• HOME
  • ブログ
  • FX , 投資
  • 海外FX口座で広く導入されているトレードツール「MT4」についてその概要やメリット・デメリットを紹介します。

海外FX口座で広く導入されているトレードツール「MT4」についてその概要やメリット・デメリットを紹介します。

出典(トップ画像):MetaQuotes Ltd.

「MT4」(メタトレーダー4)はどこで海外FX口座を解説してもほぼ漏れなく付いてくる取引等を行うための基本ツールです。

海外FXにおいては非常にメジャーなツールで相場分析からスキャルピング、自動売買に至るまであらゆる作業をこのMT4で行うことができます。

世界中から多くのトレーダーの支持を得ておりその性能は非常に優秀なツールです。

従って、海外FXでトレードするにあたってこれを避けて通るスタンスはまずあり得ません。

海外FXを正しく理解することやきちんと利益を得るためにこのMT4について理解することはとても重要なことなのです。

そこで本ページでは海外FX口座での取引で中核となるこのMT4について、今回は初心者向けに基本的な事柄をザックリとした感じで説明していきます。

MT4の概要

出典:MetaQuotes Ltd.

海外FXになくてはならない取引ツール

MT4は、ロシアのMetaQuotes Software社が2005年にリリースした海外FXにおけるトレードツールです。


出典:XM

スキャルピング、システムトレード(自動売買)、外部データを用いたバックテスト等一通りの作業を行うことができます。

海外FXではほとんどの取引業者で導入されている取引ツールであり、MT4を中心としたトレードの立ち回りが海外口座では基本となってきます。

国内FXではこういった取引業者共通のプラットフォームといったものはほぼなく(一部で共通利用されたものはあり)、MT4はそういった中で海外FXに存在しているユニークな面となっています。

実際に利用する形態としては、MT4のプログラムをダウンロードしてパソコンにインストールするタイプが最も多いパターン。

他にはWeb画面から直接トレードを行うタイプ、スマホ・タブレットといったモバイル端末で操作できるアプリが提供されています(取引業者によって利用できるスタイルは異なります)。

多機能・高性能

MT4はテクニカルインジケーターやEA(自動売買プログラム)に強味があり、各種パラメーターの詳細な設定やオリジナルプログラムの作成等が可能となっています。

また、MQL5というMT4のコミュニティサイトからプログラムコードを入手し、他のトレーダーが開発したインジケーターを使ってみたり、成績が優秀な自動売買プログラムを使って収益を向上させるといった事もできます。

出典:MetaQuotes Ltd.

デモ口座でMT4を利用してみる

多くの場合、海外FX口座を開設しIDとパスワードを受け取ってから実際にMT4を利用するこになりますが、一部の海外FX業者ではデモトレード環境(デモ口座)を無料で提供しており、これを利用して口座開設する前にMT4の操作感覚を確かめることができます。

チェックできる通貨ペアやスプレッド状況は各業者によって異なりますが、取引環境の実際の様子や約定具合、操作性といった側面をこのデモ口座で体験することが可能です。

出典:Titan FX

出典:Bigboss

出典:IFC Markets

MT4以外の海外FXトレードツール

MT5

海外FXで広く使われているMT4ですが、他にも実は取引ツールは存在しております。

MT5(メタトレーダー5)はMT4の後継ツールで、現在最新のメタトレーダーと言えばこのMT5になります。

MT5で行える事はMT4と比べそう大きな違いはありませんが、約定力がアップしたことやMT4と比べ比較的アップデートが多いなど、MetaQuotesが今後力を入れていきたいツールとなっています。

ただ、今もなお人気となっているのはMT4の方であり、MT5の海外口座での導入はそれほど多くはなく利用できる取引業者は限られた状態です。

cTrader

Spotware Systems社が開発した取引プラットフォームで、MT4と同様の機能が備わっていますが、MT4を意識したのでしょうか、特にスキャルピングにおいて感覚的で非常に使いやすい作りとなっています。

またインターバンク市場直結の注文処理が特に意識されたその約定力の高さが大きな魅力となっています。

しかしcTradeはMT5以上に海外FX業者での導入が少なく、日本で知られている所ではAxiory、FxPro、Trade Viewといった業者でしか利用することができません。


出典:Spotware Systems Ltd.

相場分析方法やトレードの仕方

出典:MetaQuotes Ltd.

豊富なテクニカル分析ツールを搭載

MT4には30種類のテクニカルインジケーター及び23種類のオブジェクト(図形など視覚的なツール)があります。

インジケーターとしては移動平均線(Moving Average)やMACD、RSI(Relative Strength Indicator)といった国内FXでもおなじみのツールからちょっとマニアックなものまで豊富なラインナップとなっています。

オブジェクト系のツールはトレンドラインやフィボナッチといったツールから、四角形などの図形やテキストボックスといったアイディアの光るツールが用意されています。

右クリックメニュー

右クリックメニューからある程度の各種操作ができ非常に便利です。

「右クリックからできる操作例」

  • 成行注文
  • 指値注文
  • 時間足の変更
  • 使用しているインジケーターのリスト表示
  • 出来高表示のon/off
  • チャートの印刷 など

特にスキャルピングにおいては右クリックから軽快に新規エントリーを行ったり、素早く時間足を変更することができるなど、多角的にそして瞬時の操作が可能です。

また右クリックメニューではありませんが、国内FXにある「ストリーミング注文」にあたる「ワンクリックトレード」機能がMT4には備わっており、国内口座に負けないトレードの軽快さを誇っています。

最も基本的な使い方

通貨ペアの変更

ツール画面左側にある「気配値表示」に通貨ペアが並べられてありますので、任意の通貨ペアをマウスを使ってチャートへドラッグ&ドロップするだけで変更することができます。


出典:XM

テクニカルツールの設定

移動平均線やMACDなどのオブジェクト系ではないツールは、ツール画面左側にある「ナビゲーター(ウィンドウ)」から、任意のツール名をチャート上へドラッグして表示させます。

トレンドラインなどのオブジェクトツールは、画面上部にある各種アイコンをクリックし、チャート上で再度クリックしたりマウスを動かして描写を行います。


出典:XM

口座残高の確認

画面最下部にある「ターミナル(ウィンドウ)」で確認します。

ポジションの損益変動やトレード履歴などもこのターミナルから確認することとなります。

注文方法

成行注文 

ツール画面上部にある「新規注文」をクリックするかチャート上を右クリック後、「注文発注」から実行します。

またチャー上にあるレートアイコンをクリックして即注文ができる「ワンクリックトレード」で注文を行います。

指値注文

「新規注文」画面から注文種別で「指値注文(Pending Order)」を選び約定レート等を指定し注文を行います。

またチャート上から右クリックして即座に指値注文を行うこともできます。ワンクリックトレードのごとく「ワンクリック指値注文」ができるのです。


出典:XM

決済注文 

先ほど取り上げた「ターミナル」にポジション一覧がありますので、各ポジションの一番右側にある「×」をクリックすることで決済を行います。

MT4の意外なメリット

MT4は数多くの海外FX業者で採用されていることから、異なる取引業者に乗り換えたとしてもすぐまた同じような調整でツール類を利用することができます。

海外FXは資金の移動時においてはその手続きが面倒だったり送金に数日間要する場合があるといった欠点がありますが、このMT4における乗り換えの手軽さは逆に国内口座には無いメリットです。

また意外と気づかないポイントとしては、世界中の膨大な数のトレーダーがMT4を使ってトレードしているため、MT4チックなツールサインは多くのトレーダーが目にする所となってきます。

従ってFX全体においても、例えば一目均衡表を使うにあたってはMT4搭載の一目均衡表によるサイン出力は、多くのトレーダーが共有することとなりやすく非常にその効果に期待が持てるという事になります。

高度なカスタマイズ性能

出典:MetaQuotes Ltd.

基本機能を自由に使いこなす

MT4はFXのトレードに必要な機能が豊富に用意されていますが、複数箇所に同じ操作メニューが配置され、様々なシーンで必要な操作を最短距離で行うことができるといった特徴があります。

例えば上記でも説明しましたが、新規エントリーは画面上部にあるツールバーから実行できたり、右クリックメニューからも行うことができます。

テクニカルツールの場合は、設置済みツールのパラメーター調整を行うルートとして、チャート上を右クリックし「表示中のインディケータ」「表示中のライン等」から入っていく方法や、ツールを直接ダブルクリックして編集画面を出現させるといった事が可能です。

また指値注文を取り消したいといった時は、画面下部のターミナルからリストを確認し削除する方法や、チャート上に表示されているライン(注文レート上に表示)をダブルクリックして編集画面を出現させるといった複数のやり方ができます。


出典:XM
(指値したレートに表示される注文ライン)

テクニカルインジケーター

「Meta Editor」機能を使ってオリジナルのテクニカルサインを作成することができます。


出典:XM

サインの作成には上記画像のようにプログラムコードを理解しなければなりませんが、じっくりとその仕組みを勉強しぜひともマスターたいといったトレーダーであれば、自由にオリジナルのテクニカルサインを作ることができます。

またそこまでの余裕が無い方でも、MQL5サイトを覗いてみる方法があります。

同サイトの中の「MetaTrader Market」には5,000以上のカスタマイズされたテクニカルインジケーターがあり、各インジケーターの説明を見ながら最適なもを探し出してMeta Editorに取り込むことができます。

出典:MQL5 Ltd.

EA

EAとはMT4に搭載されている自動売買システムで、こちらもテクニカルインジケーターと同様プログラムコードを編集して自分独自の売買プログラムを作成することができます。

またMQL5内からEAのプログラムコードを入手して使うことも可能です。

出典:MQL5 Ltd.

Expert
自動売買については、国内FXでは利用できる取引業者が限られていたり過度の繰り返しトレードが禁止されていたりしますが、海外FXは自動売買にも積極的であり数多くのトレードを行って多大な利益を挙げることも遠慮せず実行できるものなのです。

MT4のデメリット

出典:MetaQuotes Ltd.

ここまでMT4についてのメリットやいい所ばかりをお話してきましたが、そんなMT4にもデメリットは存在しています。

初心者には扱いづらい

MT4を利用するにあたって最初にぶつかる壁として「慣れるまでに時間がかかる」というものがあります。

Expert
MT4はカスタマイズ性能が非常に高いことで知られていますが、それはつまりトレーダー1人1人にある程度の高い利用意識が要求されているということです。

MT4は数々の便利な機能がありますが、それらはあくまで搭載されているという状態にすぎず、細かい使い方や実戦に即した利用方法といったものは自分自身で考えないといけない訳です。

ただ特にスキャルピングにおいては、上記でもお話したようにMT4には同じ機能のアイコン等が複数箇所に配置されています。

なのでその使い方を完璧に覚えるスタンスではなく、使っていくうちに「ながら感覚」でその仕組みを覚えるようにすれば操作方法のマスターにあたって大きな負担とはなりにくいです。

「あのボタンはそういえば確かあの辺に・・・」といった感じでうろ覚えでもある程度の操作は可能です。

他にもMT4はその知名度の高さから操作方法を解説する書籍が数多く出版されていたりMT4を紹介するウェブサイトもたくさんあります。

従って正確で高度な使い方をマスターしたいという際にもその情報の入手に困ることはありません。

テクニカルインジケーターやEAの開発等にはプログラムの知識が必要

これは非常にやっかいな問題かもしれません。

プログラムコードの知識や理解がありませんと独自の調整ができないようになっています。

またMQL5サイトで誰でもそのコードを手に入れることができるようにはなっていますが、とにかくあのコードの緻密さが苦手という方や裁量トレードしか行わないトレーダーにはメリットとはならないものです。

一部のテクニカルツールの操作・表示方法等が国内FXのものと異なっている

例えば移動平均線は、国内ツールにおいては最初から3本程度のラインが表示されるようになっていますが、MT4の場合は「1本のラインを表示させる操作を複数回行う」という仕組みとなっています。

またエンベロープは国内環境では移動平均線を含む複数のラインを表示させることができますが、MT4では中央に位置される移動平均線の表示がありません(パラメーターの調整はできます)。

このように一部のテクニカルツールにおいてその使い方や出力の仕方が大きく異なっているのです。


出典:XM
(エンベロープ(Envelopes))

ただフィボナッチにおいては、そのフィボナッチレベルを好きなだけ設定することができたり、他のツール全般においては同じツールを複数表示することが可能といったまさにカスタマイズ性能の高さを表すメリットがMT4にはあります。

今後の問題

MT4の開発業者はもはやMT5への注力に傾いており、MT4自体のアップデート頻度がMT5より少ないといった問題があります。

従って、性能に対する機能向上に期待することが難しいことや、セキュリティ面における安全性の強化を得にくいといった懸念があります。

まとめ

出典:MetaQuotes Ltd.

MT4は海外FX口座で利益を挙げていくうえで欠かせない取引ツールです。

利用当初におけるその使いずらさは誰にでも訪れる事であり何とか乗り越えてもらいたいものです。

ただやはりMT4のメリットや国内ツールにはない点は見逃せないポイントであり、とにかく「習うより慣れよ」でどんどん使っていくことが使い方をマスターする上では大切です。

MT4の概要に関する今回の内容について以下に整理しておきます。

  • MT4は海外FX取引では必須のトレードツール
  • スキャルピング・自動売買・相場分析等全てのやりとりがMT4で可能
  • 数多くの機能を備えテクニカルインジケーターやEAの性能が高い
  • 世界中のトレーダーが利用することからテクニカルサイン等の信憑性が高め
  • カスタマイズのしやすさはメリットだが操作方法の熟知に難あり
  • MQL5サイトを通じ数多くのツールやEAプログラムを入手可能

*その他MT4やFXに関する記事:

6弦
6弦
567 views

FX投資歴6年、仮想通貨や海外取引業者でのハイリスクな取引経験も豊富です。
その他ネットオークションやポイントサイトといったネット系のお金稼ぎ術に精通しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。