【宿泊費節約】大阪で格安の民泊を探す!おすすめ民泊情報

大阪は東京の次に大きな都市で、ショッピングや都会の喧騒を味わいたい方の旅行先として人気がある都市の1つです。かつては日本の商業の中心地であった大阪は商業の町として有名です。商業の町、大阪の活気をじかに味わうならやはり滞在先は大阪市内の市街地です。しかし、大阪は大都市であるがゆえ、ホテルの宿泊料も高いのが難点。

旅行とは現地で遊びまわるのが目的ですから、最低限の設備さえ整っていれば宿泊料はできるだけ安い方がいいと思う方は多いでしょう。そんな時におすすめなのが民泊です。民泊なら市街地にあっても格安の宿泊料金を探すことが可能です。

今回は、大阪市内で安く泊まれる格安の民泊をご紹介していきます。ぜひ、選択肢の1つとして参考にして下さい。

大阪市の宿泊費の相場は

旅行情報サイトのトリップアドバイザーによると、大阪市内で人気のスポットランキング1位は歓楽街の道頓堀。ご存知の方も多いと思いますが、あのグリコのネオンサインが道頓堀のシンボルとなっています。

次に人気があるスポットは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがある大阪市此花区です。テーマパークを併設していますので、お子様連れにも人気があるスポットですね。

そして、1位の道頓堀、2位の此花区から大きく距離をおいて3位にランクインするのが大阪城がある大阪市中央区です。大阪城は江戸時代を代表する豊臣秀吉が建造した歴史建造物、ぜひ一見すべき価値はあります。

  1. 道頓堀
  2. 此花区
  3. 大阪城近辺

以上3つの地域が大阪市内では人気があるスポットとして、宿泊先としてもよく選ばれる地域です。では以上3つの人気スポット周辺ではどのようなホテルがあって、宿泊費の相場はどれくらいでしょうか。民泊の安さを比較していくためにも、それぞれの地域ごとにホテルの宿泊費の相場を確認してみましょう。

道頓堀の宿泊料金の相場

まずは人気ナンバーワンの道頓堀近辺を見ていきます。

  • グリコの看板まで徒歩3分の立地にあるカプセルホテルアスティルの場合一泊の料金が2,280円です。
  • 道頓堀近辺の場合はカプセルホテルでも3,000円台になる場合もあります。
  • 道頓堀にすぐの心斎橋・難波あたりは高級な大型ホテルが多く、一泊の料金は10,000円前後です。
  • 心斎橋・難波周辺で格安ホテルの場合でも6,000~7,000円ぐらいです、
  • 道頓堀から少し離れた日本橋の相鉄グランドフレッサの場合、4,666円(2名)と格安です。

道頓堀の宿泊料金の相場は通常のホテルで7,000円前後、カプセルホテルで2500円前後、少し離れると5,000円前後が相場でしょうか。

此花区の宿泊料金の相場

次にユニバーサルジャパン近辺のホテルを見てみます。

  • ホステルタイプのホテルであれば此花区まで2㎞以内で2名で5,000円台もあります。
  • 此花区に立地するホテルは平均的に2名で7,000円~9,000円前後です。
  • 京阪ユニバーサル・タワー、京阪ユニバーサルシティなど大型ホテルの場合、2名で17,000~20,000円前後。

大阪城近辺の宿泊料金の相場

大阪城近辺の場合、住所は大阪城、京橋、淀屋橋あたりが人気のスポットとなります。京橋周辺だと非常に安い場合で2名6,000円前後のホテルが若干あります。中堅クラスのホテルで7,000~9,000円前後。土地柄からも大型の高級ホテルが多く2名で20,000~30,000前後の大型高級ホテルが多いのが大阪城近辺の特徴です。

格安民泊で宿泊費を節約

大阪市の人気スポット周辺の宿泊料の相場を見てきましたが、ここで選択肢に入れたいのが民泊です。

民泊とは、一般の住宅を宿泊施設として貸し出すサービスのことをいい、近年話題になっている宿泊方法です。とくに大阪市は特区民泊地域となり、自治体が観光事業や民泊事業に力を入れている地域です。全国的に見ても、民泊が最も普及している地域でもあるのです。

それだけに、利用できる民泊の数は非常に多く、料金的に希望に合った民泊が探しやすいといえます。

注意! 大阪市は特区民泊の地域であるため、規定により宿泊は2泊3日以上から利用可能となります。ホテルや旅館のようにプロのスタッフが快適なサービスを提供してくれるわけではありませんので、それぞれのホテルに対する要望によっては適切でない場合もあります。

民泊の種類

民泊には、様々な部屋・宿泊のタイプがあります。民泊の種類を大まかに把握しておきたいと思います。

ドミトリー、ゲストハウス

ドミトリーやゲストハウスと呼ばれる民泊は、1部屋に多数のベットや布団が用意されてあり、部屋を借りるというよりは寝具を借りるタイプの民泊です。カプセルホテルのようなイメージです。民泊の中で最も宿泊費が安くなります。

シェア型

シェア型民泊は、戸建て、アパート、マンションの個室(寝室)を借りるタイプの民泊です。オーナーやその他ゲストと寝室以外の部屋や設備を共用で利用することになります。

完全貸切型

完全貸切型は、戸建て、アパート、マンションを完全に貸切るタイプの民泊で、オーナーやその他ゲストと何かをシェアする必要はありません。100%プライベートで過ごすことができます。

それぞれの民泊は、立地や建物の状態、利用できるアメニティや設備・サービスの違いなどから料金も大きく異なります。カプセルホテルよりも安価な民泊もあれば、高級ホテルなみに高価な民泊もあります。

今回は、一般的なホテルと比較して似たような条件でも格安で泊まれる民泊をご紹介していきます。

大阪市のおすすめ民泊情報!

それでは、最初に道頓堀エリアからおすすめ民泊をご紹介していきましょう。

道頓堀エリアおすすめ民泊

道頓堀のような繁華街は、確かにホテルなどの宿泊費は非常に高いのですが、反面ドミトリーやカプセルホテルなどの需要が高くなるため、むしろ安い民泊が探しやすいエリアでもあるのです。

道頓堀まで徒歩3分で1,700円!

出典:エアビーアンドビー 参考リンク

道頓堀のグリコの看板まで徒歩3分で1名/1泊1,700円と超格安の宿泊費です。こちらの民泊はドミトリー型でベットを借りるタイプです。1部屋に6つの2段ベットが完備してあり、その他リビングや浴室などはシェアして利用します。オーナーは日本語、英語、韓国語が話せる国際人で、道頓堀のグルメ情報にも非常に詳しいとのこと。

定期的にたこ焼きパーティや懇談会を行っており、他国のゲストとのコミュニケーションが楽しめます。

利用できるアメニティ・サービス:Wi-Fi、キッチン、洗濯機、乾燥機、朝食付き、女性専用部屋ありです。

口コミ・レビューの紹介
  • コスパ最高でアットホームなドミトリーでした。
  • ドミトリーの部屋から道頓堀が眺められます!
  • とても清潔でTVもなく静かに過ごすことができました。
  • オーナーやスタッフが非常に親切で素晴らしかった。

ゲストは外国人が大半で、韓国、中国、英語圏と実に多彩です。日本人からも利用されており、コストの面で大好評なようです。

詳細はこちらから

道頓堀まで地下鉄で便利、貸切アパート2400円!

出典:エアビーアンドビー 参考リンク

道頓堀までは地下鉄で数分と便利な立地。貸切アパートタイプの民泊で2名まで1泊2,400円と非常にお得です。この価格で完全にプライベートなのが嬉しいですね。クイーンサイズのベットが2台とソファーベッドが1台で、2名以上は1名増えるごとに1,500円の追加です。

ただし、禁煙となっていますので喫煙者は注意して下さい。

利用できるアメニティ・サービス:Wi-Fi、ワークスペース、電子レンジ、冷蔵庫、キッチン、パティオ、バルコニー、駐車場(有料)

口コミ・レビュー
  • 駅まで徒歩2,3分で便利でした。
  • 周辺にはコンビニ、ダイソーなどお店も多く助かりました。
  • 6人で泊まっても十分な広さでした。
  • 清潔で快適でしたが、タオルなどの浴室の備品が物足りませんでした。

備品に関して不満の声がいくつかありましたが、オーナーが迅速に対応してくれたようです。何よりもこの価格で貸切ですから、多少の不備があったとしても文句はいえませんよね。

詳しくはこちら

此花区のおすすめ民泊情報

次に、ユニバーサルスタジオジャパン、京セラドームに便利な此花区のおすすめ民泊をご紹介します。

此花区の貸切マンションが2人で4,000円以下!

出典:エアビーアンドビー 参考リンク

こちらは此花区にあるマンションの貸切民泊です。こちらの貸切マンションは1LDKで布団が5組用意されてあります。建物は多少古くなりますが、部屋はしっかりとリノベーションされてあり、2人で一泊3778円と格安で泊まれます。1名の追加料金が800円ですから、最大で5名泊まったとしても1泊6,000円以下です。グループや家族向けにおすすめです。

利用できるアメニティ・サービス:Wi-Fi、洗濯機、乾燥機、シャワーのみ、アイロン、駐車場(有料)、スマートロック

口コミ・レビュー
  • 家族5人で泊まって静かな立地で過ごしやすかったです。
  • 2回目の利用です。また利用したいです。
  • ユニバーサルスタジオジャパンに近いので利用しました。
  • 家族連れには最高の民泊です。

詳しくはこちら

貸切戸建が3人で4500円!

出典:エアビーアンドビー 参考リンク

此花区の隣、港区の戸建て貸切民泊で日本人のリピーターが多いのが特徴です。バスの便利がよく、ユニバーサルスタジオジャパンだけでなく大阪市内の観光にも便利です。3人以上から1,200円の追加料金がかかります。3LDKで各部屋に寝具が2つずつ、最大6名まで泊まれます。

利用できるアメニティ・サービス:Wi-Fi、冷蔵庫、電子レンジ、キッチン、洗濯機、乾燥機、近くにドン・キホーテ、マクドナルド

口コミ・レビュー
  • オーナーの人柄がよく家族で何度も利用しています。
  • お店も多く食事にも困らず宿泊料が安いので助かります。
  • 親切なオーナーで女性だけでも安心して利用できます。
  • 多人数や家族連れには最適な民泊です。

詳しくはこちら

大阪城近辺

それでは次に、歴史的な江戸時代のお城、大阪城近辺の民泊をご紹介しましょう。

大阪城徒歩数分の高級マンション1名3800円!

出典:エアビーアンドビー 参考リンク

大阪城のすぐ近くに立地する民泊で、モダンでシンプルな高級マンション風の民泊が1名で3800円です。部屋はダブルベッドになっており、基本的に2名用の部屋ですが1名でも利用できます。清掃料が別途で追加されますので、最終的な料金は2名で7,000円程度になります。一見割高にも思えますが、立地と部屋のクオリティからいけば断然安いといえます。

利用できるアメニティ・サービス:Wi-Fi、ポケットWi-Fi、電子レンジ、冷蔵庫、キッチン、大型テレビ、洗濯機、乾燥機

口コミ・レビュー
  • 駅にもすぐで、大阪城に歩いていけるのが嬉しい。
  • マンション自体が宿泊用がメインとなっていて生活感がないのが好ましい。
  • 飲食店やコンビニが多く快適に過ごせました。
  • その他の観光スポットにも交通の便がよい。

など、ある程度の質を求める宿泊客にも好評です。例えば、この近辺で同じ品質のホテルに泊まれば、2名で10,000円は軽く超えるでしょう。

詳しくはこちら

3名以上お洒落な和風モダン1名5,000円以下!

出典:エアビーアンドビー 参考リンク

こちらの民泊は大阪城まで電車ですぐです。画像のリンクをクリックして頂くとご覧になれるのですが、とてもお洒落な和風モダンのお部屋です。マンションの貸切タイプで、清掃料金が追加となりますので多少割高感があります。2名だと1泊1万円ぐらいになるのですが、3名だと1万4千円程度で1人の宿泊料を5千円以下にできます。4.5名まで宿泊可能です。

利用できるアメニティ・サービス:Wi-Fi、洗濯機、乾燥機、キッチン、子供用食器、ベビーベッド、レンタル自転車(無料)

口コミ・レビュー
  • 道頓堀にも徒歩でいけて、大阪城も近いので便利です。
  • 畳の部屋が素晴らしい。子供4人と大人6人で格安で泊まりました。
  • オーナーがとても親切で優しい。心が癒されました。
  • 対応がプロ並みでとても快適に過ごせました。

実はこちらの民泊は、お洒落な和風モダンが好評なせいか、海外の観光客に大人気なのです。当面50日くらいは予約で埋まっています。

詳しくはこちら

その他大阪市のユニークな民泊

最後に大阪市内でおすすめのユニークな民泊もご紹介しておきます。

カフェと古民家が併設したゲストハウス

出典:エアビーアンドビー 参考リンク

大阪城、心斎橋、日本橋まで自転車で約10分程度の立地のある、カフェと古民家が併設したゲストハウスです。リビング、シャワー、お手洗いはシェアで、ベッドルームのみ個室になり2名/一泊5000円からです。お洒落なカフェでの朝食つきです。ドミトリーエリアも別途で完備されてあります。

詳細はこちらから

新大阪駅近くの男性専用シェアハウス

出典:エアビーアンドビー 参考リンク

こちらの民泊はまさに一般の住宅を間貸しするタイプで、男性専用のシェアハウスです。寝室以外の家の中の設備はすべて、オーナーや他のゲストとの共用になります。国内外の若い男性から人気がある民泊で、宿泊料が安いため長期で滞在する人も多いようです。

よく見かけるような住宅の入り口に、看板を立てかけただけの何とも愛嬌のある民泊ですね。

詳しくはこちら

築88年の大阪長屋を斬新にリノベーション

出典:エアビーアンドビー 参考リンク

伝統的な大阪の長屋建築の美しさを伝えることをモットーに、斬新なデザインでリノベーションした非常に個性的な民泊です。暗く古びた部屋の影の中から、微かなライティングが浮き上がっています。まさに影と光のアートだともいえる独特の空間です。近辺には日本割烹やフレンチレストラン、アートショップなどもあり、スタイリッシュな雰囲気をさらに強調しています。

こちらは木造2階建ての貸切タイプで一泊14,900円からです。最大10人まで宿泊可能で人数が増えるほどに割安になります。

詳しくはこちら

まとめ

今回は大阪市を中心にホテルの宿泊料金の相場をお伝えした上で、格安のおすすめ民泊情報をご紹介していきました。

大阪市の人気スポットは、

  • 道頓堀
  • 此花区
  • 大阪城周辺

以上の3つのエリアとなり、人気があるだけに宿泊費用も高くなりがちです。

しかし、民泊であれば宿泊費をかなり安価に抑えることが可能です。民泊にも様々な種類がありますので、宿泊形態や部屋のタイプ、利用できる設備等によって料金にも差が出てきます。安価なお得な民泊もあれば、割高で高級な民泊もあります。

基本的にドミトリータイプ、ゲストハウス、シェア型の民泊であれば、人気スポットのど真ん中であったとしても一泊2,000~3,000円程度で探すことが可能です。アパートマンションの貸切であれば、多少古い物件や多少不便な立地を選ぶことで一泊4,000円程度でも可能です。ただし、人気のある民泊は1カ月先まで予約が埋まっていることもありますので注意して下さい。

また、人数が多ければ多いほど割高な民泊でも1人あたりの宿泊料金が安くなるので、人数によっても選ぶ民泊が変わってくると思います。

今回ご紹介した民泊情報は、世界でも最大級の民泊サイト「エアビーアンドビー」にリストアップされてある情報を参考にしました。これから大阪市内の宿泊先を探される方は、今回のおすすめ民泊情報をぜひ参考にして頂ければ嬉しく思います。

mi001you
mi001you
6,793 views

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します!

これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。

職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。