• HOME
  • ブログ
  • FX , 投資
  • Tradeview(トレードビュー)という海外FX業者を紹介。Tradeviewは上級者や収益重視のトレーダーにおすすめ!

Tradeview(トレードビュー)という海外FX業者を紹介。Tradeviewは上級者や収益重視のトレーダーにおすすめ!

出典(トップ画像):Tradeview

安全性・信頼性を何より重視したい海外FXトレーダーでしたら今回紹介しますTradeviewがおすすめです。

Tradeviewはイギリス領・ケイマン諸島に拠点く海外FX業者で、すでに15年以上の営業実績を誇るベテラン業者です。

その実績や資金管理体制などから安心してFX取引に専念することができますが、ボーナスが無いことや取引口座の性質が比較的プロ仕様であることから、Tradeviewは海外FX初心者の方にはちょっと手が出しづらいかもしれません。

そういった性質を持つTradeviewですが、今回はそのTradeviewについて知っておくべき特徴やメリット・デメリットなどを見ていきます。

Tradeviewはどんな海外FX業者?

出典:Tradeview

Tradeviewの概要

Tradeview(Tradeview LTD.)は2004年からFXサービスを行っている海外FX業者ですが、FXだけでなく株取引サービスや機関投資家向けのFXサービス等いくつかの業務を平行して行っています。

「Tradeview Markets」(株取引サイト)

出典:Tradeview

「Tradeview Prime」(機関投資家向けFXサイト)

出典:Tradeview

またTradeviewはスポンサー活動も行っていて、アメリカやケイマン諸島等のラグビーチームへのスポンサー提供の実績があります。


出典:Tradeview

Tradeviewとは一体どんな海外FX業者なのか?Tradeviewを知らない日本人からすればそう思うのは当然です。

しかし、以上のように会社そのものとしては事業に一定の広がりを持ち、資金的な余裕があり、海外においては方々にその姿を現わしているいたって健全なFX業者なのです。

Tradeviewの特徴やメリット

スプレッドが狭い

取引手数料が発生するILC口座の話ですが、スプレッド水準が狭くとても有利です(米ドル/円で0.2pips程度)。

取引手数料も10万通貨につき片道2.5ドル(約250円)と格安です。

「海外FX業者ごとの取引手数料の比較」(例)

  • XM・・・約500円
  • FxPro・・・約450円
  • Titan FX・・・約360円
  • Axiory・・・約300円
  • Tradeview・・・約250円

*10万通貨・片道の金額、取引手数料のある口座に限定

ただしILC口座は10万円からでないと入金することができないことや、もう一方あるX Leverage口座は手数料がないもののスプレッドが非常に広いです。口座選びはもちろんTradeviewで口座開設すること自体よく考えて行うことが大切です。

営業年数が長い

この記事執筆時点(2019年)で15年の実績があり、様々な営業経験を積んだ海外FX業者です。

この事実だけでも多くのトレーダーにいかに認められているかが分かりますし、安心してトレードを行うことができます。

安全性が高い

Tradeviewの資金保管体制については、最も信頼性のある「信託保全」(いかなる場合も全額補償)ではなく、単にTradeviewの運営資金と区別された「分別管理」となっています。

しかし、顧客資金はスペイン最大の金融機関である「サンタンデール銀行」に保管されていて、同行の信頼性が極めて高いことから、資金が危機に晒されることはまずもってありえません(絶対ではありませんが)。

また取引口座と同行との資金のやり取りについては「Mainstream」という資金管理組織が実施しており、Tradeviewの介入を極力抑えた適切な管理・運用がなされています。


出典:Tradeview

こういった資金管理・資金移動形態は実質的に信託保全に近いものであり、Tradeview・Mainstream・サンタンデール銀行という三者による相互管理的で強固な資金保管体制となっているのです。

「資金保管状況について」(英語)

出典:Tradeview

Tradeviewはまたケイマン諸島にてCIMA(Cayman Islands Monetary Authority)という公的機関から金融ライセンスを取得しています(番号:585163)。

日本語のサポートデスクが優秀

丁寧な日本語対応が実施されています。メールの返信速度が早いのもTradeviewのいいポイントです。

ただしTradeviewのウェブサイトは日本語で表記されていますが、自社についてそれほど詳しく説明を施しているとは言えません。

実は外国人向けの外国語表示のページの方では、口座の内容や資金保管状況などが詳しく書かれています。

もし英語等に自信のある方でしたらトップページ右上にある言語選択から英語に切り替えてみますと、日本語ページよりも詳しい情報を得られるのが分かると思います。


出典:Tradeview

Tradeviewのデメリット

ボーナスが無い

安全性が高い海外FX業者はボーナスが無かったり弱かったりするパターンが多く、Tradeviewもこの例に漏れません。

「安全性は高いがボーナスが無い取引業者」(例)

  • Axiory
  • Titan FX
  • FxPro など

ロスカット率が100%と高め

海外FX口座と国内口座との違いの一つにロスカット率があり、海外FXは割と低いのが一般的なのですが、Tradeviewのロスカット率は100%という国内FXと同レベル(あるいはそれ以上)の執行率です。

海外FXにはハイレバレッジがありますが、あまりロスカット率が高いと思い切ったトレードをすることが困難となってきます。

ウェブサイトの説明が少ない

上記でもお話しましたが、ログイン前の日本語サイトではTradeviewの十分な情報が得にくいです。口座の種類すら分かりません。

本当のところは新規口座開設後のマイページをチェックしなければならないのです。

Tradeviewはどんなトレーダーに向いてる?

全体としては、以下の理由によりTradeviewはベテラントレーダーやシステムトレーダーに最適な取引業者となります。

  • 安全性・実績を重視し、後は安心して取引に専念したい上級者に相応しい
  • 取引に集中したいトレーダーであればボーナスは不要
  • ILC口座は入金額の敷居が高いものの取引経費が安く資金力を駆使した自動売買トレーダー向け
  • X Leverage口座はスプレッドが広いことから相場を熟知したスイングトレーダー向け

取引口座の内容


出典:Tradeview

ここで改めてTradeviewで利用できる取引口座について説明しますと、Tradeviewには「Innovative Liquidity Connector口座」(ILC口座)と「X Leverage口座」の2種類が用意されています。

「各口座の主な特徴」

ILC口座X Leverage口座
最低入金額1,000ドル(約10万円)100ドル(約1万円)
最大レバレッジ200倍500倍
最低取引量0.1lot(1万通貨)0.01lot(1,000通貨)
取引手数料片道10万通貨につき2.5ドル無し
スプレッド0.0pips~高め

海外FX業者初心者には厳しい口座内容

ILC口座は最低入金額が10万円と高いのですが、スプレッドが狭くしかも取引手数料が非常に安いといったメリットを持っています。しかし最大レバレッジが200倍という物足りなさがやっかいです。

一方、最低入金額が1万円と優しいX Leverage口座の方はスプレッドが広いことや、cTraderやCurrenexというトレードツールを使った場合に最大レバレッジが下がる(500倍⇒400倍)欠点があります。

こういった口座内容となっていますので、どちらの口座を使うべきかトレードスタイルによって意見が分かれることとなります。もちろん海外FX初心者の方がたやすく手が出せるものではありません。

提案する口座ごとの使い方

ILC口座

最低入金額が高いため、ILC口座は相応の資金が用意できるトレーダーに限られます。

そして資金に余裕があるトレーダーであれば、海外FX口座では低倍率となる200倍でも問題にはなりにくくなってきます。

またスプレッド等の手軽さから自動売買やコピートレードに最適です。むしろTradeviewのスプレッド・手数料(10万通貨・片道で約250円)は海外FX口座でもトップクラスの安さですので、繰り返しの売買方法がかなり有力となってきます。

X Leverage口座

こちらの口座の場合は、エントリー回数が少な目になるスイングトレーダーであればスプレッド負担はそれほど深刻とはなりません。またレバレッジ倍率の高さもあり資金効率を高めたトレードができます。

ただしスイング(2~3日)やそれ以上の日数に渡ってポジションを保有し続けるスタイルは相場変動リスクが非常に強まりますので、特に大きなポジションサイズにおいてセキュリティ対策が重要となってきます。

スプレッドが広いことからスキャルピングが不利であり、難易度が高いスイングトレードに自然と使い方が絞られてきますので、FX経験豊かな方がX Leverage口座にはふさわしいこととなります。

通貨ペアのスプレッド

70種類以上の通貨ペアでトレードできますので、まず銘柄に困ることはありません。

代表的な通貨ペアのスプレッド

「ILC口座」(変動あり)

  • USD/JPN・・・0.2pips
  • EUR/JPN・・・0.3pips
  • GBP/JPN・・・1.3pips
  • EUR/AUD・・・0.6pips
  • EUR/USD・・・0.1pips
  • AUD/JPN・・・0.6pips
  • EUR/GBP・・・0.7pips
  • USD/CAD・・・0.2pips

*片道10万通貨につき2.5ドルの取引手数料が発生します。

他の海外FX業者とのスプレッド比較

「手数料の有る口座の比較」

XM(Zero口座)Axiory(ナノスプレッド口座)Titan FX(Zeroブレード口座)Land-FX(ECN口座)Tradeview(ILC口座)
USD/JPN0.1pips0.5pips0.33pips0.2pips0.2pips
EUR/JPN0.2pips0.5pips0.74pips0.4pips0.3pips
GBP/JPN0.9pips1.5pips1.45pips2pips1.3pips
AUD/JPN1.2pips1.0pips1.12pips1pips0.6pips
EUR/USD0.1pips0.5pips0.2pips0.1pips0.1pips
手数料/10万通貨・片道約500円約300円360円約350円約250円

Tradeviewのスプレッドは優秀の一言です。特にAUD/JPNはお得な広さとなっています。

そして取引手数料は今回比較した中では最も安い水準です。スプレッドと合わせILC口座の経費負担は大変優れたものとなっています。

先ほどはILC口座の最低入金額が高いとお話しましたが、この手数料等のレベルは自動売買などの繰り返しのトレードに最適ですので、その最低入金額の高さと合わせベテラントレーダーや大口顧客の利用が想定されてくるものとなっています。

トレード環境・取引ツール


出典:Tradeview

豊富なトレードツール

Tradeviewの取引ツールは以下の通り4種類あります。

MT4、MT5、cTrader、Currenex

MT4・MT5は海外FX口座ではおなじみとなっている取引ツールです。4種類ものプラットフォームがありますので様々な戦略が立てられます。

Tradeviewで特筆すべきこととしてはcTraderが使えるところです。

cTraderは利用できる海外FX業者が少ないのですが(Tradeview、Axiory、FxPro)、MT4にも負けない操作性能や豊富な機能、約定力の高さが売りであり、場合によってはこのcTraderが大いに活躍してくれる事もあるのです。

「cTraderについて」

またCurrenex(カリネックス)は他の海外FX業者では見かけることはない取引プラットフォームですが、トレーダーの志向を最優先させた新しいツールです。

未知な部分も多いのですが、海外FXに慣れている方でしたらこのツールを試してみるのもいいかもしれません。

出典:Tradeview

約定力

実際のトレードにおける約定力については、まずもって違和感や明確な遅れ、スリッページなどはほぼ発生しません。

軽快にトレードが行えるのでむしろ逆に何かを感じられることが少ないです。

Tradeviewの内部処理に関しては、ウェブサイト上においてLP(リクイディティプロバイダー)を公開しています。


出典:Tradeview

LPとはTradeviewが提携している取引先の金融機関のことで、これはTradeviewがレート操作等の不正をはたくことなく、外部金融機関にて顧客の注文通り確実に売買を行っているということを表します。

Expert
これに加え、特にcTraderを駆使した取引ではcTraderの性能の良さとLPでの適切な注文処理により軽快で正確なトレードが実現されることとなります。

また「エクイニクス」という会社のサーバを使用しているのですが、このエクイニクスはFXのみならず金融業界の多くの現場で注文処理や金銭処理などを手広く手がけその評判が高いことから、Tradeviewの約定力を影で支える頼もしい存在であるのです。

入出金方法

Tradeviewでは数多くの入出金方法が用意されています。


出典:Tradeview

しかしこの送金方法の豊富さは、Tradeviewがいくつもの国に顧客を持つことからそれに対応している事によるものであり、日本人の実用に耐えうるものとしては銀行送金や電子送金サービスであるbitwallet(ビットウォレット)などに限られます。

クレジットカードやデビットカードは直接利用することができず、bitwalletを経由して入出金を行います。

入出金手数料は全て無料です。ただ銀行送金については金融機関側において振込手数料・送金手数料・中継銀行手数料等が発生することとなってきます。

まとめ


出典:Tradeview

下のまとめにも書いてあります通り、Tradeviewは営業実績が豊富なことや信頼性が高いこと、また繰り返しの売買に適した口座とスイングトレードに向いた口座が用意されていることから、ある程度FX経験を積んだ中・上級者に相応しい海外FX業者です。

またロスカット率が高い事によりトレード難易度が高まってきますので、やはりTradeviewで口座開設する際は自身のFX経験やトレードスタイル、資金量をよく考慮することが大切です。

Tradeviewについて以下に簡単に整理しておきます。

  • Tradeviewは2004年から営業している老舗の海外FX業者
  • ILC口座のスプレッドや取引手数料がとても優秀
  • 安全性・信頼性が高くサポートセンターも頼もしい 
  • ILC口座は自動売買系トレーダーや資金に余裕のある方に最適
  • X Leverage口座はスプレッドが広くスイングトレード向き
  • ボーナスサービスは実施されていない 
  • ロスカット率が100%と高め
  • 最大レバレッジは500倍、追証ゼロサービスあり

*参考記事:

6弦
6弦
586 views

FX投資歴6年、仮想通貨や海外取引業者でのハイリスクな取引経験も豊富です。
その他ネットオークションやポイントサイトといったネット系のお金稼ぎ術に精通しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。