預金の金利がわりにTポイントがどんどん貯まる!新生銀行のTポイントプログラムをご紹介

普通預金では金利はほとんどつかないことは常識になっており、どこの銀行に預け入れていも同じだと思いがちです。しかし、普段のお金の出し入れに使う普通預金こそ、少しでもメリットのある銀行に預金しておくことが大切です。そこでおすすめなのが新生銀行のTポイントプログラムです。

新生銀行の普通預金なら、日常的な利用にてTポイントがどんどん貯まる仕組みになっています。金利がわりにTポイントをお得に貯めていくことができるのです。

さらに新生銀行では、その他にもお得に使えるサービスがいくつかあります。今回は、預金の金利がわりにTポイントがついてくる新生銀行について解説していきます。どうぞ、この機会にご検討下さい。

普通預金はどこも同じではない!

毎月の給料を受け取ったり、毎日何気なく利用する普通預金は、どこの銀行でも大差はないと思っていませんか?確かに、普通預金はほとんど金利がつかないのが常識で一般的には0.001%と微々たるものです。

ネット銀行など1部の銀行にて、普通預金の金利が高くついたとして0.10%~0.15%ぐらいが限界です。わずかな差であれば、どこに預け入れていても同じだと思ってしまいます。

しかし、長い目で見ていけば、わずかな金利差でも多少の違いが出てきます。さらにその他の利便性を考慮することで、同じような普通預金でも積み重なるメリットは大きく異なってくるのです。

普通預金を選ぼう

そこで、改めて日常的に利用する普通預金をどこにするか考えてみることが大切です。では、普通預金を選ぶ際にはどのような点に注意すべきでしょうか。

  • 金利
  • ATMの手数料
  • 他行への振り込み手数料
  • その他ポイントなどの特典

日常的に利用する口座だからこそ、まずは以上の4点を比較検討してお得な普通預金を選ぶようにしましょう。

以上の4点を考慮した際に、お得に利用できるのが新生銀行です。ではどのような点がお得なのかを具体的に解説していきましょう。

Tポイントがどんどん貯まる新生銀行

新生銀行の最大の魅力は、Tポイントが利用するたびに貯まる点にあります。その他にも、金利などが優遇されるメリットがありますので詳しい内容を見ていきましょう。

ステップアッププログラム

まず、新生銀行では預金残高や利用状況によってサービスが優遇されるステップアッププログラムが途用されています。

新生スタンダード→新生ゴールド→新生プラチナ

といった順番でステージが上がっていき、適用される金利や無料で利用できるサービスなどが増えていきます。過去3カ月間の結果によって翌々月のが上がるようになっています。

新生ゴールドになるのは簡単!?

新生スタンダードから新生ゴールドにレベルアップすれば、様々なサービスが優遇されます。新生ゴールドになる方法をご紹介しましょう。

下記のいずれか1つに該当することが条件になっています。

  • 円預金100万円以上(普通・定期)
  • 投資信託・THEOに月1万円以上の積み立て
  • 新生銀行への金銭信託残高が100万円以上
  • 外貨預金が30万円以上(普通・定期)
  • 新生アプラスゴールドカードの申し込み&月1円以上の利用
  • 新生銀行を介した新生証券・楽天証券の残高が30万円以上
  • プリペイド外貨カードに1万円以上の入金
  • 新生銀行のFXの約定が10万円以上

これらの項目のうち、それぞれの状況に合わせて容易にできる方法を選ぶことが可能です。

新生銀行の金利

普通預金

新生銀行の普通預金の金利は0.001%ですが、預金残高や利用状況によっては最大で0.003%まで金利が高くなる仕組みになっています。

定期預金

定期預金の金利は0.010~0.020%、パワーダイレクト定期預金3年もの(30万円以上)にて0.20%が適用されます。また、新生銀行では2週間満期の定期預金(50万円以上)にて年率0.030%と小銭をちょっと稼げる点もメリットです。

外貨預金

また、外貨預金でも金利は他行よりも高めで、高金利キャンペーンが定期的に実施されているのが特徴です。新生ゴールドになれば預け入れ時の為替手数料が無料です。

外貨定期預金は、2週間単位から可能ですから、ほんの短期で使わないお金を預け入れておけるのが便利です。

ATM手数料

セブンイレブンコンビニ手数料は新生スタンダードのランクにて108円、新生ゴールドにレベルアップすればいつでも何回でも無料になります。

※預入、残高照会はどのステージでも無料です。

他行振込手数料

他行への振り込み手数料は新生スタンダートの場合1回308円、新生ゴールドにて月5回まで無料、新生プラチナになると月10回まで無料です。

ポイントなどの特典

新生銀行では口座を利用するごとに、Tポイントが付与される仕組みになっています。

※ただし毎月エントリーしなければ対象ポイントはつきません。

新規口座開設や所定の取引にて、ポイントがどんどん付与されますから、高金利の普通預金を利用しているようなものです。
金利がわりにTポイントにて利息をコツコツと貯めていけるのです。

その他のメリットとして、

  • 預金した外貨がそのまま外貨で使える「プリペイド外貨カード」が発行できる
  • 外貨の取り扱いが13種類と充実している
  • 金利上乗せ、ポイントプレゼントなどお得なキャンペーンが多い
  • 信託商品や債券、新生証券の商品など投資商品も多彩

これらのお得なサービスが利用できます。

では、新生銀行の最大のメリットとなるTポイントが貯まるシステム、Tポイントプログラムについてさらに詳しく解説していきましょう。

新生銀行のTポイントプログラム

出典:新生銀行

新生銀行では、新規口座開設時とその後の口座の利用によって、最大でTポイント5,000ポイントが付与されるポイントプログラムが利用していただけます。

口座開設後のポイントプログラムとして、nanacoやd-ポイントも適用できますが、新規口座開設にあたっては今のところTポイントが対象となりますので、ここではTポイントプログラムとして解説していきます。

どのような場合に、どれくらいのポイントが付与されるのか確認していきましょう。

※新規口座開設の方は、必ずTポイントキャンペーンからエントリーするように注意して下さい。

新規口座開設100ポイント!

まず新生銀行で口座を開設しただけで100ポイントがプレゼントされます。口座開設後3カ月以内にポイントプログラムにエントリーすることが条件になっています。

さらに口座開設後3カ月以内であれば以下のポイントプレゼントが適用となります。

初めてのログインで200ポイント!

ポイントプログラムにエントリーした後、新生銀行のインターネットバンキングに始めてログインした時に、200ポイントのプレゼントがあります。初回ログインのみが対象ですので注意しましょう。

初めての振込入金で300ポイント!

さらに、他行から初回の振込入金にて300ポイントのプレゼントです。金融機関からの振込が対象ですので、ATMで現金を入金してもポイントはつきません。

30万円以上の円定期預金で400ポイント!

3カ月もの定期預金への預け入れが30万円以上で400ポイント、100万円以上で1,400ポイント、300万円以上で2,400ポイントが付与されます。

金利に加えて、ポイントプレゼントがあるのでお得なのです。

ステージ条件の達成にて2,000ポイント!

そして、新生銀行のステップアッププログラム(ステージ)が新生ゴールドに達成すると2,000ポイントのプレゼントがあります。

これらすべてをクリアすると、定期預金の預金額によってトータルで3,000ポイント~5,000ポイントがゲットできるわけです。

※新規口座開設のTポイントプログラムの詳細・申し込みはこちら

ポイントが貯まる仕組み

口座開設後も普段の利用にてTポイントを貯めることができます。ポイントを受け取るためには、毎月ポイントプログラムにエントリーしておくことが必要ですので注意して下さい。

普段の利用でポイントが毎月貯まる!

  • ポイントプログラムにエントリーで1ポイント
  • ログインで3ポイント(月に1回)
  • 新生銀行から月始めのメール受信で3ポイント(月に1回)
  • 他行からの振込入金、1回1万円以上にて25ポイント~100ポイント(月4回まで)
  • クレジットカード、公共料金の口座振替にて50~100ポイント

以上のように、インターネットバンキングを普通に利用するだけでも毎月どんどんポイントが貯まる仕組みになっているのです。

各種口座の利用でポイントが貯まる!

さらに、普通預金口座以外の口座を利用することでポイントが付与されます。

  • 外貨預金への預け入れ10万円以上で20ポイント~200ポイント
  • WEB来店予約で50ポイント
  • 新生銀行の金銭信託の購入50万円以上で200ポイント
  • 投資信託などの資産運用商品30万円以上で200ポイント
  • THEO、10万円以上の購入で20ポイント~200ポイント
  • 積み立て商品の購入にて10ポイント~20ポイント
  • プリペイド外貨カードの利用200円で1ポイント
  • プリペイド外貨カードにて海外ATMで出金、1回50ポイント

※新生銀行のポイントプログラムについてはこちら

ポイントプログラムの活用方法

金利は無きに等しい国内の普通預金ですが、新生銀行のポイントプログラムを活用すれば、通常の金利以上の利息を貯めることが可能です。貯まったTポイントは1ポイント1円として様々な場面で活用することが可能です。

では、新生銀行で効率よくポイントを貯める方法をご紹介しておきましょう。

給料の振込先に指定する

お給料の振込先を新生銀行に替えるだけでも、毎月何もしなくとも振込入金が行われ25ポイントがゲットできることになります。また、家族や友人間での送金(1万円以上)を受け取る際にも25ポイントが受け取れます。

数回に分けて振込入金する

例えば他行から3万円を新生銀行に入金するとします。振込入金は1回1万円につき25ポイントですから、3回に分けて入金すれば3万円のお金の移動だけで75ポイントがゲットできます。

ただし、他行への振込が数回無料でできる銀行を活用する必要があります。

エントリーとログインだけでもOK

仮に、全くの振込入金がなかったとしても、ポイントプログラムにエントリーして、ネットバンキングにログインして、新生銀行からメールを受け取るだけでも毎月7ポイントを貯めることができます。

7ポイント×12カ月=84ポイント

→84万円を金利0.001%にて1年間普通預金に預け入れた場合の利息と同じ金額です。

nanacoやd-ポイントも選べる

新生銀行のポイントプログラムはTポイントだけではありません。

Tポイント以外でも、nanacoやd-ポイントのどちらかを選ぶことが可能です。それぞれのポイントの利用状況に合わせたポイントが選べるので便利です。

カードとセットで使う

ポイントプログラムで貯めれるポイントのクレジットカードを同時に使えば、効率よくポイントが貯まります。

TポイントならTカード、nanacoならセブンカードプラス、d-ポイントならdカードの引き落とし先を新生銀行の口座にしておけば、毎月プラスアルファで50ポイントが付きますので、ポイントがザクザク貯まりますよね。

新生ゴールドになる一番簡単な方法

新規口座開設の方は、3カ月以内にステップアッププラグラムのステージで新生ゴールドの条件達成できれば2000ポイントがゲットできます。

新生ゴールドの条件を達成する方法は、先述したように円預金や投資商品の購入などいくつかあります。中でも、条件をクリアするのに、一番簡単でお得な方法をご紹介しましょう。

プリペイドカード「GAICA」

新生ゴールドになれる一番簡単な方法は、新生銀行のプリペイドカード「GAICA」を発行して1万円以上のチャージをする方法です。

プリペイドカード「GAICA」は、審査不要・申し込み手数料無料・年会費無料のプリペイドカードです。外貨カード、VISAカードとして海外でも国内でもショッピングや出金に利用することが可能です。

GAICAへのチャージは、円、米ドル、豪ドル、英ポンド、ユーロの5通貨から選ぶことができます。まずは、円で1万円以上チャージしておくだけで翌々月には新生ゴールドです。

※新生銀行の普通預金口座(新生総合口座パワーフレックス)または、外貨預金口座からの入金が対象となります。

払い戻しは手数料無料!

しかもGAICAから普通預金口座への払い戻しは手数料無料です。

新生ゴールドの条件をクリアしたら、また円預金(外貨預金)に戻して次のステージ認定のために再活用することができます。

新生ゴールドで新生銀行のメリットを満喫!

新規で口座開設する方も、すでに新生銀行の口座をお持ちの方も、プリペイド外貨カード「GAICA」に1万円以上のチャージさえしておけば、ポイントプログラムとATM・他行振込手数料無料のメリットを最大限に生かすことが可能です。

さらにGAICA(VISA加盟店)で買い物をすれば200円で2ポイントが貯まります!

新生銀行をお得に使う注意点

新生銀行をお得に便利に使っていけるよう、最後に注意点を解説いたします。

ステップアッププログラムの期間

新生スタンダード、新生ゴールド、新生プラチナ、の3つのステージは毎月見直しされています。

翌々月のステージが何なるのかは、過去3カ月間の利用状況によって判断されます。ですから、新生ゴールドの条件がクリアできる項目が3カ月間に最低でも1つはあるようにチェックしておきましょう。

ポイントプログラムは毎月エントリー

ポイントプログラムにてTポイント(nanaco、d-ポイント)を貯めるためには、毎月必ずエントリーしておく必要があります。うっかり忘れることがないように注意して下さい。

エントリーが完了している場合は、エントリー受付完了メールがTポイントから届きます。

ポイント付与には時間がかかる

新規キャンペーンのポイントプレゼントは、口座開設月から約5カ月くらいかかります。通常の場合でも、約2カ月程度はポイント付与までに時間がかかるので、定期的にTポイントのサイトから確認するようにしましょう。

Tポイントのチェック

新生銀行にてTポイントの付与状況を確認することはできません。

Tポイントと新生銀行のサービスは完全に分離しているため、Tポイント公式サイト→履歴から確認する必要があります。

ポイントプログラムの期間

ポイントプログラムの期間は、基本的に毎月1日~末日までです。

金融商品の約定日が末日以降になる場合や、取引が末日20時以降であった場合などは、対象とならない場合がありますので、毎月末日の取引きには注意する必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

メガバンク、地方銀行、ネット銀行、信用金庫など様々な銀行が周囲にあふれている中、新生銀行は今回ご紹介したような独自のお得なサービスを展開している魅力ある銀行の1つです。

新生銀行はメガバンクでもない、地方銀行でもない、ネット銀行でもないことから、名前は知っていても実際に利用する機会がなかった方も意外と多いかもしれません。しかし、以前から金利の高さやキャンペーンの充実度から根強い人気を持つ銀行の1つでもあるのです。

新生銀行は、日本で初めて口座利用にポイントプログラムを適用した先駆的な存在でもあり、今後も独特のお得なサービスを期待することができるしょう。

ぜひ皆さんも、新生銀行のポイントプログラムと新生ゴールドのメリットを、お得で経済的な毎日にお役立て頂ければと思います。

mi001you
mi001you
7,399 views

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します!

これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。

職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。