古着転売の仕入れはここで行え!本当は教えたくない、プロも利用する仕入れ場所を公開する。

皆さんはどこで転売用の仕入れを行われていますか?転売ジャンルによって仕入れ先は様々だと思います。

カメラ転売や家電転売など、転売ジャンルは星の数ほどあるわけですが、その中でもとりわけ古着転売と言うジャンルは他と比べ仕入れが容易です。そんな理由から初心者にも大いにお勧めできます。

しかし、実際のところはどこで仕入れればよいのかわからないということで上手に利益を上げられていない初心者の方が多いように感じます。仕入れ場所というのは知っているか知らないかだけです。正しい仕入れ場所を知るだけでも簡単に利益を上げられるようになるのです!

そこで今回は元古着屋勤務の僕が、古着転売を行う上で外せない仕入れ場所について詳細にお話してきます。

古着転売の仕入れとは

そもそも古着転売をしたことが無い方向けに、古着転売の特徴を解説します。

古着転売はその名の通り中古品の服、あるいは服飾品を仕入れることです。具体的にはTシャツやアウター、パンツ、ベルト、靴等が挙げられ、古着と一言に行っても仕入れる商品数は多岐にわたります。

服は日常的に利用するものであるため、流通量が多く仕入れが行いやすい他、仕入れるアイテムさえ間違えなければ比較的スムーズに売りさばくことが可能です。一つ一つの単価は一部のハイブランド品を除けばそれほど高くなく、初心者でも手が出しやすい価格帯のものが多いです。

また、基本的に一般的に古着として販売されている商品の多くは(アメリカ輸入品、リサイクル品ともに)選択されていないため、シワ感や汚れなどがある場合でも洗濯を行えばすべてきれいに落ちることがほとんどです。そのためB品でもクリーニングを通して価値を上げることができるのが面白いところです。

転売は仕入れが大切

古着転売に関わらずですが、転売において大切なのは「仕入れ」です。転売が成功するか否かは90%以上が仕入れにかかっていると言っても過言ではないのです。

仕入れを行うためのポイントは次の通りです。

  • ブランド物を仕入れる
  • 回転率の高いものを仕入れる
  • おすすめアイテムは○○。

ブランド物を仕入れる

古着転売においては、ノーブランドだけどかっこいい、趣のある服を仕入れて販売する方法と、ブランド物の中古品を販売する方法の大きく2つにわけることができます。

ノーブランド古着転売の利点としてはノーブランドの為仕入れ値が圧倒的に安く利益を上げやすいという特徴があり、それに対してブランド物の古着転売は利益が薄いものの比較的素早く売れてくれる特徴があります。

店舗を構える場合はノーブランドの物であっても店内の雰囲気などで良い演出をすれば比較的売れてくれるのですが、ネット上(メルカリ、ヤフオク等)の場合はすでに求めている商品が決まっていることが多いためノーブランド品はあまり売れてくれません。

それに対してブランド品であればそれを求めて検索してくる顧客が一定数存在するため、初心者でも販売が容易です。古着転売で仕入れを行う場合は必ずブランド物を仕入れるようにしましょう。

回転率の高いものを仕入れる

転売全般に言えることですが、仕入れの際には回転率を確認してから仕入れる必要があります。もし3か月で1万円で売れるものと1か月で2000円の利益を得られるものが並んでいたとすればあなたはどちらを選びますか?

選ぶべきは後者です。

基本的に転売はクレジットカードで仕入れを行うことが多いため、支払い期日までに売り切った状態にしておくことが理想的です。そのため遅くとも1か月以内に売り切れる商品を仕入れる必要があります。

購入前にはその商品が一か月にどの程度出品されていて、そのうちどの程度売り切れたのかを理解しなければならないのです。

また、同じブランドであっても若干型が違うだけでも売れ行きが異なる場合もありますし、1か月前は半袖が大量に売れていたとしても季節の変わり目に差し掛かり全く売れなくなるなんて現象も起こりえます。

仕入れの際には季節や流行、デザイン等を総合的に吟味したうえで回転率は高いか低いかを判断するようにしましょう。

おすすめのアイテムは○○

古着転売と一口に言っても、Tシャツからシャツ、パンツ、アウター、ベルト、靴など様々な種類を取り扱わなければならないという話を冒頭にしました。アイテムが多くあるわけですが、とりわけ仕入れるべきおすすめなアイテムは次の3点です。

  • Tシャツ、シャツ、ポロシャツ類
  • ハーフパンツ

Tシャツ、シャツ、ポロシャツ類

まず最もお勧めなのはTシャツやシャツ、ポロシャツ類になります。理由としてはこれらはサイズが小さいため送料がかかりにくいことが挙げられます。大抵はA4サイズに収まる為、クリックポストや定形外郵便などを利用すれば164円から発送することが可能です。

また、サイズ感もブランドによって多少は差があるものの大体は同じです。そのためS、M、Lさえわかれば大体のサイズ感がつかめるため、購入までの意思決定が迅速であり売れやすい傾向にあります。これがパンツなどになるとウエストの問題や、足の太さの問題などがいろいろあるほか、入ってもデザイン的にどうなるか想像しにくいため売れにくい傾向にあります。

ハーフパンツ

次にお勧めなのがハーフパンツ系です。先ほど、パンツ系はウエストや足の幅の問題などサイズ感の理由から売れにくいとご紹介しましたが、その中でもハーフパンツは比較的販売しやすい傾向にあります。

基本的にハーフパンツは名前の通り半ズボンであるため、丈が長すぎたり短すぎたりという心配をする必要がありません。長いズボンの場合、丈が長すぎたら裾上げをしなければならず、二度手間になってしまいますからね…。ウエストは多少大きくてもベルトで絞めてしまえば何とでもなる為、比較的購入しやすいようです。

また、ハーフパンツの場合はTシャツの時と同様にサイズが小さいためA4サイズで発送できるため送料を抑えることができます。何より(クリックポストや定形外郵便を利用する場合は)ポストに投函するだけで発送完了なので、時間もかからず便利です。

靴はそれなりに大きなサイズになる為、送料が他二つに比べてかかってしまう傾向にあります。最安値で発送した場合でも、600円はかかりますのでA4サイズで発送する場合に比べて3.66倍の送料がかかることになります。

それでも靴の転売がおすすめな理由は仕入れの容易さにあります。

セカンドストリートを始めとしたリサイクル系の古着屋では、買取査定は基本的にアルバイトなどが行います。Tシャツなどの服系の買取査定が多いため、どうしても靴を始めとした服飾品の買取査定は甘いことが多いのです。

また、ニューバランスなどは近年人気の下落によって店舗での回転率が下がっている為、早く売り切りたいという理由から値段が大きく下がっていることなどもあります。

とにかく、靴は送料が高いというデメリットこそあるものの、仕入れができる商品が多くおすすめできる商品です。もちろん、仕入れる私たちも見極めが難しいですが、慣れれば安定して収益を上げてくれる商品です。

仕入れには実店舗仕入れと、WEB仕入れがある

皆さんご存知だと思いますが、仕入れには実店舗での仕入れとWEBでの仕入れの2種類が存在します。それぞれにメリットとデメリットが存在します。

実店舗仕入れ

【メリット】

  • 仕入れる商品を目で見て確認できる
  • セール時等お買い得に購入できる可能性
  • 返品できる

実店舗で仕入れるメリットとしては次の3点が挙げられます。まず一つ目は、仕入れる商品を目で見て確認できること。販売する商品に穴が空いていたり変なシミが入っていたりすると高く売れてくれない他、返品案件になったり、悪評価が付くことにつながります。店舗であれば自分で触って確認できるほか、デザインに関しても見ることができるのでおすすめできます。

また、店舗であればセールが存在します。月に数回セールが行われる店舗が多く、セカンドストリートなどでは1~2か月に1度必ずセールが開催されます。店内の衣料品が20%、服飾品は10%オフになります。このセールはかなりおいしいので必ず行きたいところです。

また、返品可能な点です。基本的に古着というのは返品不可というのが基本ですが、販売タグに状態情報が記載されていない限りは返品対応してくれる場合がほとんどです。何度もやると嫌がられるので問題ですが、万が一とんでもない不良品を仕入れた場合でもWEB仕入れとは違って対応してもらえる点は評価できます。

【デメリット】

  • 行くのが面倒
  • 交通費がかかる
  • 仕入れ品を持ち帰るのが大変

デメリットとしては総じて面倒であることが挙げられます。WEB仕入れであれば一歩も外に出る必要が無いのに対して店舗仕入れの場合はわざわざ出なければなりません。また、一店舗ではまとまった数を仕入れることが困難なので複数店舗回るのが一般的。仕入れだけで一日が終わってしまうことも珍しくありません。

また、交通費がかかるほか、仕入れ品を持ち帰ることが大変なのもデメリットです。車があれば便利ですが、都心では車だと行動しにくいなんていうデメリットもあります。とにかく面倒なのが店舗仕入れの特徴です。

WEB仕入れ

【メリット】

  • 自宅で簡単にできる
  • 時間がかからない

【デメリット】

  • 粗悪品が届く可能性
  • 返品できないことが多い
  • 競合が多い

WEB仕入れのメリットとしては、何より楽なことが挙げられます。WEB環境さえあれば簡単に注文できるためわざわざ外に出る必要がありませんし、検索すれば商品が一発で出るほか、安い順に並びかえることができるので安い商品を探す時間が店舗仕入れに比べるとすごく短くて済みます。短時間で成果を上げたいならWEB仕入れをマスターする必要があるでしょう。

しかし、顔が見えない取引になるのでどうしても粗悪品が届く可能性が高いです。よく見ると見えにくい場所に穴が空いていたり、写真では確認できなかったシミがあったり、デザインがどうも違ったり、メンズと書いてあったのにレディースが届いたりします。

また、往々にして返品できないことが大半です。中には返品に応じてくれるやさしい出品者も一部存在しますが、それでも返品のために送料が必要になりますし、何よりこのようなやり取りは精神的に疲れてしまいます。

さらに言えばWEB仕入れは気軽にできて時間もかからないため競合が多いです。すごく安い商品が販売された際には数秒で売り切れてしまうこともよく見られます。転売のプロから初心者まで目を光らせているので、人気の商品の仕入れはなかなか難しいと言えるでしょう。

実店舗仕入れでおすすめな場所

実店舗仕入れでおすすめなのは次の2か所になります。

セカンドストリート

最もお勧めなのがセカンドストリートです。セカンドストリートはお客から不要になった洋服を買い取り、販売するリサイクルショップ色の強い古着屋さんになります。なんでも買い取るので全体的に安く買取を行っており、結果的に他の店舗よりも価格帯が安いことが多いです。

都心に行くほど値段設定が厳しく、地方に行くほど緩い価格設定なので、地方で買い付けるのが仕入れを行う上でのポイントになります。

また、少し前でお話ししましたが、他の古着屋に比べてセールを行う頻度が高くなっています。地区によって開催時期は異なりますが、1~2か月に一度はセールが行われます。店舗に連絡すればセールの期間を教えてくれるので必ず足を運ぶようにしましょう。

カインド

カインドもセカンドストリートと同じような感じの古着屋になりますが、セカンドストリートとの違いは買取を行うブランド品目を絞り込んでおり、より高級感を持って販売が行われています。全体的に価格帯は高めですが、きれいな状態の商品が多い傾向にあります。

若干価格帯の高いブランドを仕入れる場合や、たまに存在するすごく安い商品を仕入れる場合にお勧めです。セカンドストリート同様、都会のカインドはすごく値段が高いので、地方で仕入れを行うのがお勧めです。

WEB仕入れでおすすめなサービス

次に、WEB仕入れで使うべきサービスは次の3つです。本来はもっと多いのですが、今回はその中でも使い勝手が良い3つをご紹介します。

メルカリ

WEB仕入れをするうえで外せないのはメルカリです。メルカリで仕入れてメルカリで売るの?とよく聞かれるのですが、メルカリにはいらないものを処分する目的で利用されることが多く仕入れにぴったりなのです。

要らないものを処分する人は基本的に相場をあまり知らずに出品するため、かなりお買い得に購入できることが多いです。メルカリで仕入れてメルカリで販売するだけで1商品当たり少なくとも1000円は簡単に利益を上げることができます。

また、フリマ形式なのでオークションなどと異なり終了日時を気にする必要がありません。即購入できるので非常に楽です。

値切り交渉が一般的なので相手次第では相場よりかなり安く購入できるほか、基本的には送料込み商品が多いのでおすすめです。

一方でメルカリでは構造上4枚までしか写真を上げることができないため情報量がどうしても不足してしまいがちです。思っていた以上に状態が悪かったなんてことも日常茶飯事ですので、その辺は割り切らなければなりません。

ヤフオク

ヤフオクもWEB仕入れで外すことができない仕入れ先です。個人での出品者も多いですが、卸業者などもヤフオクに出品しています。そのためアメリカ仕入れの卸品をまとめ売りで安く購入することが可能です。

オークション形式なので場合によっては購入できないこともありますが、かなり安く仕入れることができる点で優れています。

またメルカリに比べ利用者層の年齢やリテラシーが高く、比較的状態が良好な商品が多い他、トラブルなども少ない傾向にあるのが良い点です。

送料は基本的に購入者持ちとなっています。かなり安い商品の中には送料がすごく高値で設定されていることがあります。購入前に送料を確認し、利益が出せるか確認する必要があります。

ゾゾユーズド

ゾゾユーズドはゾゾタウンが運営する中古品のアパレル品を販売するサービスです。値付けはおそらく内部の人が行っているようなのですが、値付けが甘い商品がぽろぽろ見受けられます。

個人的にはそれほど利用頻度は高くないのですが、メルカリやヤフオクでめぼしい商品がなくなった際に除くとよい商品が転がっていたりするのでおすすめです。

定期的に更新されているので、定期的に確認するようにしてあげましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は古着転売の仕入れを行う上でのポイントと、おすすめの仕入れ場所についてご紹介しました。まとめると、

  • 仕入れる商品は送料がかかりにくいTシャツやハーフパンツ類がおすすめ
  • 靴は案外、穴場な仕入れアイテム
  • 実店舗仕入れ、WEB仕入れにはそれぞれのメリットがある
  • 実店舗はセカストやカインドがおすすめ
  • WEBはメルカリ、ヤフオク、ゾゾユーズドを使い倒す

となります。皆さんも参考にして仕入れてみてくださいね!

村上友哉
村上友哉
100 views

投資業界と物販事業、メディア事業すべてに2年間の経験を持つ資産運用のスペシャリスト。主に仮想通貨投資と洋服、服飾品を取り扱う。「誰でも簡単にできる資産運用を伝える」ことがモットー。

現在は既存事業に加え、「靴磨き」を使った新規事業を立ち上げ中。靴磨きや事業に関わる情報を、自身のサイト「靴磨き製作所(http://www.murakamiyuya.com/)」にて発信中。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。