては大変便利な1枚で、家族カードも300円(税別)で発行可能です。

ただし、有効期限は原則5年となっていますので、5年ごとに発行手数料を支払わないとなりません。

リボ払い「楽Pay」の登録・利用で年会費節約ができる

毎月のクレジットカードの支払いを定額にすることによって、負担の軽くなる支払い方法がリボ払いですが、分割払いと同様に手数料がかかるため敬遠する方もいることでしょう。そこで、MUFGカードの登録型リボ払い「楽Pay」に登録して利用することをおすすめします。

「楽Pay」は自身で設定した金額を超えた分を翌月に自動繰り越しするものです。そして、この「楽Pay」の登録と利用を条件に、MUFGカードは2年目以降の年会費を割引してくれます。

「楽Pay」を利用したときの年会費の割引額は以下のとおりです。

■通常の年会費(税込) と条件達成時の年会費割引
・~3,000円:半額
・3,001~5,000円:2,000円引き
・5,001円~:3,000円引き

年会費が割引になりますが、設定金額をオーバーするたびに実質年率15.0%のリボ払い手数料がかかることを気にする方もいるかと思います。

ただし、設定金額は5,000円以上、5,000円単位で最大10万円までと決まっています。あらかじめ最大となる10万円に設定することで、10万円を超える利用をしないかぎり、リボ払いになることはないのです。

要するに、使い方しだいで手数料が発生することなく、年会費のみを割り引くことができます。

さらに「楽Pay」で購入したものはショッピング保険が適用される点もあるので、コスパ良く安全にMUFGカードが利用できることも魅力でしょう。

旅行で使える優待サービスも豊富

MUFGカードは手厚いサービスが付帯することも魅力です。その中でも旅行に関するサービスの充実度が高い特徴があります。

旅行中の悩みや困りごとにも対応してくれるので、MUFGカードは旅行に出かけることが多い方にもおすすめです。

MUFGカードの旅行サービス(一部)は以下のようになります。

・空港ラウンジサービス(一般会員を除く)
*国内主要空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを無料で利用可能
・海外Wi-Fiルーターレンタルサービス
・海外で利用できるWi-Fiルーターを優待価格でレンタル提供
・音声翻訳デバイス「ili(イリー)」レンタルサービス
・ワンフレーズ音声翻訳デバイスを優待価格でレンタル提供
・トラベラーズカレンシーカード
・9カ国の通貨に対応した海外専用プレイペイドカードを利用可能
・優待ガイド「ふらっと・ぷらっと」の配布
・海外アシスタンスサービス「ハローデスク」
・世界各国の海外サービス窓口で日本語によるサービスを提供(VISA、マスターカード会員)

そのほかにも、海外旅行傷害保険は一般会員でも最高2,000万円を補償。さらにゴールドカードより高いグレードになると保険が自動付帯されるのもうれしいポイントです。

付帯保険には家族特約もありますから、上手に活用すれば保険にかかるコストをおさえて家族旅行に出かけることができます。

MUFGカードは簡単審査で入会しやすい1枚

MUFGカードはステータスのある銀行系カードですが、審査通過難易度は極端に高くないとされています。学生やパート・アルバイトの方でも申し込みしやすいとされる理由についてチェックしていきましょう。

入会しやすい理由1:手軽に持ちやすいカードが多い

審査通過しやすいとされる大きな理由がMUFGカードの年会費です。

まず、高額な年会費が発生するゴールドカードやプラチナカードも、MUFGカードの場合は他のカード会社と比べるとかなりリーズナブルな設定になっています。

年会費が高額なクレジットカードは、その金額を支払える会員が対象となるので、年収などの条件も厳しくなるところです。しかし、MUFGカードは年会費を低く設定することで、会員の間口を広く開いていることが考えられるでしょう。

入会しやすい理由2:収入に関する審査ハードルが高くない

MUFGカードは、学生が安心して申し込めるイニシャルカード、18歳でも入会可能なMUFGカード ゴールドがあるなど、若年層の獲得に力を入れている傾向があります。

クレジットカードの審査は、若年層は収入が安定しないと判断されやすいものです。しかし、そんな若年層を重視したMUFGカードでは、審査で収入のハードルを高くしていないことが予測できるのです。

入会しやすい理由3:審査時間がスピーディ

インターネットから申し込みをおこなうことで、最短翌営業日の発行もできるMUFGカードです。翌営業日にカード受け取りが可能なだけあり、審査にかかる時間がスピーディなことはわかります。

スピーディなことは、要するに審査時に必要な過去の金融情報、現在の勤務状況などをそれほど深く追求しない可能性があるのです。

持っておいて損なし! おすすめのMUFGカード2選

クレジットカードはさまざまなカード会社から発行しているので、最適な1枚を選ぶのは難しいかもしれません。MUFGカードでは、ゴールドカードはもちろん、審査に通りやすいカードが充実。どんな方でも選びやすい特徴があるでしょう。

MUFGカード ゴールド

MUFGカード ゴールドは年会費わずか1,905円(税別)で保有可能なゴールドカードです。初年度年会費無料、さらに2年目以降も登録型リボ「楽Pay」の利用、登録で半額で持つことができます。

家族カード(1枚目)やETCカードの年会費も無料で、家族カードは本会員カードと同様に初年度年会費が無料です。

また、1,000円の利用で1ポイントのグローバルポイントが付与。年間利用金額しだいでボーナスポイントなどの優遇、該当月にポイント1.5倍になるアニバーサリー月があるので、ポイントをお得に貯めたい方におすすめです。

旅行傷害保険は海外・国内ともに補償額最高2,000万円で100万円のショッピング保険も付帯。ゴールドカードならではの安心を手に入れたい方におすすめでしょう。

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード ゴールドにアメックスゴールドの充実したサービスを加えたものが、MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードです。

年会費を含めた基本スペックはMUFGカード ゴールドと同じです。ただし、ポイントにさらなる優遇があり、初年度のポイントが1.5倍(国内のみ)、海外利用はいつでも2倍になります。

また、アメックス限定のキャンペーンを掲載するサイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」が利用可能なので、世界で支持の高い会員限定の特典を受けられる可能性もあります。

MUFGカードの「グローバルポイント」とは?

「グローバルポイント」とは、MUFGカードのポイントプログラムで、1,000円ごとに1ポイント付与可能です。

1,000円ごとになると、950円の買い物をしてもポイントが付与されないのが一般的でしょう。しかし、グローバルポイントは1カ月の利用合計金額から付与を判断。1回あたりの利用金額が1,000円に達しなくても、合計30,000円なら30ポイント付与されます。

1ポイント=4円程度なので還元率は高くありません。そこで、プログラムの仕組みを把握することで、さらなる還元率アップができるようになります。

グローバルポイントの使い方

グローバルポイントが貯まったら、1ポイント=4円のキャッシュバックをはじめ、家電やギフトカードに交換できますが、最も人気があるのが他社ポイントとの交換です。

利用機会の多いポイントと交換すれば有効活用ができますが、MUFGカードのグローバルポイントで対象の他社ポイントは以下のようになっています。

■グローバルポイントから交換できる他社ポイント
・Pontaポイント200ポイント→800Pontaポイント
・楽天スーパーポイント200ポイント→800楽天スーパーポイント
・Tポイント200ポイント→800Tポイント
・nanacoポイント200ポイント→600nanacoポイント
・waonポイント200ポイント→600waonポイント
・JALマイレージバンク200ポイント→400JALマイレージバンク
・dポイント200ポイント→800dポイント
・au WALLETポイント200ポイント→800WALLETポイント
・ベルメゾン・ポイント500ポイント→2,500ベルメゾン・ポイント
・ビックポイント(ビックカメラ)500ポイント→2,500ビックポイント

このほかにも多数ありますが、ポイントの応募や交換はオンラインで受け付けています。

グローバルポイントの増やし方

他社ポイントをはじめ、使い道がさまざまにあるグローバルポイントは、有効期限が2年(もしくは3年)と決まっていることから、効率良く増やすことを求められます。

そこで、知っておきたいのが以下の2つのサービスです。

グローバルPLUS

「グローバルPLUS」は登録不要でどなたでも使えるサービスです。

異なるポイントプログラムを採用するMUFGカードスマート以外のほとんどのMUFGカードが対象で、内容は以下のとおりになります。

■グローバルPLUSの内容
・年間のカード利用額50万円以上100万円未満
ステージ:PLUS+20
優遇内容:ポイントの20%を加算・年間のカード利用額が100万円以上
ステージ:PLUS+50
優遇内容:ポイントの50%を加算

グローバルPLUSで付加される際のMUFGカードのポイント還元率は、プラス20ステージでも1.2%となり、なかなかの高還元率カードであることはわかるのではないでしょうか。

ポイントが最高25倍になる「ポイント名人.com」

MUFGカードでグローバルポイントを貯めるのに欠かせないのが「POINT名人.com」です。

MUFGカード会員向けのポイントモールが「POINT名人.com」で、このサイトを経由してオンラインショッピングをすることで最大25倍のポイント獲得が可能になります。

楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどのサイトも利用できるので、普段の買い物に「POINT名人.com」へのログインを追加すれば大丈夫です。

10,000円で10ポイント獲得できるところ、最小20ポイント、最大250ポイントになります。

まとめ

メガバンク系のクレジットカードの安心感が魅力、手軽な年会費でゴールドカードを持ちたい、審査通過のしやすいクレジットカードが良いなど。一見クリアするのが困難そうな希望でも、MUFGカードであれば応えることができるでしょう。

さらに、利用価値のあるクレジットカードである理由に、デュアルスタイルをはじめ、そのほかのさまざまなサービス付帯があります。

クレジットカード初心者から上級者まで、幅広い層の要望を叶えてくれるのがMUFGカードです。ぜひ、この機会に入会を検討してみてはいかがでしょうか。

とさかおみ
とさかおみ
1,014 views

メガバンクに勤務経験あり。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。