• HOME
  • ブログ
  • FX , 投資
  • 海外FXのメリットとは?国内FXにはない海外FX口座の様々なメリットについて詳しく解説します。

海外FXのメリットとは?国内FXにはない海外FX口座の様々なメリットについて詳しく解説します。

海外FXをまだ経験したことが無いみなさんに海外FX口座に備わるメリットのいくつかをこれから紹介します。

海外FXは海の向こうの取引業者においてインターネットを経由して口座開設し、さらに大切なお金を送金してトレードを行うものですから、とてもデリケートになってしまうのもうなずけます。

ただ、既存の国内FX業者が存在する中であえて海外口座を選択しFXに挑んでいるトレーダー(筆者も含む)が日本にも存在するのは確かです。

やはりそこにはそれ相応のメリットがあるからであり、国内FXではどうしても満たすことができない側面において、海外FX口座に救いを求めるのは自然の流れという事です。

そこで今回はそんな海外FX口座にまつわる国内FXには無い魅力(メリット)をお伝えしていきます。

ハイレバレッジ

FXのレバレッジについては国内では法律により25倍まで許されておりますが、海外FXにはそのような決まり事は当然存在しません。

取引業者の都合によりかなり高めのレバレッジ(ハイレバレッジ)が提供されております。

「海外FX業者におけるレバレッジ例」

海外FX業者名レバレッジ
FBS3000倍
HotForex1000倍
XM888倍
Traders Trust500倍
Titan FX500倍
iFOREX400倍
Axiory400倍
国内FX業者25倍

上の表のように基本的には300~500倍といったレバレッジが多く、HotForexやFBSなどのような4ケタの倍率を採用している業者もあります。

ではここで、このハイレバレッジの恩恵がいかにすさまじいものかを以下にまとめてみましたので御覧ください。

「米ドル/円が1ドル=100円とした場合の各種シミュレーション例」

レバレッジ1000倍レバレッジ500倍レバレッジ25倍
1万通貨に必要となる証拠金1,000円2,000円4万円
資金10万円での最大ポジションサイズ*1100万通貨50万通貨2.5万通貨
資金10万円で1万通貨保有時の証拠金維持率10000%5000%250%

*1・・・ロスカット等を考慮しない計算

国内FXにおける25倍というレバレッジでは、1万通貨のポジションを建てるのに4万円の証拠金が必要です。

これが海外FXのハイレバレッジにかかりますと、上記表のように非常に少ない資金で済むこととなります。

またこれに比例して最大ポジションサイズや証拠金維持率も大変優遇されるのが特徴で、たくさんのポジションを保有できるだけでなく、負けにくいトレードができるといったメリットがあります。

ただしレバレッジがどんなに高くても、例えばレートが1円上下すれば1万通貨に付き1万円の損益変動が発生することには変わりません。

このことから、ハイレバレッジに頼りすぎた場合含み損に耐えられる余剰資金が少なくなってしまうといった事に繋がります。

従ってあまりにも無理のある大きさのポジションでは、ロスカットされやすくなってしまいますので十分注意が必要です。

約定力が高い 

国内FX業者の実態

まずは海外FXにおける取引業者の一般的な注文処理方法について説明します。

海外FXでは「NDD方式」という処理形態が主流で、これはトレーダーから受けた注文をそのまま忠実にインターバンク市場へ送り込むというものです。

その一連の作業は処理システムを通して機械的に行われ、為替ディーラーを介しない正確で公正な約定処理が大きな特徴です。

これは一見ごく当たり前のような感じに思われるかもしれませんが、実は国内FXの場合ではちょっと状況が異なり、届いた注文の一部はディーラーによる裁量処理が施されるのが普通です。

この場合、ディーラーは自社に有益となるようなトレード方法やタイミングで顧客注文を処理しますので、思わぬスリッページや約定拒否等が発生する事態に至ることがあるのです。

Expert
国内FX業者は法的にも建前としても「相対取引業者」として自社の利益となるような注文処理を行っています。

国内業者とは正反対である海外FX業者の営業スタイル

海外FX業者の場合はといいますと、実はそうはなっておりません。

海外FX業者は通貨ペアのスプレッドや国内FXには無い取引手数料が主な収入源となっており、ディーラーによる為替差益の獲得をほぼ行っておりません。

その結果として、注文処理においてはできるだけ正確に軽快に行うことが顧客への信頼度を高めることになりますので、約定力アップのために処理サーバの改良や国外データセンターの構築等を行っています。


出典:Axiory

国内外業者の利益獲得方法の違いが最も大きなポイントとなっています。

その中で海外業者側は「手数料ビジネス」を主たる営業スタイルとして舵を切っていることから約定力に力を注ぐようになっているのです。

ロスカット率が低い

国内FXにおけるロスカットレベルとしては、だいたい100~80%を採用している取引業者が多いです。

一方海外FXにおいては次の表に掲載しているような状況となっております。

海外FX業者名ロスカット率
XM20%
Axiory20%
LandFX30%
Titan20%
HotForex10-20%
FxPro20-30%
とても低いロスカットレベルとなっています。

国内FXで強制決済となるケースであっても海外FXにおいてはまだまだ生き残っているパターンがあるわけです。

またこのように執行率を低くしないとハイレバレッジによる大きな損益演出が難しくなってしまうという理由もあります。

ただ次の「追証なし」もそうですが、含み損のポジションをあまりダラダラと長持ちさせるのは資金効率を低下させる行為です。

さらにこれ以外にも、目を離している隙に急激な相場変動が発生すればより損失(確定損も)を拡大させる恐れが出てきます。

経済ニュース等で明らかに相場が思惑とは反対の方向に向かっていると判断されるようであれば、自発的に損切りを行うことがお得な場合もあるのです。

追証なし

追証なしの基本事項

海外FXの大きな魅力の中の1つであります「追証なし」サービスですが、これはどんなに激しい逆行が発生したとしても、損失は口座に預けている資金額までで済ますことができるというサービスです。

FXの経験がそれほど多くない方にはピンと来ないかもしれませんが、FXではあまりにも下落等のスピードが速い時、ロスカットの執行がコンピューター処理をもってしても追いつかない事があります。

この場合、ポジションは口座残高がゼロになっても強制決済されず、今度はマイナス残高がズルズルと生じていき、相場変動が終了した後アカウントページを見ると残高がマイナス表示される事態となります。

そして追証ゼロではない国内FXではこのマイナス分を速やかに追加入金することが求められる結末となるのです。

追証なしサービスの現状

上記はFXに存在する非常に恐ろしい一面でありますが、海外FXの追証なしサービスにおいては、あくまでも損失は最初に入金した額までです。

では追証なしが実際どのように執り行われるかについてですが、主に以下のようなパターンがあります。

  • 口座残高がゼロになった時点で最も損失が大きいポジションから強制決済
  • 口座残高がゼロになった時点から所定の時間内に追加入金して強制決済を回避
  • 強制決済後に取引業者へ申請してマイナス分を補填 など

また口座残高がマイナスとなった際それまでのトレード状況が審査され、しっかりとしたセキュリティ対策を行っていたり無理なポジショニングではなかったことが認められれば、追証なしが実施されるといったケースもあります。

マイナス分の清算は実は海外FX業者が肩代わりして行っているのがその実態であり、本当は積極的に提供したいものではありません。

なので規模が小さい海外FX業者では追証なしを決定することに慎重な場合があったり、それまでのトレード履歴を精査してやはりマイナス分を請求するといった業者も、少数派ではありますが存在しています。

Expert
基本的にFXではこまめな損切りを心がけることが何より大切なことですので、できればこの追証なしサービスの恩恵を受けずに済ませられるようにしたいものです。

ボーナスが充実している

海外FX口座はボーナスが盛ん!

すでに海外FXでトレードをされている方ですと、このボーナスをきっかけに始めてみたという方がおられるかもしれませんね!

海外FXにおける「ボーナス」とは、新規口座開設やトレード資金の入金時などのタイミングで取引に使うことができる資金がもらえるものです。「プロモーション」とも呼ばれています。

海外口座のボーナスの種類としては主に次のようなものがあります。

「新規口座開設ボーナス」
タイトル通りそのままのボーナスで、初めての口座開設に伴って3,000~5,000円程度のボーナスが付与されます。

ボーナスは出金できないケースがほとんどですが、まだ海外FXに不安のある状態でも自分のお金を使うことなくお試し的にトレードを体感することができます。

「入金ボーナス」
口座へ資金を入金することで得られるボーナスです。

入金額の数十パーセントのボーナスがもらえるケースが多いのですが、中にはLand-FXという海外FX業者のように100%分のボーナスを得られるパターンもあります。

出典:Land-FX

「取引ボーナス」
FXの取引量に従ってその数パーセント程度のボーナスがもらえるものです。

取引ボーナスについてはもらえる金額こそ少ないのですが、銀行口座に出金することができるといったメリットがあることや、長い目で見ればスプレッド負担を少しは和らげてくれる(実質的なスプレッドの縮小)役割もあります。

「コンテスト」
取引業者によりますが、トレードに関連したコンテストの類も海外FXでは時折見かけられます。

内容的には、上位入賞者に賞金や副賞等が贈られるパターンが一般的ですが、中にはその副賞としてiPhoneや自動車をプレゼントしてくれる取引業者も存在します。


出典:HotForex

コンテストの開催状況や内容については業者間の差異が著しく、羽振りのいい海外FX業者の場合はもう本当に盛大に執り行われるものなのですが、一方でこういったコンテストとは全く無縁の取引業者ももちろん存在します。

ただ、上位入賞はやはりハードルが高く、純粋な資産運用が海外FXの主な目的であればそれほどこだわる必要はありません。

ボーナス獲得における注意点

トレーダーによっては非常に魅力的な海外口座におけるボーナスですが、実際にボーナスを獲得する際に気を付けておきたいポイントをいくつか挙げておきます。

ボーナスは出金することができない

ほとんどの海外FX口座で表題のような取り扱いとなっています。

もらえるボーナスはトレード資金として使うことができるのみであり、銀行口座へ自分の資産として送金できない取引業者が圧倒的です。

ただ、ボーナスを使ってトレードした結果得られた資金は出金することは可能ですし、口座残高がマイナスとなった際のマイナス分の補填に充ててもいいとする取引業者も少なからず存在します。

また「ハイレバレッジ & ボーナス」の合わせ技でより多くのポジションを建てることができますので、たとえ出金ができないとしても大いに利用価値はあります。

Expert
取引ボーナスについては出金できる海外口座が多いです。

ボーナス獲得手順実行前のルール確認

例えば入金ボーナスを得るには事前に申請が必要である場合、先に入金してしまいますとボーナスがもらえないといった事になります。

入金だけでボーナスがもらえるという事でササッとやってしまいがちですが、入金ボーナスに限らずあらゆるボーナスにおいて必ずその獲得ルールをチェックすることが大切です。

特に1回しかチャンスが提供されないルールでは、以後ボーナスが得られなくなってしまいます。

取引ボーナスとスプレッドとの差し引き

取引ボーナスは取引量に応じてボーナス(現金)をもらうことができますが、基本的に付与される金額がそれほど高いものではありません。

従って、スプレッドが往々にして広い海外FXにおいては、ボーナス額とスプレッド(又は取引手数料)との差額に注意する必要が出てきます。

それでも無いよりはるかにお得ではありますが、取引ボーナスを大きな目的に口座開設するのはちょっとおすすめできません。

また他にも出金手数料が決して無視できない金額であったり、長期的にトレードを行わない場合に口座維持手数料を徴収する取引業者もありますので、ちょっと面倒ではありますが様々な観点を踏まえ取引ボーナスを狙っていく必要があるのです。

ボーナスが適用されない口座もある

海外FX口座には同一業者内で複数の口座があるのが一般的なのですが、次の画像の囲み内にあるように、口座によってはボーナスが適用されないといった事もあります。


出典:GemForex

ここでもやはり入金ボーナスと同じくボーナス獲得手順を事前にしっかり頭に入れておくことが必要です。

システムトレード・コピートレード等が充実

海外FXでは自動売買系のサービスが積極的に提供されており、主に以下のようなものを利用することができます。

  • MT4で利用可能なEAやMQL5
  • ソーシャルトレード・コピートレード
  • PAMM
  • VPS など

MT4・EA・MQL5

「MT4」は海外FXでは絶大な人気を誇るトレードツールでほとんどの海外口座に導入されています。

その中の機能に「EA」がありこれは自動売買プログラムをコントロールするもので、その利用においてはプログラムコードの知識が必要です。

ただコードの作成や修正についてはMQL5というコミュニティサイトが存在しています。

ここではトレーダー同志が自作のコードを公開していて誰でもそのコードを利用することが可能で、他にも自動売買に関する情報やコラム記事等に接するといった事ができます。

ソーシャルトレード・コピートレード

これは収益が優秀な他のトレーダーの取引をそのまま自分でも行うことができるもので、まさにコピートレードといったものです。

取引業者のウェブサイト内にトレーダー一覧のページがあり、後は各トレーダーのそれまでの成績等をチェックして気になったトレーダーを選択すれば操作完了です。

海外FX口座では「ZuluTrade」が特に有名なコピートレードサービスですが、他にはGemForexという海外FX業者がミラートレードなどの名称で積極的に自動売買サービスを提供しています。

出典:GemForex

PAMM

こちらは委託(信託)投資とも言えるもので、トレード資金を他の運用者に預けて取引を自分の代わりに行ってもらうものです(MAMという類似サービスもあります)。

コピートレードと同じく自分でトレードを行う必要はありませんが、PAMMでは口座資金を運用者に預けて実施してもらうという点が特徴です。

一般的な投資信託のように証券会社のプロのトレーダーに一切合切運用を任せる性質が強いですので、運用方針の変更やちょっとした要望に応えてもらう事への柔軟性に欠けるといった欠点があります。

自動売買のジャンルとしてはやや影を帯びた種類のものであり、セキュリティの観点から海外FX口座に十分精通した段階で利用するのをおすすめします。

VPS

VPS(バーチャルプライベートサーバー)はこれそのものが自動売買のシステムではありませんが、海外FXではよく見かけるサービスとなっています。

VPSでは、通常使われる処理サーバーよりも性能の高いサーバーや取引システムを利用してトレードが行われます。

停電時においても稼働停止することなく自動売買を続行することができたり約定がとても軽快に行われる等のメリットがある事から、自動売買に最適なサービスとなっております。

出典:Titan FX

まとめ

海外FX口座にあるメリットは、国内FXでは得にくい非常に魅力的な内容が特徴です。

ただ物には必ず裏側が存在しますので、例えばハイレバレッジであれば損失も大きくなりやすいことや、システムトレードはどんな相場状況にも対応している訳ではない事等をしっかり押さえておくことが大切です。

以下に今回の内容(海外FX口座のメリット)を整理しておきます。

  • ハイレバレッジは少ない投資資金でも大きなポジションを建てることができる
  • 海外FXは基本的に約定力が国内FXよりも高い
  • ロスカット率が低い海外FXでは負けにくいトレードが可能
  • 追証なしサービスにより損失は口座資金以内までで済ませられる
  • ボーナスを上手に活用し資金管理の面を向上させることができる
  • システムトレードが盛んで手に入りやすい
6弦
6弦
416 views

FX投資歴6年、仮想通貨や海外取引業者でのハイリスクな取引経験も豊富です。
その他ネットオークションやポイントサイトといったネット系のお金稼ぎ術に精通しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。