審査なし・未成年OK!事実上、クレジットカードのバンドルカードを解説

バンドルカードとは?

「バンドルカードって?使い方は?審査がない?」

バンドルカードはスマホから簡単に会員登録が可能であり、電話番号・スマホさえ持っていれば、簡単にVISA加盟店で利用することの出来るカードが発行可能です。

審査等が必要なく、クレジット決済を行う事が可能であり、年齢によってクレジットカードを持てない若年層や、信用情報に傷がついておりクレジットカードを持てない人を中心的に、人気が広がっています。

ただ、従来のようなクレジットカードのイメージが強い方だと「なぜ、審査がないの?」「なぜ、未成年でも持てるの?」等、疑問が沢山出てくる部分も多いでしょう。

そんな疑問から「バンドルカードって大丈夫?」と言ったような不信感に繋がるケースも少なくないと思います。なので、今回はそんなバンドルカードについて、

  • バンドルカードって何?どんなカード?
  • バンドルカードのポチッとチャージって?
  • メリット・デメリットは?
  • 注意点は?

と言ったようなポイントについて、解説していき「バンドルカード」について分かりやすく解説していきたいと思います。

まず、はじめにバンドルカードの概要や特徴等の基本的な部分について押さえていきましょう。

バンドルカードの概要

バンドルカードは、2016年に株式会社カンムからリリースされたVISAカードを簡単に持つことの出来るアプリで、メールアドレス・電話番号のみでバーチャルなカードを持つことが可能になります。

クレジットカードは一般的に、物理的に実態のあるカードが主流なものになっていますが、バンドルカードの場合は「アプリ上で発行されるVISAカード」という形になっています。

実際に使用する際は、必要な分を必要な分だけ入金するというのが主な利用方法になっており、形としては「プリペイドカード」と言われるようなものになっています。

もちろん、リアルのカードを持つ事も可能であり(後に解説します)、一部の機能・上限の解除には本人確認が必要になり、身分証明書等が必要です。

ただ、基本的には「アプリ上のVISAプリペイドカード」というのが、ベースになっています。

バンドルカードの特徴

バンドルカードは、これまでのクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードとは一線を画するVISAカードになっているので、他のカードと比較した時に沢山の特徴が存在しています。

ただ、バンドルカードの特徴を一言でまとめるとするなら「簡単・早い」というのが、最も大きな特徴であると言えるでしょう。

これまでにも、同じ様なプリペイドカードのサービスは存在していました。ただ、分かりやすさ・使いやすさという点では、バンドルカードが他のサービスと比較した時に抜き出ています。

利用するための手順として必要なのは、アプリのダウンロード・メールアドレスや携帯電話の登録のみで、カードを持つこと自体は可能になります。

様々な機能を利用したい・チャージ額の上限を上げたいという際に必要になる本人確認も、郵送等の作業は全く必要ありません。

スマホから身分証明書の写真を送付し、確認作業をしてもらうだけで本人確認等の作業が完了します。

バンドルカードと似たような機能を持っている場合、これまでのデビットカード・プリペイドカードでは、本人確認書類のコピーや申込書類をわざわざ郵送する必要があるものが多かったです。

ユーザーが行う作業は基本的にスマホで完結します。LINE Payも似たような機能を持っていますが、分かりやすさ・スピード感というのは、バンドルカードに軍配が上がるでしょう。

クレジットカードとの違い

先程、バンドルカードがプリペイドカードであるという点について解説させて頂きました。ただ、クレジットカードと具体的にどう違うのか?という点が押さえられないという方も少なくないでしょう。

この点は、バンドルカードをしっかりと理解する上で、欠かせない要素なのでもう少し解説しておきたいと思います。

クレジット決済が可能なカードには、主に3つの種類が存在しており

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード

が挙げられます。ただ、上記の3つの種類はクレジット決済が可能という点以外は、全く違ったカードになっています。

クレジットカード

クレジット決済が可能なもので、最もポピュラーなのは「クレジットカード」だと思います。クレジットカードは与信枠等が予め設定されており、一定期間(通常は1ヶ月)自由に与信枠内で決済する事が可能です。

一般的に、クレジットカードで使ったお金を利用者が実際に支払うのは「決済後に支払う」という形になっているのが、一般的だと思います。

ここが大きなポイントで、クレジットカード以外のデビットカードやプリペイドカードは、決済前・決済直後に支払う事になっています。そのため「今持っているお金の範囲」でしか、お金を使う事が出来ないのです。

しかし、クレジットカードの場合は仮に決済時にお金を実際に持っていなかったとしても、決済する事自体は可能になっています。ここが、デビットカード・プリペイドカードとは大きな相違点になっています。

デビットカード

クレジットカードはある一定期間・一定額までなら決済が可能になっているカードでした。デビットカードの場合は「銀行口座に入っている金額なら、いくらでも決済が可能」というカードになっています。

というのも、デビットカードは決済直後に銀行口座内からお金が引き出される仕組みになっているのです。

つまり、裏を返せば「銀行口座内に入っているお金までしか決済できない」というものになっています。例えば、クレジットカードで5万円の与信枠があれば、5万円までの決済が可能です。

しかし、デビットカードの場合は「3万円しか口座に入っていない」というケースで、5万円の決済を行う事は出来ません。この場合、デビットカードが決済できるのは3万円になります。

プリペイドカード

最後のタイプは「プリペイドカード」です。バンドルカードもこのタイプであり、プリペイドカードの特徴について簡単にご紹介すると「お金を入れた分だけ決済できる」というものになっています。

つまり、決済を行う前にバンドルカード等のプリペイドカードに「1万円」をチャージすると、1万円以内の決済が可能になります。

イメージとしては「クレジット決済が出来るSuica・ICOCA」と言ったようなものです。Suica・ICOCAを含める電子マネー関連のカードも、チャージ分までの決済しか出来ません。

クレジットカードは決済後、デビットカードは決済直後、プリペイドカードは決済前にお金を支払うという点を押さえて頂けると幸いです。

審査必要なし!ポチっとチャージ

先程、バンドルカードの概要・特徴についてご紹介させて頂きましたが、やはり上記だけだと「通常のVISAプリペイドカード」と変わらないと言えるでしょう。

ただ、バンドルカードには他のプリペイドカードには無いユニークな機能があります。それが「ポチッとチャージ」と言われる機能です。

バンドルカードには、この機能が備わっているため「最もクレジットカードに近いプリペイドカード」と言えるような存在になっています。

ポチッとチャージとは?

バンドルカードには、ポチッとチャージという機能が備わっています。この機能は「チャージ」を後払いする事が可能な機能であり、実質的にクレジットカードと近いような使い方が可能になります。

というのも、通常プリペイドカードというのは決済前にチャージした金額までしか利用する事が出来ません。つまり「現在持っている現金」以上の決済は不可能なのです。

しかし、ポチッとチャージであれば、そのチャージを後払いする事が可能なので、チャージ時に現金を持っていなかったとしても、チャージを行う事が可能なのです。

また、支払いはチャージした月の翌月末までに支払うという形になっているので、このような点からもクレジットカードに近い機能を持っていると言えるでしょう。

ブラック・未成年でも大丈夫

クレジットカードは保有するには当たって、通常「審査」があります。この審査によって、そもそもクレジットカードを持てるのか?どこまでの与信枠が出来るのか?も変化してきます。

この際に、各社独自の審査基準等を持っているケースもありますが、最も審査を左右するのは「信用情報」です。

英語では「Credit History」と言い、信用情報を簡単にまとめると「これまでどのような信用取引を行ってきたか?」というのをまとめた情報です。

このような情報を管理している信用情報機関と言い、経済的な面においてどのくらい信用力があるのか?という点を表しているので、クレジットカードの申込みの際には必ずチェックされます。

これまで、住宅ローン・消費者金融・クレジットカード等の支払いを延滞している過去があると、その情報が信用情報機関に記録され、あまりに延滞が続くといわゆる「ブラック」となります。

ただ、バンドルカードは上記したようなこれまでの信用情報機関とは情報を共有していないので、ブラックであっても事実上の借金であるポチッとチャージを利用する事が可能です。

また、バンドルカードを運営している株式会社カンムとの間に債権は発生するので、しっかりと支払っておきたい所ですが、仮に延滞したとしてもそれが信用情報機関に記録される事はありません。

そのため、信用情報に傷がついているブラックの方でもポチッとチャージを利用する事が可能です。

また、保護者に同意を得ているという条件さえクリアしておけば、未成年(中高生)でもポチッとチャージを利用する事が可能です。

メリット・デメリット

バンドルカードの基本的な事が分かってきた所で、バンドルカードのメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。

ただ、バンドルカードはプリペイドカードであり、単純なメリット・デメリットだと、プリペイドカードのメリット・デメリットとそれほど変わりません。

そのため、この記事ではバンドルカードの中でも、最も特徴的なサービスである「ポチッとチャージ」のメリットやデメリットを中心的にご紹介していきたいと思います。

ポチッとチャージのメリット

ポチッとチャージの大きなメリットの1つは「誰でも使える」という点です。信用情報に傷がついてしまっている方も、未成年の方もポチッとチャージを利用する事が可能です。

ただ、これは既にご紹介しているので、後払いサービスと比較した時のメリット・簡単にチャージ出来ると言った観点からメリットを解説していきます。

通常の後払いサービス

通常の後払いサービスでは決済を行う際に審査が行われ、決済を行うまで後払いを利用できるのか?という点については、基本的に不透明になっています。

そのため、通販サイトで購入する品物を定めて、購入画面まで行ったのに結局後払いを利用出来ずに購入できなかったというケースも少なくありません。

しかし、ポチッとチャージの場合は予め「ポチッとチャージを出来る金額」というのが明確に示されており、その範囲内ならいくらでも後払いを行う事が可能です。(5万円まで)

後払いサービス特有の煩わしさという点を克服していると言えるでしょう。

チャージまでのシンプルな手順

バンドルカードでポチッとチャージを行う際の手順はかなりシンプルなものになっています。主な手順は以下のようになっており、

  • チャージする金額を選択する
  • SMS認証を行う
  • 処理を待つ(数十秒程度)

かなりシンプルな手順になっている事が分かると思います。

もちろん、後払いと言っても実質的にはお金を借りている事に変わりないので、はじめての利用の際には個人情報の入力・身分証明書等が必要になってきます。

ただ、初めて利用する際の手順さえ完了してしまえば、かなり簡単にポチッとチャージを利用する事が可能であり、容易さ・スピードの速さを考慮すると急な出費にも対応出来るでしょう。

ポチッとチャージの大きなデメリット

利便性という観点からポチッとチャージのメリットをご紹介させて頂きましたが、もちろん大きなデメリットも存在しています。

というのも、ポチッとチャージでは「手数料」が掛かります。ポチッとチャージした金額はバンドルカード運営会社との債権になるので、実質的な金利とも言える存在です。

ポチッとチャージの手数料は、金額になって異なり、一覧は以下のようになります。

  • 3,000円から1万円【500円】
  • 1万1,000円から2万円【800円】
  • 2万1,000円から3万円【1,150円】
  • 3万1,000円から4万円【1,500円】
  • 4万1,000円から5万円【1,800円】

この手数料についてどう考えるかは人それぞれですが、通常の消費者金融・クレジットカードの金利と比較した時に、かなり高めな金額になっている事が分かります。

もちろん、名目上は「手数料」になっています。ただ、実際は「支払いを後回しにしている=借金」と考えると、金利と捉える事も出来ます。

通常のクレジットカードを持っている方に、とってはかなり大きなデメリットになる事は間違いありません。

他の選択肢がないという方(未成年・信用情報に傷が付いている)にとっては魅力的な側面を持っているカードですが、通常のクレジットカードを持っている方はわざわざバンドルカードを使う必要性は無いでしょう。

注意したいこと

最後にバンドルカード最大の特徴であるポチッとチャージの注意点についてご紹介していきたいと思います。

支払いの先送りでしか無い

基本的にポチッとチャージのような機能は「支払いの先送りでしか無い」という点をしっかりと押さえておく必要があります。

もちろん、支払いの先送りという観点から見た時にクレジットカードや分割払い、ローン等全てに共通して言える事ではあります。ただ、ポチッとチャージは

  • 信用情報機関と情報が共有されない
  • 簡単に使えてしまう
  • 未成年でも使える
  • 手数料が高額である

と言った観点から、額面自体はそれほど大きくありませんが(最大5万円まで)、この認識をより一層意識しておく必要性があると思います。

ポチッとチャージを利用するまでの手順に複雑なものはなく、かなり簡単に事実上の借金を行う事が可能です。(未成年であっても)

しかし、バンドルカード運営会社との間に債権が発生するのは確かで、バンドルカードの利用規約には「権利を第三者に譲渡する可能性」「年率14.6%の遅延損害金が発生する」と言った旨の記載が確認出来ます。

ポチッとチャージ自体は、簡単・すぐにお金を用意出来る便利な機能ではありますが「お金を翌月末までに支払わないといけない」と言う点を認識しておきたい所です。

まとめ

バンドルカードとは

  • VISAのプリペイドカード
  • 利便性が高く、簡単に使える
  • カードの種類を理解しておく

ポチッとチャージについて

  • チャージ額を後払い可能なサービス
  • 信用情報に傷が付いていたり、未成年でも利用できる

メリット・デメリット

  • 後払いサービスと比較した時に、利便性が高い
  • ポチッとチャージを簡単に利用できる
  • 手数料が高いという大きなデメリットも

注意したいこと

  • 後に支払わないといけないお金である
  • 権利の譲渡(債権含む)、遅延損害金が発生することもある

この記事では、バンドルカードの基本的な事や、ポチッとチャージの大きな特徴であるポチッとチャージ等について詳しく解説させて頂きました。

バンドルカードやポチッとチャージ自体は、用途によっては利用者にとってかなり利便性の高いカードである事は確かで、これまでにない便利なサービスである事は間違いないです。

ただ、ポチッとチャージに関してはデメリットが多い事も確かなので、しっかりとメリット・デメリットを理解した上で、利用しましょう。

senna
senna
3,132 views

金融業界経験 4年 個人投資家 3年

個人投資家として「株式」「債権」「FX」「仮想通貨」などへの投資・投機を中心的に行っている。

資産運用はもちろん、ファイナンシャルプランナーの知識を活かしながら、税金やライフプランに関する情報発信を行っている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。