夫婦で持つと便利なクレジットカードとは?メリットとおすすめカードも一挙紹介

毎日の生活に必要な買い物の支払い、公共料金の引き落としにポイントへの還元、クレジットカードを持っていることで役に立つポイントは幅広くあります。

しかし、便利なのはわかっていたけれど持つタイミングをずっと逃してしまい、結婚を機にクレジットカードを作ろうとする方もいるかもしれません。

そうすることの理由として、結婚生活にクレジットカードがあることでさまざまなメリットを受けられるからです。

そこで今回は、夫婦でクレジットカードを持つことのメリットに具体的な利用方法、そのほかにも夫婦で使用するのにおすすめしたいクレジットカードをご紹介します。

夫婦でクレジットカードを持つこと

最初にもお伝えしたように、クレジットカードがあれば利用金額に対するポイントの獲得、そのほかにも支払いの効率化、カードの付帯サービスや特典を楽しめるなどお得です。

また、結婚をすると結婚式や新婚旅行、新生活の準備などと支払いの機会が多くなります。そうなると、クレジットカードの需要が大きくなるため、1枚は持っていたいところでしょう。

実際に結婚生活におけるクレジットカードの需要は高いものの、夫婦でクレジットカードを使う際にはあらかじめ知っておきたい注意点があります。

こちらでは、注意点に上手な使い方についてまとめてみました。

夫婦でクレジットカードを持つこと

クレジットカードはさまざまな会社から発行されていて、どの会社からも種類豊富にクレジットカードを発行するケースが多いです。

カードそれぞれに異なるメリットがあり、さまざまなカードを使いこなせば効率良くポイントが貯まるなどのメリットもあります。しかし、数が多ければ管理の手間もかかってしまうかもしれません。

また、クレジットカードには年会費がかかるものもあるので、保有枚数は3~4枚程度にしておき、それらを使い分けていくのが適しているでしょう。しかし、そうは言っても、これが夫婦になれば家族間で保有するカード枚数は倍の6~8枚になります。

結婚生活で出費も多くなって家計の管理が増えるのに、クレジットカードが7枚とか8枚もあったら大変なだけです。

そこで選択肢となるのが家族カードです。クレジットカードを家族間で共用したいときに活躍する1枚ですが、詳しいことは次で解説していきます。

家族カードとは?

家族カードとは、クレジットカードの契約者が家族にいる場合、そのクレジットカードと同等のスペック・サービスを安い年会費で受けられるカードのことです。

たとえば、夫が三井住友VISAゴールドカードを保有していれば、妻が新たに三井住友VISAゴールドカードに申し込まなくても
夫名義のカードで家族カードを発行すれば、夫のカードと同じサービスを受けられるということです。

夫婦や家族で同じクレジットカードが欲しいのであれば、該当のクレジットカードが家族カードの発行をしているかどうかをチェックしておいてください。

家族カードのメリット

家族カードには、以下のようなメリットがあります。

・本会員と同じ口座から引き落とされる
・利用明細書が本会員と家族カード会員でまとめて発行される
・年会費が本会員カードよりも安価もしくは無料
・本会員カードと同じサービスを受けられる
・貯まったポイントは本会員のポイントと共有可能

一番のメリットとなるのは、年会費にお金をかけずに本会員と同じサービスが受けられることです。

ショッピングの支払いをはじめ、空港ラウンジの利用やホテルなどの優待割引は一緒に生活をす夫婦にとってありがたいポイントになるでしょう。

また、本会員と家族カード会員のカード利用金額は同じ銀行口座から引き落としとなり、利用明細書もまとめられるので、家計をともにする夫婦には管理がしやすいです。

さらにポイントも本会員と家族カード会員で貯めれば効率も良くなりますし、貯める楽しさも増えるかと思います。

このように家族カードはさまざまなメリットがあるので、積極的に活用していきたいところでしょう。

クレジットカード選びのポイント

クレジットカードを選ぶ際の一般的なポイントが以下のとおりです。

・年会費
・ポイント還元率
・各種特典・サービス
・旅行傷害保険
・ステータス

夫婦でクレジットカードを持つ場合、上記に加えて家族カードの発行があるかどうかもチェックする必要があるでしょう。

また、そのほかにもさまざまなチェックポイントがあるので詳細を解説します。

夫婦でクレジットカードを選ぶときに注意したいポイント

夫婦でクレジットカードを選ぶときは、家族カードの取り扱い以外にもチェックしたいポイントがあります。

その一つが、結婚式、新婚旅行の費用をクレジットカード決済ができるかどうかです。

詳しくは後で記載しますが、結婚式や新婚旅行は高額の買い物なのでクレジットカード払いで獲得できるポイントは大きなものになります。クレジットカードで支払えば数万円分のポイントをもらえる場合もあるので、事前にしっかり確認するようにしてください。

また、ポイントやマイルのは効率良く貯められるかどうかもチェックする必要があるでしょう。家族カードを発行するクレジットカードはメインで使用するカードとなると思われるので、ポイント還元率の高いカードを選ぶことが大切です。

単独でクレジットカードを持つことと夫婦で持つことの違いとは?

独身の頃にクレジットカードを1人で持つことと夫婦で持つことには大きな違いがあります。

まず、年会費が大幅に節約できる、貯まったポイントや引き落とし口座を共有できるなど、一緒に生活をする家族だからこそ得られるメリットが数多くあります。

クレジットカードをまだ持っていないのであれば、結婚を機に家族カードから作成してみましょう。

夫婦でクレジットカードを効果的に使う方法

結婚して初めてクレジットカードを持つ方は、クレジットカードの効果的な使い方がわからないこともあるかと思います。

こちらでは、クレジットカードを効果的に使う方法を簡単に解説していきましょう。

生活の中で必要な支払いをクレジットカードでおこなう

クレジットカードの使用目的の代表的なものが、毎日の生活の中で必要な買い物の支払いかと思います。

多くが月末にまとめて清算する後払い制になっていますし、使用履歴も残るので、家計管理をするのに適したシステムです。また、クレジットカードの多くで買い物をするとポイント還元されることも有難い点ではないでしょうか。

ポイント還元率はカードごとに異なりますが、後でおすすめクレジットカード紹介の中で言及していきますから、ぜひ参考にしてみてください。

そのほかにも、空港ラウンジの利用やホテルの宿泊割引などのサービス付帯も活用できるポイントですし、国内外の旅行傷害保険が付帯するカードも多いです。

空港ラウンジのサービスも含め旅行に出かける機会が多い方であれば、まさにクレジットカードは必須アイテムであると言えるでしょう。

ワンランク上のクレジットカード活用術

すでに解説したように、クレジットカードは多くの活用方法があります。

そこに焦点を結婚生活に当てれば、さらなる活用機会の場が増えて、その代表的となるのが結婚式や新婚旅行です。

こちらでは、夫婦に役立つワンランク上のクレジットカード活用術を解説します。

結婚式や新婚旅行でもクレジットカードは活躍!

結婚式は一生に一度の嬉しくも思い出に残る一大イベントですが、平均で300万円程度、内容しだいではそれ以上の金額は軽くかかるとされています。

金銭的に見れば痛手に感じる方も多い中で注目したいのが、クレジットカードのポイント還元です。

高還元率のクレジットカードを使えば、支払った金額の1%前後がポイントとして付与されますから、300万円の結婚式費用をクレジットカードで支払うだけで3万円程度の節約になります。

そのほかにもマイルの貯まるクレジットカードで結婚式の費用を支払い、新婚旅行の飛行機代金を獲得したなどの話もあります。

しかし、全国すべての結婚式場がクレジットカード払いに対応しているわけでなく、クレジットカード払いができるかどうかは式場ごとに決まっているのです。そのため、事前によく確認する必要があるでしょう。

そのほかにもクレジットカードは新婚旅行代金の支払いにも役立ち、新婚旅行の平均となるのが2人で約60万円とされていされるので、1%の還元率で節約できるのは6,000円です。

クレジットカードを使うだけで結婚式と合わせて36,000円程の節約となりますから、利用しない手はありません。

結婚式に新婚旅行でクレジットカードを使う際の注意点

結婚式、新婚旅行の大きな出費にクレジットカードは活躍するでしょう。

ただし、利用の仕方によってはトラブルになるような注意点もあるので、事前に問題がないかどうかを確認することが求められるでしょう。

・クレジットカードの利用限度額を超えていないか
・旅行傷害保険は付帯しているか
・ポイント還元率は十分か
・海外旅行の場合、海外での加盟店数に不足はないか

クレジットカードの利用限度額を超えていないか

結婚式や新婚旅行では、普段はなかなか使わない高額のお金が動きます。

そのため、クレジットカードの利用限度額を普段から気にしないような方ですと、うっかりこえていて支払いができないというケースがあるのです。

それを避ける対策として、必要な費用の確認、利用限度額の増額、使用するクレジットカードを複数枚にするなどのことを取り入れる必要があるでしょう。

旅行傷害保険は付帯しているか

新婚旅行の支払いをクレジットカードでおこなう場合、旅行傷害保険の付帯するクレジットカードを選ぶと便利です。

ただし、クレジットカードによっては、そのカードで支払いをしないと補償対象にならない場合があるので、事前に確認してから予約するようにしてください。

ポイント還元率は十分か

ポイント還元率は、還元されるポイントに直結しますので、できるだけ還元率の高いクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

記事の後でおすすめクレジットカードを紹介していますが、そちらを参考に自身に適したクレジットカードを見つけるようにしてください。

海外旅行の場合、海外での加盟店数に不足はないか

新婚旅行で海外に行くときに、使用するクレジットカードがどこの国際ブランドなのかという点も重要です。

国際ブランドはVISA、JCB、MasterCard、アメックスにダイナースクラブなどのさまざまな種類があり、特徴も異なります。その中でも、日本発の国際ブランドのJCBは、日本では利用に困ることのないカードですが、海外の加盟店数は少なめです。

JCBをはじめ、どの国際ブランドのクレジットカードも主要都市であれば問題なく使えるでしょう。しかし、少し地方都市などに行ってしまうと使えないこともたびたびあります。

使えないことが不安な方は、世界シェア1位で加盟店数も多いVISAが国際ブランドのカードを選ぶのがおすすめでしょう。

クレジットカードで上手に家計管理

結婚には、結婚式や新婚旅行だけでなく、引越しに家電・家具の購入、場合によっては出産費用などで出費が多くなりがちです。

必然的に家計をしっかり管理することになりますが、そこでクレジットカードを使えば家計の管理がより簡単になります。

具体的な方法が以下の2つです。

・家計管理アプリと提携
・引き落とし口座をネットバンクにして夫婦で共有

スマートフォンでは、高性能な家計管理アプリも多数見られます。

それらのアプリとクレジットカードを提携すれば、使用用途や金額が自動記録されるので、家計の管理は効率的になるでしょう。また、夫婦で共通のネットバンクを引き落とし口座とすることも簡単にできます。

クレジットカードを上手に使った家計管理の方法はいくつかありますから、ぜひ取り入れてみてください。

夫婦におすすめのクレジットカード

これまでは、夫婦でクレジットカードを持つことのメリット、クレジットカードを上手に使う方法を解説しました。

特に結婚式や新婚旅行のクレジットカード払いなどは獲得できるものも多いので、ぜひ利用することをおすすめします。

こちらでは、具体的におすすめできるクレジットカードについて、理由や特徴と一緒に紹介していきましょう。

家族カードの魅力を最大限活かすために、年会費高めのクレジットカードもありますが、年会費に見合うだけのメリットもあるのでぜひ参考にしてください。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードはブランド力をはじめ、ゴールドカードの中で年会費が安いことが特徴です。

年会費をおさえるには条件がありますが、最大4,000円までおさえることが可能で、とてもリーズナブルなゴールドカードと言えるでしょう。

もちろん他社発行のゴールドカードと比べても申し分ない特典やステータスもあるので、ゴールドカードを入手したい方にはおすすめです。

・ポイント還元率0.5~1%
・空港ラウンジが使用できる
・ゴールドカードの中では年会費が安く、最大4,000円まで割引可能
・国内外の旅行傷害保険が最大5,000万円まで補償

ポイント還元率や空港ラウンジの利用、旅行傷害保険の内容などは平均的なものかもしれません。ただし、年会費の安さは大きな魅力です。

三井住友VISAゴールドカードの年会費は10,000円(税別)ですが、「WEB明細書サービス」と「マイ・ペイすリボ」のサービスを利用すれば4,000円まで割引されます。

そこに、家族会員は1人は無料なことを考えれば、さらにお得なカードであることがわかります。

JCB CARD W

JCB CARD Wは18~39歳の方向けのクレジットカードで年会費無料です。

・ポイント還元率が1%で、JCB一般カードの2倍
・年会費無料
・海外のショッピングガード保険が最大100万円

まず、ポイント還元率が高いこと、年会費無料なのにもかかわらず海外のショッピングガード保険が付帯することです。

ポイント還元率は、もともとも1%と高いですが、以下の提携店で使用すればさらにポイントを獲得できます。

・スターバックス:6%
・Amazon:2.5%
・セブンイレブン:2.5%
・イトーヨーカドー:2.5%

この他にもさまざまな店舗と提携しているので、該当店舗をよく使う方はぜひ作成してみると良いでしょう。

JCB CARD WはJCB発行のカードなので、海外の加盟店数はVISAなどと比較すると少なめです。ただし、ハワイや台湾、グアムなどの日本人が多く訪れる観光地ならば問題なく使えますし、現地のJCBプラザラウンジという旅行者向けの施設も使用できます。

JCBだから海外旅行に向かないことはないので、選択肢にしても十分でしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを発行するアメックスは、世界5大国際ブランドのひとつで、自社でもクレジットカードを発行します。

アメックスゴールドの特徴は、以下の点です。

・トラベル、エンターテイメント関連のサービスが充実
・付帯する旅行傷害保険の補償内容が手厚い
・年会費は29,000円(税別)

アメックスゴールドは、トラベル、エンターテイメント関連のサービス、旅行傷害保険の充実度が高いので旅行に行くことが多い方には活用機会の多いカードでしょう。

・空港ラウンジ
・プライオリティ・パス
・手荷物無料宅配サービス
・エアポート送迎サービス
・空港パーキング優待
・プリファード・ゴルフ
・アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン
・H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク

このほかにも数えきれないほどです。

付帯する海外旅行傷害保険は最高1億円、航空便が遅延した場合に必要となった費用を補償してくれるサービスもあります。

その一方、年会費はやや高めで、本会員は29,000円、1人目の家族カードが無料、以降の家族カード会員が12,000円です。しかし、ある程度旅行に行く方ならば十分にもとの取れる価格設定ですし、家族カードを利用すればさらにお得になるでしょう。

まとめ

夫婦でクレジットカードを活用する方法、夫婦におすすめのクレジットカードを紹介しました。

こちらで紹介したクレジットカードはいずれも家族カードの発行ができます。かつ、1枚目の家族カードが年会費無料で使用できますからお得です。

これらのクレジットカードを活用して、結婚生活の家計をり便利に管理できるようになるでしょう。

ぜひ、自身の生活スタイルやニーズに合うクレジットカードを選んだら家族カードを発行して、夫婦間で共有してください。

とさかおみ
とさかおみ
960 views

メガバンクに勤務経験あり。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。