億まで稼げる?プロが教えるFXのハイレバで儲ける3つのコツ!

Man
FXのハイレバで稼ぎたいけど、やり方もよくわからない・・・。億まで稼げるってほんと?

こんな気持ちを持っていませんか?

FXでは億万長者も数多く誕生しています。あなたがFXで稼げるようになるためにも、ハイレバ取引をすることは非常に大切なポイントです。いっぽうで、ハイレバ取引の概要がわからないという方も多いでしょう。また、ハイレバ取引には気をつけておきたいポイントなどもあり、必ず抑えておきたいところです。

そこで今回の記事では、ハイレバ取引の概要からトレード手法、注意点などをまとめて解説していきたいと思います。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

FXのハイレバ取引の概要

FXにおけるハイレバ取引とは、通常よりも高いレバレッジで取引をすることです。FX取引では一般的に、5倍や10倍で取引を行います。

いっぽう、ハイレバレッジの具体的な倍率をあげると、国内であれば20〜25倍のレバレッジで取引をすることが該当します。

レバレッジを軽くおさらいしよう!

FX取引では、FX会社に担保になるお金(証拠金)を提出し、そのお金に対してレバレッジ(倍率)を適用します。わかりやすくなるように、具体的な例で確認してみましょう。

たとえば、証拠金が10万円でレバレッジ10倍で取引をした場合であれば、「10万円(証拠金)- 10倍(レバレッジ)= 100万円」となります。

つまり、本来であれば10万円の資金しか取引では使えなかったはずが、レバレッジの仕組みを使うことでさらに大きな金額を運用することができるようになるのです。

ハイレバ取引のメリットは?

ハイレバ取引の具体的なメリットも確認していきましょう。ハイレバ取引であれば、上記の例よりさらに大きな金額を運用することができます。これによって、通常の取引にはない独自のメリットを得ることが可能となるのです。

たとえば、証拠金10万円でレバレッジが国内最大の25倍であればどうでしょうか。「10万円(証拠金)- 25倍(レバレッジ)= 250万円」となり、非常に大きな金額を取引で使えることができることがわかるでしょう。

単純に考えれば、取引できる金額が大きければその分利益も大きく狙っていくことができます。たとえば、通常の資金で1万円の利益が出たとしたら、利益も25倍の25万円となります。つまり、通常のレバレッジの取引よりもさらに大きな利益を効率的なトレードで狙っていくことが可能となるのです。

ハイレバ取引の2つのトレードスタイル

FXでは代表的なトレードスタイルが4つあります。これらのスタイルは、主にトレードする期間に応じて決められています。ハイレバ取引では基本的に、この代表的なスタイルの中から2つのトレードスタイルを活用します。

①スキャルピング→数秒や数分の超短時間でのトレード

②デイトレード→1日の間に取引を完結させるトレードスタイル

基本的に、どちらのトレードスタイルもトレード期間が短くなっています。ハイレバ取引ではリスク管理が非常に重要になるため、期間を短くすることでリスクを抑えることもこれらのスタイルが適している要因となっています。

FXのハイレバに関するよくある3つの質問

ここまでで、FXのハイレバに関する概要はわかりましたね。メリットやレバレッジのおさらいもしたことで、さらに理解を深めることができたのではないでしょうか。

ここからは、FXのハイレバに関するよくある3つの質問を確認していきましょう。

①億を稼ぐことはできる?

結論をいうと、ハイレバ取引で億を稼ぐことはできます。通常の取引よりも資金効率が良いため、利益を最大化できることがその理由です。

むしろ、億まで稼ぐのであれば通常の取引方法に加えて、短期的なスキャルピングやデイトレードに役立つハイレバトレードを身につけておく方が良いでしょう。

②資金管理はどうすれば良い?

FXのハイレバ取引の資金管理では、「バルサラの破産確率」を活用しましょう。具体的には、自分自身のトレードの以下の点をまとめて表を作成します。

勝率→計算方法「勝ったトレード数 ÷ 合計トレード数」

損益率→計算方法「平均利益(pips) ÷ 平均損失(pips)」

プロフィットファクター→計算方法「総利益 ÷ 総損失」

これらの要素を表にまとめて確認を行います。この手法の基本的な考え方としては、現在のトレード手法が長期的に考えた時に利益を出し続けることができるのかどうかという点がポイントです。表をもとにして、長期的に勝つことができそうであれば、現在のトレード手法を継続すべきですし、逆に無理そうであれば資金管理を見直した方が良いでしょう。

③ハイレバのスイングトレードはあり?

結論をいうと、ハイレバのスウィングトレードは危険です。基本的にハイレバ取引では、デイトレードかスキャルピングの短期取引をおすすめします。

FXの為替チャートは、短時間でもそれほど大きく動きません。いっぽうで、数日や数周間単位で考えると、大きく価格が動く可能性があります。ハイレバ取引は損失に振れた時にも大きくなります。そのため、スウィングトレードで価格変動率の高い中でのハイレバは非常に危険になってしまうのです。

こうした点を踏まえても、ハイレバでのスウィングトレードは避けるように心がけましょう。

FXのハイレバで儲ける3つのコツ

ここまでで、FXのハイレバの概要やよくある質問などを確認してきました。ざっくりした全体のイメージは、これでつかむことができたのではないでしょうか。

ここからは、FXのハイレバで儲ける4つのコツを見ていきましょう。

①スキャルピングを活用する

スキャルピングはハイレバ取引に必須のトレードスタイルです。超短時間での取引を実践することで、より効率的に利益を積み重ねていくことができます。FXでは平日は24時間取引することが可能なので、仕事で日中はトレードできない人でも、仕事終わりの時間などを活用してトレードをすることで利益を狙っていきましょう。

③IFD-OCO注文を活用する

IFD-OCO注文は、ハイレバ取引で積極的に活用していきたいところです。具体的には、指値注文と損切りおよび利確注文を同時に入れるのが、この注文方法の特徴です。

ハイレバ取引では、大きなレバレッジをかけてトレードを行うため、場合によっては損失が大きくなります。そのため、できるだけ有利な条件で買えるよう指値注文を使い、損が発生した場合にはすぐに損切りを行うことが重要です。加えて、IFD-OCOなら決済注文も入れられるため、万が一一瞬しかヒゲがつかないなどという時でも、思ったようにトレードを完結させることが可能です。

こうした点を踏まえると、IFD-OCO注文はスキャルピングなどハイレバ取引にピッタリです。もし成功注文でエントリーする場合でも、OCO注文だけでも使って損切りと利確の決済注文は必ず入れておくようにしましょう。これによって、余計な損失の拡大や利益の取りっぱぐれもなくなります。

③ゼロカットシステムのある海外業者を使う

ゼロカットシステムは、FXでハイレバの取引をするのであれば必ず利用したいシステムです。ゼロカットシステムとは、証拠金が0円になった段階で必ずロスカットされる仕組みのことです。この仕組みによって、証拠金は0円になりますがユーザーは借金をすることがなくなります。

日本国内ではゼロカットシステムは法律の問題で使うことができません。いっぽうで、海外事業者であればゼロカットシステムを利用することができます。海外では日本の法律が適用されないため、このような仕組みを利用することができるのです。

後ほどの注意点でも詳しく解説しますが、ハイレバ取引には大きなリスクが伴います。場合によっては、自己資金以上の損失を出してしまう可能性があるのです。いっぽうで、ゼロカットシステムを使うことができれば、こうしたリスクも避けることができます。海外事業者に抵抗がない方であれば、積極的に活用していきたいところです。

⑤レバレッジを高めたいなら海外事業者を使う

日本国内では法律の問題で、最大25倍のレバレッジまでしか利用することができません。いっぽうで、海外事業者であれば最大レバレッジはさらに高くなります。100倍を超えるレバレッジでの取引だけでなく、400倍や800倍などとてつもないレバレッジを利用することが可能です。

もし25倍のレバレッジで満足することができない場合は、こうした海外事業者を利用することも視野に入れてみましょう。

iFOREXならゼロカットシステムと最大400倍のレバレッジに対応

海外事業者といっても、どの業者を使えば良いのかわからないという方も多いでしょう。そこでおすすめなのが、iFROEXです。同社では、ゼロカットシステムを採用しているため、証拠金以上の損失が発生しません。加えて、国内では法律の問題でレバレッジの最大は25倍となっています。しかし、iFOREXであれば国内では利用できない最大400倍のレバレッジで取引も行うことができます。

また、日本語でのサポートも充実しています。海外事業者では英語でのサポートが多い中、iFOREXではホームページも日本語対応しているだけでなく、電話とメールでの対応も日本語で行うことが可能です。

ハイレバ取引を極めていくのであれば、ぜひとも積極的に活用していきたいのがiFOREXです。

FXのハイレバ取引の注意点

ここまでで、ハイレバ取引の概要などは一通りわかりましたね。FXのハイレバ取引は、初心者でも取り組める手法ですが気をつけておきたいポイントもいくつかあります。ここからは、FXのハイレバ取引の注意点を確認していこうと思います。

①初心者は低レバレッジからスタートすべし

まず1つ目に、初心者は低レバレッジから取引をスタートすることをおすすめします。具体的には、1〜5倍の間でまずは取引に慣れるところからスタートしましょう。

ハイレバレッジでの取引は、リスクが非常に高くなります。レバレッジをかけたらかけた分だけ、損失の金額も大きくなるのです。たとえば、本来の資金での取引で10万円の損失が出た場合であれば、レバレッジ25倍であれば250万円もの損失になります。海外事業者を使った取引で100倍のレバレッジを使っていれば、なんと1,000万円もの損失になってしまいます。

こうした点を踏まえても、取引に慣れるまではレバレッジを抑えることが非常に重要です。初心者の方であればハイレバレッジの取引でガンガン利益を狙っていきたいと考えるところだと思いますが、気持ちを抑えて低リスクでの取引を意識するようにしましょう。

②証拠金維持率には余裕を持とう

証拠金維持率に余裕を持つことは、ハイレバ取引において非常に重要です。ただえさえ、ハイレバの取引は通常の取引よりもリスクが高くなっています。これに加えて、証拠金維持率もギリギリで取引をしてしまえば、そのリスクはさらに高くなってしまいます。

たとえば、証拠金いじりつ100%で取引したらどうでしょうか。ハイレバレッジで25倍の国内最大レバレッジを適用していれば、ほんの少し価格が変動しただけでも大きな損失が出ることになります。ロスカットの対象になることはもちろんですが、あまりにも急激な価格変動だとロスカットすら追いつかず、場合によっては借金を背負ってしまう可能性すら出てくるのです。

こうした点を踏まえても、低レバレッジでの取引と合わせて証拠金維持率には余裕を持ちましょう。特に、取引に慣れていない初心者の方は必ず意識して取引するよう心がけておきましょう。

③エントリー時には人に説明できる根拠を持とう

FXのハイレバ取引のポイントの1つとして、エントリー時には人に説明できる根拠を持つようにしましょう。初心者に特に多い失敗として挙げられるのが、感覚だけでなんとなくトレードをしてしまうということです。

感覚でのトレードは、たとえ短期的には勝つことができても、長期的にみると負けてしまうことの方が多いです。これは成功した多くのトレーダーも指摘している点です。

これらを踏まえると、ポジションを持つ、つまりエントリーするタイミングでは人に説明できるだけの十分な根拠を持つようにしましょう。感覚でのトレードから卒業することは、FXのハイレバ取引で勝つための第一歩ともいえるでしょう。

④感情に流されずに取引しよう

感情に流されずに取引をする点も、FXにおいては重要なことです。具体的には、損を取り返そうと闇雲にエントリーしてしまったりすることを避けることが大事です。感情的になってしまうと、冷静な判断ができなくなってしまいます。こうした場合、ほとんどの人がさらに負けを広げてしまうことになるのです。

また、利益が出ている時に利食いを正しくできないことも負ける要因の1つとなっています。欲張ってしまえば結局求める水準まで利益が出ても決済できないですし、弱気になれば本来取れるはずだった利益を取り逃がしてしまうかもしれません。FXでは損を小さく勝ちを大きくという考え方が非常に重要ですが、感情がこれらの判断の妨げになることがあります。

感情的にならずにトレードをすることができれば、こうした事態を避けることができ、結果としてさらに勝率をあげることができます。取引するのであれば、必ず覚えておくようにしましょう。

⑤失敗談を確認しよう

FXでは失敗談を確認しておくことも大事です。ハイレバ取引をするのであれば、通常の失敗談だけでなくハイレバ取引の失敗談も確認しておきましょう。

実際に、初心者の方がFXで失敗する大きな理由の1つとして、ハイレバ取引で失敗することが挙げられます。それほどハイレバ取引は初心者には危険であるということを示しているのでしょう。今回紹介した注意点をよく守り、失敗談から同じ失敗を繰り返さないよう学んでいきましょう。

まとめ

以上、FXのハイレバについて解説してきました。今回紹介したように、ハイレバの取引は億まで稼ぐためにも必要な手段の1つです。また、海外事業者を使うことでさらにその取引の効率性を高めることもできます。ポイントをしっかりと抑えて取引をすることができれば、より効率的に稼ぐことができるでしょう。

いっぽうで、ハイレバの取引には気をつけておきたいポイントがあるのも事実です。具体的には、取引に慣れるまでは低レバレッジでの取引をすることや、証拠金維持率を抑えて取引することなどが該当します。また、感情的になって損を取り戻そうと考えた取引なども非常に危険といえます。こうした事態を知っておき、未然に防ぐことでより効率的なトレードをすることができるでしょう。

ぜひ、この記事を参考にみなさんもFXのハイレバ取引にチャレンジしてみてくださいね。

前原
前原
654 views

仮想通貨やフィンテックを中心にフリーライターとして活動しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。