• HOME
  • ブログ
  • FX , 投資
  • TickMill(ティックミル)という海外FX業者について。知名度は低いが知って損はないTickMillの詳細に迫ってみます!

TickMill(ティックミル)という海外FX業者について。知名度は低いが知って損はないTickMillの詳細に迫ってみます!

出典(トップ画像):TickMill

今回はTickMillのことを知りたい方のためにTickMillについての特徴やセールスポイント、注意点など様々な事柄についてお話していきます。

TickMillは2014年から営業を始めたまだ新しい海外FX業者ですので、未知な部分も多く、普通ならそれほどおいしいポイントに期待できなかったりするかもしれません。

しかし実は、TickMillは安全性が大変高かったり、一部の口座でスプレッドや取引手数料が非常に有利なこと等、見逃せないメリットをいくつも備えている取引業者なのです。

日本で有名なXMやTitan FXなどを使っている方でしたら、TickMillのメリットにちょっと心が揺れ動いてしまうかもしれません!

日本ではまだあまり聞きなれないTickMillですが、これからそのTickMillについて詳細に解説していきます。

TickMillはどんな海外FX業者?

出典:TickMill

TickMill(Tickmill Ltd.)は2014年よりセーシェルで営業している海外FX業者です。

その実績の短かさは海外口座ではちょっと不安材料となりますが、TickMillはその経営陣がこれまでに様々なブローカー業務等の経験をしてきたベテラン揃いであることから、その経営に関して心配する必要はありません。

出典:TickMill

従って海外FX業者としての基本要件はしっかり備わっており、あとは様々なおいしいポイント(デメリットも含む)を知り上手にTickMillを活用していけばいいのです。

TickMillのメリット

安全性・信頼性が高い

TickMillにはいくつかのグループ会社がありますが、次の通り各会社で金融ライセンスをしっかり取得しています。
  • Tickmill Ltd・・・セーシェル金融サービス機構(FSA、登録番号:SD008)
  • Tickmill UK Ltd・・・英国金融行為監督機構(FCA、 登録番号:717270)   つまりFSCS
  • Tickmill Europe Ltdは・・・キプロス証券取引委員会 (CySEC、 登録番号:278/15)

上記以外にもまだまだ取得済みの許認可がTickMillにはあります。TickMillはコンプライアンスの意識が非常に高く、トレーダーは安心して口座開設や取引に励むことができるのです。

出典:TickMill

プロ口座のスプレッドが狭い

TickMillには3種類の取引口座があるのですが、その中で手数料が発生する「プロ口座」のスプレッドが大変狭く有利です(米ドル/円で0.2pips程度)。

取引手数料は10万通貨につき片道2ドルというとてもリーズナブルな水準です!

EA(自動売買プログラム)による繰り返しのトレードであってもその手数料に全く臆することはありません 。

教育に熱心

トレーダーの取引を支援するサポートコンテンツの充実に積極的に力を入れています。

各種FXセミナーの開催や、オンライン上でレクチャーが受けられる「ウェビナー」、電子書籍の提供、また相場分析情報など取引に役立つ様々なコンテンツが充実しているのです。

さすが経験豊富な経営陣だけあって、こういったサービスにも抜かりがありません。

最低出金額が低い

最低出金額は25ドル(約2,500円)から可能で非常に良心的です。

ただ実際の利用においては、やはり数万円以上の出金額を予定するのが無難です 。

入出金手数料が無料 

国内FX口座と同じく全ての入出金手数料が無料となっています。

海外FX口座では国内ではありえない送金手数料が存在しますが、TickMillではこういった心配をする必要はありません。

Expert
ただし金融機関側から発生する送金手数料や中継銀行手数料などは考慮しておく必要があります 。

他にも入出金ルールが他の海外FX業者と比べ非常に分かりやすく入出金がしやすいといったメリットもあります。

TickMillのデメリット

日本円でトレード等ができない

日本円で口座残高の確認やポジションの損益変動などをチェックすることができません 。

TickMillの口座内通貨は、USD、EUR、GBPとなっておりますので、ポジションの損益計算や収益計画などのやり方に変更を迫られる事となってきます。

ただし入金については、例えばクレジットカードを使って日本円で入金した場合、予め指定しておいた外国通貨に自動的に変更されるようになっています。

ボーナスの獲得が難しい

TickMillではボーナスを得ることが可能となっていますが、新規口座開設ボーナスや入金ボーナスと言ったものではなく、トレードコンテストやレート予測などハイレベルなボーナスが中心です。

実は後述しますが、約30ドル程度もらうことができる新規口座開設ボーナスがありますが手に入るボーナス額が低めであることや、見逃してしまう可能性が非常に高いためあまり当てにすることができません 。

口座が閉鎖されやすい

口座残高が10ドル以下か、または90日間ログインが無いと口座の利用ができなくなるルール(恐れ)があります。

筆者もついうっかり利用してない時期がありましたが、現在見事に利用停止となっています!

ただしTickMillにしっかりと連絡を入れれば口座の利用再開も可能です。

営業実績が十分ではない

TickMillはこの記事を作成している時点(2019年)では約5年の営業歴となります。

TickMillにはビジネス経験が豊富な経営陣が存在すると冒頭の方で説明しましたが、やはり実績という点においてはまだまだ分からない部分があるのも事実です

今後においても十分に注意深く見守っていく必要があります。

取引口座の内容


出典:TickMill

TickMillには「クラシック口座」、「プロ口座」、「VIP口座」の3種類の口座が用意されています(30ドルウェルカム口座についてはボーナスのセクションにて解説)。

「各口座の主な特徴」

クラシック口座プロ口座VIP口座
最低入金額100ドル(約1万円)100ドル(約1万円)5万ドル(約500万円、最低残高)
最大レバレッジ500倍500倍500倍
最低取引量0.01lot(1,000通貨)0.01lot(1,000通貨)0.01lot(1,000通貨)
取引手数料無し10万通貨につき片道2ドル10万通貨につき片道1ドル
スプレッド1.6pips~0.0pips~0.0pips~

各口座とも最大レバレッジは500倍、最低取引量は0.01ロット(1,000通貨)からとなっております 。

大きなポイントとしては、プロ口座にはスプレッドが狭い代わりに取引手数料が発生するということです。

その手数料額は10万通貨につき片道2ドル(約200円)で、これは海外FX業者の中では非常に有利な金額でトップクラスの安さを誇っています 。

「取引手数料の比較」

  • TickMill・・・約200円
  • Tradeview・・・約250円
  • Axiory・・・約300円
  • Titan FX・・・約360円
  • FxPro・・・約450円

*10万通貨・片道の金額、取引手数料のある口座に限定

実は取引手数料の所だけを見ますと、VIP 口座はさらに安い「10万通貨につき片道1ドル」なのですが、最低入金額が日本円で約500万円と言う非常に高い設定であり、この口座の利用は現実的ではありません。

その他のこととしては追証ゼロサービスの実施、マージンコールは証拠金維持率100%、ロスカット率は30%となっています。

なお追証ゼロサービスについては、顧客のトレード責任にやや重点を置く傾向があることや、口座残高がマイナスとなるのを避けるため一時的にレバレッジ倍率が下がる可能性があります。

Expert
追証ゼロサービスが存在するからとはいえ口座残高に不相応な大きなポジションでエントリーしたり、相場状況が荒い時に無謀なトレードを行うことは極力避けるべきです。

通貨ペアのスプレッド


出典:TickMill

FXの通貨ペアとしては62種類の銘柄でトレードを行うことができます。

代表的な通貨ペアのスプレッド

「クラシック口座」(変動あり)
USD/JPN・・・2pips
EUR/JPN・・・2pips
GBP/JPN・・・2.7pips
AUD/JPN・・・2pips
EUR/USD・・・1.7pips

「プロ口座」(変動あり)(10万通貨につき片道2ドルの手数料あり)
USD/JPN・・・0.2pips
EUR/JPN・・・0.7pips
GBP/JPN・・・1pips
AUD/JPN・・・1pips
EUR/USD・・・0.2pips

他の海外FX業者とのスプレッド比較

手数料の無い口座

XM(マイクロ/スタンダード口座)Axiory(スタンダード口座)Titan FX(スタンダード口座)Land-FX(LP/Live口座)FxPro(MT4口座)TickMill(クラシック口座)
USD/JPN1.6pips1.5pips1.33pips0.8pips1.4pips2pips
EUR/JPN2.5pips1.5~2.0pips1.74pips1.4pips1.8pips2pips
GBP/JPN3.3pips2.0~3.0pips2.45pips2.7pips3pips2.7pips
AUD/JPN3.3pips2.0pips2.12pips2.3pips2.8pips2pips
EUR/USD1.7pips1.5pips1.2pips0.8pips1.5pips1.7pips

手数料の有る口座

XM(Zero口座)Axiory(ナノスプレッド口座)Titan FX(Zeroブレード口座)Land-FX(ECN口座)FxPro(cTrader口座)TickMill(プロ口座)
USD/JPN0.1pips0.5pips0.33pips0.2pips0.3pips0.2pips
EUR/JPN0.2pips0.5pips0.74pips0.4pips0.9pips0.7pips
GBP/JPN0.9pips1.5pips1.45pips2pips1pips1pips
AUD/JPN1.2pips1.0pips1.12pips1pips0.8pips1pips
EUR/USD0.1pips0.5pips0.2pips0.1pips0.3pips0.2pips
手数料/10万通貨・片道約500円約300円360円約350円約450円約200円

クラシック口座は手数料が無いもののスプレッドが平均的に広く、やはりTickMilではスプレッド・手数料が圧倒的に有利なプロ口座をおすすめします。

トレード環境・取引ツール


出典:TickMill

MT4及びコピートレードサービス

TickMillで利用することができる基本的なツールはMT4のみとなっておりますが、TickMillには他に様々なトレード支援ツールが用意されています。

例えばMyfxbookは、他の優秀なトレーダーの取引成績等をチェックした上でそのトレーダーの取引を丸ごとコピーし、自身のアカウントでも同じ運用を行うことができるものです。

MT4には自動売買や自由にインジケーター調整等ができるEAという機能がありますが、やや高度な操作が必要なため、このMyfxbookによりそういった手間を避けながら成績を上げていくことができます。

「Myfxbook」

出典:TickMill

数多く提供された取引支援ツール

また、VPS(バーチャルプライベートサーバー)は24時間ずっと稼働させることが可能で、これにより停電やPCの故障等に関係なくVPS上で繰り返しの売買を継続させることができます。

その他、自動で相場分析や予想等を行う「オートチャーティスト」やオンラインでFXの講習が受けられる「ウェビナー」、各種計算ツールなどなどTickMillでは多くの取引支援サービスを利用することができます。

「TickMillで利用できる各種ツール」

Myfxbook、VPS、Autochartist、ウェビナー、相場分析解説、損益等計算機、経済指標カレンダー その他多数

NDD方式の正確な約定

TickMillの約定力については、平均0.15秒でほとんどの注文が約定されます。この約定能力であればまず問題ありません。

注文処理については、為替ディーラーが存在しないNDD方式(ノーディーリングデスク方式)により全ての注文は自動で処理されます。

またデモ口座を利用できますので、これを利用すれば本番環境と同じ状況でトレードを試験することができます。

出典:TickMill

入出金方法


出典:TickMill

TickMillには10種類近くの送金方法がありますが、日本人が手軽に利用できる方法としては銀行送金クレジットカード(デビットカード)に絞られてきます。


出典:TickMill

全ての送金方法において、100ドルまでの入出金手数料は無料です。ただし銀行送金の場合、金融機関側における各種手数料は無料にはならない可能性があります(送金手数料、中継銀行手数料、着金手数料など)。

クレジットカード/デビットカードはVisa、Masterが対応しています。

そして冒頭でもお話ししたように日本円で口座管理することができないので、口座開設後の運用に注意する必要があります。

「入出金におけるその他のポイント」

  • 最低入金額は100ドル
  • 最低出金額は25ドル
  • 手数料を無料にするには送金履歴等のコピーをTickMillへ送る必要がある
  • Fasapay、Skrill等多くの電子送金サービスは日本人が気軽に利用できる体制が整っていない など

ボーナス


出典:TickMill

TickMillでは他の海外FX業者で実施されているような新規口座開設ボーナスや入金ボーナスと言ったわかりやすく獲得しやすいボーナスは実施されていません 。

まず「今月のトレーダー」は毎月最優秀トレーダーに1,000ドル(約10万円)の賞金が贈られるものですが、取引成績を競うものであるため当然そのハードルは高いです。

TICKMILLのNFPマシーン」は、指定された通貨ペアの指定時刻におけるレートを予想するもので、見事ピッタリとレートを当てることができれば500ドルのボーナスをもらうことができます。

また正確な予想者がいなかった場合、最も予想が近かった人であれば200ドルのボーナスを得ることができます。

そして「30ドルウェルカム口座」は、まだTickMillで口座開設していない方であればこの口座を開設することで30ドルのボーナス(取引資金)を得て、レバレッジ500倍の環境でトレードを行うことができます。

もちろんクラシック口座等すでに口座を持っている状態では利用することができません。


出典:TickMill

まとめ


出典:TickMill

TickMillで最もお得となるのはその安全性やスプレッド水準・手数料の安さ(プロ口座)が大半を占めます。

逆に最も注意すべきこととしては、日本円で資金管理ができないことと、まだ営業年数が十分ではないことです 。

こういった性質をメインにTickMillで口座開設を検討するのが賢明です。

またウェブサイトは割と日本語表記が正確で読みやすいことやサポートセンターがしっかりとしていますので、TickMillはトータルで考えれば安全で誰にでも利用しやすい方の海外FX業者となってきます。

*その他の海外FX業者については:

6弦
6弦
603 views

FX投資歴6年、仮想通貨や海外取引業者でのハイリスクな取引経験も豊富です。
その他ネットオークションやポイントサイトといったネット系のお金稼ぎ術に精通しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。