おすすめの医療保険ランキングTOP3!選び方やポイントも徹底解説

医療保険を選ぶ時に押さえたいポイント

「おすすめの医療保険は?医療保険はどうやって選べば良い?」

保険は基本的に何かあった時に、保障を受けるために加入するものであり、なにを保障したいのか?によって加入するべき保険は異なってきます。

その中で医療保険は「医療費全般」を保障するものであり、医療費に関するリスクを懸念している方にとっては重要な保険になってくるでしょう。また、現在沢山の保険が販売されており、ある程度分類が行われています。

一般的な分類方法としては、分野で分ける事が多いでしょう。保険は第1分野・第2分野・第3分野と保険によって分類されていますが、保険会社は第1分野(生命保険系)・第2分野(損保系)を兼業する事が出来ません。

しかし、第3分野(がん保険や医療保険)は、第1分野・第2分野どちらの保険を扱っている保険会社であっても、兼業する事が可能になっています。

つまり、販売している保険会社が多いので競争が激しく、必然的に医療保険の種類や選択肢というのは第1分野・第2分野の保険と比較した時に、多くなっています。なので、この記事では

  • 医療保険の選び方
  • おすすめの医療保険3選
  • 医療保険以外の選択肢

と言ったような観点から、おすすめの医療保険・選び方というポイントを解説していきたいと思います。まず、はじめに「医療保険の選び方は?」というポイントについて押さえていきたいと思います。

医療保険についておさらい

まず、始めに軽く医療保険の概要について押さえておきたいと思います。医療保険について簡単にまとめると「医療費を保障してくれる保険」です。

なにかの疾患・怪我等にあってしまい医療費の負担が大きくなってしまう、入院して収入の保障が無くなってしまうと言ったようなリスクをカバーするのが医療保険であり、最も人気の高い民間の医療保険の1つでしょう。

ただ、この「民間」というのが1つのポイントで、日本には国民皆保険制度というものがあり、そこで「健康保険」と言う公的な医療保険の加入が原則義務付けられています。

この日本に存在する国民皆保険制度というのは、世界的に見ても最も保障の厚い医療保障制度であり、民間の医療保険と同じような部分をカバーするので、民間の医療保険が不要であるという意見も存在しています。

ただ、やはり「医療とお金」というのは人生の中でも最も重要なポイントになってくる事が多いので、しっかりと保障しておきたいという方が多いのも事実でしょう。

主契約と医療保険

医療保険の選び方について押さえる際に、まずはじめに軸としたいのは「医療保険と主契約」というテーマです。一般的に、どんな保険にも主契約と言われる保険の基本的な部分に位置づけられる保障があります。

というのも、保険には様々な保障が付け加えられている事が一般的ですが、もしもこの保険に加入するなら「最低限この保障は付いてくる」と言ったものが、主契約です。

この主契約をどのようなものにするかによって保険の特性が変わってくるので、医療保険に加入する際には最も注目したいポイントの1つだと言えるでしょう。

医療保険には、様々な主契約を設定している商品が存在していますし、様々な保障を提供しているものが多いですが、どんな保険でも「入院給付金とその期間」「手術給付金」というのが、主な主契約になってくると思います。

入院給付金とその期間

まず、はじめに医療保険の入院給付金と期間について、結論からご紹介すると基本的に「日あたり1万円、最大60日」というのがベストになってくると思います。1つ1つ解説していきましょう。

入院給付金の形というのは、医療保険によって異なってきますが、一般的に「1日あたり5,000円から2万円まで」というものが多いでしょう。そして、多くの保険で給付金の額面を設定する事が可能です。

ただ、入院に掛かる一部の費用は健康保険で代用する事が可能になっています。手厚く保障したいというケースでは、1日あたり1万円程度あれば十分で、一般的には1日あたり5,000円の給付金で問題ないでしょう。

また、入院給付金には「入院給付金をいつまで保障する」という上限を設定する必要があります。一般的に60日~360日程度までが上限になっており、商品によっては入院している限り保障というものもあります。

これに関しても「60日まで」という最低限のもので、問題ないでしょう。毎年厚生労働省が発表している「患者調査」という調査がありますが、どの年も30日~40日程度に平均が収まっています。

もちろん、ケースバイケースではありますが、近年は高齢化の影響による患者数の増加や医療技術の発展によって、入院日数が縮まってきています。入院と聞くと長期間なものを想像しがちですが、実際のところは1ヶ月程度で退院できる事が多いのです。

手術給付金

医療保険の主契約として、次にポピュラーなのは「手術給付金」と呼ばれるものです。手術給付金には「変動タイプ」「一律タイプ」が存在しています。

というのも、医療保険における手術給付金とは「手術をした時に入るまとまったお金」という給付金であり、大きなお金が動きやすい手術の際に重宝される保障になっています。

ただ、肝心の手術は一概にする事は出来ません。というのも、どのような疾患で、どのような形で治療を行うのか?によって必要な手術の回数や方法が異なってくるからです。もちろん、このような事柄が変化してくると、必要になってくる治療費も異なります。

そこで、手術給付金には二種類存在しており、「どんな手術でも給付金が変わらない一律タイプ」と「手術によって給付金が変化する変動タイプ」が存在しています。一概には言えませんが、どちらかと言うと変動タイプのほうが手厚く保障すると言ったイメージに近いでしょう。

というのも、その特性は保険料にも影響し、どんな医療保険でも「変動タイプ」の手術給付金のほうが保険料が高くなる傾向にあります。ただ、最低限は健康保険で保障する事が可能なので、保険料の安い一律タイプを選択しても問題ありません。

ただ、同じ保険料なら変動タイプの方が良いと頭の片隅に押さえて頂けると、手術給付金を選択する際の1つの参考材料になると思います。

保険期間と払込期間

医療保険を選択する際に、もう一つ重要になってくるのは「保険期間と払込期間」で、この2つの点は「どのくらい保険料を支払うのか?どのくらい医療保険に加入するのか?」という点を左右し、ライフプランとも関わる重要な部分です。

保険期間とは、保険にいつまで加入するのか?という点を左右する部分です。医療保険には定期型と終身型が存在しており、定期型は数年単位で契約が更新され、保険料が徐々に高くなっていきます。

一方の終身型は、加入時点から加入した時点での契約が一生涯続き、加入時点での保険料は終身型の方が高く、長期間の保険料は定期型の方が高くなっています。

用途というのは人によって異なりますし、各環境によってもおすすめの保険は異なりますが、一般的には「数年単位の保険では定期、一生涯加入するなら終身型」という使い分けがされます。

また、終身型を選択した場合には「払込期間」を設定する必要があります。「短期払い・終身払い」が存在しており、短期払いは「一定期間支払う」というタイプで、終身払いは「一生涯支払う」というタイプになっています。

この2つの違いは、月々の負担をどうするのか?という部分に関わってきます。というのも、終身払いの場合は一生涯支払うというのが前提になっているため、月々支払う保険料は安くなりやすいです。

一方の短期払いは一定期間の間で、まとめて保険料を支払うので終身払いと比較した時に、短い期間で保険料を支払う事になります。そのため、この特性から月々の負担は終身払いよりも大きくなりやすくなります。

医療保険ランキング

先程、医療保険の選び方についてご紹介させて頂きました。医療保険の選び方が分かった所で、おすすめの医療保険(終身)を3つご紹介したいと思います。

ただ、万人におすすめ出来る保険というものは存在していません。そのため、今回ご紹介する保険もあくまで一例と考えて、先程ご紹介した選び方を参考にしながら、理想の医療保険に加入して頂けると幸いです。

No.1 終身医療保険プレミアムDX

まず、はじめにチューリッヒ生命から販売されている「終身医療保険プレミアムDX」についてご紹介したいと思います。終身医療保険プレミアムDXの基本的な保障は以下のようなものなっています。

  • 入院給付金1日 1万円
  • 入院給付の日数 30日から
  • 総入院日数限度 1,095日
  • 保険料 月々約1,500円(30代男性)

終身医療保険プレミアムDXの主契約は至って一般的な保障内容になっており、主契約のみでも十分に保障していく事が可能です。ただ、終身医療保険プレミアムDXの最も大きな特徴は豊富な特約にあるでしょう。

終身医療保険プレミアムDXでは、手術給付に関する特約、先進医療等の一般的な医療保険に備わっている特約はもちろんですが、「就業不能保障」を特約として追加する事が可能です。

形としては就業不能年金という名称で、怪我や病気によって就業不能(働けない状態)になった場合の保障を受ける事が可能です。一家の大黒柱として家計を支えており、病気の際にご家族の経済的な負担を懸念されている方におすすめです。

終身医療保険プレミアムDXの詳細は以下のページで確認する事が可能です。

No2 アクサダイレクトの終身医療

次にご紹介したいのは、アクサダイレクトから販売されている「アクサダイレクトの終身医療」という商品です。アクサダイレクトの終身医療の基本的な保障は以下のようなものになっています。

  • 入院給付金 1日5,000円から
  • 入院給付日数 60日から
  • 手術給付金 5万円
  • 保険料 約1,300円(30代男性)

入院給付金や入院給付日数等の観点から見た時に、一般的な保障内容になっており、通常の医療保険と遜色ないものになっているでしょう。ただ、アクサダイレクトの終身医療の大きな特徴は「長期入院時一時金給付特約」という特約が存在している事です。

この特約は、何かで入院した際に「60日」を超えた場合、つまり61日以上入院した場合に「50万円」の一時金が給付されます。他の医療保険には見られない特約であり、アクサダイレクトの終身医療の大きな特徴だと言えるでしょう。

No.3 新じぶんへの保険

次におすすめの医療保険としてご紹介したいのは、ライフネット生命から販売されている「新じぶんへの保険」という保険です。新じぶんへの保険の基本的な保障内容は以下のようなものになっています。

  • 入院給付金 5,000円から
  • 入院給付日数 60日から
  • 三大疾病の場合は、給付日数無制限
  • 手術給付金 5万円
  • 保険料 約1,500円(30代男性)

ライフネット生命から販売されている新じぶんへの保険の大きな特徴は「分かりやすくシンプルである」というポイントでしょう。新じぶんへの保険を販売しているライフネット生命は、ネットのみで保険の販売を行っているため、ネットから販売に強いです。

そのため、20代~30代にとっては内容を掴みやすいデザインで、WEBを設計しており「エコノミークラス」「おすすめコース」という2つのプランの違いが分かりやすくなっています。

エコノミークラスは、シンプルな最低限の保障を提供しており、上記したようなそのままのプランになります。一方のおすすめコースは、一般的な医療保険の代表的な特約を詰め込んだ(先進医療やがん保障)ものになっています。

また主契約で、三大疾病の場合は「入院給付金無制限」という手厚い保障があります。つまり、がん・心疾患・脳卒中等によって入院した場合には、入院給付の日数が無制限になり60日を超えた場合にも、給付されます。

保険料等の観点から、他の医療保険よりもメリットが大きいと言ったような保険ではありませんが、十分に選択肢に入ってくる保障内容ではあります。新じぶんへの保険の詳細は以下のページでチェック出来ます。

医療保険ランキング

お金のミカタ「お金BANK」

他にも選択肢はある

今回は、医療保険の選び方やおすすめの医療保険について解説させて頂きましたが、様々な事情により「医療保障を受けたいけど、民間には入れない・入りたくない」という方もいると思います。

例えば、病歴や健康状態に関して、医療保険加入時にマイナスな情報があると、医療保険の加入時の審査に落とされてしまうというケースも存在しており、そのような方にとっては医療保険以外の選択肢が必要になっていると言えます。

なので、これから「民間の医療保険以外の選択肢」という観点から、詳しく解説していきたいと思います。

共済

まず、はじめに民間の医療保険以外の選択肢として挙げられるのは「共済」です。共済とは、民間の保険会社を非営利にしたもので、非営利なので共済組合に入り、組合員の一人として掛け金を支払っていく事になります。

共済は、民間の保険会社が販売している保険と比較した時に

  • 「保険料が安い」
  • 「年齢・性別に関係なく保険料が一律」
  • 「病歴・健康状態に問題があっても加入しやすい」

と言ったような特徴を持っています。一般的に、民間の医療保険に加入しにくい事情として挙げられるのは、保険料や年齢・健康状態と言ったようなポイントなので、そのようなデメリットを取り払っていると言えるでしょう。

ただ、もちろん共済と民間の医療保険を比較した時に、一長一短な側面は存在しており、一概にどちらが良いとは言えません。ただ、民間の医療保険の代替案としては検討しやすい選択肢です。

がん保険

通常の疾病は健康保険で保障し、三大疾病のみを保障したいと言ったようなケースでは「がん保険」が大きな選択肢として検討される事が多いでしょう。医療保険は「医療費全般」を保障する保険になっていますが、がん保険は「がんの医療費のみ保障」と言った保険になっています。

両者を比較した際に、がん保険はがんのみを保障しているので、仮に何らかの病歴があったとしても「がんに関係のないもの」であれば、加入できる確率は高く保険料もそれほど高くありません。

また、三大疾病のみを保障したいという方にとっても、がんを手厚く保障出来るがん保険には大きなメリットが存在しているでしょう。がん保険の詳細については、以下の記事で詳しく解説しています。

まとめ

医療保険を選ぶ時のポイント

  • 医療保険は医療費全般を保障する保険
  • 主契約をチェック
  • 手術給付金・入院給付金とその期間も重要
  • 保険期間や払込期間は用途に合わせて

医療保険ランキング

  • 終身医療保険プレミアムDX
  • アクサダイレクトの終身医療
  • 新じぶんへの保険

他の選択肢について

  • 掛け金が安い共済
  • がんについてのリスクは、がん保険で

今回の記事では、医療保険の選び方という点から医療保険のランキング、共済・がん保険と言った選択肢についてもご紹介させて頂きました。

医療保険は多種多様な保険で販売さており、今回ご紹介した医療保険以外にも魅力的な保険というのは、存在しています。もしも今回ご紹介した医療保険に魅力的なものが無かったとしても、根気よく探してみるとベストな医療保険が見つかるでしょう。

senna
senna
731 views

金融業界経験 4年 個人投資家 3年

個人投資家として「株式」「債権」「FX」「仮想通貨」などへの投資・投機を中心的に行っている。

資産運用はもちろん、ファイナンシャルプランナーの知識を活かしながら、税金やライフプランに関する情報発信を行っている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。