デビットカード12個のメリットデメリットを徹底解説。現金主義の方におすすめ!

Woman
「使い込みすぎそうで怖い」
「現金に比べてセキュリティが不安」

このような悩みをお持ちではありませんか?

確かにクレジットカードは非常に便利なため、つい使いすぎてしまうかもしれないと不安になりますよね。けれども現金を引き出したりするたびに手数料などがかかって面倒ではありませんか?

もし当てはまる方がいたら、現金感覚で支払いに使えるデビットカードを試してはいかがでしょう。デビットカードはクレジットカードを作らなかった方にもメリットが非常に多いカードなのです。

この記事では、

  • デビットカードとクレジットカードの違い
  • デビットカードの種類
  • デビットカードのメリット・デメリット

これらの項目を中心に解説いたします。デビットカードを作ろうと迷っている方や現金主義を貫いてきたけれども、手数料が面倒になってきた方などはぜひ参考にしてくださいね。

デビットカードとは?クレジットカードと何が違うの?

デビットカードは、クレジットカードとは大きく異なります。主に違う点は以下のとおりです。

  1. 決済方法
  2. 審査の有無

以上の2点がクレジットカードとは、異なります。

決済方法の違い

まず、決済方法ですが、これはクレジットカードの仕組みとデビットカードの仕組みが違うために起こります。クレジットカードの仕組みは、クレジットカード会社・買い物をした店舗・カード使用者の3人で構成されています。

使用者が店舗でクレジットカードを使用するとカード会社が、使用者の代わりにお金を立て替えて支払ってくれます。そのため、使用者はその場で商品を受け取ることができます。店舗も料金はカード会社が払ってくれるので、問題はありません。

しかし、クレジットカード会社はこうなると商品の代金を回収する必要があります。料金を回収するため、毎月カードの締め日を決めて使用者に請求書を送り、銀行口座から引き落とすという後払い形式を採用しているのです。これがクレジットカードの一連の流れです。

では、デビットカードはどうかと言うと少し異なります。デビットカードの場合は使用者が、カードを使うと即座に使用者の銀行口座からお金が引き落とされます。つまり、カード会社を介さない店舗と使用者の2社の取り引き、現金払いに非常に近い性質を持っているのです。

しかし、デビットカードの場合は即時引き落としで、金額が把握しやすい面もありますが、銀行口座に入っている金額のみでしか買い物ができないという側面もあります。つまり分割や大きい買い物はしにくいのが、クレジットカードと異なる点です。

審査の違い

銀行口座に入っている金額のみ買い物が可能なことは、もう一つの違いである審査の有無にも関わっています。前述の通りにクレジットカードの支払いはいわばお金を貸している状態のため、あとから回収する必要が出てきます。もしも、これが回収できなければクレジットカード会社は大きな損害となるためです。

そこでクレジットカード会社は、安定して貸したお金を回収するためにも信頼できる使用者にクレジットカードを渡したいと考えました。その中で生まれたのが、審査というシステムです。審査では、その人の属性や安定してお金を返してもらえるか、過去に滞納や延滞をしていないかを細くチェックします。

一方でデビットカードのカードの場合は、使用したら銀行口座から即引き落としのため審査が必要ありません。クレジットカードのように大きな買い物も分割払いもできないため、使用者が持っている金額までしか買い物ができないためです。口座に入っている額までということは、どれだけ使ってもマイナスになることはありえません。

だからこそ、損失を受ける人がいないためリスクヘッジが不必要。審査が必要ないのもこのためです。審査が必要ないため15歳からデビットカードは持つことができるのです。

デビットカードの使い方

では、実際に具体的にお金をつかった事例を使い、デビットカードの使い方を見ていきましょう。

まず、銀行口座に10,000円入っていると仮定します。そして、デビットカードを使い実際の店舗で500円の買い物を行った場合は、銀行口座から500円が商品の代金として即口座から引き落とされます。つまり、現在銀行口座に入っている金額は、9,500円ということになり、追加に銀行口座に入金をしない場合は、残り9.500円分デビットカードで買い物をすることができます。

基本的な使い方の流れは、このようになっており現金払いとあまり大きな違いはありません。ATMに現金を引き出しに行かなくてよい分、ATM手数料がお得ともいえるでしょう。

クレジットカードの使い方との最大の違いは、やはり金額の上限が決まっていること、分割払いができないことです。クレジットカードならば、100,000円の買い物も支払日までに口座に用意するか、分割にして数ヶ月かけて返済することもできます。しかし、デビットカードはそうはいきません。

デビットカードの場合は、分割払いができないため、100,000円の買い物を行うには銀行口座にその金額が入っていることが前提になります。また、即口座から引き落とされるため大きな買い物をすると現金が一気に減るという違いもあります。うまく使い分けることが肝心でしょう。

デビットカードは3種類

デビットカードは、各銀行が発行しており、主なカードの種類は3種類あります。それが、「VISAデビットカード」「JCBデビットカード」「ジェイデビットカード」の3種類です。このカードのそれぞれの違いは、VISAとJCBに関しては、国際規格のためネット上や海外でも問題なく使えます。

しかし、ジェイデビットに関しては一部使えない店舗もあるため作る際には注意が必要です。このようにデビットカードでも違いがあるのです。この章では、それぞれのカードの特徴について解説します。

1.「VISAデビットカード」

VISAデビットカードは、名前のとおりにVISAが発行しているデビットカードです。国際ブランドであるVISAは、クレジットカード同様に全世界で対応しています。つまり、デビットカードもクレジットカード同様に世界中、またネットショッピングにもしっかりと対応。

特にデビットカードに強いこだわりがない場合は、このブランドが付いているものか、次の項目で紹介するJCBデビットカードをつくると使用できない店舗もないため、問題なくスムーズに買い物を楽しむことができるでしょう。

2.「JCBデビットカード」

JCBデビットカードは、日本で生まれた国際ブランドであるJCBが発行しているデビットカードです。こちらも発行元がクレジットカード会社のため、JCBに対応している店舗ならば、世界中で使うことができます。もちろんネットショッピングにも対応しています。

JCBは、海外でももちろん使えますが、特徴としてアジア圏では使用できる店舗が多いのです。そのため、海外旅行をするときにも現金のみでは使えない店舗やATMでキャッシングも時間がかかるため、デビットカードを持っていけばどこでもスムーズに買い物ができます。

デビットカードで決済を行う際には、デビットカードと伝えるのではなく、1回払いと伝えるようにしましょう。そうすると、次に紹介するジェイデビットと間違えないで処理してくれるため、余計な手間が省けます。

3.「ジェイデビットカード」

ジェイデビットカードは銀行のキャッシュカードに元からデビットカードの機能がついているデビットカードです。主にメガバンクなどが中心に発行しています。また、銀行の中には、ジェイデビットの他にもVISAやJCBのデビットカードを発行している銀行もあります。

ジェイデビットカードは、VISA同様にジェイデビットのマークがある店舗以外では、使用することができません。そして、このジェイデビットの使用できる店舗はVISA、JCBに比べて非常に少なく、またネットショッピングにも対応していません。

ジェイデビットカードを作る際には、どの店舗で使用できるかを確認してから発行したほうがいいでしょう。

デビットカードの6つのメリット

1.買い物で使った額がすぐにわかる

デビットカードのメリットは、やはり買い物に使った金額が把握しやすいということがあげられます。デビットカードの場合は、クレジットカードと異なり、買い物後即引き落としが基本です。なので、買い物をすれば、その金額が口座から引かれているため、自分が買い物にいくら使ったのかがわかりやすいのです。

これが、クレジットカードの場合は、もちろん使用履歴などは出ますが、即引き落としをされるわけではなく、また買ったものや日にちによっても請求期間が変わってくるため、その月にいくらどこで使用したのかが、若干デビットカードに比べると分かりづらい仕様になっています。

デビットカードの場合は、会計簿アプリ等との連動も非常に簡単かつ見やすくできるため、何にどの程度使用していて、いくら口座に残っているのかが、明確になります。そのため、つい使いすぎてしまう人でも非常に安心して使うことができます。クレジットカードの場合は、どうしても使用した金額が見えにくい側面が残っています。

そのためか、ついついクレジットカードを上限いっぱいまで使ってしまう人もいます。毎月支払日になって一気に現金がなくなることや支払いができずに延滞をしてしまい、クレジットカードを作れなくなることも珍しくありません。このようについ使いすぎてしまう人には、デビットカードの使用をおすすめします。

新しく銀行口座を作り、そこに生活費を入れてデビットカードで管理するなどの方法もいいかもしれません。なんにせよクレジットカードと違い買ったあとの金額や残高が明確になるのが、デビットカードのメリットです。

2.ATM手数料を節約できる

デビットカードは、現金と似たような決済方法方法ですが、現金との違いはATMで引き出す必要がないことです。実際にこの点は非常に大きく、現金払いがメインの人には重要な問題でしょう。結構ATMで引き出す手数料や時間などは、想像以上にかかっていることが多いのです。

まず、現金を引き出そうとすると銀行やコンビニでは手数料が発生します。この手数料の支払いを回避するには、自分の指定銀行に平日の日中に行き現金を引き出しに行かないといけません。もしも、休日しか引き出せない場合は、指定銀行でも手数料が発生します。10,000円を引き出すのに100~200円の手数料がかかります。場合によってはそれ以上でしょう。

また、銀行に引き出しに行く時間もロスになります。コンビニで何かちょっとしたものを買うのに現金がなければ、手数料を支払い引き出しに行かないといけません。この両方の問題を解決できるのがデビットカードです。このカードはどこでも使えて、現金と同じ感覚で買い物ができるため、ATMで現金を引き出す必要もありません。

クレジットカードも同様ですが、現金払いになれている方にはデビットカードの方が支払額もわかるため、安心でしょう。コンビニで少額の買い物をするのにわざわざ手数料を払う必要はなく、デビットカードを使用して手数料を節約することで、追加で買い物をすることもできます。

3.不正利用された場合にすぐにわかる

現金払いの方が、カード類を使用しない要因の一つに不正使用をされるのではないか、という不安があると思います。確かにその不安はもっともでしょう。そして、完全には不正使用を防ぐ手段はありません。しかし、これは銀行に現金を預けていても同じです。もしもキャッシュカードを落としてしまうあるいは、口座をハッキングされて不正利用されることもゼロではないのです。

その中でもデビットカードは、不正利用された際にそのことがわかりやすく、対処がしやすいのが特徴です。現金即引き落としでアプリとの連動も相性がいいデビットカードがもしも不正利用された場合、デビットカードで払ったものは、全て記録として反映されます。

つまり、不正利用があった場合でも自分が買い物をしていないものが引かれていることが即分かるので、不正利用の対応が早目にできるのです。また、口座にある金額のみ使用可能なためあまりにも大掛かりな買い物はできないことも、不正利用への対応が早い点の一つといえます。

これがクレジットカードの場合は話が異なります。まず、クレジットカードは支払いの請求日が買い物をした日には行われず、また買い物の内容によっては支払いが2ヶ月後などの場合もあります。そうなるとクレジットカードの不正利用を即座に判断するのは非常に困難と言えます。

また、クレジットカードの場合は上限額が設定されていますが、支払いの方法が多様なためいくらでも調整が可能なのです。例えば、50万円の買い物でも一括は無理でも分割、リボ払いなど支払い方法は複数存在します。そのため、少しでも不正利用が発覚が遅れるとかなりの金額を請求されることになりかねません。

Expert
不正利用に対抗するにもデビットカードで買い物を行いつつ、こまめに使用履歴を確認することが、最善と言えるでしょう。そうすることにより何らかの変化があった場合に即時カードを停止して不正利用をさせないことができます。不正利用が心配な方は、デビットカードも検討してみるといいかもしれません。

4.審査がないため15歳から作れる

前述の通り、デビットカードには審査がありません。それは、カード会社がお金を貸しているわけではなく口座にある金額から買い物した代金を引いているだけだからです。そのため、カードを発行する側としては口座の金額がマイナスになって支払いが滞ることもないため、審査も必要ないのです。

カードの発行元としては、資金の回収を心配する必要はないため細かい審査をしなくてもすむのです。だからこそ通常のクレジットカードでは、審査に通過できない高校生や支払いを延滞したことのある人なども審査無しでデビットカードは作ることが、可能なのです。

デビットカードの発行可能年齢は、15歳からとなっており高校生でも作ることが可能です。そのため、子供の口座を開設したあとにデビットカードをもたせる親も最近は増加傾向にあります。

クレジットカードの場合は、18歳以上が属性の最低条件になっており、更に過去におこなった取り引き記録や安定した収入があるかどうかなどもチェックされるため、審査に時間もかかり通らないこともよくあります。無理にクレジットカードを作らずとも審査がなくて、すぐにでも発行可能なデビットカードを1枚持っておくだけでも十分買い物は可能です。

Expert
クレジットカードよりもまずは、デビットカードを作ることをおすすめします。ネットショッピングがこれから更に増加してくこともあり、現金よりもカードが必要になる場面は増えてきます。そこで、ネットショッピングにも対応可能なデビットカードを作っておくと支払いもずっと楽になるでしょう。

5.海外でのキャッシングできるカードもある

デビットカードの種類によっては、海外で現金を引き出せるものもあります。クレジットカードの場合は、海外でキャッシングをして現金を引き出すと借り入れ扱いになり、年利10%程度の借入金が発生します。しかし、デビットカードの場合は状況が異なります。

まず、デビットカードにキャッシング機能はありません。キャッシングはそもそも現金をカード会社から借りることのため、ローンなどと同じ扱いになります。そのため、審査のないデビットカードでは、キャッシングを受けることはできません。しかし、海外で現地の通貨を引き出すことは可能です。

ソニー銀行のVISAデビットカード「Sony Bank WALLET」などは、ソニー銀行のキャッシュカードも兼ねているため、外貨預金を行っている場合はその外貨預金を引き出すことが可能なのです。海外の場合、大抵のものはVISAがあれば問題ないですが、いざというときに現金が必要になります。

そのような状況に備えて、クレジットカードでキャッシングするよりもデビットカードで、外貨預金を引き出すという方法もデビットカードならば、取ることができます。

6.アプリとの連動で自動的に家計簿が作れる

デビットカードは、アプリとの連動も非常に優秀です。特に家計簿アプリと連動すると自動的に家計簿の作成をすることができます。銀行口座とアプリを連動させることにより、支払いの管理が一目瞭然になります。

そのため、口座の残高確認や買い物の使用履歴も明確になり、使いすぎる心配がなくなります。また、面倒な手書きの家計簿を付ける必要もなくなるのです。これにより、1ヶ月間の収支のチェックがすばやく行えるようになり、貯金などを行う場合にも計画を立てやすくなります。

クレジットカードの場合は、支払い通知が1ヶ月単位で記録されるため、日にちごとの仕分けが面倒かつその月に買い物をしたものが、同月に請求されるとは限らないため、正確な買い物履歴を作れるかと言われれば難しいのです。

Expert
正確な家計簿を作成したい場合には、デビットカードを使用して、その支払い記録をアプリで連動させると1日単位のより正確な家計簿が自動的に作れるでしょう。

デビットカード6つのデメリット

1.クレジットカードよりポイントの還元率は低い

クレジットカードの場合は、カード会社や提携会社の商品をより購入してもらうためにもポイントをつけるケースが、多いのです。このポイントはクレジットカードごとに異なりますが、商品の値段に対して0.5%~2%程度がだいたいの相場になっています。また、このポイントは他のポイントに変換することも可能になっています。

具体的な例であげると、Tポイントを数百ポイント単位でマイルに変換することもできるのです。それにより、クレジットカードで買い物を行いポイントを交換して旅行に行くこともできます。あるいは、ポイントを貯めてアマゾンや楽天市場で好きな商品を購入することもできるのです。

カードによっては、特定の場所や支払い方法により、ポイントが大幅に上がることもあります。ポイントを買い物で効率よく貯めて年に1~2回好きな商品と交換するなど、ポイントの還元率や変換が自由なこともあり、還元率はクレジットカードを選ぶ際の基準の一つとなっています。

しかし、デビットカードの場合はあまりポイントの還元率は良いとは言えません。もともと現金払いの延長のため、現金よりはポイントがつくためお得とも言えます。デビットカードの還元率の相場は0.2%~0.6%が主流です。これは、100円の買い物に対して0.2円のポイントが付く計算です。

100,000円の買い物でようやく200円のポイントが付く計算です。そしてこのポイントも他のポイントに変えることはできずに多くの場合は、口座にキャッシュバックという形をとります。このため、デビットカードにはポイントの還元率は期待しないほうがいいでしょう。

あくまでデビットカードは、現金払いの延長線上と捉えてキャッシュバックはラッキー程度に考えておくほうがいいかもしれません。もしもポイントを重視したい方は、高還元率のクレジットカードを作ることをおすすめします。

2.分割払いができない

デビットカードのデメリットとしては、この分割払いができないことが大きいでしょう。そもそも分割払いは、高額な買い物を一括で行うのではなく、何回かに分けて代金を支払うことです。一括決済しかできないデビットカードは、クレジットカードのように分割払いができないのです。

このことは、引き落としの方法の違いによるものです。クレジットカードの場合は、信用取り引きという取り引き方法を採用しています。クレジットカード会社が商品の代金を立て替える代わりに使用者は、月末に支払いをクレジットカード会社に行ことが、信用取り引きです。

この方法のおかげで、仮に銀行口座に商品全額の代金がなかったとしても、商品の代金を実際に支払うのは、クレジットカード会社のためカードの使用者は商品を手に入れることができます。そして、月末までに支払いが全額不可能な場合は、支払い方法を変更することができます。これが分割払いです。

分割払いをクレジットカード会社が認めているのは、クレジットカードを作るときに返済能力は問題ないかどうかを、しっかりと審査しているため、クレジットカードの使用者は分割払いという選択ができるようになるのです。つまり、カード会社が使用者を信用しているから成り立つのが分割払いという支払い方です。

一方デビットカードの場合は、現金の支払いをカードに置き換えたものです。そのため、手元の現金分しか買い物をすることはできません。審査も行っていないため、信用取り引きをすることは前提としてありません。なので、デビットカードは分割払いで買い物をすることができないのです。

Expert
大きい買い物を分割払いで買いたい場合には、クレジットカードをつくり買い物をしたほうがいいでしょう。

3.一部利用できない店舗がある

ジェイデビットカードの場合は、使用できる店舗が少ないため、クレジットカードよりも利用に関しては不便と言えます。ネットショッピングはもちろん、コンビニでも使用できないこともあります。また、他のデビットカードでも一部ネットショップでは使えないところも存在します。

基本的には、殆どの場所で使用できるデビットカードですが、一部店舗では対応していないこともあるので注意が必要です。特にジェイデビットカードは利用できない店舗が多いため事前の確認が必要でしょう。

4.高速道路・ガソリンスタンドで使えない場合がある

デビットカードのデメリットとして、高速道路での使用ができない点にあります。高速道路は、クレジットカードのみとなっています。また、場所によってはガソリンスタンドも使用できない場合があります。

デビットカードは、前述の通り支払い後即引き落としされるカードです。そのため、通常の買い物では支障はありませんが、高速道路などは別です。高速道路の場合は、支払いが完了しない場合は通行することも戻ることもできません。そのため、デビットカードだともしも現金が口座になかった場合に対応ができません。

クレジットカードの場合は、後払いのため高速道路の代金はカード会社が払ってくれます。そのため、クレジットカードは特に問題なく通過することができます。そのため、ETCカードも含めて基本的にクレジットカードが利用されているのです。こうすることで、口座の照会をする必要がなく、スムーズに車の通行が可能になります。

5.クレジットヒストリーを貯めることが出来ない

デビットカードでは、クレジットヒストリーを貯めることはできません。そもそもクレジットヒストリー(クレヒス)は、信用取り引き全般の個人記録のことを指します。この場合の信用取り引きとは、クレジットカードの使用履歴・各種ローンの返済などです。つまり、信用取り引きを使用して正常に返済をしたかどうかの履歴なのです。

クレジットカードを作る際には特にこのクレヒスが重要視され、審査の基準になります。もしもローンを延滞しているなどの場合は、クレヒスに問題あり、返済能力に乏しいとクレジットカード会社は判断します。そうなった場合には、クレジットカードは発行されません。また、この情報はすべての金融機関が照会できる情報なので、ほかからの借り入れも難しくなります。

反対にこのクレヒスが良好の場合は、クレジットカードのランクアップや融資額の増加などいいこともあります。しかし、これらはすべてクレジットカードの話なのです。デビットカードは、このクレヒスに一切関わってきません。それは、デビットカードは、信用取り引きではないためです。

デビットカードの発行には特別な審査は必要ありません。年齢と申込書類と銀行口座があれば、誰でも開設が可能です。それは、学生でもクレヒスに問題がある人でもです。デビットカードは口座内の現金の移動なので、貸したお金を返すという信用取り引きの対象ではないのです。

そのため、見た目はクレジットカードと似ていますが、中身は別物なのです。どちらかといえば現金取引に近い取り引きです。そのため、持つ人の返済能力なども審査する必要はありません。手軽に使うことのできる反面、信用を貯めることはできないのです。クレジットカードとデビットカード両方持ち使い分けるといいでしょう。

6.一部のデビットカードは年会費が有料

デビットカードは、基本的に年会費が無料のものが多いです。しかし、中には年会費がかかるものもあります。カードによっては1万円程度かかるデビットカードもあります。しかし、年会費がかかるカードの多くは。ポイントの還元率がいいことや海外旅行の付帯保険がついているものなども存在します。

年会費はかかりますが、その分の何らかの付帯サービスがあるのです。しかし、年会費がかかるものの多くは、使用量にもよりますが、年会費分の金額をポイントで相殺することはできません。

クレジットカードの場合は、年会費のかかるものは1年間で設定額を使用した場合に年会費が無料になるカードやポイントの還元率により年会費を相殺できるものも多いのです。しかし、デビットカードの場合は、還元率が基本的に低いものが多い上に使用者の銀行口座の預金残高に依存するため、年会費をキャッシュバックで相殺することは難しいでしょう。

Expert
デビットカードには、年会費無料のところも多いため、買い物をする場所を使い分けてしようするか年会費無料のカードを作るのがいいでしょう。

デビットカードは現金主義の方におすすめ

デビットカードは、いままで現金主義で買い物をされていた方にはピッタリのカードです。内容は現金払いと変わりないので、は初めて使う方も違和感なく使うことができるでしょう。また、アプリとの連携をすることにより自分の使用した額や内容なども即座に反映されるため、使いすぎる心配もなくなります。

いままで煩わしかったATMへの現金引き出しやそれに伴う手数料を払うこともありません。年会費無料カードならば、いままでしはらった手数料分お得と言えるでしょう。

まとめ

この記事では、クレジットカードとデビットカードの違いについて、またメリット・デメリットについて解説してきました。

デビットカードは、非常に使いやすく審査もないため「現金払いを続けたいけど、手数料がかかるのは嫌」という人や「クレジットカードは使いすぎないか怖い」という人にもおすすめのカードと言えるでしょう。

良い面もある一方で、デビットカードにもデメリットはあります。銀行口座の預金残高に支払い能力が依存するため、大きな買い物はしにくい点や分割払いができないこと、信用取り引きではないためクレヒスを貯めることができないなどの問題はあります。

しかし、そのデメリットを差し引いても審査無しで作ることのできるネットや世界中で使うことのできるカードは、貴重です。これからネットショッピングが主流になる時代のため、現金のみだと不便なことも起こりえます。デビットカードを一枚持っておくだけでも買い物が楽になるでしょう。

また、クレジットカードを使いすぎてしまう方には、少額の利用限度枠を設定してクレジットカードも1枚持っておくとクレヒスも貯められて便利なため、クレジットカードとデビットカード両方をうまく使い分けて活用するとより、買い物も便利になることでしょう。

fujikawa
fujikawa
56 views

フリーライター活動すると同時に大学時代から株式投資・日経先物を始め、これまでにFXや不動産投資など様々な投資を経験。一定の収益を稼ぎ出す。投資が初めての方でも読みやすい記事かつ最新のトレンドをお伝えしていきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。