• HOME
  • ブログ
  • FX , 投資
  • 少額からスタートするFX取引は億まで稼げる?トレード方法からおすすめFX会社まで徹底紹介!

少額からスタートするFX取引は億まで稼げる?トレード方法からおすすめFX会社まで徹底紹介!

Man
FXって少額からスタートしても、億単位まで稼ぐことはできるのかな?そもそもいくらから始められるの?

こんな気持ちを持っていませんか?

投資の中でも代表的な存在といえば、やはり株取引でしょう。株は購入するにあたり、1株から購入できるわけではありません。そのため、1株の値段が1,000円だとしても、100株からの購入しか受け入れていなければ10万円もの資金が必要となります。その点、FXは株取引と違い、少額から取引をスタートすることができます。

初期費用として必要な資金が少ないことは、FXが資金の少ない投資の初心者を中心に人気を集めているポイントの1つです。いっぽうで、少額からFX取引を始めて本当に儲かるのか疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。そこで今回の記事では、少額から始めるFX取引は稼ぐことができるのかや、具体的なトレード方法、少額取引におすすめのFX業者まで紹介していきます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

FXは少額からでもスタートできる!

FX会社によっても金額は異なりますが、ざっくり1,000通貨単位が最低取引量として設定されていることが多いでしょう。ちなみに、1通貨単位は1ドル、1ユーロなどその国の通貨の1つあたりの単位を指しています。つまり、1,000通貨単位であれば、ドル円の場合1,000ドル(10万円)から取引をすることが可能です。

加えて、FXではレバレッジの仕組みを使うことができ、国内では最大で25倍のレバレッジが利用できるため、約4,000円くらいから取引をスタートすることができます。さらに、SBI FXトレードであれば国内は最小の1通貨単位から取引をすることが可能です。

SBI FXトレードなら最小4円から取引可能

国内でも最小の取引単位である、1通貨単位からの取引を提供しているのがSBI FXトレードです。ドル円であれば1通貨単位(1ドル)から取引をすることが可能なので、最小でなんと4円(1ドル=100円)から取引をすることができます。

初心者の方であれば、投資に回せる資金はそれほど多くないのが実情でしょう。その反面、SBI FXトレードであれば非常に小さな金額からでもスタートすることができるため、数あるFX会社の中でも特におすすめです。

加えて、運営元の親会社はSBIホールディングスとなっています。同社は国内でも金融関係の事業で長年にわたって実績を積み重ねてきました。これによって、その信頼性は非常に高くなっていますし、資金力も豊富で経営も安定しています。こうした点を踏まえて、SBI FXトレードは初心者でも安心して取引できるFX会社だといえるでしょう。

FXで少額から億稼ぐための具体的なトレードテクニック

ここまで、少額FX取引の概要について見てきました。国内では最小で4円からトレードできることなど、実例がわかったことでより実感も増したことでしょう。ここからは、FXで少額から億まで稼ぐための具体的なトレードテクニックを見ていきましょう。

①テクニカル・ファンダメンタル分析の勉強をする

重要なポイントの1つとして、テクニカル・ファンダメンタル分析の勉強をすることが挙げられます。テクニカル分析とはチャートを指標やツールを活用して分析することで、その後の価格を予想してトレードに役立てる分析手法のことを指しています。また、ファンダメンタル分析とは経済の情勢や要人の発言、各国の発表する経済指標など関連するデータを使い、その後の価格を予想する分析手法のことを指しています。

こうした分析を勉強することは非常に大切です。FXではチャートの動きを予想して、それに合わせてトレード利益を出していくのが一般的です。それを行うために長い歴史の中で培われてきたのが、この2つの勉強手法です。こうしたことからも、積極的にテクニカルやファンダメンタルの分析を勉強していきましょう。

②エントリーの根拠を持つ

エントリーの根拠を持つことも、FXでは重要なポイントになります。具体的には、感覚でのトレードを避けて、テクニカルやファンダメンタルの分析で得た結果からエントリー時の根拠を持てるようにしましょう。

また、この根拠は人に説明できるだけのものであることが重要です。そのため、エントリー時には自分自身で誰か別の人を想定し、どのような理由でエントリーするのか仮想で良いので行うようにしましょう。根拠が明確になっていることで、その後のトレードの勝率を飛躍的に高めることができ、少額からでも億単位の資産を築くことができるはずです。

③期間ごとの目標金額を定める

期間ごとの目標金額を定めることも、少額でFX取引を始めるための大事なポイントです。たとえば、「今年中にいくらまで稼ぐ」と目標を決めて、その金額を残りの日数で割り、1日あたりにいくらFXで儲ければ良いのかを考えていきましょう。毎日トレードができない人であれば、1ヶ月あたりの目標金額を決めて、1週間あたりにどれくらいの利益を稼がなければいけないかを逆算しましょう。

よくある質問で、どれくらいエントリーすれば良いのかという声が聞かれます。一般的にエントリー回数は、自分の目標とする金額に応じて変わってきます。たとえば、目標金額が少ない人であれば、エントリー数をそこまで多くしないでも数回の取引で目標金額に達することができるでしょう。これに対して、目標金額が高い人であれば、エントリー回数を増やさないとそもそもその目標金額にまで到達することができません。

つまり、目標金額を決めることは自分自身のトレードスタイルを決めることにもつながります。それ以外にも、どれくらいの利益を狙っていくのかに応じてトレードにかける時間なども変わってくるでしょう。こうした点を踏まえても、少額から億単位の資産を築くのであれば、積極的に目標金額を定めていきたいところです。

④土日の時間を効果的に活用する

土日の時間を効果的に活用することも、FXでは非常に重要です。FXは平日であれば24時間いつでも取引をすることができますが、土日は世界的に銀行や証券取引所が休みとなっているため、トレードをすることができません。チャートも動いていないので、多くのトレーダーはこの時間を使い余暇にあてることでしょう。

しかし、成功しているトレーダーほど、この土日の時間を有効的に活用しています。つまり、この時間に勉強をしっかりと行うことで、平日の取引で利益を出せるようにしているのです。具体的な勉強方法としては、まずは自分のその週のトレードを見直すことから始めます。

たとえば、エントリーポイントはどうだったかや、チャートの動きはどうだったかなどが挙げられます。振り返りを行い課題と良かった点を洗い出すことで、どこを伸ばしてどこを改善すれば良いか明確にすることが大切です。その他にも、翌週のファンダメンタルの確認は必須作業です。具体的には、重要なイベントだけで良いので、何時に発表が行われるかをカレンダーやスマートフォンなどにメモしておきましょう。そして、そのタイミングでは必ずトレードをしておけるように意識しておきましょう。

⑤有名トレーダーから学ぶ

有名トレーダーから学ぶことは、FXでは非常に大きな財産となります。よく人のマネをすることから始めると良いと言われていますが、有名トレーダーはFXで成功した良い事例であります。そのため、有名トレーダーがそれまでに行ってきたことを学び、そこからトレードに役立てることも重要なポイントの1つとなるのです。

こうしたトレーダーはブログやメルマガなどで、積極的に情報配信を行っています。自分自身でもいろいろと調べてみて、信頼できそうなトレーダーの人がいればこうした情報を受信しても良いでしょう。

⑥米雇用統計で稼ぐ

米雇用統計は、稼ぐためには絶対に外せない要因の1つです。雇用統計では、失業率や雇用者数などのデータを国が公開します。米雇用統計は毎月第1金曜日に発表が行われます。事前に投資ファンドなど、アナリストがその月の予想値を発表しており、この予想値と発表された結果が乖離していた時に、大きく価格が変動することになります。

たとえば、当初予想されていた雇用者数の数値が5万人で、発表された数値が10万人であった場合はどうでしょう。この場合、発表された数値の方が予想されていた数値よりもポジティブであるため、価格は上昇します。つまり、ドル円であればロングでエントリーをすることで稼ぐことができる、絶好のタイミングといえるでしょう。

このように、発表値と予想値の差を利用することで、米雇用統計では大きく稼ぐことができます。

予想値と発表値が近い場合は価格がほとんど動かない

いっぽうで、数値の乖離がほとんどなかった場合には、価格も動きません。

たとえば、前月の雇用者数が5万人で、予想値が10万人であった場合などは、「今月の雇用者数は前月よりも良い結果となる」という前提条件のもとトレードが行われるからです。

つまり、雇用統計の発表前の段階で、予想値をもとにした内容は価格にすでに織り込み済みの状態となっているのです。

なぜアメリカの雇用統計はそれほど重要なのか?

なぜアメリカの雇用統計はそれほど重要視されているのでしょうか。実は、アメリカのGDPのおよそ70%は、個人消費によって支えられています。雇用に関するデータは、個人消費に直接結びつきます。

失業率が高く雇用者数も少なくなれば、アメリカの景気が落ち込むことは目に見えて明らかでしょう。そうなった場合、価格は大きく下落することが予想できます。

アメリカの雇用統計は、その後のアメリカの経済政策にも大きな影響を及ぼします。個人消費が経済を支えているアメリカにおいて、雇用者数や失業率はどのような政策を実施してくかの重要な指標となるからです。こうした点から、アメリカの雇用統計は重要な役割を持っていることがわかります。

米雇用統計の発表時には必ずトレードできるようにしておく

こうした点を踏まえても、米雇用統計の発表時には必ずトレードができるような状態にしておきましょう。はっきりいえば、数値の差を読み取るだけの作業なので、初心者でも簡単に取り組むことができるのがポイントです。

いっぽうで、このチャンスを活用しないのはトレーダーにとって大きな痛手となります。億単位まで稼ぎたいのであれば、なおさらでしょう。より確実に勝てるタイミングでは、積極的にトレードを行い利益を出していけるよう意識的に取り組んでいきましょう。

少額FX取引の成功談・失敗談

ここまで、少額取引の概要やトレードテクニックなどを確認してきました。ここからは、ツイッターなどの投稿から少額FXの成功談と失敗談についてどのような事例が多いのかも確認していきましょう。

少額FXの成功談で多い話

少額FXの成功談として多いのが、少額からでも大きな利益を狙えたという話です。具体的には、FXでは証拠金とレバレッジの仕組みを使い、少額でも大きな金額を運用することができます。

これによって、少額スタートから数百万円単位まで稼ぐことができた人も、多くいるようです。

少額FXの失敗談で多い話

ツイッター上などでも見かける失敗談として多いのが、少額から取引を始めたのに調子に乗って運用金額を大きくしたことで、失敗してしまったというものです。

少額取引に慣れた人が大きな金額で取引をすると、勝手が変わります。デモトレードなどで大きな金額を運用するイメージを掴んでから、少額取引を卒業して大きな金額を運用していった方が良いでしょう。

FX取引で必ず知っておきたい注意点

ここまで、FX取引で億まで稼ぐための具体的なトレード方法などを確認してきました。どのようなプロセスで稼いでいけば良いのかわかったことで、イメージがつかめたのではないでしょうか。

ここからは、FX取引で必ず知っておきたい注意点をまとめて確認していきましょう。

①低レバレッジの取引を心がける

低レバレッジでの投資を心がけることは、注意点として必ず覚えておきたいポイントの1つです。具体的には、5倍から10倍ほどのレバレッジで取引をすることをおすすめします。

レバレッジは魅力的な仕組みですが、かけたらかけた分だけ損失が発生した時にも大きくなってしまいます。リスクを抑えて取引をしていくことで、大規模の損害を背負わないように意識して取引しましょう。

②証拠金維持率には余裕を持つ

証拠金維持率ギリギリでのトレードも、あまりおすすめできません。証拠金ギリギリでトレードをしてしまうと、急激な価格変動に耐えられない可能性があるからです。

ロスカットが入ることでポジションが決済されればまだ良いのですが、あまりにも価格変動が大きいと、場合によってはロスカットが間に合わずに借金をしてしまう可能性があります。

そのため、証拠金維持率は高めを維持しておきましょう。具体的な数値を挙げるとすると、200%以上を常に維持できるような取引量でトレードをすることを意識すると良いでしょう。

③感覚でトレードをしない

上述しましたが、FXトレードでは根拠を持ったトレードが非常に大事です。初心者でもっとも多い失敗談として、感覚でトレードをすることが挙げられます。感覚でのトレードは基本的におすすめできません。短期的に勝つことができても、長期的には再現性がないため負けてしまうからです。

そのため、テクニカルやファンダメンタルを徹底して、根拠のあるトレードで勝率を高めていきましょう。

④資金効率は悪い

少額取引の場合、資金効率は圧倒的に悪くなります。10万円でのトレードと1万円のトレードを比較すればわかりますが、同じ割合で取引をしたとしても1万円のトレードは10分の1しか稼ぐことができません。

こうした点を踏まえても、少額ではいきなり大きな利益を狙えないので、コツコツ積み重ねていくことを心がけていきましょう。

まとめ

以上、少額FXについて解説してきました。今回紹介したように、FXでは少額からスタートしても大きな利益を出せる魅力があります。実際に、少ない資金から億単位の資産を築いたトレーダーもいることから、夢のある投資であることは間違いないでしょう。

そのいっぽうで、大きな金額を運用できることのデメリットもあります。具体的には、損失に振れた時にも大きな損失が出てしまう点や、借金を背負ってしまう可能性がある点です。感覚でトレードすることで、こうしたリスクはさらに大きくなってしまいます。そのため、テクニカルやファンダメンタルを意識して、エントリー時には根拠を持てるようなトレードを心がけると良いでしょう。

この記事を参考に、みなさんもぜひ少額から億単位までの利益を狙ってみてくださいね。

前原
前原
639 views

仮想通貨やフィンテックを中心にフリーライターとして活動しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。