• HOME
  • ブログ
  • FX , 投資
  • 海外FX口座を開設するなら取引業者の実態把握が大事。海外FX業者の真の姿とはいったい?

海外FX口座を開設するなら取引業者の実態把握が大事。海外FX業者の真の姿とはいったい?

これから海外FX口座の利用を考えているという方に海外FX業者の実態について解説していきます。

  • 「海外FXを始めたいけれどイマイチよく分からない」
  • 「国外にある取引業者って大丈夫なの?」
  • 「英語が使えないとダメ?」

恐らくこういった不安や疑念を抱いてしまうことと思います。

大切なお金を預けるわけですからトレードする前に、まずは預け先の取引業者がどういった性質であるのかを知っておくことは非常に大切です。

思い切って実際に体験してみるのも一つの方法ですが、そこで万が一大きな痛手を被ってしまったら・・・やはり危ない思いをしたくはないものですよね。

そこで本ページでは、FXサービスを提供している海外の取引業者についてその基本的な事柄や営業実態の現状、また海外FX業者の安全な選び方やおすすめの取引業者などについてお話していきます。

海外FX業者の一般的なイメージ

海外FX業者の怪しさ

海外FX業者は当然のことながら海外に所在を置いていますので、出向いてこの目で実態をチェックしたり、直接社員に会って質問等をぶつけることが難しい存在です。

インターネット上では海外FX業者の危険性を訴えるウェブサイトや実際に被害にあったなどと記しているページなんかがあります。

もちろん海外口座においてトラブルがゼロという訳ではありませんのでそういった主張に一定の信憑性を認めることは可能です。

例えば口座資金を出金しようとした所、出金を拒否されお金を戻すことができなかったとか、突然サービスを終了すると一方的に告げられ、しかも既存のポジションを全て強制決済されてひどい目に遭ったなんていうのもあります。

またこれとは別に、「海外・お金・投資(ギャンブル)」という3要素の組み合わせだけを考えても、「不安・詐欺・不正行為」といった概念が容易に思いつくのはあながち間違った話ではありません。

反論

私たち日本人から見た場合海外FX業者は遠い異国に存在する企業ですが、彼らのサービス提供先は世界中に広がっています。

そして世界中に存在する数多くの顧客にとって、海外FX業者は日本人と同様に他国のサービス提供業者であるわけです。


出典:FxPro

また中には取引業者の所在地と顧客の国籍が同一であるパターンがもちろんあり、そういったトレーダーからすれば、海外FX業者は日本人がDMM.com証券やマネックス証券といった国内ブローカーで口座開設するのと同じことなのです。

もちろんなんだか怪しそうな海外FX業者も存在していますが、これについては他の金融ジャンルにおいても同じことです。

Expert
他には金融以外のサービス全般においても、不正を働く者が存在するのは説明するまでもありません。

海外FX業者は基本的には、通貨ペアのスプレッドや海外FXならではと言える「取引手数料」を主な収入源としたごく普通の民間営利業者です。

FXは日本人トレーダーの割合が世界的に非常に高く(50%前後)、従って取引業者が私たち日本人を相手にする場合、通常行われている手数料ビジネスに徹するだけでも十分な利益を挙げることができるのです。

以上により、ごく少数のネガティブな意見や主張に振り回されることなく冷静に海外FX業者の実態を理解し、ハイレバレッジや低いロスカット率など海外FXでしか味わえないその醍醐味を逃さないようにする事が大切です。

海外FX業者の実際の特徴や営業スタンス

海外FX業者の実態についてより具体的な内容を説明していきます。

利益相反ではない

国内FX業者の実態

国内FX業者の主な利益の源はスプレッドであると思いがちですが、利益全体に占めるスプレッドの割合はそれほど大きなものではありません。

では何が大きな割合を占めているのかと言いますと、顧客注文処理の過程で得られる為替差益です。

国内業者は受けた注文の全てを即座にインターバンク市場へ送り込むことはせず、その一部は自社の利益となるよう私たちがトレードするのと同じようにディーラーを介して捌いています。

これにより、米ドル/円0.3pipsなどといった極小スプレッドであってもやっていける訳なのです。

これ以上の詳細は略しますが、以上のような状況から国内FXは業者と顧客の利益が対立する構図となり(利益相反)、滑り(スリッページ)や約定拒否などトレーダーにとって不利益となる事柄を引き起こす場合が出てきます。

海外FX業者の注文処理方法や利益発生要因

国内FX業者と大きく異なる海外FX業者の特徴の1つとして「利益相反性の無さ」があります。

海外FX業者の場合、みなさんが想像される通り顧客から来た注文はディーラーを介さずそのままインターバンク市場へ送られ、ほぼ希望通りの新規エントリーや決済が実現されることとなります。

どうしてこういった実態になっているかと言いますと、海外FX業者は先ほどもちょっとお話しましたようにスプレッドや取引手数料を主たる収入源としているからです。

Expert
これは国内業者にあるような為替差益を求めていくスタイルではありません。

なので顧客注文をできるだけスムーズにそして正確に処理することは、国内業者と違って海外FX業者にとっては何ら問題とはなりません。

またこの事実は、トレーダーの勝ち負けというものが海外FX業者の営業に支障を及ぼすことにもなりません。

それよりもむしろトレーダーにたくさん勝ってもらい取引量を増やしてもらったほうが手数料収入がアップしますので都合がいいわけです。

金融ライセンスについて

自社の信頼性や安全性を高めるために「金融ライセンス」の取得やそこで定めるルールの順守に努めている海外FX業者が多いです。


出典:XM

金融ライセンスにはイギリスのFCAやオーストラリアのASIC、キプロスのCySECなど世界各国様々な種類があり、特にこの3つのライセンスを取得している取引業者はその信頼性が高い傾向にあります。

またFxProなど世界数カ所に支店や営業所を構えた大手取引業者の場合、複数のライセンスを取得していたりもします。

ライセンスを取得しているということは公的な第三者からの監視・監督下に置かれた状態にあり、そのライセンス維持のため正当なサービスの提供を遂行することに繋がっていくのです。

顧客資金の管理体制

海外FX業者がトレーダーから預かったトレード資金の保管状況については、主に以下のパターンが存在します。

  1. 信託保全
  2. 分別管理

「信託保全」は、国内FX業者には法律で義務付けられているのですが、これは顧客資金は取引業者が保管する金融機関等とは別の信託銀行に保管され、取引業者が万が一倒産にあった際でも顧客資金が完全に守られるというものです。

先ほどのFCAやCySECといったライセンスにおいてはこの信託保全の義務が定められており、同ライセンスを保有している海外FX業者に資金を預ける事はとても安心できることなのです。

「分別管理」の方はと言いますと、こちらは文字通り顧客資金と業者の運営資金が別の場所に保管されているといった程度のもので、信託保全のような取扱いルールや強固なセキュリティがあるわけではありません。

ただ現実問題としては、この分別管理方式となっている海外FX業者の方が多いですので、業者の安全性をチェックする上では営業年数の長さやサポートセンターの誠実さ等を見ながら総合的に判断していくこととなります。

トレード資金の移動管理

マネーロンダリング・不正送金・テロ資金の移動等、これらは現在国際的な大きな問題として世界各国が協力しその対策に取り組んでおります。

金銭の移動が発生する海外FX口座において、取引業者は各国金融庁からの指導により顧客資金の入金や出金に際し鋭いチェックを行き渡らせている現状があります。

資金の送金手続きはこういった事により国内口座に比べ手間がかかったり入出金手数料が発生したりしています。

しかし裏を返せば、海外FX業者は取得しているライセンスの規定や監督機関の指導に従順に従う姿勢を見せているものであり、デメリットである入出金作業の煩わしさも痛し痒しといった所です。

Expert
送金手続きの際、運転免許証やパスポート等のコピー、公共料金の請求書、中にはマイナンバー数字まで要求してくる所がありますが、それは元をただせば法令順守に帰するものですので、何とかその要求に応えるようにしたいものです。

海外FX業者の賢い選び方

海外FX口座を開設する上で取引業者のどういった所に注意すればいいのか?

ここでは安全性・信頼性という観点から業者選びで必ずチェックしておきたい重要なポイントについて説明します。

ライセンス等の取得状況を確認

ライセンスや補償制度等

上記でお話しましたように金融ライセンスがあるかどうかの確認がまずは何より大切です。

この金融ライセンスは様々な種類がありますが、ライセンスによってその規制効果に違いがあり、その中では以下のライセンスが有力なものとなります。

「信頼性の高い金融ライセンス」

  • FCA・・・イギリス金融行為監督機構
  • CySEC・・・キプロス証券等委員会
  • MiFID・・・金融商品市場指令(欧州)
  • ASIC・・・オーストラリア証券投資委員会
  • FMA・・・ニュージーランド金融市場庁

また海外FX業者が上記以外で取得しているライセンスの例は次の通りです。

「その他の金融ライセンス」

  • FSA・・・セーシェル金融庁
  • IFSC・・・ベリーズ国際金融サービス委員会
  • VFSC・・・バヌアツ金融サービス委員会
  • CIMA・・・ケイマン諸島金融庁
  • DFSA・・・ドバイ財政サービス機関
上記の中で特にASICとFMAは日本の金融庁より日本人の口座開設を認めないよう要請されており、これらライセンス取得業者での口座作成は難しいかもしれません。

その他のライセンスしか取得していない海外FX業者でも、以下ような保険的な備えが構えられている場合は安全性が強まってきます。

「トラブル解決手段や保険制度」

  • The Financial Commission(対顧客紛争処理機関)への加盟(顧客へ最大約220万円の補償)
  • Renaissance Insurance Brokers(保険)の加入
  • Professional indemnity for Financial Institutions Insurance(専門職業人賠償責任保険書)の加入

ライセンスのチェック方法

海外の取引業者が取得しているライセンスを確認する方法ですが、取引サイトのトップページであったり、会社概要ページ、またはQ&Aの中に説明があったりと実に様々です。

まずはトップページをチェックし、もしそこで見つけることができなかったら他のページを閲覧するようにしてください。


出典:IFC Markets
(トップページ最下部に取得ライセンスの説明)

コンテスト参加状況や受賞歴の確認

海外FXでは業者向けのコンテストがよく開催され、取引業者のサービスの良さやサーバ処理の品質、安全な取り組み状況など様々なテーマで業者の営業状況が審査されます。

コンテストへの参加はもちろん取引業者による所なのですが、こういった取り組みにも積極的で数々の受賞実績がある業者は第三者の目からもその安全性が担保されたものであり、取引業者の優劣を推し量る有力な手段です。


出典:Land-FX

その他の安全性に関わる重要なチェックポイント

  • 顧客資金の保管状況(特に信託保全が実施されているかどうか)
  • 営業年数の長さ(会社概要等に記載)
  • 従業員数、支店・営業所等の多さ(会社概要等に記載)
  • サポートセンターの充実具合(メール返信の日数、日本人スタッフの有無等)
  • ネット検索によるトレーダーの評判 など

安心して使える主な海外FX業者

おすすめの海外FX業者を紹介します。

ここではセキュリティ面はもちろんサービス内容まで含めトータルで優秀な取引業者ばかりを集めてみました。

XM(エックスエム)

出典:XM

海外FXにおいて知らないトレーダーはほとんどいないと言っていいくらい日本ではメジャーな取引業者です。

スプレッドが低めの「Zero口座」を提供し、最低入金額は500円という破格の低さ。

またセイシェルの金融ライセンスを取得しているなど、海外FX初心者にやさしいその敷居の低さと安心感が大きなウリです。

3,000円の新規口座開設ボーナスや最大約50万円もの入金ボーナスもXMの大きな魅力です。ちなみにこのボーナスは取引にのみ使うことができる口座資金となっています。

Axiory(アキシオリー)

出典:Axiory

スプレッド水準がやや高いものの顧客資金の管理が丁寧であったり、何か問題が発生した際には紛争解決機関へ訴えることができる体制がある事、詳細な約定実施状況の公開など安全性や透明性が非常に高いのがこのAxioryの特徴です。

安心・安全を何よりも優先したいトレーダーの方にぜひともおすすめする海外FX業者です。

またcTraderという高速トレードに特化した取引ツールの導入や注文処理システムの整備に余念がない事も大きなポイントです。

Titan FX(タイタンFX)

出典:Titan FX

軽快・サクサクなトレードを求めている方でしたらこのTitan FXがおすすめです。

世界数カ所にデータセンターを設置し高速取引や有利なスプレッドを実現する独自開発システム「Zero Point(ゼロポイント)」を元に、スピーディーで正確な約定を達成する事ができます。

またインターバンク市場において提携する金融機関は50以上にものぼり、約定拒否や不可解な価格での決済等が非常に起こりにくいその信頼性の高さもTitan FXの魅力となっています。

その他おすすめの海外FX業者

「HotForex」(ホットフォレックス)

「FBS」(FBS)

「IFC Markets」(アイエフシーマーケッツ)

「Tick Mill」(ティックミル)

まとめ

海外FX業者は基本的にはごくごく普通の金融サービスにたずさわる法人組織です。

またFX提供業者としては顧客に対する利益相反性がなく、国内業者における相対取引といった構図が存在しないことから、国内口座を使うよりもはるかに羽を伸ばしてトレードが行えるわけです。

現在におきましても海外FXそのものに対する誤解はいくつかあるのですが、やはり冷静に取引業者やその実態を把握し、国内FX口座にはない美味しい面をぜひとも享受したいものです。

以下に今回の内容を簡単に整理しておきます。

  • 海外FX口座にまつわる悪い噂や懸念される事柄は海外FXに限定されるものではない
  • 海外FX業者は顧客との利益相反性が存在せず安心して資産運用が可能
  • 金融ライセンスを取得したり信託保全を実施するなど周辺状況の向上にも力を入れている
  • トレード資金の入出金に鋭い目を光らせ不正対策に熱心である
  • 口座選びの目の付け所1:ライセンスの有無やコンテスト受賞など外部との接触状況
  • 口座選びの目の付け所2:会社規模や営業実績、コールセンターの状況等

*海外FX参考記事

6弦
6弦
562 views

FX投資歴6年、仮想通貨や海外取引業者でのハイリスクな取引経験も豊富です。
その他ネットオークションやポイントサイトといったネット系のお金稼ぎ術に精通しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。