• HOME
  • ブログ
  • FX , 投資
  • FXの勝てる手法を徹底解説!中級トレーダーが教えるFX必勝テクニック2019年決定版

FXの勝てる手法を徹底解説!中級トレーダーが教えるFX必勝テクニック2019年決定版

Man
FXの勝てる手法ってあるのかな?どれも同じ感じがするんだよなあ・・・

こんな気持ちを持っていませんか?

FXでなかなか勝てないという人は、手法に問題がある可能性があります。自分のライフスタイルや資金量などに合った手法・トレードスタイルを使わないと、思ったように利益を出すことは難しいでしょう。

そこで今回の記事では、FXの手法における代表的な事例を踏まえたうえで、あなたに合った手法が見つかる内容を紹介していきます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

FXの手法はざっくり3種類

FXの手法には、大きく分けて3つの種類があります。

①トレードスタイルで勝つ手法

②テクニカル分析で勝つ手法

③両建てスワップトレード

下記で、これらの3つの手法の概要を確認していきましょう。そして、この中から自分に合った手法を見つけていきましょう。

①トレードスタイルで勝つ手法

1つ目の手法としてあげられるのが、トレードスタイルで勝つ手法です。FXには代表的なトレードスタイルがいくつかありますが、それぞれのスタイルごとに特徴があり、自分にあったトレードスタイルをまずは選ぶ必要があります。

下記で、その内容を確認していきましょう。

トレードスタイルを選ぼう!

FXのトレードスタイルには、大きく分けて以下の3つのスタイルがあります。

スキャルピング:数秒から数分で売買を繰り返す超短期のトレード

デイトレード:1日で取引を完結させるトレード

スウィングトレード:数日から数週間でトレードを完結させるスタイル

一般的には、期間が長くなるほど初心者には向いています。なぜなら、スキャルピングのような超短期の取引は、利益を出すためにある程度の資金量が必要になるからです。また、期間が短すぎることで、値動きが読み取りづらいというデメリットもあります。

そのため、原則として初心者の人にはおすすめできません。初心者の人はスウィングトレードを活用しながら、デイトレードを織り交ぜていくと良いでしょう。

この手法のメリット

トレードスタイルを生かした手法のメリットは、やはりトレンドに乗った取引がやりやすいという点です。特に、スウィングトレードではトレンドを掴んで取引をすることで、大きな利益を狙っていくことができます。

この手法のデメリット

この手法のデメリットとして挙げられるのが、臨機応変な対応ができないことです。仮にスキャルピングのトレードを行っているとして、長期的には上昇トレンドであった場合、利益を取り逃がす可能性が大きくなってしまいます。

また、スウィングトレードでも、トレンドの転換点にはまってしまうと、結果的に大きな損失を受けてしまう可能性があります。そのため、1つのトレードスタイルに絞ることで、こうした柔軟性が欠けてしまうのがデメリットといえるでしょう。

②テクニカル分析で勝つ手法

2つ目の手法として挙げられるのが、テクニカル分析で勝つ手法です。数ある手法の中でも、もっとも精度の高いトレードを行うことができるため、初心者の方にもおすすめです。

テクニカル分析を徹底して勝率を上げよう!

そもそもテクニカル分析とは、チャートを指標やインジケーターを活用して分析し、その後の値動きを予想する分析手法のことを指しています。

こうした分析手法は、相場の世界でも長い間活用されてきました。そのため、信頼性も非常に高く、さまざまな角度から分析を行うことで勝率を高めていくことができるのです。

この手法のメリット

テクニカル分析のメリットは、トレードにおける明確な根拠を持つことができる点にあります。何の情報もないトレードと比較しても、より精度の高い情報を基にトレードを行うことができるため、それと同時にトレードの勝率も高めることができるのです。

実際に、現在成功しているすべてのプロトレーダーはテクニカル分析で成功を築いてきました。それほどテクニカル分析は重要な分析手法ということができ、確実に勝率を上げることができる必須アイテムとなっています。

この手法のデメリット

テクニカル分析は、マスターするまでにしっかりと勉強をする必要があります。他の分析手法で代表的なものをあげるとファンダメンタル分析がありますが、この分析手法は情報を基に価格を予想するシンプルなものなので、習得にそれほど時間を必要としません。

これに対してテクニカル分析は、覚えなければいけない理論やインジケータの種類も多く、マスターするまでに長い時間がかかります。日々勉強をして、テクニカル分析ができるよう取り組んでいきましょう。

③両建てスワップトレード

両建てスワップトレードは、資金がある程度ある方に非常におすすめの手法です。注意点さえしっかりと守れば、長期的に安定した利益を出し続けることが可能となります。

複数業者を使いこなそう!

スワップポイントとは、日本円と海外の法定通貨の金利差のことを指しています。スワップポイントがプラスであれば、金利収益を得ることができ、マイナスであれば支払う必要があります。この手法では、複数の業者を使い分け、このスワップポイントの差を狙っていきます。

まず、上記の画像のように、スワップポイントが高い業者でロングポジションでエントリーを行います。ここではスワップポイントが100プラスになっています。続いて、スワップポイントが低い業者ではショートでポジションを保有します。ここで保有するショートポジションは、ロングで保有しているポジションと同じ資金量にするのがポイントです。

これによって、価格がどちらに変動しても、A社とB社を合計した場合に損失が発生することはありません。逆に、スワップポイントの差が日々付与されることになるので、トータルの収支をプラスにすることが可能となるのです。

この手法のメリット

この手法のメリットは、ほぼ100%勝ち続けることができることです。スワップポイント狙いの投資は、為替の変動リスクがもっとも大きな敵となっています。

これに対して、この手法では両建ての特徴をうまく生かすことで、為替の価格変動によって損失が発生しません。差分となるスワップポイントだけが、安定して利益として日々発生することになるのです。

この手法のデメリット

いっぽうで、この手法にはデメリットもいくつか存在します。特に、資金量がある程度必要になることは否めません。スワップ狙いの投資は基本的にある程度の資金量がなければ収益が得られないのですが、この手法の場合にはさらにその差分を収益として狙うため、よりいっそう大きな資金が必要となります。

加えて、為替の変動による強制ロスカットも見逃せないポイントです。業者に入金している資金が少なければ、急激な価格変動などに巻き込まれてしまい、強制ロスカットの対象となる可能性があります。こうなってしまうと、ポジションは1つしか残らないことになるので、その後は為替の変動リスクにさらされ続けることになってしまうのです。

この手法は勝率が高い分、対象となる人の範囲も狭くなります。これらの点を意識してトレードを行わないと、逆に損失を出してしまうことになるため、取り組むときには十分に注意てして行うようにしましょう。

FXの手法で注意しておきたいこと

ここまで、FXの手法に関するさまざまな事柄を確認してきました。ここからは、FXの手法を使ったトレードで、気をつけておきたいポイントを確認していきましょう。

①資金量を一定にしてリスクヘッジをする

資金管理に関しては、FXの基本中の基本ともいえるものです。どのトレードスタイルを選択したとしても、必ず取り組まなければいけないポイントとなっています。

具体的にいうと、1度の取引で利用できる資金量を決め、それを徹底して守ることが資金管理の鉄則です。すべての取引で運用する資金量がバラバラだったりすると、急激な価格変動などが発生したタイミングで大きな損失を受けてしまう可能性が出てきます。

こうした事態を防ぐために、資金管理をまずは徹底的に行いましょう。ざっくり目安というと、証拠金に対して1%〜2%が1度の取引で運用できる資金量の目安とされています。もしこれ以上の資金を運用したいのであれば、自分の予想に絶対的な自信が持てるタイミングのみに止めておきましょう。

②ハレイバレッジのトレードは避ける

ハイレバレッジのトレードを避ける点も、FXでは重要なポイントとなります。レバレッジの仕組みはシンプルでとてつもない破壊力を持っています。これがFXに多くの人を惹きつける魅力であることは間違いありませんが、逆に多くの人が大損や借金を抱える原因ともなっているのです。

仮にレバレッジ5倍でトレードをすれば、損失も5倍になります。国内であれば最大で25倍のレバレッジまで法律で認められているので、この場合にはなんと25倍の損失が発生することになってしまいます。10万円の損失が出る取引内容だったとすれば、250万円もの損失が出てしまうのです。

このように、ハイレバレッジのトレードは非常に危険です。まずは、自分自身で低レバレッジの取引に慣れることが重要なポイントであり、そこから徐々にレバレッジを引き上げていくようにしましょう。

③感覚ではなく「根拠」を持ったトレードを行う

FXでは、感覚ではなく「根拠」を持ったトレードを行うようにしましょう。初心者の方に特に多いのが、「なんとなく」でエントリーや決済を行ってしまう点にあります。こうした感覚でのトレードは、たとえ短期的に勝つことができても、長期的には必ず負け越すことになるのです。

この点は、プロのトレーダーとアマチュアのトレーダーの大きな違いの1つでもあります。プロのトレーダーが根拠を持ってすべてのエントリーや決済を行っていることに対して、アマチュアのトレーダーは感覚でしか相場を判断することができません。長期的にみると、この差は歴然とした利益の差に繋がってしまいます。

こうした点を踏まえても、トレードにはすべての行為において根拠を持って取り組んでいきましょう。具体的には、テクニカル分析やファンダメンタル分析を徹底して根拠を持つことをおすすめします。

④浅めのロスカットを徹底して行う

浅めのロスカットを入れることも、FXでは重要なポイントです。ロスカットを入れなければ、損失はどんどん大きくなってしまい、結果的にFX業者が定めた強制ロスカットの水準に達してしまうことでしょう。

強制ロスカットの水準は、あくまでも業者が定めているものです。そもそもの話として、この水準まで損失を拡大させることはやってはいけないことなのです。強制ロスカットに合わないためにも、もっと浅めの段階でロスカットを入れて対処していく必要があります。

具体的に目安をいうのであれば、証拠金に対して1%から2%の損失で損切りができるようにしましょう。これを目安としてトレードを行っていくことで、損失を小さくして効率的にFXで稼いでいくことができます。

FXで手法を実践するのにおすすめの業者TOP3

ここまで、FXの手法に関するさまざまな事柄を確認してきました。FXでは手法によって、それぞれ特徴や概要が異なることがわかりましたね。全体的なイメージはざっくりつかめたことでしょう。

ここからは、FXの手法を実践するうえで、初心者におすすめのFX業者を紹介していきます。今回紹介するのは、国内でも信頼性の高いFX業者に絞っているので、登録がまだ済んでいない人はぜひこの機会に口座を開設してみてくださいね。

第1位 SBI FXトレード

SBI FXトレードは、大手企業であるSBIホールディングスが運営するFX業者です。大手企業の運営だけあって、その資金力や信頼性の高さは申し分ないでしょう。初心者の方でも安心して取引できる点は大きな魅力の1つです。

加えて、最小取引金額が国内でもダントツで小さいというメリットがあります。多くのFX業者では最低でも4,000円ほど資金が必要になりますが、SBI FXトレードであれば最小で約4円から取引をすることが可能となります。

資金面が少なくてFXを始められないと感じている人も多いことでしょう。こうした悩みも、SBI FXトレードであれば解決することができるため、非常におすすめです。

第2位 DMM FX

DMM FXは、大手企業であるDMM.comが運営するFX業者です。大手企業の運営だけあって、その信頼性はバツグンに高いですし、資金力も豊富なので倒産の心配などもありません。実際に、DMM FXはFXの口座開設数第1位という実績を持っており、多くの人がその使いやすさや信頼性を支持していることが数字に現れています。

加えて、最大の魅力は最長3ヶ月間利用できるデモトレードです。デモトレードは仮想のFX口座を開設して、無料でFXの練習を行うことができます。提供されるレートも実際の取引レートと同じですし、取引する環境も本番とまったく同じなので、慣れ親しんだ環境で本番に移行できるメリットがあるのです。

SBI FXトレードと合わせて、DMM FXに登録しておけば、FX取引に関する準備は万端といえるでしょう。初心者の方は特に、口座開設しておくことをおすすめします。

第3位 ヒロセ通商

ヒロセ通商が、高い約定率が魅力のFX業者です。99.9%の約定率があることで、買い時や売り時を決して逃すことはありません。これによって、スキャルピングなどの短期トレードを主戦場としている人には、特に重宝されています。

また、最大の魅力は、土日にもデモトレードができる点にあります。FXは世界的に商習慣で土日はトレードをすることができません。デモトレードも本来であればトレードできないのですが、ヒロセ通商でが仮想の取引レートを提供することで、土日にも取引できる環境が整えられているのです。

こうした点を踏まえると、副業で取り組んでいる土日に休みがある人には非常に役立つFX業者だといえます。短期トレードから土日の練習をしっかりとしたい人まで、ぜひヒロセ通商を活用していきましょう。

まとめ

以上、FXの手法について解説してきました。今回紹介したように、FXでは手法を意識してトレードを行うことで、より効率的に勝利していくことが可能となります。いっぽうで、感覚でのトレードは短期的に勝つことができても、長期的には必ず負け越してしまうことになるため、注意して取り組む必要があるでしょう。

また、資金量の管理やハイレバレッジのトレードを避けることなど、リスクヘッジも重要なポイントの1つです。FXの世界では、損失をいかに小さくして、利益をいかに大きくするかが重要なポイントとなってきます。こうした点を意識して取り組んで、積極的に効率的なトレードを行っていきましょう。

前原
前原
655 views

仮想通貨やフィンテックを中心にフリーライターとして活動しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。