今さら聞けないキャッシングでお金を借りる知識!種類に利用方法、注意点を徹底解説

「急な出費があるけれど自由に使える現金がない」

「すぐに現金が必要だけれどお金の調達ができる方法はないのだろうか」

思いがけない出費が必要になって、頭を抱えたくなることは意外によくあることです。

そんな困ったときの心強い存在となるのがキャッシングサービスで、利用すれば誰にも知られることなくお金を用意できるでしょう。

ただし、キャッシングを利用することはお金を借りることになるため、それに伴うリスクや返済の計画もよく検討しなくてはなりません。何も知らないままで利用してしまっては、取り返しのつかない大きな後悔につながる場合があるからです。

こちらの記事では、キャッシング初心者の方から経験者の方までを対象にして、キャッシングの意味に種類、利用方法などについて詳しく解説します。

今さら聞けない?キャッシングサービスの意味

「CASH」を元にした和製英語となるのがキャッシングです。

小口で現金の借り入れをおこなう仕組みを意味することが多く、ATMなどを通して現金を借りるサービスを総じた名称を指すのが一般的と言えるでしょう。

手軽に利用できて便利ですが、キャッシングを利用する前に仕組みや概要はしっかりと把握しておくことをおすすめします。

まず、キャッシングの種類や利用の流れについて以下でまとめてみました。

キャッシング=お金を借りること

キャッシングとは、お金を借りるサービスとなり、主にクレジットカードのキャッシング機能、カードローンなどを利用して、一時的に現金を手に入れることです。

あらかじめキャッシング機能の付帯するクレジットカードであれば、新たに申し込みをすることはありません。

新規利用したい場合は、ATM・インターネット・電話などのさまざまな方法で手軽かつスムーズに申込みや借入れ申請をおこなうことが可能です。

思いがけない出費が必要で、すぐに現金が必要になった方にはとても便利なサービスと言えるでしょう。

ただし、現金を借りる=借金することですから、返済はしっかりとおこなわないとなりません。また、申請すれば誰でも借りられるわけではなく、実際に現金を借りるまでにはいくつかの段階を踏む必要があるのです。

キャッシングの種類

キャッシングを利用する方法は以下のように大きく2種類あります。

・クレジットカードのキャッシング機能
・消費者金融や銀行などのカードローン

クレジットカードの多くに任意でキャッシング機能を付帯させることが可能で、クレジットカードを使ってATMなどから現金の引き出しができるのです。

それに対し、カードローンを利用してキャッシングする場合は、まず銀行や消費者金融などの金融機関と契約をします。

新規申し込みの場合はいくつかの段階を踏まなければなりませんが、一度契約すれば専用のローンカードを使って何度でも借入れができます。

キャッシング利用の流れ

キャッシングを利用する際にあたり、以下のような流れで進みます。

1.業者選定
2.申込み
3.審査
4.契約
5.融資
6.返済

それぞれについて、順番に解説していきましょう。

1.業者選定

「キャッシングはどこを利用すれば良いのだろう?」という疑問が最初にあるかもしれません。

キャッシングはさまざまな会社がサービスを提供していて、その中でもクレジットカードのキャッシング機能、もしくはカードローンを利用したキャッシングから選ぶことになります。

「どこが良い業者なのか」と思うこともありますが、こちらのベストアンサーは特になく、「一人ひとりのニーズに合ったキャッシング」を選定するのが大切でしょう。

2.申込み

利用したい業者を選定したら、次は利用の申し込みをおこないます。

申し込みの手続きは難しいことはありません。店舗窓口、インターネット、そのほかにも電話や郵送などの方法でキャッシングの申請をするだけです。

申し込みにあたり、名前・住所・勤務先・収入などの個人情報、その他にも必要書類の提出をします。そして、これらの情報を参考にして、次の段階となる審査に移るのです。

3.審査

キャッシングの申し込みをしたけれど、借りることができるのかと不安になる方もいるかと思いますが、申し込みの次の段階におこなう審査で実際に借りられるかどうかが決まります。

キャッシングは手軽で便利です。しかし、借金となる以上、貸す側はお金を本当に貸して良い相手なのかどうかを審査で判断しなくてはなりません。

貸したお金を返済できるだけの能力があるのか、申し込みの内容に嘘はないのかなどを確認する必要があるのです。

審査では申し込み時に申告された情報、そのほかにも個人信用情報などを参考にして総合的に貸すか貸さないかを判断。審査通過可否が決定します。

4.契約

審査に通過すれば、次は契約をおこないます。

キャッシングは金融取引である以上、双方の合意のもとに法的手続きをおこなわなければなりません。

所定の契約書類に双方合意の署名捺印をすることによって、キャッシングの契約成立となります。

5.融資

契約を締結すれば、念願の借入れに進むことができます。ATM・ネット・電話・郵送などを介して、必要な現金をキャッシングしましょう。

6.返済

借りたお金は返済日までにしっかりと支払わなくてはなりません。契約時に決めた返済方法と返済日に従って返済をしてください。

キャッシングのメリット・デメリット

キャッシングは便利なサービスですが、メリット・デメリットがそれぞれにあります。

あらかじめ理解しておくことで、キャッシングサービスをより有効活用することができるポイントとなるでしょう。

特にデメリットには知っていることでリスク管理にもつながりますから、前もって対策を講じることもできます。

ここでは、キャッシングのメリット・デメリットを解説しますので、利用する前に目を通すようにしてください。

キャッシングのメリット

キャッシングには、主に3つのメリットがあります。

・短時間で手軽にお金を借りられる
・好きなタイミングで現金を入手できる
・保証人や担保なしで利用できる

詳しく解説していきましょう。

1:短時間で手軽にお金を借りられる

必要なときにお金をすぐに用意できるのは便利なことで、キャッシングではそんな希望を叶えてくれます。

また、キャッシングは申し込みから融資までの時間が短く、即日キャッシング可能に対応している業者もあるほどです。

特にクレジットカードのキャッシング機能であれば、必要なときにキャッシングを利用できます。

短時間で手軽に現金を入手したい方には、とても便利なサービスと言えるのではないでしょうか。

2:好きなタイミングで現金を入手できる

ATMやインターネットなどから、いつでもどこでも利用できるのがキャッシングのメリットです。

店舗窓口の営業時間が終了していても、最寄りのATMからいつでもお金を引き出せる点も便利なポイントでしょう。

また、対応するカードであれば、海外にいても現金の引き出しができます。国内にかぎらず財布の中身のサポートをしてくれるのはいざというときにも心強いサービスです。

3:保証人や担保なしでも利用することができる

お金を借りるときは一般的に保証人や担保を必要とするケースがあります。しかし、保証人を立てることで、お金を借りたことが周囲にばれてしまったり、書類提出などの手続きが必要になったりします。

また、担保そのものを用意できないケースも珍しくないかと思います。

キャッシングでは保証人や担保を用意する必要がありません。保証会社がそれらの役割を担うため、周りに気をつかったり面倒な手続きに悩むことがなかったりするのです。

キャッシングのデメリット

キャッシングには、以下のようなデメリットがあります。

・利息が発生する
・信用情報に影響を与える
・紛失・盗難に伴う不正利用のリスクがある

お金にかかわるサービスですから、前もってしっかりとチェックしておいてください。

1:利息が発生する

キャッシングは借金なので、借りたお金に対する利息が発生します。

利息が発生することはわかっている方が多いかもしれませんが、注意したいのが手軽なキャッシングを利用しているうちに利息が膨らんでしまうことです。

キャッシングは、普段利用するカードとATMで簡単に現金を引き出せますから、安易な利用をしやすい傾向があります。

利息をどのくらい支払っているのか、ということは常に確認しながら利用するようにしてください。

さらに、余裕があるときは繰り上げ返済や一括返済をする、借入れ件数が増えたらおまとめローンを活用するなど利息を最大限におさえる工夫を心がけることをおすすめします。

2:信用情報に影響を与える

クレジットカードやローンを利用すると、その履歴が信用情報機関に登録されます。

これが信用情報で、「お金をきちんと払うことができるかどうか」ということを判断するための個人の信用の記録です。キャッシングを利用した際も、その内容がこの個人信用情報で確認できます。

今後、住宅ローンや自動車ローンをはじめ、教育ローンなどを利用する機会があるかもしれません。その際に、個人信用情報を確認して審査がおこなわれるので、キャッシングの借り入れの残高が大きかったり延滞の記録があったりすると審査が不利になる可能性があります。

キャッシングの利用が今後のローン利用の審査時にマイナスの影響が出るとはかぎりませんが、審査でどう判断するのかは各社によって異なるでしょう。

まずは取引内容が登録されていることは覚えておいてください。

3:紛失・盗難に伴う不正利用のリスクがある

もしもキャッシング用のカードが紛失や盗難に遭った場合、不正利用時の損害は計り知れないでしょう。

キャッシングを提供するクレジットカードやカードローンの中には、カード不正利用に遭っても補償はしないことを利用規約に明記していることがあります。

ショッピング機能は補償があるけれど、キャッシング機能には補償がないというケースは意外に多いのです。

もちろんキャッシング利用でも、不正利用の補償が用意されている会社もありますが、すべてが当てはまりません。キャッシングを利用するときは、最初に補償の有無を確認することをおすすめします。

審査のチェックポイントや通過のためのコツ

借入れをする業者を選んで申し込みが済んだら、次は審査をおこないます。

キャッシングの審査基準は各社によって異なるものの、具体的な流れや審査で重視される項目に大きな違いはないでしょう。

こちらでは審査でチェックされるポイントについて説明します。

審査のチェックポイント

お金を貸す側は、利用者の情報を参考にして返済能力を判断します。要するに貸したお金を返せるかどうかを審査を通してチェックするのです。

安定した継続的な収入があるかどうかは特に重要なポイントで、もしも収入が安定していないと返済可能性も低いと判断されてしまうでしょう。

ただし、自身に収入のない専業主婦の方などは配偶者に安定した収入があれば、配偶者貸付によって借入れが可能な場合があります。

また、今までの信用情報の登録内容もチェックされ、他社での借入れの残高が大きかったり、支払いを延滞したことがあったりすれば、審査通過は難しいです。

そのほかに自宅情報も判断材料の一つで、今後も家賃支払いが発生する賃貸と比較すると持ち家の方が審査評価は高くなる可能性があります。

注意点として、審査通過のために申込みの際に虚偽の申告をすることはしないでください。バレてしまうことで信用の評価を大きく下げるからです。

借入れと返済の方法

審査に通過して契約手続きが済めば借入れができます。

こちらでは、代表的な借入れの方法と最低借入額について説明していきましょう。

ATMで気軽に借入れ

キャッシング機能付きのクレジットカードやローンカードを利用して、ATMからの借入れができます。

実際にキャッシング利用をしている会社のATMを利用すれば、手数料の支払いをおさえて借入れできる場合もあるので、前もってチェックしておくと良いでしょう。

銀行カードローンであればその銀行のATM、クレジットカードや消費者金融であれば自社ATMというようようになります。

もしも該当のATMが近隣になかったり、営業時間を過ぎてしまったりしても、引き出しそのものはできます。多くの会社がコンビニのATMと提携しているからです。

手数料が発生することはありますが、手軽に自分の都合の良いタイミングで借入れできるのは有難いのではないでしょうか。

PCやスマホから!ネットキャッシングでどこでも借入れ

PCやスマートフォンなどから借入れのできる会社も多くあります。この方法は「ネットキャッシング」とも呼ばれ、契約した会社の公式ホームページやアプリから会員専用ページにログインして利用できます。

Webから借入れをしたい場合は、そこから振込申請をおこなってください。タイミングしだいでは申請当日中に登録された銀行口座に現金が振り込まれます。

最低借入額は?

借入れ額が大きいほどに金利も高くなることから、少額から借りたいという需要もあることでしょう。

最低借入れ額は会社によって異なるものの、1,000円単位や10,000円単位などの少額を借入れできる会社は多くあります。

ただし、コンビニなどの提携ATMの場合、小銭の引き出しができないという点に注意してください。

返済方式の種類

返済方式には、一括払いとリボ払いの2種類があります。

一括払い:すべての返済額を支払うこと
リボ払い:毎月一定の金額を支払うことで返済

どちらの方式を選んだとしても、元金に利息を追加して返済する流れです。

キャッシングを利用する会社によって一括払いとリボ払いのいずれかを選択できることもありますし、どちらかの返済方式に限定される場合もありますので、借り入れの前には返済方式を確認しておきましょう。

また、リボ払いには、「定額方式」「定率方式」「残高スライド方式」の3種類があります。

定額方式とは毎月一定の金額を支払う方式で、元利定額リボルビング方式は一定の支払い金額の中に利息が含まれ、元金定額リボルビング方式では一定の元金返済額に追加して利息を支払う流れです。

定率方式とは一定の割合で算出した返済金額を支払う式で、元利定率リボルビング方式は借入残高に利息を追加し、定率を適用した金額を支払います。元金定率リボルビング方式は借入残高に定率を適用し、算出した元金返済金額に利息を追加して支払います。

残高スライド方式とは借入残高によって定額または定率で段階的に返済する方式で、残高スライド方式は残高スライド定額方式と残高スライド定率方式に2分されます。そして、そこからさらに元利均等方式と元金均等方式の種類に分けられます。

リボ払いは毎月一定金額しか返済できないわけでなく、利用する会社によって繰り上げ返済や一括払いもあわせて利用できます。長期化して利息の増加を防ぐために積極的に取り入れていくと良いでしょう。

返済が遅れると遅延損害金が発生

せっかくキャッシングを契約しても、返済が遅れれば遅延損害金が発生します。

遅延によって発生する利息の割合は法律で20%までと決まっていますが、利率として決して低くありません。そのほかにも個人信用情報への影響も考えないといけないので、延滞が発生しないように計画的な利用と返済をおこなう必要があります。

まとめ

キャッシングは借金になるので注意すべき点、返済のリスクが伴います。

計画性のない利用で経済苦しくなる可能性もあるため、準備をしてから利用することが望ましいです。

そのうえで上手に活用すれば、キャッシングはもしものときに心強いサービスと言えるでしょう。また、「すぐに現金をなんとかしたい」という場合に最も効果的な方法とも言えます。

記事を参考に、ぜひキャッシングの正しい利用を実現してください。

とさかおみ
とさかおみ
874 views

メガバンクに勤務経験あり。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。