仮想通貨にはどんな儲け方がある?投資法10選と手に入れる方法まとめ

仮想通貨で儲けるには?

「話題の仮想通貨で儲けたい!けど、実際にどうやって儲けたら良いのか分からない」という風に感じている方はいませんか?

なんとなく、仮想通貨で儲けるには「投資」というイメージがあるかもしれませんが、仮想通貨には投資以外でも、儲ける方法はあります

この記事では「仮想通貨で儲けたいけど、投資は怖い」という人や「仮想通貨への投資で儲けたいけど、実際の投資法が分からない」という方が必見の「投資法10選」や「投資以外の儲け方」をご紹介しているので、仮想通貨の儲け方への疑問が解決するはずです!

まずは、仮想通貨の儲け方を掴むために「投資で儲ける」という方法と「仮想通貨を手に入れて儲ける」の2点について、概要をご紹介していきます。

投資で儲ける

まず、始めにご紹介したい仮想通貨の儲け方は「投資」で儲ける方法です。仮想通貨の儲け方としては最もポピュラーで、「一攫千金」も狙える儲け方でもあります。

では、具体的に仮想通貨の投資を行うには、どのような手順を踏む必要があるのでしょうか?

  • 株式取引のように証券会社の口座を開設しないといけないのか?
  • FX業者の口座を開設しないといけないのか?

このどれも正しくなく、仮想通貨の取引を行うには「日本の仮想通貨取引所」の口座を開設する必要があります。

しかし、口座を開設と言っても、目立った審査等を設けている取引所はなく、以下のような手順で開設出来る取引所がほとんどです。

  • メールアドレスのパスワードの設定などの仮開設
  • 本人確認書類の提出
  • 場合によっては郵送された書類の処理(ビットフライヤーなど)
  • 未成年の場合は、保護者同意書の提出

この一連の作業は、書類に不備等がない場合は「一週間」もあれば、開設が完了するケースが多いでしょう。

バイナンスのような「仮想通貨 to 仮想通貨」のみの取引しか行えない取引所では、メールアドレスの確認のみで口座を開設する事が可能です。

しかし、「円 to 仮想通貨」で取引を行う場合は、日本の法定通貨である「円」と仮想通貨の交換が行える取引所を通す必要があります。

そのため、「円 to 仮想通貨」の投資を行うとしても、バイナンスのような「仮想通貨 to 仮想通貨」の取引を行うにしても、円をまず仮想通貨に交換しないとけません

そのため、まだ仮想通貨をお持ちでない方は、どのような投資を検討していても、まず「日本の取引所」で口座開設を行う必要があります。

仮想通貨を手に入れて儲ける

次にご紹介したい仮想通貨の儲ける方は「仮想通貨を手に入れて儲ける」方法です。

まだ、それほど発展してない儲け方ではありますが、ゼロから仮想通貨を稼ぐ方法は、着々と増えています。具体的な儲け方は、後にご紹介しますが投資で期待出来るような「一攫千金」は、難しい事が特徴です。

しかし、時間さえ費やせばゼロから「リターン」を得られる方法ではあるので、リスクゼロの仮想通貨の儲け方だと言え、仮想通貨に対して「危ない」「怖い」というイメージの方が始めやすいという利点もあります

もしも、投資などを行なわずに「仮想通貨を儲けたい」という方は、ゼロから仮想通貨を得られるか?というポイントで、様々な手法を探せば、魅力的なものがあるかもしれません。

ただ、先程も触れましたが、まだ発展途上の儲け方ではあるので「手法が少ない」というデメリットもあること、しっかりと押さえておきましょう。

投資の儲け方10選

早速これから「仮想通貨の投資法10選」をご紹介していきます。

仮想通貨の投資法は、バリエーションが多く、どの投資法にもメリット・デメリットがあるので「自分に合っているのか?合っていないのか?」という点を、意識しながら読み進めていくと、自分にあった投資法が見つかりやすいと思います。

これから、仮想通貨の投資投資法である

  1. 現物取引
  2. FX
  3. 長期ホールド
  4. 草コイン
  5. ハイレバレッジ
  6. ドルコスト平均法
  7. ICO
  8. アービトラージ
  9. 分散投資
  10. 人工知能投資

を、ご紹介していきます。

1.現物取引

まず、始めにご紹介したい投資法は「現物取引」です。現物取引とは、文字通り「現物を取引」する事です。

仮想通貨で「現物」と言われても「仮想なのに?」と言いたくなりますが、一般的に仮想通貨の現物取引というのは「信用取引」のようなレバレッジを掛けないので、全て自分のお金でポジションを保有する事です。

法定通貨の取引(FX)では、通常「レバレッジ」を掛ける事が一般的です。一方で、仮想通貨は価格変動が激しいので、信用取引では「リスクが大きい」と判断され、現物取引が主流になっています。

現物取引の儲け方は至って単純で「安い時に買って、高い時に売る」というものです。例えば

価格が上昇すると予想して、100万円分ビットコインを購入

次の日に1%価格が上向いた=1万円の利益
次の日に1%価格が下向いた=1万円の損失

という実に、シンプルな投資法です。ポイントとしては「価格上昇でしか利益を出せない」という点でしょう。つまり、価格下落による儲け方が出来ないという事です。(空売りが出来ない)

また、証拠金取引(FX)と比べた時に、少し失敗しても「大きく資金を減らさない」というメリットがあります。(但し、短期トレード限定)

投資初心者の方は、この「資金管理」という面でメリットになりやすいので、トレードしたいけど「大きく損をしたくない」という方にはおすすめです。

2.FX

次にご紹介したい仮想通貨の投資法は「FX」です。FXというのは、証拠金取引の事で「レバレッジ」を掛ける事が可能なのが、メリットです。

仮想通貨は、まだまだ市場が安定しておらず「価格変動」が大きいので、証拠金を用いる事で「大きなリターン」を期待出来ます。

短期間・少額でも「一攫千金」を狙う事が出来る投資法としては、最も優秀な投資だと言えます。

しかし、1つ押さえておきたい点は「リターンが大きい=リスクも大きい」という点です。

特にビットフライヤーなどのFXでは「追証あり」なので、証拠金以上に損をしてしまうと、その分を補填しないといけません。価格変動の激しい仮想通貨で、追証ありというのは法定通貨を利用したFXよりも、かなりリスクが高いと言えるでしょう。

そのため、どちらかと言うと「上級者向け」の投資法だと言えます。

また、もう1つの特徴として「空売りが出来る」という利点があり、「価格上昇」のみではなく「価格下落」によっても、利益を出していくことが可能です。

FXは「レバレッジ」を掛ける事が出来るのが1つの魅力ですが、同時にリスクも含んでおり「空売りだけしたい」という方は、レバレッジなしの取引を行えば安心してトレードする事が可能でしょう。

3.長期ホールド(ガチホ)

次にご紹介したい投資法は「長期ホールド」で、俗に言う「ガチホ」です。

長期ホールドというのは、特定もしくは複数の仮想通貨を長期間に渡って保有し、大きなリターンを狙う投資法の事です。

仮想通貨で、メディアに取り上げられるほど利益を出した人のほとんどが「ガチホ勢」と言われる人たちです。(長期ホールドを行っていた人)

なぜなら、2011~2016までの仮想通貨は、まだそれほど取引が行なわれておらず、ビットコインの価格も数千円~数万円程度に規模でした。

そのビットコインが数年後には「200万円」を、超える日が来る訳ですから、昔から仮想通貨をガチホしていた人は、かなり大きなリターンを得たと言えます。

もちろん、今から「長期ホールド」を行っても、大きなリターンを得られる可能性はあります。なぜなら、日々新しい仮想通貨が公開されていてその種類は数千種類と言われています。(マイナーなものまで、含めると把握しきれない)

そのため、今からでも将来的に「数倍~数十倍」のリターンを望める仮想通貨が眠っている可能性はあります。

また、有名なアルトコイン(リップルやイーサリアムなど)でも、これからまだまだ価格上昇の余地があると見られており、今から保有しておけば「2~3倍のリターンは期待できる」という見方の意見もあります。

リターンを得られるまでの期間が長く、仮想通貨の目利きが必要になりますが、大きなリターンを望めるのが「ガチホ投資」のメリットでしょう。

4.草コイン(マイナー通貨)

次にご紹介したいのは「草コイン(マイナー通貨))投資」です。

草コインというのは、時価総額が低く、まだ「知名度の低いコイン」を指しており、草コイン投資は「ガチホ」と「短期トレード」という2つの投資スタイルがあります。

ガチホ投資は、先ほどご紹介させて頂いたガチホ投資の投資対象を、草コインに絞り、大きなリターンを望むものです。

一方で、短期トレードでは「数時間~数週間」という短い期間で、ポジションを決済してしまう投資スタイルを指しています。

規模が小さく、時価総額がまだまだ低い草コインでは「ポジティブなニュース」があるだけで、「2倍~3倍」の価格上昇が起こる事があり、そのタイミングを狙って草コインに投資するという事です。

仮想通貨は、大きな規模のものでも法定通貨と比べると価格変動が激しいですが、草コインはその究極系だと言えるでしょう。

草コインの目利きが必要になる事はもちろんですが、短期の取引が中心になるので、ある程度投資に対して「時間を割ける」という方に向いているでしょう。

5.ハイレバレッジ(追証なし)

次にご紹介したいのは「ハイレバレッジ投資」です。

ハイレバレッジ投資というのは、先程のFX投資を「ハイレバレッジ限定」で行う投資法で、最も「ハイリスク・ハイリターンな投資法」だと言えます。

国内FX取引所では、国内の規制のためレバレッジ制限25倍までという取引所が多いですが、海外の取引所に関しては適用外なので、レバレッジの倍率がかなり高いものも少なくありません。

例えば、Bitmexという海外取引所では「100倍まで」可能になっています。

また、Bitmexは「追証なし」なので、ハイレバレッジによって発生する可能性のある証拠金以上の大幅な損失を、抑える事が可能です。

レバレッジが「100倍」という事は「リターンも100倍」という事なので、リスクが多いのは確かですが、リターンが大きく「資金効率が良い」という点では、メリットだと言えます。

6.ドルコスト平均法

ドルコスト平均法というのは、一定の期間内で「高い時に少なく買い」、「安い時に多く買う」という投資法の事です。

よくある手法の1つを例としてご紹介します。

1年間で12万円分の資金をビットコインへの投資に当てると仮定します。

1カ月に1万円を購入し、12万円を12分割(1年分)します。こうすることで、12カ月の平均価格でビットコインを購入する事が可能です。

1月は「1ビットコインあたり200万円」だったとしても、4月は「1ビットコインあたり100万円」になったというケースがあったとします。

1月にすべての資金を使ってしまうと「1ビットコイン200万円で購入したポジション」を保有する事になり、4月には大きな含み損を抱える事になってしまいますが、12分割することでこのような「高値掴み」を避ける事が可能です。

毎月一定額しか購入しないので、ビットコインの購入数量から考えた時に、安いときは多く買え、高い時は少しだけしか買いを入れる事が出来ません。

ドルコスト平均法を利用する事で「圧倒的に安く手に入れる」のような事はできませんが、「高すぎる価格で買う」というポジションも避ける事が可能です。

つまり、ドルコスト「平均法」という名前の通り「平均的な価格」で、仮想通貨を購入する事が出来るのです。

日本の大きな取引所の1つである「Zaif」が、このドルコスト平均法を利用した「Zaifコイン積立」を提供しており、このサービスを利用することで銀行口座から自動的に引き落とし、一定期間・一定額で「自動的」に購入してくれます。

この投資法は、目立ったリターンは望めませんが、仮想通貨業界がしっかりと成長していけば、ある程度のリターンを望む事が可能です。また「自動的に購入」というのが、あまり投資に「時間」を割けないという方にとっては、大きなメリットになるでしょう。

7.ICO

ICOについて一言でまとめてしまうと、仮想通貨を「上場する前に」購入する事が、可能なプレリリースの事です。

ICOは「Initial coin offering」の事で、トークン(仮想通貨)を発行しそれを売り出す事であり、主に資金調達を目的として行います。ICO投資では、ICOで売り出された仮想通貨を購入することで、投資した仮想通貨が上場したり、価格が上昇する事で利益を出す事が可能です。

ICO投資の魅力は、上場する前に購入する事が可能なので「安い価格」で、仮想通貨を手に入れる事が可能な点です。

イーサリアムは、ICOで資金調達を行い「最も成功した仮想通貨」と言われています。ICO当時の価格は26円だったのですが、現在ではビットコインに次いで「時価総額第2位」、価格は「400ドル~500ドル」を行き来しています。

しかし、ICOは毎日のように行なわれていますが、イーサリアムのように成功するのは本当に一握りです。

最も安い価格で手に入れる事が出来る可能性の高い投資法であり、最も夢のある投資法だとも言えます。一方で「長期のホールドになり、すぐ利確が出来ない」、「全く価値を持たない可能性もある」というリスクを含んでいます。

8.アービトラージ

アービトラージというのは「取引所の価格差」を、利用して「利益を出す」投資法の事です。

株式投資やFX等でも、存在する利益の出し方ですが、仮想通貨はアービトラージがやりやすい相場のためリスクの低い投資法として注目されています。

価格変動の激しい仮想通貨では、取引所間での価格差がよく大きくなります。そのため、取引所間での利ざやが狙えます。


A社の価格が1ビットコイン=99万円
B社の価格が1ビットコイン=101万円
101万円 – 99万円 = 2万円の差額

上記の例で、A社からビットコインを購入し、B社でビットコインを売却すれば「差額分」の利益を得る事が可能です。

アービトラージはリスクが少ない一方で、素早さが必要になるので、常に取引板に張り付く必要があり、多忙な人やあまり仮想通貨に時間を割きたくない人には向かないと言えます。

9.分散投資(インデックス式投資)

次にご紹介したいのは「分散投資(インデックス式投資)」です。

インデックス式投資というのは、元々株式投資で利用される投資法の事で、インデックス式投資では「株価指数」に対して買いを入れます。

つまり、「市場全体」の雰囲気に対してポジションを持つという事です。

仮想通貨業界では、仮想通貨市場全体に対して投資を行うような投資商品は確認出来ていませんが、仮想通貨を細かく複数の種類購入し、分散投資することでインデックス式投資に近い投資が可能です。

実践する方法は様々な仮想通貨を購入する必要があるので、「バイナンス」のような仮想通貨を多数扱っている取引所に、口座開設する必要があります。

10.人工知能投資

最後にご紹介したいのは「人工知能投資」です。

ウェブボットという人工知能を利用した仮想通貨の価格を予想するサービスがあり、ウェブボットは価格変動予測の的中率が高い事が有名で、無料で公開されていたのですが、利用者が増えすぎた事で、有料のサービスになってしまいました。

その他にも東大生が開発した人工知能を利用した予測サービスの「Coin Otaku」では、仮想通貨の価格を予想することはもちろんですが、自動的に行ってくれるアラート機能や市場の売り・買いがひと目で分かるサービスも提供しています。

出典: CoinOtaku

このようなサービスを利用して、利益を出すのが人工知能投資です。もちろん、的中率100%という事ではないので、リスクはありますが「自動化」出来る部分が多くなるので、時間を割きにくい「兼業投資家」にとって大きなメリットになります。

仮想通貨を手に入れる方法 3選

先程、投資による仮想通貨の儲け方をご紹介させて頂きました。

投資による儲け方は、効率が良いという利点がある一方で、まだまだ法定通貨のような信用力のない仮想通貨への投資に、ハードルを感じている方も多いのではないでしょうか?

  • 「仮想通貨に投資するのは、怖い、、」
  • 「でも、仮想通貨には興味がある」

という方にオススメなのが、仮想通貨をゼロから手に入れて、稼ぐ方法です。

これから、仮想通貨を無料でゲットできる「エアードロップ」「ALIS」「アフィリエイト」についてご紹介していきます。

1.無料で仮想通貨をゲットする(エアードロップ)

まずはじめにご紹介したいのは、本当に何もせずに仮想通貨を受け取れる「エアードロップ」という仮想通貨無料配布の事です。

エアードロップとは、公開されたばかりの仮想通貨の「流動性」「知名度」などの向上を狙って行われるもので、ウォレットなどを開設するだけで、本当に仮想通貨をゲットできてしまいます。

ウォレットとは

ウォレットというのは、秘密鍵と公開鍵で管理できる仮想通貨の保管場所の事です。
イメージとしては仮想通貨の銀行口座という認識に近く、秘密鍵は暗証番号、公開鍵は銀行口座の口座番号の役割を持っています。

知名度が低く、ほとんど価値のついていないような仮想通貨を配布してもらうのと同じなので、すぐに売却してしまっても、大きなリターンは望めません。

しかし、エアードロップを過去に行なっていた仮想通貨がバブル時に高騰する事例なども、発生しており無料配布された仮想通貨が将来的に大きな価値を持つ可能性があります。

「リスクなし」、「少しの手間」で仮想通貨を手に入れることが可能なので、やっておいても損はないでしょう。

2.ALIS

次にご紹介したいのは「ALIS」です。

ALISはICOで、4億円近く調達したことが話題になり、日本初のICO成功とプロジェクト開始前から注目されていたブロックチェーンを利用したSNSの事です。

ALISの仕組みを簡単に説明すると、記事の閲覧者には「いいね」をつける機能があり、いいねの質と数で記事の質を判断することが出来るブログサービスのようなものです。

記事の質が高ければ高いほど、報酬として沢山のALISというトークン(仮想通貨)が付与されます。

これまでのブログサービスやSNSで報酬を得るには、記事の質というよりは閲覧者の数が重要視されていましたが、ALISでは質に重点に置く事で、質の高い情報を集めようという狙いがあります。

現在、クローズベーター版(試作段階)ではありますが、順番待ちで試験者を受け付けており、ベータ版でも記事を書けば、報酬を得ることが可能です。

記事を書くには、簡単なアカウント作成が必要であり、現時点でALISにそれほど大きな価値がないので、大きな報酬は期待できませんが、将来的に保有しているALISの価格上昇が起きると無料で大きなリターンが期待できます。

3.アフィリエイト

最後にご紹介したい仮想通貨を手に入れる方法は「アフィリエイト」です。

アフィリエイトというのは、サイトやSNSなどでサービスや商品を紹介し、紹介したものが売れると報酬が貰える仕組みの事です。

通常、日本の仮想通貨取引所では、アフィリエイトの報酬として「日本円」での支払いを行っていますが、「バイナンス」や「Bitmex」など海外の取引所で、報酬として仮想通貨を採用しているところが少なくありません。

そのため、仮想通貨が報酬として出るアフィリエイトを行う事で、仮想通貨を手に入れる事が可能です。

詳しいアフィリエイトのやり方などは省きますが、無料ブログやSNSを利用すれば「無料から始める事も可能」であり、当たれば大きなリターンも期待できます。

しかし、報酬が出るまでに一定期間であり、直ぐに報酬が生まれるというものではありません。ある一定の期間とある程度の労力が必要であるという事を、押さえておきましょう。

まとめ

仮想通貨で儲けるには

  • 投資で儲ける
  • 手に入れて儲ける

という方法があり、投資で儲けるには

  1. 現物取引
  2. FX
  3. 長期ホールド
  4. 草コイン
  5. ハイレバレッジ
  6. ドルコスト平均法
  7. ICO
  8. アービトラージ
  9. 分散投資
  10. 人工知能

などの方法があります。仮想通貨を手に入れるには

  1. エアードロップ
  2. ALIS
  3. アフィリエイト

などの方法があります。

仮想通貨は「投資」という方法で「儲ける」という情報が多いですが、実は投資以外の方法でも手間を掛ける事によって儲ける方法が存在しています。

副業として「アフィリエイト」を行ったり、新しいブログとして「ALIS」を利用してみたりなど、少し工夫するだけで「仮想通貨を稼ぐ」事が可能です。

もちろん、アフィリエイトもALISのようなサービスも、報酬として「日本円」を期待出来るものが存在する事が事実ですが、将来的に大きな価値をもたらす可能性のある仮想通貨に対して労力を注ぐのも、1つの手段としてはありだと言えるでしょう。

senna
senna
295 views

金融業界経験 4年 個人投資家 3年

個人投資家として「株式」「債権」「FX」「仮想通貨」などへの投資・投機を中心的に行っている。

資産運用はもちろん、ファイナンシャルプランナーの知識を活かしながら、税金やライフプランに関する情報発信を行っている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。