【ボーナスの使い方】金利で選ぶおすすめの定期預金ならこれ!

ボーナスの使い方の王道は定期預金です。将来の支出に備えたり、利息を得てお金を貯めたりと定期預金を利用する人は多いようです。とくにボーナスの時期はキャンペーンを実施する銀行も多くなります。そこで気になるのが金利です。

せっかくまとまった金額を預け入れるのであれば、少しでも金利の高い定期預金に預け入れたいですよね。

そこで、今回は金利で選ぶおすすめの定期預金をご紹介いたします!お得なキャンペーンを開催している銀行は、つねに何等かの特典を用意しているケースも多いです。ボーナスの時期だけでなく、定期預金を検討している方もぜひ、参考にして下さい。

ボーナスの活用方法

いざ、ボーナスをもらった時にその使い道に悩む人も多いでしょう。働いた報酬ではありますが、給与以外で特別に支給される予定外の収入ですから、有効活用したいものです。

ボーナスの使い方は人それぞれですが、王道はやはり定期預金です。

ちなみに定期預金以外でもどのような活用方法があるのかを参考までに見ておきましょう。大切なお金を上手に振り分けて使い道を考えてみましょう。

ボーナスの使い道ランキング

金融業者や求人関連業者、そして各種マネー関連のブログにてよくボーナスの使い方のアンケートが実施されてランキングが公開されています。ランキング結果は5位以降になると多少の差はありますが、概ねのところ以下のようになります。

  1. 定期預金(普通預金)
  2. 旅行、レジャー
  3. 飲食料品(外食、ギフト)
  4. 家電や日用品、衣服
  5. 各種ローン返済
  6. 投資、積み立て
  7. 自己投資(自己教育、自己啓発)

などという結果が出ています。

1位の預金の中でも、定期預金に預け入れる人が2位の旅行を大きく引き離して断トツで比率が多くなっています。ボーナスは一般的に各自の普通預金口座に振り込まれるため、そのまま預け入れておく人もいるようです。

銀行口座は全部同じではない!

普通預金にしても、定期預金にしても、銀行ならどこも同じだと思う人も中にはいるでしょう。

ここで、注意しておきたいのが、仮にそれが普通預金であっても選ぶ銀行口座によって金利や普段享受できる特典は大きく違ってくるということです。

銀行を選ぶ際にとくに重視すべき点は金利です。

金利は0.001%違っただけでも、預け入れる金額や期間によって差がつきます。金利だけでなく、銀行口座によっては給与振込先として指定している場合や残高のレベルによってはATM・振込みが無料で使えるなどの特典が異なってきます。銀行によってはポイントやキャッシュバックが充実しているものもあります。

日常的に利用するATM・振込みにかかる手数料は回数を重ねると非常に大きな金額になるので、無料であれば助かりますよね。

いかに便利にお得に使えるか、選ぶ銀行口座によって全く異なってくるのです。可能であれば、まずは日常的に利用する普通預金口座から見直してみることが大切です。

金利で選ぶ定期預金7選!

では、ひとまず使う予定のないお金を定期預金に預け入れるとすればどこの銀行がおすすめなのでしょうか。金利が高い定期預金にはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は金利で選ぶおすすめの定期預金7選をご紹介します!

併せてキャンペーンの内容や、普段利用できるお得なサービスもお伝えしておきましょう。ぜひ、自分に合った定期預金を探す参考にして下さい。

SBJ銀行

つねに高金利の預金プランを提供しているのが外資系銀行のSBJ銀行です。SBJ銀行の場合は普通預金でも0.02%と高いのが魅力です。

定期預金の金利

  • 1週間→0.10%
  • 1カ月~6か月→0.05%
  • 1年→0.15%
  • 2年・3年→0.20%
  • 5年→0.25%

以上のような金利が通常は適用されており、短期間でひとまず預け入れる分にもお得な金利がつきます。

100万円以上「ミリオくん」

定期預金でも100万円以上であれば「ミリオくん」がさらにお得です。

  • 1年→0.25%
  • 2年→0.25%

ボーナスキャンペーン

出典:SBJ銀行 参考リンク

本年度の夏のボーナスキャンペーンはさらに特別金利が適用となります。(7月19日まで!)

  • ミリオくん1年もの→0.35%
  • ミリオくん2年もの→0.40%
  • 円定期預金3年もの→0.35%

定期預金の金利としては、前代未聞ともいえるほどの高金利率です。SBJ銀行はつねにお得なキャンペーンを開催している銀行の1つですから、時期を問わずキャンペーン情報を調べてみましょう。

お得なサービス

SBJ銀行で口座を利用する大きなメリットは、セブンイレブンとミニストップでのATMの利用がいつでも無制限で手数料無料となる点です。さらに他行あての銀行振込が月7回まで無料です。

他にも各種ローンが多彩であること、比較的にローン審査が緩い銀行であることが注目されています。

※SBJ銀行の公式サイトはこちらからご覧になれます。

あおぞら銀行(ネット支店)

あおぞらネット銀行も定期預金の金利が他行よりも高いことで、金利でよく選ばれる銀行です。GMOあおぞらネット銀行と間違えないように気をつけて下さい。

定期預金の金利

1年間の定期預金の金利が0.25%と高いのが魅力ですが、預金額が50万円以上の方が対象となります。

  • 6か月→0.15%
  • 1年→0.25%
  • 3年・5年→0.15%

ボーナスキャンペーン

出典:あおぞら銀行 参考リンク

夏のボーナスを対象としたキャンペーンはネット支店では行っていませんが、随時金利が高いことがあおぞら銀行(ネット支店)の魅力です。あおぞら銀行の店舗窓口で口座開設された場合、時期によってお得なキャンペーンがありますので確認してみて下さい。

現在、実施中のキャンペーンはあおぞら証券の口座を開設した方に500円プレゼントがあります。

お得なサービス

あおぞら銀行のVISAデビットカードでは利用ごとに1%のキャッシュバック還元があります。新規でカードを作成した方は初回のみ5回の利用があった際に1000円がプレゼントされます。

ATMの利用に関しては、セブンイレブンとローソンの8時~21時は手数料無料に加えてゆうちょ銀行のATMも手数料が無料です。

また、グループ会社であるあおぞら証券にて国内外の株式・債券の購入を相談できることもメリットです。

※あおぞら銀行ネット支店の公式サイトはこちらからご覧になれます。

岡崎信用金庫(ネット支店)

信用金庫は中小企業向けのイメージが強いのですが、岡崎信用金庫のネット支店なら全国から個人でのお申込みが可能です。

定期預金の金利

通常の定期預金の場合は、0.010%と平均的な金利になりますが、キャンペーンを利用すると高金利が適用されます

ボーナスキャンペーン

出典:岡崎信用金庫 参考リンク

10万円以上からのお預入れで、

オカザえもん定期預金(スーパー定期預金)が、何と金利0.30%です!期限が9月30日と長いので、夏の間に定期預金への預け入れを見送っていた人でも間に合います。

最近、キャンペーンに力を入れ始めて銀行のようで、今後のキャンペーンの内容も期待できるでしょう。

お得なサービス

岡崎信用金庫は、電子マネー楽天Edyと提携しているので、普通預金口座からダイレクトにチャージして頂けます。

他にも米ドル外貨預金、投資信託がネット支店では取引が可能です。デビットカードの発行もして頂けます。

ただ、ATMと他行振込に関しては、岡崎信用金庫の本店・支店以外では手数料がかかる(108円~216円)ことがデメリットになるでしょう。貯蓄用の口座専用としてキャンペーン時のみの利用がおすすめです。

※岡崎信用金庫の公式サイトはこちらになります。

香川銀行(セルフうどん支店)

香川銀行のセルフうどん支店は、以前から定期預金の金利が充実していることで、金利特集によく名前が出てくる地方銀行の1つです。全国からインターネット上で申し込むことが可能です。

定期預金の金利

香川銀行の定期預金口座は3種類あります。

宝くじトッピング定期預金

こちらの定期預金は200万円以上からのお預入れが対象となります。3年満期の定期預金に年間で約30枚以上のジャンボ宝くじのプレゼントがついてきます。金利→0.010%

金利トッピング定期預金

出典:香川銀行セルフうどん支店 参考リンク

10万円以上からのお申込みで、1年、2年、3年、5年から選ぶことができます。

  • 1年・2年→0.20%
  • 3年→0.21%
  • 5年→0.22%
超金利トッピング定期預金

出典:香川銀行セルフうどん支店 参考リンク

超金利トッピング定期預金は、100万円以内が条件となりますが特別金利が1年間で0.27%もつきます。

※特別にボーナス時のキャンペーンはないのですが、基本的に随時お得な金利を提示している銀行です。

お得なサービス

香川銀行以外のATMを便利に使って頂けます。ゆうちょ銀行ATMが9時~18時まで無料、セブン銀行ATM7時から22時まで無料、イオン銀行が9時~18時まで無料です。(土日は条件が異なります)

ただし、他行あての振込手数料が324円~432円かかりますので注意して下さい。

香川銀行うどん支店の大きな特徴として、学生や主婦でも借りやすいWEBローンが用意されてあることです。こちらは契約日の翌日から30日間は無利息でご利用になれます。

※香川銀行うどん支店の公式サイトはこちらです。

じぶん銀行

次にご紹介したいのはじぶん銀行です。今回、新規で口座開設する方におすすめです。

定期預金の金利

じぶん銀行の場合は、通常の定期預金でも金利は若干ではありますが高めです。

  • 1カ月→0.030%
  • 3か月→0.040%
  • 6か月→0.030%
  • 1年→0.050%
  • 2年・3年・5年→0.030%
ボーナスキャンペーン

出典:じぶん銀行 参考リンク

今回、新規で口座開設する方は、本年度の夏のキャンペーンにて見逃せないお得なキャンペーン金利が適用されます。

1年もの定期預金→0.15%

さらに、10万円以上のお預け入れにて最大で10万円が50名様に当たります!他にも、住宅ローンの借り換えキャンペーンや外貨デビューキャンペーンなど随時多彩なキャンペーンを実施しています。ボーナス時期以外でもお得に口座開設ができる銀行です。

お得なサービス

じぶん銀行はauと提携しているため、au利用の方は様々なサービスが活用できます。じぶん銀行ならダイレクトにauWalletへのチャージが可能だから便利です。

その他、ランクに応じてATM・他行振込の利用が一定回数無料となります。ボートレースや競馬の購入口座やメルペイ、Origami Payなどのアプリ決済サービスも充実しています。

※じぶん銀行の公式サイトはこちらです。

島根銀行(ネットバンキング)

続けて定期預金の金利で徐々に人気を高めつつある島根銀行(しまぎん)を見ていきましょう。島根銀行は今のところ随時お得な金利が定期預金では用意されています。

定期預金の金利

出典:島根銀行 参考リンク

島根銀行のネット専用の定期預金には「ネットプラス」と「ネット大口」2つのタイプがあります。

ネットプラス

ネットプラス定期預金は10万円以上から、預入れ期間を選ぶことができます。

  • 3か月→0.15%
  • 6か月→0.20%
  • 1年・3年・5年→0.25%

10万円からの少額にて、3年・5年もので0.25%の金利が適用される定期預金は貴重な存在だといえるでしょう。

ネット大口

ネット大口定期預金口座は1000万円以上から金額に上限なく預けれることが可能です。

  • 3か月→0.15%
  • 6か月→0.20%
  • 1年・3年・5年→0.25%

お得なサービス

島根銀行ではUCカードとVISAカードの機能を合わせた「しまぎんピスカ」を発行できます。「しまぎんピスカ」はクレジットカード、デビットカード、キャッシュカードの機能を持ち合わせた便利なカードです。初年度の年会費は無料、次年度からも携帯や電気料金の支払いがあれば無料になります。

さらに、この「しまぎんピスカ」の最大のメリットは、多くのATMで手数料が無料となるだけでなく、ネット銀行・都市銀行・地方銀行への振り込みが何回でも無料になることです。

※島根銀行の公式サイトはこちらでご覧になれます。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行はソフトバンク系列のネット銀行であり、豊富なキャンペーンでお馴染みの銀行の1つです。

定期預金の金利

住信SBIネット銀行の定期預金は、

1カ月、2カ月、3か月、6カ月、1年、2年、3年、4年、5年の期間から自由に選ぶことができます。通常の金利は0.02%ですが、時期によってキャンペーンによる金利上乗せが実施されています。

ボーナスキャンぺーン
  • 3か月→0.30%
  • 1年→0.20%

以上のように、3か月と1年ものの定期預金が夏のキャンペーンとして、9月1日までのお申込みにてお得な金利が適用されます。

新規キャンペーン

出典:住信SBIネット銀行 参考リンク

また、今回初めてSBIネット銀行の口座を新規で開設する方はお得な金利が適用されます。

3か月→0.50%

お得なサービス

住信SBIネット銀行は預金以外にもローン・保険・投資信託など多彩なサービスを提供しているのが大きな特徴です。スポーツ振興くじのBIGやtotoも購入していただけます。

口座の残高や利用状況によって、ATMや振り込みの利用が優遇され、それぞれ最大で月15回分の手数料が無料となります。最低レベルでもATM2回、振込み1回は無料で利用できるので便利です。

現金やマイルに交換できるポイント還元、デビットカードの発行、さらにSBI証券に直結の口座開設もできます。

※住信SBIネット銀行の公式サイトはこちらから。

金利が高めその他の定期預金

それでは最後に補足情報として、金利が高めのその他の定期預金を簡単にいくつかご紹介しておきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

銀行によって定期預金の金利も色々とあることがわかりました。定期預金を選ぶ時には、期間や金額、また万が一引き出す時のことも考えて銀行を選ぶことが大切です。

参考までに定期預金の平均相場は、都市銀行は0.010%、地方銀行でも0.010~0.020%、ネット銀行にて高い場合で0.10~0.15%ぐらいです。

今回ご紹介したように、定期預金の金利が高くなるケースは、数えきれないほどの銀行がある中でもほんの一部です。限られた選択肢の中から自分に合った定期預金を探すことになります。

しかし、最近では地方銀行によるインターネットバンキングの活性化が進んでおり、全国的な規模で展開をはかる銀行も徐々に増えてきています。今後、さらにお得なキャンペーンが期待できるかもしれないですね。

今はPCやスマホから簡単に申込みや手続きをすることが可能です。地域の銀行や大手だけにこだわらず、利便性が高く効率よく金利が得られる銀行口座を探したいものです。

今回の情報を是非参考に、満足できる金利やサービスにて定期預金をしっかり活用していきましょう!

mi001you
mi001you
7,027 views

投資信託、株式投資、外貨預金、FX、金、プラチナ、不動産投資などのバランス投資を副業として5年目。自己流の金融ライターが投資や資産運用をわかりやすく解説します!

これまでの経験を活かした節約・お得な金融情報なども公開しています。

職歴:飲食関連、IT業界、住宅設備等の営業職を経て、独学にて投資を学び個人投資家・金融ライターとして独立。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。