電話による在籍確認が不要なカードローンは存在する?カードローンの在籍確認なついて徹底解説!

カードローンの申し込みをすると、必ず審査があります。その審査の中に、電話による在籍確認というものがあります。

今回はこの電話による在籍確認に焦点をあてて、在籍確認とは何かについて徹底解説します。また、電話による在籍確認が不要なカードローンや、場合によっては電話による在籍確認が不要なカードローンについても解説していきます。

カードローンの審査とは?

Man
カードローンの審査はどのような項目が審査されるのでしょうか?
Expert
金融機関はカードローンの申し込みがあった場合、必ず審査を行います。審査の内容は金融機関により異なりますが、大きな枠ではだいたい同じ項目を審査します。以下では、どのような項目が審査対象かについて解説していきます。

属性情報

カードローンの審査は、住所や氏名や年齢などの個人の基本的な属性情報や、勤務先や勤務形態や勤務年数などの職業情報を審査します。他にも、年収や収入形態などの収入についてや、居住年数や居住形態や住宅ローンや家賃の負担額などの住宅の情報も審査します。

これらの属性情報は、すべてカードローンの申込書に記載する項目です。審査では記入されたことが嘘偽りがないかも調べますので、絶対に虚偽の記載はしないようにしましょう。

金融機関は属性情報を審査することにより、主に申込者の返済能力の有無を調べています。

属性情報以外の情報

カードローンの審査は、属性情報だけ審査すれば良いのではありません。他にもいろいろと審査をして、申込者に貸しても大丈夫かを判断しています。

信用情報

カードローンの審査に一番影響を与えるのは、信用情報といわれています。信用情報は、個人信用情報機関の信用照会により調べることができます。

信用照会を行うことにより、申込者の他の金融機関での借り入れ額などの借り入れ状況やきちんと返済をしているかどうかなどの返済状況を確認することができます。さらに、過去や現在に金融事故を起こしていないかを確認することができます。

信用照会の結果、他の金融機関の借り入れ件数や借入額が多かったり、返済遅延をしていたり、過去に金融事故を起こしていた場合は審査を通過することができません。

在籍確認

カードローンの審査では、ほとんどの金融機関で電話による在籍確認が行われます。在籍確認については、次項で詳しく解説していきます。

カードローンの在籍確認とは?

電話による在籍確認が行われる時期

カードローンの電話による在籍確認は、一般的には審査が問題なかった場合の仮審査後に行なわれます。仮審査の段階ですでに審査落ちが決定した場合は、電話による在籍確認は行われません。

仮審査が問題なかった場合、勤務先に電話をかけて問題なく在籍確認できれば審査には通過できるのが一般的です。

電話による在籍確認の目的

電話による在籍確認の目的は、申込者がカードローンの申込書に書いた勤務先にきちんと勤めているかを確認するためです。

例えば、無職だと審査に通らないため実際には勤務してない会社を記載したり、聞こえを良くするために有名な会社を記載する人がいたとします。もちろんこの場合は、電話による在籍確認で嘘の記載がわかるため、審査に通過することはありません。

また、電話による在籍確認は、申込者が申込書に記載された会社に在籍していることがわかればそれで良いのです。そのため、実際に金融機関から電話がかかってきた時には、勤務先に居ても居なくてもどちらでもかまいません。

金融機関からの電話だとわからない工夫

カードローンの在籍確認は、申込者の勤務先に電話をしますので、金融機関名を名のるとカードローンの申し込みとバレてしまう可能性があります。そのため、カードローン会社や保証会社の担当者は、カードローンの在籍確認とバレてしまわないように基本的には個人名で電話をかけてきます。

金融機関名を出さなければ何の電話なのかはわかりませんので、利用者にとっては安心です。

電話による在籍確認が不要なカードローン

Woman
カードローン会社から勤務先へ電話をかけて欲しくないのですが、電話による在籍確認がないところはありますか?
Expert
SMBCモビットのWEB完結申し込みであれば、電話による在籍確認は不要です。以下でSMBCモビットについて詳しく解説していきます。

SMBCモビットとは?

SMBCモビットとは、SMBCグループの株式会社SMBCモビットが提供するカードローンです。SMBCモビットは大手の消費者金融会社のうちの一社のため、消費者金融系カードローンに含まれます。

SMBCモビットの最大の特徴は、WEB完結申込をすれば電話による在籍確認が行われないことです。電話による在籍確認が不要であるということは、勤務先に電話をかけてもらいたくない人にとってたいへん大きなメリットがあります。

SMBCモビットの申し込み方法

SMBCモビットの申し込み方法は以下の4種類あります。

  • WEB申し込み
  • 電話申し込み
  • ローン契約機からの申し込み
  • 郵送申し込み

この内WEB申し込みは、24時間365日受付可能で来店不要で申し込むことができますのでおすすめな申し込み方法です。

また、WEB申し込みには、以下の2種類の申し込み方法があります。

  • カード申込
  • WEB完結申込

この中で電話による在籍確認が不要になるのがWEB完結申込です。

WEB完結申込とは?

WEB完結申込とは、電話連絡なし郵送物なしでインターネットとメールだけを利用して申し込みから借り入れまですべて完結する方法です。

WEB完結申込の特徴

郵送物なし

同じWEB申し込みでも、カード申込は、ローンカードが発行される方法です。WEB完結申込は郵送物がなしのため、ローンカードは発行されません。

電話による連絡がなし

WEB完結申込は、申し込み、審査、書類提出、契約手続き、借り入れまですべてインターネットで完結します。そのため、審査時の在籍確認も電話でなく書類で行われます。

WEB完結申込によるメリット

WEB完結申込によるメリットは以下になります。

  • 会社への電話による在籍確認がないこと
  • スマホアプリの利用で土日祝日のキャッシングが可能なこと
  • 申し込みから契約手続きまですべてWEB上で可能なこと
  • 郵送物なしで借入が可能であること

WEB完結申込によるデメリット

WEB完結申込によるデメリットは以下になります。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座が必要であること
  • 基本的にローンカードの発行ができないこと
  • 本人確認書類と収入証明書類と共に勤務先を確認できる書類を提出すること

WEB完結申込の借り入れ方法

WEB完結申込でSMBCモビットを作成した場合、ローンカードは発行されません。そのため、基本的な借り入れ方法は、振込融資による借り入れになります。

しかし、振込融資による借り入れは24時間365日対応しているわけではなく、依頼する時間によっては翌営業日になってしまう場合もあります。そうなると、WEB完結申込では即時で借り入れができないということになってしまいます。

Man
WEB完結申込であっても土曜日や日曜日などにも即日にお金が借りられる方法はないのでしょうか?
Expert
WEB完結申込で即時に振込融資ができない時間帯であっても、即時に借り入れる方法は2つあります。詳しくは以下で解説していきます。

一つ目は、WEB完結申込であってもローンカードを持つ方法です。WEB完結申込で契約した後に、SMBCモビットのコールセンターに電話をしてローンカードを発行したい希望を伝えます。

その後は、オペレーターの指示に従うことでローンカードを発行することができます。

2つ目の方法は、スマホATM取引を利用することです。スマホATM取引とは、セブン銀行ATMからSMBCモビットの公式アプリを利用してカードレスで借り入れや返済ができるサービスです。

スマホATM取引を利用すれば、ローンカードを持っていなくてもATMから24時間365日取引ができます。ただし、スマホATM取引はデメリットもあります。

それは、借り入れ、返済共にATM利用手数料が取引金額1万円以上:108円、1万円超:216円かかることです。

SMBCモビットのWEB完結申込の手順

SMBCモビットのWEB完結申込は以下の手順で行われます。

  • SMBCモビット公式HPからの申し込み

  • メールによる仮審査の結果通知

       ↓

  • 本人確認書類や収入証明書類や勤務先を確認できる書類などの必要書類の提出

       ↓

  • メールによる本審査の結果通知

       ↓

  • インターネットによる契約手続き

       ↓

  • 「Myモビ」から借り入れの申し込み

       ↓

  • 指定の銀行口座への借入金の振込

SMBCモビットの返済方法

SMBCモビットには3種類の返済方法が用意されていて、自分の使い方に応じて決めることができます。以下はSMBCモビットの3種類の返済方法です。

  • 指定金融機関口座からの自動引き落とし
  • 専用の預金口座への口座振り込み
  • 提携ATMからのローンカードを使った返済

SMBCモビットの約定返済での返済日の設定

SMBCモビットの毎月約定返済の返済日は以下の4日の中から選択できます。

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日
    上記の日付が土日祝日の場合は翌営業日が返済日になります。

SMBCモビットの約定返済の返済方式

SMBCモビットの約定返済での返済方式は、借入後残高スライド元利定額返済方式になります。この方式は、最終の借入残高によって最低返済額が決まってくる返済方式です。

SMBCモビットの借入残高と約定返済額について

SMBCモビットの約定返済での借入残高と最低返済額は以下になります。

最終借入後残高約定返済額
10万円以下4,000円
10万円超20万円以下8,000円
20万円超30万円以下11,000円
30万円超40万円以下11,000円
40万円超50万円以下13,000円
50万円超60万円以下16,000円
60万円超70万円以下18,000円
70万円超80万円以下21,000円
80万円超90万円以下24,000円
90万円超100万円以下26,000円

最終借入残高が100万円超の場合、最終借入後残高が20万円増すごとに、返済額が4,000円増えていきます。

随時返済について

SMBCモビットの約定返済では、毎月の返済額を無理なく設定しています。返済額が少ないほど返済負担が減るので嬉しいことのように思えますが、毎月の返済額が少なければ少ないほど完済までの時間がかかるのです。

また、借入期間が長くなるほど支払利息額が増え、総返済額が増えていくのです。一方、借入期間をできるだけ短くし、総返済額を減らすためには、余裕資金がある時には好きな金額をいつでも元金に充当できる随時返済を行うと良いでしょう。

約定返済だけではなかなか元金が減りませんが、随時返済を併用することで元金が減っていきます。

SMBCモビットの商品概要

WEB完結申込を選択すれば、電話による在籍確認が不要になるSMBCモビットの商品概要は以下になります。

  • 貸付利率(実質年率):3.00%~18.00%
  • 融資限度額:1万円~800万円
  • 資金使途:基本的に自由
  • 申込条件:満20歳以上69歳以下で安定した収入のあること、モビットの基準を満たすこと
  • 必要書類:本人確認書類(運転免許証の写し、免許証がない場合は健康保険証またはパスポート)、収入証明書(源泉徴収の写しなど)
  • 返済方式:借入後残高スライド元利定額返済方式
  • 返済期間:最長5年(ただし、合理的な理由があるとモビットが認めた場合は最長8年10ヵ月)
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:不要

場合によっては電話による在籍確認が不要なカードローン

Woman
SMBCモビットのWEB完結で申し込むと電話での在籍確認が不要なことはわかりましたが、他のカードローンでも電話での在籍確認が不要なところはありますか?
Expert
基本的には、SMBCモビットのWEB完結以外で電話での在籍確認が不要なところはありません。しかし、勤め先を証明できる書類などを提出すれば場合によっては電話での在籍確認が不要な金融機関もあります。以下ではその金融機関について紹介していきます。

電話での在籍確認が不要な金融機関は、アコム、アイフル、プロミスなど消費者金融のカードローンになります。ここでは、3社の商品概要について説明していきます。

アコム

アコムのスペックは以下になります。

  • 貸付利率(実質年率):3.0%~18.0%
  • 融資限度額:1万円~800万円
  • 必要書類:運転免許証、交付を受けていない人は個人番号カードや健康保険証など、借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要になります
  • 返済方式:定率リボルビング方式
  • 返済期間:最終借入日から最長9年7ヵ月
  • 返済回数:1回~100回
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:不要

アイフル

アイフルのスペックは以下になります。

  • 貸付利率(実質年率):年3.0%~年18.0%
  • 融資限度額:1万円~800万円
  • 利用条件:満20歳以上で定期的な収入と返済能力を有すること、アイフルの基準を満たすこと
  • 必要書類:運転免許証などの本人確認書類、利用限度額が50万円超または他社を含めた借入総額が100万円超の場合は源泉徴収票などの収入証明書類
  • 返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
  • 返済期間:借入直後最長14年6ヶ月
  • 返済回数:1~151回
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:不要

プロミス

プロミスのスペックは以下になります。

  • 貸付利率(実質年率):年4.5%~年17.8%
  • 融資限度額:1万円~500万円
  • 必要書類:運転免許証、交付を受けていない人はパスポートまたは健康保険証+1点(住民票など)、希望借入額が50万円を超える場合、他社の利用残高との合計が100万円を超える場合に、源泉徴収票や確定申告書や給与明細書などの収入証明書が必要
  • 返済方式:残高スライド元利定額返済方式
  • 返済期間:最終借入後原則最長6年9ヶ月
  • 返済回数:1~80回
  • 担保:不要
  • 連帯保証人:不要

電話による在籍確認が必要なカードローン

電話での在籍確認が必要な金融機関は、消費者金融カードローン以外の銀行などのカードローンになります。ここでは、銀行カードローンの一つである三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックの商品概要について説明していきます。

三菱UFJ銀行カードローンバンクイック

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックのスペックは以下になります。

  • 貸付利率(実質年率):年1.8%~年14.6%
  • 融資限度額:10万円~500万円
  • 利用条件:満20歳以上65歳未満であること、原則継続安定した収入があること、国内に居住する個人であること(外国籍の方は永住権があること)、保証会社であるアコム(株)の保証が受けられること
  • 資金使途:自由(事業性資金を除く)
  • 利用期間:1年(原則審査の上自動更新)
  • 担保:不要
  • 保証人:不要

まとめ

  • カードローンの審査では、基本的には電話による在籍確認が必須です。
  • 電話による在籍確認が不要なカードローンに、SMBCモビットのWEB完結申込があります。
  • 消費者金融カードローンの中には、勤め先を証明する書類などを提出すれば場合によっては電話での在籍確認が不要になることもあります。

このように、銀行カードローンでは電話による在籍確認が必須です。どうしても電話による在籍確認を避けたい人は、消費者金融カードローンであれば不要な場合がありますのでおすすめです。

aktkaktk
aktkaktk
527 views

金融機関勤務歴8年ですが、金融機関歴は、信用金庫で営業や融資の窓口を経験して住宅ローンやカードローンなどの個人ローンに強みを持っています。

現在は、銀行のシステムを開発しながら、カードローンや、クレジットカードや、社会保険労務士の資格を活かした年金など金融機関のライティングをしています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。