• HOME
  • ブログ
  • FX , 投資
  • cTraderを使うメリットは?海外FXトレードツール・cTraderについて特徴やメリットなど詳しく説明します。

cTraderを使うメリットは?海外FXトレードツール・cTraderについて特徴やメリットなど詳しく説明します。

出典(トップ画像):Spotware Systems Ltd.

cTraderとは一体どんな海外FXの取引ツールなのでしょうか?

cTraderは2011年にイギリスのSpotware Systems社がリリースした海外FXツールで、海外FXではメジャーなツール・MT4のライバル的な存在です。

cTraderは多くの取引業者で採用されている訳ではなく、世界では20社程度のFXブローカーがこれを採用しているに留まります。

日本人が気軽にcTraderを利用できる海外FX業者は主にAxiory、FxPro、Tradeviewの3社しかなく、ネット検索である程度の参考情報は手に入りますがまだまだ知られていない側面も多いことと思われます。

しかし、今回本ページでそのcTraderについての特徴やメリット・デメリット、基本的な操作方法などについて詳しく解説していきます。

cTraderってどんなツールなの?

出典:Spotware Systems Ltd.

cTraderの概要

cTraderは海外FX口座でトレードを行うためのツールで、同じようなツールにMT4やMT5などがあります。

cTraderはECN取引を想定したトレードツールとして非常に約定力が高いといった特徴があり、スキャルピング・自動売買問わず軽快で正確なトレードを期待することができます。

「ECN」とは、顧客から届いた注文を、取引業者の恣意的な操作なくインターバンク市場へ送り届ける注文処理方式の一種で、それ故にcTraderであれば約定拒否やスリッページ(滑り)などの可能性が非常に低いわけです。

約定力が高いことと合わせ、cTraderは初心者でも直ぐにトレードができるような分かりやすいレイアウトや操作方法も備わっており、スキャルピングがメインなトレーダーであればMT4よりもその使い勝手のよさが理解できるものと思われます。

また自動売買システムである「cBots」では、プログラムレベルで自動売買システムやテクニカルインディケーターの開発等が可能であることや、後述しますコミュニティサイトを通して他のトレーダーが自作したプログラムを利用することも可能です。

cTraderのメリット

操作が簡単

cTraderによるスキャルピングは非常に簡単で、国内口座にあるツールのようにとても感覚的に各種操作を行うことができます。

まあこれは実際に試してみないと分からないかもしれませんが、FX初心者でも比較的時間をかけずトレードの仕方をマスターすることができます。

MT4の場合、高性能で必須な機能を十分備えているのですが、「カスタマイズ性能」に重点を置いているため、操作性という面ではどうしてもとっつきにくく、初心者には苦労が付き物のツールです。

時間足が26種類もある

利用できるローソク足チャートの時間軸が26種類もあります(以下参照)。

  • 1分足、2分足、3分足、4分足、5分足  、6分足、7分足
  • 8分足、9分足、10分足、15分足、20分足、30分足、45分足
  • 1時間足  、2時間足、3時間足、4時間足、6時間足、8時間足、12時間足
  • 1日足、2日足、3日足、週足  、月足

相場傾向やトレード手法の新しい発見ができるかもしれません。

しかしマニアックな足ほどそれを見ているトレーダーの数が少なくなりますので、慎重な使い方が重要です。

約定力が高い

先ほども説明しましたがcTraderはそもそも約定力の強力さが売りのトレードツールです。

実際にcTraderが使える海外FX業者では不審な約定やリクオート(約定拒否)は皆無であり、安心してトレードが行えます。

またcTraderが利用できる取引口座はスプレッドが狭く「取引手数料」が発生するといった仕様になっている場合が多いです。

最終的にはこういった経費事情があるケースも考慮してcTraderを利用することが大切です。

「cTraderを導入している海外FX業者と口座例」

海外FX業者口座名スプレッド取引手数料
Axioryスタンダード口座広め無し
Axioryナノスプレッド口座狭め片道3ドル/10万通貨
FxProFxPro cTrader口座狭め片道4.5ドル/10万通貨
TradeviewILC口座狭め片道2.5ドル/10万通貨
出典:Tradeview

右クリックメニューが便利

チャート上で右クリックした際に利用できるメニューが豊富で、相場分析やスキャルピングであればこの右クリックメニューだけでほぼ全ての用を満たすことができるのです。


出典:Axiory

その中で大変便利なのが「指値注文」で、細かい数値設定をせずともチャートを見ながら視覚的に指値注文を実行することができます(詳細は後述)。

板情報を見ることができる

cTraderでは株取引にあるような「板情報」をチェックすることができます。

板情報は左側のウォッチリスト(通貨ペアリスト)にある各通貨ペア名をクリックしますと、次の画像のように表示が展開されます。


出典:FxPro


出典:FxPro


出典:FxPro

また板情報に表示されるレートをクリックすればそのまま注文まで行うことが可能となっています。

日本語が分かりやすく使いやすい

操作が簡単でスピーディーなトレードが行えるcTraderですが、日本語表示もほぼ不自然さがなくとても分かりやすいです。

MT4と比較しますとその差が大きいのがよく分かりますし、やはりcTraderは初心者向けの取引ツールといった性質が強いです。

cTraderのデメリット

導入している海外FX業者が少ない

現在のところAxiory、FxPro、TradeviewでしかcTraderを利用することができません。

海外FX口座の選択にcTraderの有無を優先させた場合、通貨ペアのスプレッドや取引業者の信頼性等他の多くの要素が自動的に決定されることとなってきます。

「海外FX業者を選ぶにあたって注意すべき項目」(例)

  • 通貨ペアのスプレッド
  • 取引手数料
  • 約定力
  • 取引業者の安全性
  • ボーナスの有無 など

テクニカルツールが国内FX環境と異なる部分がある

テクニカルツールは移動平均線やMACDなどといった国内FXツールと同じものを利用することができます。

しかし表示の仕方やパラメーターの種類などで国内ツールと同じようにはなっていない箇所があります。

詳細は後述しますが、国内FX取引に長い間慣れ切ってしまっているトレーダーにはちょっと不便と思われる所があるかもしれません。


出典:Axiory
(上からローソク足チャート、MACD2種類、異なる期間のRSI2種類)

自動売買プログラムが難しい

cTraderは「cBots」という自動売買プログラムを使ってMT4のEAのように自動売買を行うことができますが、プログラム言語が理解できないとその開発や修正といったことができません。


出典:Axiory

またcTraderにはコミュニティサイト「cTDN」が存在し、他のトレーダーが作ったプログラムを
利用することができるようにはなっています。

しかしこのウェブサイトは英語で表示されているので、語学力が堪能でないと気軽に利用することができないのです。

出典:Spotware Systems Ltd.

どんなトレーダーに向いてどんなことに注意したい?

cTraderはスキャルピングについては大変その操作が簡単なことから、海外FX初心者に向いた取引ツールとなっています。

しかし自動売買プログラムはかなりの上級者向きであることや、テクニカルツールに国内ツールとのちょっとした違いがあること、またcTraderを扱ってる海外FX業者が少ないことからツール以外の他の要素(スプレッドや約定力等)にも十分気を付けなければなりません。

cTraderのチャートや分析ツール


出典:Axiory

チャート画面の操作例

新規チャート画面の追加

チャート画面右上にある「+」アイコン(画像赤い丸囲み)をクリックします。


出典:Axiory

その後、出現した通貨ペアリストから表示させたい通貨ペア名をクリックします。

別のチャート画面の選択

チャート画面上部に既存の通貨ペアタグがありますので、任意のものをクリックします(上記画像四角い囲み)。

複数のチャート画面を表示

チャート画面右側の単一・複数のアイコンをクリックします。


出典:Axiory

通貨ペアの変更

チャート画面を右クリックし「通貨ペア」から通貨ペアリストを表示させ選択します。


出典:Axiory

時間足の変更

チャート画面を右クリックし「時間足」から選択します。


出典:Axiory

テクニカルツールの操作例

移動平均線(Simple Moving Average)

「表示方法」
チャート上で右クリック

インディケーター

Trend

Simple Moving Average

パラメーター調整

OKをクリック

Expert
「Simple Moving Average」はSMA(単純移動平均線)のことで、EMA(指数移動平均線)を利用したい場合は「Exponential Moving Average」を選びます。

「パラメーターの変更」
ライン上にポインターをあてて右クリック

編集画面にてパラメーターを調整

*主なパラメーター

  • Periods・・・期間
  • ライン・・・ラインの柄・太さ・色


出典:Axiory

「削除方法」
ライン上にポインターをあてて右クリック

編集画面にあるチェックボックスをクリックしてはずす

OKをクリック

MACD(MACD Crossover)

「表示方法」
チャート上で右クリック

インディケーター

Oscillators

MACD Crossover

パラメーター調整

OKをクリック

「パラメーターの変更」
MACDが表示されているエリアをダブルクリック

表示される編集画面にてパラメーターを調整

*主なパラメーター

  • Long Cycle・・・長期(国内FXでは期間2)
  • Short Cycle・・・短期(国内FXでは期間1)
  • Signal Periods・・・シグナル
  • 柄・色(ライン表示へ反映)

「削除方法」
表示エリアの右上にある「×」をクリックで削除されます。

cTraderのMACDにはMACD CrossoverとMACD Histogramの2種類があり、前者は国内FX口座と同じ構成で、後者はラインが1本しかないことやヒストグラムがやや強調されたものとなっています。


出典:Axiory

トレンドライン

「表示方法」
チャート画面右側の「/」にポインターをかざす

「トレンドライン」をクリック

チャート上でクリックしてからドラッグしてラインを作成


出典:Axiory

「パラメーターの変更やトレンドラインの削除」
ライン上で右クリック

パラメーター等を変更しOKをクリック/削除をクリック

オブジェクト系ツールは、上記画像のツールバーからトレンドライン、水平線、平行線(等距離プライスチャネル)、フィボナッチなどを選びます。

テクニカルツールの注意ポイント

cTraderではMACDが2種類存在していたり、移動平均線はライン1本1本追加しないといけない、RSIは複数のラインを同じエリアに表示させることができない等といった、国内FX口座と異なる点がいくつか存在しています。

国内ツールと全く同じではありませんので、それまでの相場分析やトレード方法が同じように流用できない可能性があることを注意する必要があります。

cTraderで注文する方法


出典:Spotware Systems Ltd.

クイック注文

cTraderで最も簡単・スピーディーに裁量注文を行えるのがクイック注文です。


出典:Axiory

上の画像にあるようにレートボタン(左側のレートが売り、右側が買い)をクリックするだけで新規エントリーが完了します。

エントリー前に注文数量を決めるには、レート中央付近にポインターを当てますと数量変更を行うエリアが現れます。


出典:Axiory

中央にある数値を変更して注文数量を決定します。

数値の右にある「K」は1,000を意味し、上記画像のように10Kなら1万通貨の注文、1Kであれば1,000通貨の注文となります。

通常の新規注文

成行注文

画面上部にある「新規注文」か、右クリックして「新規注文」をクリックします。


出典:Axiory

売り・買いの区分、取引数量、また必要に応じて損切り・利食い等を設定し「注文」をクリックします。

指値注文

「通常の方法」
新規注文画面の左側にある「指値注文」をクリックしてから、注文レート等を設定します。

「より簡単な方法」
チャート上を右クリックしますと次の画像のように指値注文メニューが出てきますので、ここをワンクリックで指値注文ができてしまいます。


出典:Axiory

その時のレートラインより上で右クリックすれば「指値売り」、下なら「指値買い」ができるようになっています。

決済注文

メイン画面下の方にあるターミナルウィンドウから決済を行います。

このウィンドウには口座残高、証拠金維持率、ポジション一覧、約定履歴などが表示されています。

「ターミナル」

出典:Axiory

ウィンドウ内にある「ポジション」タグをクリックしますと保有中のポジションがリスト表示されます。

「ポジション一覧」

出典:FxPro

決済したいポジションの一番右側にある「×」をクリックして決済します。

まとめ


出典:Spotware Systems Ltd.

cTraderは、先行ツールであるMT4にはない快適性や様々なアイディアが備わった海外FXツールです。

国内FXツールを扱うように感覚的に軽快にトレードを行うことができます。

cTraderを実際に利用するにはPCへプログラムをダウンロードしたり、ウェブ画面からの直接操作、Android/iPhone/iPadへアプリをインストールして行います。

以下にcTraderについての特徴を簡単に整理しておきます。

  • cTraderはスキャルピングに最適で操作が非常に快適
  • 約定力がとても高い
  • 右クリックメニューが大変便利
  • 板情報を見ることが可能
  • 日本語表示が分かりやすい
  • ごく一部の海外FX業者でしか利用することができない
  • テクニカルツールにおいて国内FXツールと異なる部分がある
  • 自動売買プログラムの操作が非常に難しい

cTraderの実際の操作方法についても簡単にまとめておきます。

「チャート画面の追加」
チャート画面右上の「+」アイコンをクリック

「通貨ペアの変更」
チャート画面を右クリックし「通貨ペア」から選択

「時間足の変更」
チャート画面を右クリックし「時間足」から選択

「テクニカルツールの表示」
チャート上を右クリックし「インディケーター」から選択

「オブジェクト系ツールの表示」
チャート画面右側のツールバーから任意のツールをクリック

「エントリー」
チャート上のレートボタンか右クリックメニューから新規エントリー

「決済」
メイン画面下方のターミナル画面にある「ポジション」タグからポジションを決済

*海外FX口座がよく分かる他の記事:

6弦
6弦
586 views

FX投資歴6年、仮想通貨や海外取引業者でのハイリスクな取引経験も豊富です。
その他ネットオークションやポイントサイトといったネット系のお金稼ぎ術に精通しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。