• HOME
  • ブログ
  • FX , 投資
  • 海外FXトレードツール・MT4の基本的な操作方法その1。海外FX初心者さんに向け分かりやすく説明します。

海外FXトレードツール・MT4の基本的な操作方法その1。海外FX初心者さんに向け分かりやすく説明します。

海外FXの取引ツール「MT4」の操作方法について、チャートやテクニカルツールの使い方、またポジションの建て方や決済方法といった最も基本的な操作に焦点をあて解説していきます。

海外FX口座でFX取引を行うにあたっては、このMT4の存在をスルーするわけにはいきません。

ただ、MT4はロシア製の取引ツールですから最初は思うように使いこなすことができないのも、私たち日本人からすれば当然のことです。

取引ツールとしての性能は非常に優秀で世界中のトレーダーから高い評価を得ているので、ぜひともその使い方をマスターし多くの利益を上げたいところです。

そこで本ページではMT4初心者に向け、MT4でよく利用するであろうごくごく基本的な操作方法を分かりやすく説明します。

MT4の大まかな仕組み

MT4のインストール方法

まずMT4を利用するにはMT4のプログラムをインストールしなければなりません。

MT4の利用形態にはPCへプログラムをDLするタイプ、オンラインで直接取引、スマホ、Windows/Macの区分といった種類があります。

例えばAxioryという海外FX業者では以下のリンクページからプログラムをダウンロードします。

出典:Axiory

また他の取引業者ではログイン後のマイページにダウンロードページが設けられている場合もあります。

ちなみにスマートフォンでMT4を利用するには、Google PlayやApp Storeでアプリをダウンロードします。

「Google Play」

「App Store」

ログイン方法

取引業者から渡されたIDとパスワードを使ってログインしますが、ログインするにはこれらの他に「サーバ名」が必要となります。

サーバ名は取引業者から指定されるもので、口座開設完了メール等でサーバ名を確認するようにします。

「MT4のログイン画面」

出典:XM

ログインID、パスワードを入力しサーバ名を一覧から選択します。

上記画像はXMという海外FX業者のMT4におけるログイン画面ですが、このように処理サーバーがいくつも存在する取引業者があります。

国内FX口座ではこういったものはありませんので、パスワード管理等の側面もふまえ業者から渡されたサーバ名はしっかり確保するようにしてください。

ナビゲーター(ウィンドウ)

インディケータ

ここからはログイン後の画面構成の説明となります。

まず、画面左側にある「ナビゲーター」(ウィンドウの一種)にはエクスプローラー形式で複数の機能が用意されています。

その中で、多くのトレーダーがよく利用するであろうものとして「インディケータ」があります。

ここにはテクニカル分析で使うツール類が収められており、その名称をちょっと見ただけでもおおよその内容が理解できる部分となっています。

「ナビゲーター」

出典:Axiory

「インディケータ」

出典:Axiory

エキスパートアドバイザ・スクリプト

プログラムコードを介した自動売買プログラム(EA)やテクニカルサイン、及びMT4の各種操作の自動化等に関係した機能を操るセクションです。

MT4はこういった機能の性能の良さに定評がある取引ツールで、世界中の多くのトレーダーがコミュニティサイト等を介し様々な自動化プログラムの開発や情報交換等を行っています。

「MT4コミュニティサイト:MQL5」

出典:MetaQuotes Ltd.

ウィンドウが表示されていない場合の表示方法

このナビゲーターは稀ですが、一般的に左側に配置されるウィンドウ(気配値表示、データ・ウィンドウ等)の何らかが表示されていない場合は、画面上部のツールバーにある「表示」から目的のウィンドウをクリックして表示させます。

気配値表示と通貨ペアリスト

気配値表示はいわゆる通貨ペアリストとしてレート情報やスプレッド等の閲覧、またここから通貨ペア名をチャート画面へドラッグしてチャート表示を変更させるといった使い方を行います。

この気配値表示ですが、実は初期設定ではその海外FX業者で取り扱っている全ての通貨ペアが表示されていない場合が多いです。

気配値表示にない通貨ペアを表示させるには、ツールバーにある「表示」⇒「通貨ペアリスト」をクリックします。


出典:Axiory

そうしますと上の画像のように全ての取扱い通貨ペア(CFDを含む)の一覧画面が出てきます。

そして、画像ではGBP/NZDが他のものと異なり名称左側のドルマークが無色となっていますが、これは気配値表示に表示されていないことを表します。

そこでGBP/NZDを選択し右上の「表示」をクリックして気配値表示へ反映させるようにします。


出典:Axiory
(気配値表示へ反映された状態のGBP/NZD)

ターミナル

主な利用用途としては、口座残高やトレード履歴の確認、ポジションの損益変化のチェックやポジションの決済などといったものです。

他にもいくつかの機能がありますが特に最初のうちは上記の使い方がメインとなってきます。

一番下に配置され閲覧しにくいという欠点がありますが、損益やトレードに関わる大切なウィンドウですので、後で説明しますウィンドウの表示変更方法を参考に、見やすい形にすることもアリです。

またエントリーしたポジション一覧がここにリストアップされますが、このことを知らないと、最初はどこでポジションが確認できるのかが分からずトレードに支障をきたします。

何はともあれここを真っ先に覚えることが重要です。詳細は「新規エントリーや決済方法」の所で説明します。

各ウィンドウを自由に配置する

ナビゲーター、気配値表示、ターミナル及びその他のウィンドウはドラッグして好きなように配置を変えることができます。


出典:Axiory

例えば上の画像では一番下に気配値表示、中央にターミナルというちょっと変わった配置をしてみた所です。

非常にカスタマイズが効くMT4ですので、トレードがはかどるような配置にしてみるのをおすすめします。

チャート画面の使い方

チャート画面の表示方法

一般的に初期設定では4つのチャート画面が表示されていますが、各チャート上部にある最大化ボタンをクリックして大きく表示させることができます。

そして画面上にある「ウィンドウの整列」をクリックするか「Alt + R」のショートカットキーで元の4画面に戻すことができます。


出典:XM

またチャートは気配値表示などとと同じようにタイトルバーをドラッグして自由に移動させることができます。

数多くのチャート画面を表示させる

画面上部のツールバーから「ファイル」⇒「新規チャート」⇒任意の通貨ペアをクリックしてチャート画面をより多く増やしていくことができます。

MT4は豊富な通貨ペアやCDF商品等を取り扱っていますので、チャートを追加して次のような多角的な相場分析ができるようになります。

「多くのチャートを表示させた活用事例」

  • 米ドル/円で長期足と短期足を並列させ大きな流れを長期足で見ながら短期足でエントリー
  • 米ドル/円・ユーロ/円・ポンド/円など複数ペアを表示しその日の全体的な相場観をつかむ
  • ユーロ/円やユーロ/ポンド等のトレードではDAX30・FTSE100といった欧州の株価指数を表示させヨーロッパの株価動向をチェックしながらトレード
  • 22~2時ぐらいの時間帯では上記に加えニューヨークダウや、もし閲覧可能なら米10年債金利や VIX(恐怖指数)等もチェックし入念に相場分析を行う

チャート内容の変更

チャートタイプを変える

バーチャート・ローソク足チャート・ラインチャートの表示変更を行うには、次の画像にあるように画面上部にあるアイコンをクリックします。


出典:XM

通貨ペアの変更

気配値表示から任意の通貨ペアをチャートへドラッグ&ドロップして変更します。

ちなみに同じ通貨ペアを、新規チャート画面の追加後に異なる時間足にして表示する方法も、色々な時間足で相場分析ができおすすめです。

時間足の変更

チャート上を右クリックし「時間足設定」から任意の時間足を選択します。

選べる時間足は以下の通りで国内FXで採用されているものと同じです。

  • 1分足・5分足・15分足
  • 30分足・1時間足・4時間足
  • 日足・週足・月足

テクニカルツールの使い方

トレンド・オシレーター系ツールの表示方法

ナビゲーターウィンドウからツールを表示

ナビゲーターウィンドウからチャートへドラッグ&ドロップして表示させます。

ナビゲーターウィンドウにリストアップされているツールはみなこのようにして表示させます。

「移動平均線の選択ルート」

ナビゲーター⇒インディケータ⇒トレンド⇒Moving Average(移動平均線)

「MACDの選択ルート」

ナビゲーター⇒インディケータ⇒オシレーター⇒MACD

チャート上にドロップしますとパラメーターの調整画面が出てきますので、必要に応じて数値の変更等を行います。


出典:XM
(パラメーター変更画面)

ツールバーから表示

画面上部のツールバーからも表示させることが可能です。

「ツールバーから移動平均線を表示させる方法」

挿入⇒インディケータ⇒トレンド⇒Moving Average(移動平均線)

国内FXツールと異なるポイント

MT4と国内FX口座で使われるツールとの間には、その使い方や表示具合にある程度の違いが存在しています。

以下にその違いのいくつかを掲載しておきますが、例えば移動平均線は複数のラインを表示させるには表示作業をその本数分行わないといけません。

Expert
5日、25日、50日の3種類の移動平均線を表示させるには、1回の操作ごとにパラメーター調整画面で日数を変え、合計3回表示作業を繰り返す必要があります。

「MT4における国内取引ツールとの違い」

  • 移動平均線やRSIなどは1回の表示操作で1本のラインしか表示されない
  • MACDは1本のラインとヒストグラムしか表示させることができない
  • フィボナッチはそのレベル(ライン)をいくつも設定することができる
  • ボリンジャーバンドは移動平均線及びその上下2本のラインで構成されそれ以上ラインを表示させるには追加作業を行う
  • RSIやモメンタムを構成する各ラインは別々の表示エリアに表示させることが可能 など

オブジェクト系ツールの表示方法

画面上部の各種アイコンをクリックし、チャート上で再度クリックしたりドラッグ等を行います。

またツールバーの挿入メニューにもオブジェクト系ツールが収められています。


出典:XM

パラメーターの変更

一度表示させたテクニカルツールの調整を行うには、チャート上で右クリックし「表示中のインディケータ」をクリックします。


出典:XM

上の画像のように表示中のツールが一覧表示されますので、変更したいツール名をクリックして選んでから右側の「編集」をクリックします。

すると新規で表示させた時と同じ編集画面が出てきますので、ここでパラメーターの調整を行います。

また移動平均線などはライン上をダブルクリックしますとやはり編集画面が表示されます。

テクニカルツールの削除

パラメーターの変更方法でお伝えしたやり方で現在利用しているツール類一覧を表示させ、削除したいツールを選んでから右側にある「削除」をクリックします。

またMACDやRSIといったチャート下部に表示されているものは、表示エリア内で右クリックして削除させることもできます。


出典:XM

注意点としては、例えば移動平均線はライン1本につき1ツールと扱われますので、3本の移動平均線を完全に削除したいのであれば3つ別々に削除しなければなりません。

新規エントリーや決済方法

ワンクリックトレード

新規ポジションを建てる方法ですがMT4にはいくつかその方法があり、その中で最も簡単なのが「ワンクリックトレード」です。


出典:XM

チャートに表示されているレート表示をクリックするだけで注文(成行)が完了します。またポジションサイズの変更は中央にある数値を修正します。

通貨量の変更の仕方ですが「1.00」は1ロット(10万通貨)を意味します。従って5万通貨であれば「0.5」、1,000通貨でしたら「0.01」とします。

ただ注意したいのは、海外FXでは一般的に「1ロット = 10万通貨」が主流ですが、確固とした決まりがあるわけではありませんので、各業者の元で事前に確認するのが大切です。

その他の一般的な注文方法

成行注文・指値注文

画面上部にある「新規注文」、又はチャー上を右クリックして「注文発注⇒新規注文」から行います。


出典:XM

成行・指値の区別は注文画面の中央付近にある「注文種別」を変更します。

指値注文の特殊なやり方

指値注文については、「感覚で指値注文」といった感じでとても簡単に注文を行える方法があります。

そのやり方は、チャート上で右クリックしメニューの最上部に現れる「指値買い/売り 注文数量 注文レート」をクリックするだけです。

「感覚で指値注文」

出典:XM

注文数量はワンクリックトレードで使うレート表示部分で予め調整しておきます。

そしてチャート上において、その時のレートより上の箇所で右クリックすればポインターが指すレートで指値売り、レートより下ならば指値買いとなります。

これは指値注文において厳密なレート計算が面倒といった場合に、チャートを見ながら視覚的・感覚的に指値注文を入れることができます。

ポジションや口座残高等の確認

確認方法

画面下部にあるターミナルで確認します。


出典:Titan FX

ちょっと見にくい表示の仕方ですが、画像上段の左下にある「取引」タブから各ポジションごとの損益状況、口座残高、証拠金維持率などを確認することができます。

また決済履歴は「口座履歴」タブをクリックして見ることができます。

決済

各ポジションの一番右にある「×」をクリックします。

まとめ

出典:MetaQuotes Ltd.

海外FXの取引ツール「MT4」は多機能そして高性能が売りのプラットフォームですが、その多くの優れた働きを活用するのに最初は戸惑ってしまうことがあるかもしれません。

しかし、一見すると機械的に並べられたそれら機能やメニューは、1つ1つ丁寧にその使い方を覚えていけば全く難しいものではありません。

また一度MT4の使い方をマスターすれば後継ツールである「MT5」や他社製ツール「cTrader」にもすんなりと入っていくことが期待できます。

今回紹介しましたMT4の基本的な使い方について、簡単ですが以下に整理しておきます。

  • MT4へログインするにはID、パスワードの他にサーバ名が必要
  • MT4の構成要素はナビゲーター、気配値表示、ターミナル、チャートといったウィンドウがメイン
  • チャートの通貨ペアの変更は気配値表示から任意の通貨ペアをチャートへドラッグ
  • 時間足を変更するにはチャート上で右クリックし「時間足設定」から行う
  • 多くのチャートを表示するには画面右上「ファイル⇒新規チャート」、又はその下にある「新規チャートの作成」アイコンをクリック
  • テクニカルツールを表示させるにはナビゲーターウィンドウにある「インディケータ」
  • オブジェクト系ツールは画面上部にあるツールアイコンをクリック
  • 口座残高やポジションの損益状況の確認は画面下部にある「ターミナル」
  • 新規エントリーはワンクリックトレードや右クリックから簡単にできる「指値注文」がおすすめ

*その他MT4やFXに関する記事:

6弦
6弦
467 views

FX投資歴6年、仮想通貨や海外取引業者でのハイリスクな取引経験も豊富です。
その他ネットオークションやポイントサイトといったネット系のお金稼ぎ術に精通しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。