クレジットカードでお金を借りられる?カードローンとの違いやメリットデメリットを徹底解説!

ほとんどの人が今月はこのくらいお金がかかるとか、いつまでに必要なものを買わなくてはいけないなどと計画を立てて生活をしているでしょう。しかし、お金の計画を立てて生活をしていてと、急にお金が必要になることもあると思います。

毎日生活をしていれば、予測のつかないお金の使い途もでてくるのです。そんな時に足りないお金をすぐに借りることができれば助かりますが、クレジットカードでキャッシングをするという方法があります。

クレジットカードといえばショッピングをする時に利用できるカードだとほとんどの人は考えますが、お金を借りることができる場合もあるのです。今回は、クレジットでお金を借りることについてメリットやデメリットも含め詳しく解説していきます。

クレジットカードとは?

Man
そもそもクレジットカードとは、どういうカードでどんなことができるのかを教えて下さい。
Expert
クレジットカードは、基本的には商品を購入した場合の後払い決済方法の一つです。しかし、クレジットカードにはいろいろな機能がついていますので、商品内容を理解しておけば便利に利用することができます。以下でクレジットカードとは何かについて詳しく説明していきます。

クレジットカードのショッピング機能

クレジットカードとは、基本的には利用者の信用により後払いで商品が購入できる決済方法のことをいいます。このクレジットの機能のことをショッピング機能と言い、一般的には手数料のかからない一括払いや2回払い、手数料がかかる分割払いやリボ払いなどができます。

支払い方法は、1ヵ月の利用分をまとめて後払いの支払日に口座引き落としなどで行われます。クレジットカードにはショッピングの限度額が設定されていて、限度額は利用者ごとに違います

。利用者は、設定された限度額の範囲内であればショッピングができる仕組みになっているのです。

クレジットカードの種類

クレジットカードにはステータスと呼ばれるランクがあり、一番下に年会費がかからないカードがあり、次に年会費がかかる普通カードがあります。基本的には年会費がかかるカードの方がいろいろなサービスが受けられるのですが、最近では年会費無料のカードでもいろいろな特典が付きお得なカードもあるのです。

その上のランクには、自分で申し込みをして審査に通れば手に入れることができるゴールドカードがあります。さらに上のランクには、クレジットカード会社からの紹介でしか手に入れることができないプラチナカードブラックカードがあります。

クレジットカードのメリット

クレジットカードを持っているといろいろなメリットがあります。ここでは、クレジットカードのメリットについて説明していきます。

手持ち現金がなくても買い物ができる

クレジットカードのショッピングは後払いのため、現金を持ち歩かなくても買い物をすることができます。大きな金額の買い物などをする時は、大きな額の現金を持ち歩かなくても良いので、安全性を保つこともできるのです。

支払方法が選べて、一括払い、2回払いは手数料がかからない

クレジットカードでショッピングをした時は、状況に応じて返済回数を選ぶことができます。手数料がかからない一括払いや2回払いだけでなく、手数料はかかりますが分割払いやリボ払いやボーナス払いなどを選択することができます。

ポイントやマイルが貯まる

クレジットカードで買い物をすると、ほとんどのカードで利用金額によるポイントマイルが貯まります。カードによって還元率は異なりますが、ポイントやマイルを貯めるためにクレジットカードを利用している人も多いのではないでしょうか。

貯まったポイントは、一般的には現金や商品券などと交換することができます。

優待や特典がある

クレジットカードを保有していると、クレジット会社にもよりますが、グループ企業や関連会社などでお得に利用できる優待特典が付いてくる場合があります。他にもレストランなどで割引があったりするので、クレジットカードに付いてくる優待や特典を基に申込みを決めるのも良いでしょう。

各種保険が付いている

クレジットカードにもよりますが、旅行の傷害保険や不正利用された場合の保証などのショッピング保険が付いているものがあります。付いてくる保険は、カードのランクが高いほど手厚い保証がついてくるのが一般的です。

クレジットカードのデメリット

クレジットカードを保有することはメリットばかりではありません。いろいろなデメリットがあるのも現実です。ここでは、クレジットカードのデメリットについて説明していきます。

使いすぎて返済できなくなる可能性がある

クレジットカードの支払いは後払いのため、現金で買い物をするよりも使いすぎてしまうリスクがあります。そのため、支払い明細を見て想定外に支払金額が多いこともあるかもしれません。

支払いができなくなると、金融事故につながりブラックリストに登録される可能性もあります。ブラックリストに登録されると、しばらくの間借り入れができなくなったり、クレジットカードが使えなくなったりしますので注意が必要です。

年会費がかかる場合がある

年会費無料のカードもいろいろありますが、お得な優待や特典を求めるとどうしても年会費がかかるクレジットカードを選択することも多いでしょう。クレジットカードのランクが高くなると、年会費だけで数万円かかる場合もあります。

クレジットカードのキャッシング機能

クレジットカードには、ショッピング機能とは別にクレジットカードを使って提携ATMなどで現金が引き出せるキャッシング機能があります。キャッシング機能の詳細については、次項以降で詳しく解説していきます。

クレジットカードの審査について

クレジットカードの申し込みをすると、必ず審査が行われます。審査はクレジットカード会社内の審査だけでなく、個人信用情報機関による信用情報照会で借入状況や返済状況や事故情報などの確認もします。過去に金融事故を起こしていた場合や、ブラックリストに登録されていると審査落ちをする可能性が高いです。

クレジットカードでキャッシングができる?

クレジットカードでお金を借りる(キャッシング)ができることは、あまり馴染みがないかもしれません。しかし、クレジットカードには、ショッピング枠に加えてキャッシング枠というものがあります。ここでは、クレジットカードのキャッシングについて解説していきます。

クレジットカードのキャッシング枠

キャッシング枠とは、キャッシングができる限度額のことで、ショッピングの限度額とは別に設けられています。利用者ごとに異なるキャッシング限度額が設定されていて、基本的に限度額までなら自由にキャッシングを行うことができます。

ただし、クレジットカードには総利用枠というものがあり、ショッピング枠とキャッシング枠に影響を与えています。例えば、ショッピング枠が50万円で、キャッシング枠が20万円のクレジットカード利用者がいるとします。

この利用者の総利用枠は、両方の枠を足した70万円ではなく、50万円になります。仮にこの利用者がショッピングで40万円使っていたとしたら、キャッシングで使える金額は最大10万円になるのです。

キャッシング枠は、クレジットカードを所有しているすべての人に付いているわけではありません。

Woman
クレジットカードにキャッシング枠を付けるにはどのようにすればよいのでしょうか?
Expert
大抵の会社は、クレジットカードを申し込む時にキャッシング枠を付けるかどうかを選択できます。また、キャッシング枠は申込時に設定していなくても、後から付けることもできます。どちらの場合も審査が必要です。

キャッシング方法

クレジットカードでキャッシングをするには、コンビニATMなどの提携ATMで利用可能です。利用手数料はクレジットカード会社によっても異なりますし、提携ATMによっても異なります。

中には利用手数料が無料のクレジットカードもありますが、ほとんどのクレジットカードで利用手数料がかかりますので注意が必要です。

返済方法

クレジットカードでキャッシングをした場合、当然のことながら返済をしなければなりません。キャッシングの返済方法は、ショッピングと同様に毎月の返済日に口座からの引き落としになります。

返済方法は、一括払いまたはリボルビング払いです。一括払いは一回で返済する方法で、リボ払いは利用金額ごとに決まった金額を毎月返済していく方法です。

海外キャッシング

クレジットを使用すれば、海外でもキャッシングをすることができます。VISAやJCBなどの国際ブランドのATMなどで、現地通貨のキャッシングができるのが特徴です。

海外でのキャッシングの返済は、クレジットカードの請求と一緒に日本円で支払いますので便利に利用できます。

クレジットカードでのキャッシングの金利は高い?

クレジットカードでのキャッシングは、ショッピングの一括払いと同じように翌月に一回で返済したとしても金利は発生します。ショッピングの一括払いは、金利、手数料が一切発生しませんのでキャッシングとは異なるところです。

クレジットカードでのキャッシングは、クレジットカード会社によっても異なりますがだいたい15%~18%の金利がかかります。クレジットカードのキャッシングの金利は、消費者金融会社のカードローン並みの金利だと考えて良いでしょう。

クレジットカードのキャッシングとカードローンとの違い

Man
クレジットカードでキャッシングができることはわかりましたが、カードローンとどこが違うのでしょうか?
Expert
クレジットカードとカードローンの違いは、ショッピング枠があるかないかの違いだけです。クレジットカードのキャッシング枠とカードローンの違いはありません。

クレジットカードは、カードローンと比較すると金利が同等か高く設定されています。金利水準は、消費者金融カードローンと同等で銀行カードローンよりは高いです。

また、クレジットカードには年会費がかかるものがありますが、カードローンは年会費は無料です。

クレジットカードのキャッシングのメリットデメリット

ここまでクレジットカードのキャッシングについて説明してきましたが、ここでは、クレジットカードのメリットデメリットについて整理をしていきます。

クレジットカードのキャッシングのメリット

手軽にお金が借りられる

キャッシング枠までなら、コンビニATMなどで手軽にお金を引き出すことができます。急にお金が必要になった時などは、とても便利です。

また、コンビニATMは24時間365日営業しているところもありますので、いつでもお金を引き出すことができます。

カードローンを申込む必要がないこと

クレジットカードを所有していてキャッシング枠が設定されている場合はクレジットカードでキャッシングができますので、新たにカードローンを申し込む必要がありません。

クレジットカードのデメリット

金利が高い

クレジットカードのキャッシングの金利は15%~18%に設定されているものがほとんどなため、比較的金利が高いと言えるでしょう。金利を重要視するならば、銀行系カードローンがおすすめです。

限度額が低い

クレジットカードのキャッシング枠は、多くて50万円くらいまでしか設定できません。そのため、大きな金額を借りることはできません。大きな金額が必要な場合は、カードローンまたはフリーローンがおすすめです。

ショッピング枠が減る

クレジットカードのショッピング枠は総利用枠になっていることが多いため、キャッシングをするとその分ショッピング枠が減ります。

おすすめのキャッシングができるクレジットカード

MUFGカード ゴールド

  • 年会費(本会員):初年度無料、2年目~1,905円+税
  • 年会費(家族会員):1人は無料、2人目より1人につき400円(税別)
  • 利用限度額:10万円~200万円(内リボ払い・分割払い10万円~100万円)
  • 還元率:0.5%~0.85%
  • 申込資格(本会員):原則として学生を除く18才以上の人で安定した収入のある人
  • 申込資格(家族会員):本会員の配偶者、親、高校生を除く18歳以上子供
  • 国際ブランド:mastercard、VISA、JCB
  • 追加可能なカード:ETCカード、家族カード、銀聯カード
  • 保険サービス:海外旅行傷害保険(最高2,000万円)、国内旅行傷害保険(最高2,000万円)、ショッピング保険(年間限度額100万円)、国内渡航便遅延保険(最高2万円)

キャッシングサービス

  • 融資利率(実質年率):14.95%~17.95%
  • 資金使途:自由(事業資金は除く)
  • 返済方式:元利一括払い
  • 担保:不要
  • 保証人:不要

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

  • 年会費:無料
  • 年会費(家族カード、ETCカード):無料
  • 利用限度額:10万円~300万円
  • 還元率:1.0%~2.0%
  • 申込資格:原則として高校生を除く年齢18歳以上の人
  • 国際ブランド:mastercard、JCB
  • 電子マネー:iD、QUICPay
  • 追加可能なカード:ETCカード、家族カード
  • 保険サービス:紛失・盗難保障、トラベルサポート

キャッシングサービス

  • 融資利率(実質年率):15.0%~18.0%
  • 資金使途:自由
  • 利用可能枠:10万円~100万円

dカード

  • 年会費(本会員):初年度無料、2年目以降は前年度に1回もショッピングサービスの利用がなかった場合1,250円+税
  • 年会費(家族カード):無料、2年目以降は前年度に本会員、家族会員どちらか一方にでもショッピング利用がなかった場合400円+税
  • 年会費(ETCカード):無料、2年目以降は一度もETCカード利用のご請求がなかった場合500円+税
  • 還元率:1.00%~4.00%
  • 入会資格:高校生は除く満18歳以上の人、個人名義であること、本人名義の口座を支払い口座として設定
  • 国際ブランド:mastercard、VISA
  • 電子マネー:iD
  • 追加可能なカード:ETCカード、家族カード
  • 保険サービス:dカードケータイ補償(購入後1年間最大1万円)、お買い物あんしん保険(年間100万円まで)、カードの紛失・盗難の補償

キャッシングサービス

  • 融資利率(実質年率):18.00%
  • 資金使途:自由
  • 利用可能枠:5万円~90万円
  • 返済の方式;毎月元金定額返済またはボーナス月元金増額返済併用
  • 一回の利用額:利用枠の範囲内で1万円以上(1万円単位)
  • 毎月の返済額:1万円以上(1万円単位)、利用枠が51万円以上の場合は2万円以上(1万円単位)、ボーナス月、ボーナス返済額年2回(夏、冬)(1万円単位)

まとめ

このように、クレジットカードには、キャッシング枠と設定すれば提携ATMなどで現金を引き出すことができます。金利は消費者金融カードローンと同じくらいで少々高めですが、とても便利です。

ただし、キャッシングは利用手数料が無料のクレジットカードもありますが、ほとんどのクレジットカードで利用手数料がかかりますので注意が必要です。

aktkaktk
aktkaktk
554 views

金融機関勤務歴8年ですが、金融機関歴は、信用金庫で営業や融資の窓口を経験して住宅ローンやカードローンなどの個人ローンに強みを持っています。

現在は、銀行のシステムを開発しながら、カードローンや、クレジットカードや、社会保険労務士の資格を活かした年金など金融機関のライティングをしています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。