年会費無料のゴールドカードがあるって本当?無料で作れるゴールドカードを一挙紹介!

クレジットカードの中でもステータス性の高いゴールドカードは、年会費が高いことでも有名ですが、そんなゴールドカードの中にも年会費が無料のゴールドカードが存在することを知っていますか?

「年会費が無料のゴールドカードって特典もそれなりなのでは?」年会費無料のゴールドカードと聞くと、このように感じる方もいるかもしれませんが、しっかりとゴールドカードらしい特典が付帯しています。

ですので今回はゴールドカードの中でも、年会費が無料で持てるゴールドカードにスポットを当てて紹介していきますので、年会費無料のクレジットカードにこだわっている方は、ぜひこれらのゴールドカードを所有してみてはいかがでしょうか。

年会費無料のゴールドカードとは?

現在国内で発行されている年会費無料のゴールドカードは、通常のクレジットカードのように単にカードに申し込んで年会費が毎年無料といったゴールドカードは存在しません!

どの年会費無料のゴールドカードも、そのカードの条件を満たして初めて、年会費が無料のゴールドカードになります。そのため、インビテーションによる入会や年間利用金額などの条件を満たす必要がありますが、その分通常のゴールドカードと引けを取らないゴールドカードと言えます。

通常のゴールドカードであれば、年会費が必ず発生しますので、年会費がかからない上にゴールドカードの特典が受けられるお得なゴールドカードとなっています。

ゴールドカード年会費の基準

年会費無料のゴールドカードを紹介していく前に、ゴールドカードの年会費はどれくらいかかるのでしょうか。

ゴールドカードの年会費は、近年では若者向けのゴールドカードも発行されていて、安いゴールドカードで言えば2,000円前後の年会費で利用することができますが、基準としては10,000円がゴールドカードの年会費となっています。

今回紹介する年会費無料のゴールドカードも年会費10,000円ほどのゴールドカードと遜色ないゴールドカードになっていますので、そちらについて詳しく見ていきましょう。

以上が、年会費無料のゴールドカードとは?についての内容です。

年会費無料のゴールドカードは、ある一定の条件を満たすことで年会費無料で保有できるゴールドカードになりますので、その条件はゴールドカードの特典について見ていきましょう。

年会費が無料で作れるゴールドカード!

それでは実際に年会費が無料で作れるゴールドカードを紹介していきます。該当のカードは以下のようになります。

  • イオンゴールドカード
  • エポスゴールドカード
  • セブンカード・プラス(ゴールド)
  • NTTグループカードゴールド
  • 三菱UFJ-VISAゴールド

それぞれ条件とゴールドカードの特典を見ていきましょう。

イオンゴールドカード

年会費永年無料
ブランドJCB/VISA/Mastercard
支払い回数
  • 1回払い
  • 2回払い
  • 分割払い(3.5.6.10.12.15.18.20.24.30.36.42.48.60回)
  • リボ払い
  • ボーナス1回払い
  • ボーナス2回払い
ボーナス取扱期間夏:11/21〜6/20→7/2・8/2・9/2支払い

冬:6/21〜11/20→1/2支払い

ご利用可能枠100万円以上
カード締め日毎月10日
カード支払日翌月2日
ポイントときめきポイント200円につき1ポイント
ポイント還元率基本還元率:0.5%

イオン加盟店:1%

保険海外旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)

国内旅行傷害保険:最高3,000万円(利用付帯)

ショッピングセーフティ保険:年間300万円まで

ETCカード発行手数料:無料

年会費:無料

家族カード発行手数料:無料

年会費:無料

1つ目の年会費無料のゴールドカードは、「イオンゴールドカード」になります。

基本概要は上記の通りですが、イオンゴールドカードの年会費無料の条件と特典について見ていきましょう。

イオンゴールドカードはインビテーションがなければ入会不可!

イオンゴールドカードに入会するには、イオンカードを利用してインビテーション(招待)を受け取る必要があります。このインビテーションにがなければイオンゴールドカードを保有することはできませんので注意しましょう。

イオンゴールドカードのインビテーションが来る条件は、

  • イオンカード
  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカード(ディズニー・デザイン)
  • イオンカードセレクト
  • イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン

上記のイオンカードを年間100万円以上利用した時にインビテーションが届くようになっています。イオンゴールドカードのインビテーションが届くと、ゴールドカードの切替が可能になり、1度切替るとよほど支払不良などがない限り永年無料のゴールドカードとなりますので、とてもお得です。

イオンゴールドカードのインビテーション条件は他にも色々とあるようですが、正式に公表されているのは上記の内容ですので、確実に欲しい方は年間100万円目指して利用していきましょう。

イオンゴールドカードならではの特典

イオンゴールドカードの特典としては、

  • ショッピングセーフティ保険が手厚い
  • 海外・国内旅行傷害保険が無料付帯
  • イオンラウンジや国内空港ラウンジが利用可能

上記のような特典がイオンゴールドカードになることによって追加で付帯されます。それぞれ内容を説明していきます。

ショッピングセーフティ保険が手厚い

イオンカードセレクトは、年間50万円までのショッピングセーフティ保険が付帯していますが、イオンゴールドカードになると年間300万円までと補償内容が手厚くなります。

特に高額な買い物の際には、カードで買う方が多いと思いますので、そういった買い物の際に偶発的な事故で破損してしまった場合の補償がつくのはとても安心の特典となっています。

海外・国内旅行傷害保険が無料付帯

イオンゴールドカードになると、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険も無料で付帯することができます!年会費無料のクレジットカードでは、十分すぎるほどの保険内容になっていますので、これも魅力的な特典となります。補償内容については以下を参照ください。

【海外旅行傷害保険】(利用付帯)

傷害死亡・後遺障害最高5,000万円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任3,000万円
救援車費用200万円
携行品損害(免責3,000円)30万円

【国内旅行傷害保険】(利用付帯)

死亡・後遺障害保険金額最高3,000万円
傷害入院保険金日額(最高180日分)5,000円
傷害通院保険金日額(最高90日分)3,000円
イオンラウンジや国内空港ラウンジが利用可能

イオンゴールドカードを保有していることでラウンジサービスも利用が可能になります。受けられるラウンジサービスは、イオンラウンジ及び国内空港ラウンジのみにはなりますが、そもそも年会費無料でラウンジサービスが付帯しているカードはなかなかありません!

イオンラウンジは、イオンモール内に設置してあるラウンジになっていて、土日祝などの人が多い日には時間制限があるものの、家族連れにはちょうどいい休憩スペースになるので、しっかり活用したいところです。

また、国内空港ラウンジは、

  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 新千歳空港
  • 伊丹空港
  • 福岡空港
  • 那覇空港

上記の6空港計12ラウンジが利用できます。ただし、国内空港ラウンジは、同伴者は有料になるため、その点注意が必要です。

国内での出張時などにも使えるので、頻繁に使う特典ではないかもしれませんが、あると使える特典です。

以上が、イオンゴールドカードの内容になります。

イオンゴールドカードの年会費無料の条件と特典は、

〔年会費無料の条件〕

  • インビテーションによる入会で永年無料

〔イオンゴールドカードの特典〕

  • ショッピングセーフティ保険が手厚い
  • 海外・国内旅行傷害保険が無料付帯
  • イオンラウンジや国内空港ラウンジが利用可能

となりますので、参考にしてください。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

年会費通常5,000円(税込)条件クリアで永年無料
ブランドVISA
支払い回数
  • 1回払い
  • 2回払い
  • 分割払い(3〜36回)
  • リボ払い
  • ボーナス1回払い
ボーナス取扱期間夏:1〜6月→7・8月支払い冬7〜12月→12・1月支払い
ご利用可能枠0〜300万円
カード締め日毎月27日or毎月4日
カード支払日翌月27日or翌月4日
ポイントエポスポイント200円につき1ポイント
ポイント還元率基本還元率:0.5%

最大1.5%

保険海外旅行傷害保険:最高2,000万円(自動付帯)
ETCカード発行手数料:無料

年会費:無料

家族カード発行手数料:無料

年会費:無料

続いての年会費無料で保有できるゴールドカードは、「エポスゴールドカード」になります。

エポスゴールドカードの基本概要も上記にまとめていますが、年会費無料で持てる条件と特典について見ていきましょう。

エポスゴールドカードは、年間50万円以上利用すると年会費が永年無料になるカード!

エポスゴールドカードを年会費無料で持つためには、エポスカードを年間50万円以上利用してインビテーションを受けとるか、エポスゴールドカードに申し込みをして(年会費5,000円必要)、エポスゴールドカードを年間で50万円以上利用するかを満たすことで年会費無料のエポスゴールドカードを持つことができます。

このカードの場合は、とにかく年間50万円を利用することで年会費が無料になるので、今回紹介するゴールドカードの中でももっとも条件が優しいカードになっているので魅力です。既にエポスカードを保有している方は、年間50万円、月間で言えば42,000円で済むので、目指したいところですね。

エポスゴールドカードの特典

エポスゴールドカードの特典としては、

  • ポイントや優待特典が豊富
  • 海外旅行傷害保険が通常カードよりやや手厚く
  • 国内・海外の空港ラウンジが無料で使える

上記のような特典が受けられますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ポイントや優待特典が豊富

エポスゴールドカードは、エポスカードとポイント還元率はどう率ではあるものの、毎年ボーナスポイントがもらえる分お得になります。

エポスゴールドカードでは、年間の利用金額に応じて、ボーナスポイントがもらえます。

  • 年間利用金額50万円以上→2,500ポイント
  • 年間利用金額100万円以上→10,000ポイント

該当する条件を満たすとポイントがもらえるので、基本還元率0.5%と平凡な還元率ですがボーナスポイントを含めるとお得になりますので、年間50万円以上利用がある方はほぼ1%還元同等のカードとしても使えます。また、エポスゴールドカードならではの特典として、ポイントの有効期限がないことも大きな特典の1つになります。ポイントを長期的に貯めたい方にぴったりのカードになりますので、合わせて覚えておきましょう。

その他、「エポトクプラザ」というエポスカード会員専用の優待サイトに掲載されているお店であれば、割引やポイントなどの優待サービスを受けることが可能です。これはエポスカード全体の特典ですので、ゴールドカード限定ではありませんが、紹介しておきます。

海外旅行傷害保険が通常カードよりやや手厚く

エポスゴールドカードは、エポスカードに比べて海外旅行傷害保険が少しだけですが手厚くなります。補償内容については以下の通りです。

【海外旅行傷害保険】(自動付帯)

傷害死亡・後遺障害最高1,000万円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任2,000万円
救援車費用200万円
携行品損害(免責3,000円)30万円

見てもらうと分かりますが、他のゴールドカードに比べると補償内容が見劣りしてしまうのは否めませんが、この点はエポスゴールドカードのデメリットとも言えるかもしれません。

国内・海外の空港ラウンジが無料で使える

エポスゴールドカードでは、空港ラウンジも国内を中心に無料で使えます!現在利用できる空港ラウンジとしては、以下の通りです。

  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 仙台国際空港
  • 小松空港
  • 中部国際空港
  • 大阪国際(伊丹)空港
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 広島空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 長崎空港
  • 阿蘇くまもと空港
  • 大分空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ホノルル空港
  • 仁川空港
  • ホノルルラウンジ

主要国内空港はもちろんハワイや韓国での空港ラウンジも一部利用可能になっています。その他にも、クローク割引サービスや宅配優待価格、海外サポートデスクなども付帯しているため、旅のサポートをしてくれるカードとなっています。

以上が、エポスゴールドカードの年会費無料の条件と特典になります。

エポスゴールドカードの年会費無料の条件と特典を簡単にまとめると、

〔年会費無料の条件〕

  • 年間50万円以上の利用

〔イオンゴールドカードの特典〕

  • ポイントや優待特典が豊富
  • 海外旅行傷害保険が通常カードよりやや手厚く
  • 国内・海外の空港ラウンジが無料で使える

となりますので参考にしてください。

セブンカード・プラス(ゴールド)

セブンカード・プラス(ゴールド)

年会費永年無料
ブランドJCB/ VISA
支払い回数1回払い

2回払い

分割払い(3.5.6.10.12.15.18.20.24)

リボ払い

ボーナス1回払い

ボーナス取扱期間夏:12月16日〜6月15日→8月10日支払い

冬:7月16日〜11月15日→1月10日支払い

ご利用可能枠10〜150万円
カード締め日毎月15日
カード支払日翌月10日
ポイントnanacoポイント200円につき1ポイント
ポイント還元率基本還元率0.5%セブンイレブングループで1.5%
保険ショッピングカード保険:年間100万円まで
ETCカード発行手数料:無料

年会費:無料

家族カード発行手数料:無料

年会費:無料

続いての年会費無料のゴールドカードは、「セブンカードプラス・ゴールド」になります。セブンカードプラス・ゴールドの基本概要は上記の通りですが、年会費無料の条件と特典について見ていきましょう。

セブンカード・プラス(ゴールド)は、通常申し込みは不可!

セブンカード・プラス(ゴールド)は、イオンゴールドカードと同様でインビテーションによる入会でなければ保有することのできないゴールドカードとなっています!

そのため、まずはセブンカード・プラスを利用する必要があり、

  • 年間100万円以上の利用
  • セブン&アイホールディングス店舗で年間60万円以上の利用

上記のどちらかの条件を満たす必要があります。インビテーションによってセブンカード・プラス(ゴールド)に入会できれば永年無料のゴールドカードを持つことができるので、とてもお得です。

セブンカード・プラス(ゴールド)の特典

では、セブンカード・プラス(ゴールド)の特典について見ていきましょう。主な特典としては、以下のようになります。

  • ショッピング保険が付帯
  • セブン旅デスクで5%OFF

それぞれ見ていきます。

ショッピング保険が付帯

セブンカード・プラス(ゴールド)は、ショッピング保険が国内外関わらず補償が受けられます。免責金額は国内で5,000円、海外で10,000円と年間100万円までの補償が受けられるので万が一の時に安心です。

ただ、旅行傷害保険は付帯していませんので注意しておきましょう。

セブン旅デスクで5%OFF

セブンカード・プラス(ゴールド)では、大手旅行代理店のツアーを扱う「セブン旅デスク」のパック料金が5%OFFで受けられる特典も付帯しています。パックで旅行される際には割引が受けられるので、地味に嬉しい特典です。

以上が、セブンカード・プラス(ゴールド)の内容になります。このカードは年会費無料で持てるゴールドカードにはなるものの、今回紹介した中では特典が弱い内容になっています。ゴールドカードではあるものの、旅行傷害保険やラウンジサービスが一切ないので、それなりの特典にはなりますが年会費は無料なので、損はないカードに留まるかもしれません。

簡単に内容をまとめると、

〔年会費無料の条件〕

  • 年間100万円以上(セブン&アイHDであれば年間60万円)の利用

〔セブンカード・プラス(ゴールド)の特典〕

  • ショッピング保険が付帯
  • セブン旅デスクで5%OFF

となりますので参考にしてください。

NTTグループカードゴールド

写真:NTT グループカードゴールドMaster Card と VISA

年会費通常5,000円(税抜)
ブランドVISA/Mastercard
支払い回数1回払い

2回払い

分割払い(3〜24回)

リボ払い

ボーナス1回払い

ボーナス取扱期間VISA:12月16日〜6月15日→8月25日支払い

7月16日〜11月15日→1月25日支払い

ご利用可能枠30〜200万円
カード締め日毎月月末
カード支払日翌月25日
ポイント1,000円につき10ポイント
ポイント還元率基本還元率0.4〜0.6%
保険海外旅行傷害保険:最高5,000万円(自動付帯)

国内旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)

ショッピング保険:年間300万円まで

ETCカード発行手数料:無料

年会費:無料

家族カード発行手数料:無料

年会費:1,500円(税抜)※1枚につき

続いての年会費無料のゴールドカードは、「NTTグループカードゴールド」になります。このカードの基本概要は上記の通りですが、年会費無料の条件と特典について見ていきましょう。

年間100万円以上の利用で次年度年会費無料

NTTグループカードゴールドでは、年会費無料で保有するためには年間100万円以上利用する必要があります。この条件を満たすことで、次年度の年会費が無料になるので、毎年100万円以上利用する方は実質年会費無料で保有できるようになっています。

これまで紹介してきたゴールドカードとは違い、1度条件を満たせば永年無料というカードではありませんので、十分注意しておきましょう。

ただ、条件が満たせない場合でも年会費は5,000円(税抜)と比較的安価な年会費になりますので、特典内容から見ても十分お得なゴールドカードになっています。

NTTグループカードゴールドの特典

続いては、NTTグループカードゴールドの特典について見ていきます。主な特典内容としては、

  • 保険やラウンジサービスも付帯
  • クラブオフの会員優待サービス付帯
  • キャッシュバック特典多数

これらの特典が付帯していますので、それぞれ見ていきます。

保険やラウンジサービスも付帯

NTTグループカードゴールドは、保険やラウンジサービスも付帯しているゴールドカードになります。

保険に関しては、国内外旅行傷害保険とショッピング保険が付帯していて、海外旅行傷害保険に関しては、自動付帯で家族特約まで付帯しているので、とても安心できる保険になっています。補償内容は以下の通りです。

【海外旅行傷害保険】(自動付帯)

傷害死亡・後遺障害最高5,000万円(1,000万円)
傷害治療費用200万円(200万円)
疾病治療費用200万円(200万円)
賠償責任2,000万円(2,000万円)
救援車費用200万円(200万円)
携行品損害(免責3,000円)50万円(50万円)

()内は家族補償

【国内旅行傷害保険】(利用付帯)

死亡・後遺障害保険金額最高5,000万円
傷害入院保険金日額5,000円
傷害通院保険金日額3,000円

【ショッピング保険】
年間300万円まで(免責金額10,000円)

また、ラウンジサービスも国内外46のラウンジで受けることができるので、ゴールドカードらしい特典内容になっています。受けられる空港ラウンジは下記ページより参照ください。

クラブオフの会員優待サービス付帯

NTTグループカードゴールドの最大の特典とも言えるのが、会員優待サービスの「クラブオフ」になります。

クラブオフは、会員優待サービスとして、

  • 国内の宿が最大90%OFF
  • 映画チケットが会員優待価格
  • ホテルグルメレストランが最大50%OFF
  • レジャー施設が最大60%OFF

といった割引優待サービスを中心に全国20万件以上のサービスを受けることができます!

さらに年会費500円(税抜)を払ってVIP会員になると、1泊500円で宿泊できるなど破格の金額で利用が可能になるので、クラブオフの特典はしっかりと利用していきましょう。

キャッシュバック特典多数

これらの特典はNTTグループカード共通の特典にはなりますが、NTTの通信料をカードで支払うとキャッシュバックになる特典も付帯しています。

NTTグループの通信料をカード払いすると、金額に応じてキャッシュバックを受けることができます。

月間カード利用金額キャッシュバック率
2万円〜4万円未満1.5%
4万円〜6万円未満3.0%
6万円〜8万円未満4.5%
8万円〜10万円未満6.0%
10万円〜20万円未満8.0%
20万円〜30万円未満18.0%
30万円〜40万円未満28.0%
40万円〜50万円未満38.0%
50万円〜60万円未満50.0%
60万円以上60.0%

最高の60%キャッシュバックを受けるのはなかなかハードルは高そうですが、通信料の支払いがあればお得になるサービスなります。

その他にも、出光でカード利用するとポイントと利用金額に応じたキャッシュバックが受けられる特典もあります。対象の給油に関しては100ℓまでと制約はありますが、最大リッター40円分のキャッシュバックがあるので、ガソリンは出光を利用するとお得になるカードになります。

以上が、NTTグループカードゴールドの内容になります。

このカードの年会費無料の条件と特典についてまとめると以下のようになります。

〔年会費無料の条件〕

  • 年間100万円以上の利用で次年度無料

〔NTTグループカードゴールドの特典〕

  • 保険やラウンジサービスも付帯
  • クラブオフの会員優待サービス付帯
  • キャッシュバック特典多数

毎年100万円以上利用する必要がありますが、特典は保険やラウンジサービス、優待特典と多数付帯しているのでお得なゴールドカードになっています。

三菱UFJ-VISAゴールド

年会費通常10,000円(税抜)
ブランドVISA
支払い回数
  • 1回払い
  • 2回払い
  • 分割払い(3.5.6.10.12.15.18.20.24回)
  • リボ払い
  • ボーナス1回払い
ボーナス取扱期間夏:12/16〜6/15→8/10支払い冬:7/16〜11/15→1/10支払い
ご利用可能枠50〜300万円
カード締め日毎月15日
カード支払日翌月10日
ポイント1,000円につき1ポイント
ポイント還元率基本還元率0.5%
保険海外旅行傷害保険:最高5,000万円(自動付帯)

ショッピングセイバー:年間300万円まで

ETCカード発行手数料:1,000円(税抜)

年会費:無料

家族カード発行手数料:無料

年会費:1名まで無料

2名から1,500円(税抜)

最後の年会費無料のゴールドカードは、「三菱UFJ-VISAゴールド」になります。

三菱UFJ-VISAゴールドの基本概要は上記にまとめていますが、このカードの年会費無料の条件と特典について見ていきましょう。

年間100万円以上の利用で次年度無料

三菱UFJ-VISAゴールドは、先程紹介したNTTグループカードゴールド同様で、年間100万円以上利用することで次年度の年会費が無料になります。そのため、毎年100万円以上利用する必要がありますが、条件が達成できない場合は、10,000円(税抜)の年会費がかかりますので、注意しておきましょう。

三菱UFJ-VISAゴールドの特典

三菱UFJ-VISAゴールドの特典としては、

  • ATM手数料が無料
  • 国内外旅行傷害保険が付帯
  • 年間利用額に応じて次年度のポイント還元アップ

上記のような特典が付帯していますので、それぞれ見ていきます。

ATM手数料が無料

三菱UFJ-VISAゴールドは、三菱UFJ銀行のキャッシュカードとしても使えるカードで、ATMの入出金手数料が無料で利用できます。地味な特典にはなりますが、わざわざ銀行ATMまで出向かずに近くのコンビニで入出金が可能になるので、特典の1つになります。

国内外旅行傷害保険が付帯

三菱UFJ-VISAゴールドは、国内外旅行傷害保険やショッピングセイバーが付帯しているゴールドカードになります。補償内容については以下を参照ください。

【海外旅行傷害保険】(自動付帯)

傷害死亡・後遺障害最高5,000万円(2,000万円)
傷害治療費用150万円
疾病治療費用150万円
賠償責任2,000万円
救援車費用150万円
携行品損害(免責3,000円)50万円

()内は家族補償

【国内旅行傷害保険】(利用付帯)

死亡・後遺障害保険金額最高5,000万円
傷害入院保険金日額5,000円
傷害通院保険金日額3,000円

【ショッピング保険】
年間300万円まで(免責金額10,000円)

その他、空港ラウンジサービスも国内の主要空港はもちろん、ホノルル国際空港でラウンジサービスが受けられますので、ゴールドカードの特典がしっかり付帯したカードになっています。

年間利用額に応じて次年度のポイント還元アップ

三菱UFJ-VISAゴールドは、「三菱UFJポイント+PLUS20」というサービスがあり、年間で50万円以上利用が利用すると次年度のポイント還元率が20%される特典も付帯しています。

三菱UFJ-VISAゴールドは、基本還元率0.5%と平凡な還元率ではありますが、年間100万円利用した際に1,000ポイントが付与されますが、50万円以上の条件も満たしていることで、プラス200ポイントがもらえる特典内容になっています。

ポイントで見ると少なく感じますが、三菱UFJ-VISAゴールドのポイントは1ポイント5円相当の価値があるので、6,000円分相当の還元が受けられます。これでも他カードに比べるとどうしても見劣りしてしまいますが、通常のカードよりははるかにお得にはなりますので、利用の際は年間100万円を利用することで、年会費無料とポイント還元率アップを目指して利用していきましょう。

以上が、三菱UFJ-VISAゴールドの内容になります。

このカードの年会費無料の条件と特典についてまとめると以下のようになります。

〔年会費無料の条件〕

  • 年間100万円以上の利用で次年度無料

〔三菱UFJ-VISAゴールドの特典〕

  • ATM手数料が無料
  • 国内外旅行傷害保険が付帯
  • 年間利用額に応じて次年度のポイント還元アップ

ゴールドカードですので、保険やラウンジサービスの付帯はあるものの、少し内容的には弱い部分はありますが、年会費が無料で持てるゴールドカードになっています。

まとめ

年会費無料のゴールドカードにスポットを当てて、5つのゴールドカードを紹介してきました。内容を簡単にまとめると以下のようになります。

【イオンゴールドカード】

〔年会費無料の条件〕

  • インビテーションによる入会で永年無料

〔イオンゴールドカードの特典〕

  • ショッピングセーフティ保険が手厚い
  • 海外・国内旅行傷害保険が無料付帯
  • イオンラウンジや国内空港ラウンジが利用可能

【エポスゴールドカード】

〔年会費無料の条件〕

  • 年間50万円以上の利用

〔イオンゴールドカードの特典〕

  • ポイントや優待特典が豊富
  • 海外旅行傷害保険が通常カードよりやや手厚く
  • 国内・海外の空港ラウンジが無料で使える

【セブンカード・プラス(ゴールド)】

〔年会費無料の条件〕

  • 年間100万円以上(セブン&アイHDであれば年間60万円)の利用

〔セブンカード・プラス(ゴールド)の特典〕

  • ショッピング保険が付帯
  • セブン旅デスクで5%OFF

【NTTグループカードゴールド】

〔年会費無料の条件〕

  • 年間100万円以上の利用で次年度無料

〔NTTグループカードゴールドの特典〕

  • 保険やラウンジサービスも付帯
  • クラブオフの会員優待サービス付帯
  • キャッシュバック特典多数

【三菱UFJ-VISAゴールド】

〔年会費無料の条件〕

  • 年間100万円以上の利用で次年度無料

〔三菱UFJ-VISAゴールドの特典〕

  • ATM手数料が無料
  • 国内外旅行傷害保険が付帯
  • 年間利用額に応じて次年度のポイント還元アップ

最後になりますが、年会費無料のクレジットカードが増えている中で、実はゴールドカードも条件を満たすことで年会費無料で持つことができます。

年会費無料のゴールドカードは、全て年間利用額が鍵となってきますが、生活費や月々の固定費などをカード払いに集約することで意外と条件を満たす方は大勢いると思います。年会費無料のゴールドカードであっても、特典がいいゴールドカードはありますので、ゴールドカードをまだ持っていない方はぜひ目指してみてはいかがでしょうか。

クレカホルダー
クレカホルダー
781 views

住宅メーカーの営業を経て、信販会社の営業歴は5年になります。
金融業界歴5年での営業経験から、クレジットカードを中心にカードローン、ポイント関連、デビットカードに精通した知識が豊富です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。