カードローンの申し込みをする前にもう一度確認!カードローンを発行するデメリットについて

生活費が足りない場合や、急な飲み会や旅行が入ったが行くお金がないなどという時に、カードローンがあれば便利なのにと考えたことがある人も多いでしょう。確かに、カードローンは手軽にお金が借りられるのであると便利です。

しかし、カードローンからお金を借りることは、デメリットがたくさん潜んでいるのです。今回は、カードローンを発行するデメリットについて詳しく解説していきます。

カードローンとは?

まずカードローンを借りようと考えた時に必要なことは、カードローンという商品の商品性を知ることです。商品性がわからないままただ便利というだけでお金を借りると、借金がどんどん増えていくという危険性もあります。

ここでは、そもそもカードローンがどういうローンなのかについて、解説していきます。

カードローンの商品性

ここでは、カードローンとはどういう商品なのかを解説していきます。

資金使途

他のローンのように資金使途が限定されているわけではなく、ほとんどの金融機関で事業資金以外なら資金使途が自由な借り入れです。資金使途が自由なので、生活費や旅行費などいろいろな事に使えます。

借入限度額

カードローンには、必ず利用者個人の借入限度額が設定されます。そして、借入限度額までの範囲内であれば、何回でも借り入れすることができます。

すなわち、借入限度額一杯まで借り入れをしていたとしても、毎月の約定返済や随時返済をして借入限度額の枠が空いたらまた限度額一杯まで借り入れすることができるのです。

カードローンの借入方法

カードローンを借りる場合、ほとんどの金融機関でローンカードを使用して提携ATMから借り入れる方法と振込による方法があります。提携ATMから借り入れは、カードローンを提供している金融機関によっては利用手数料がかかる場合がありますので注意が必要です。

また、振込によるカードローンの借り入れは、電話やインターネットからの申し込みをすると利用者の口座に振込融資をしてくれます。ほとんどの金融機関で利用手数料はかかりませんが、やっていない金融機関もあります。

一方で金融機関によってはローンカードを発行しないで、アプリを使った振込による借り入れしかできないところもあります。

カードローンの返済方法

カードローンの返済方法は、基本的には約定返済という毎月一定日に返済していく方法です。また、資金に余裕がある時には、好きな金額をいつでも返済できる方法として随時返済があります。

大抵のカードローンは毎月の約定返済だけの返済ではなかなか借入残高が減っていかないため、積極的に随時返済を利用すると良いでしょう。

カードローンのデメリットについて

このように、カードローンはとても便利な商品ではありますが、デメリットもたくさんあります。デメリットを知った上でカードローンを借り入れしなければ、返済不能になってしまうリスクが高い商品でもあるのです。

ここでは、カードローンにはどのようなデメリットがあるかについて解説をしていきます。

金利が高いこと

カードローンは資金使途が自由な借り入れのため利用者にとってはとても便利な商品ですが、その分金融機関にとっては貸し倒れリスクが高い商品です。そのため、資金使途が決まっているローンよりも、基本的に金利が高く設定されているのです。

そして、金利が高く設定されているということは、その分利息負担が大きくなります。ただし現在では、以前問題になったように金融機関がグレーゾーン金利と呼ばれる高過ぎる金利で貸し出しを行うことはありません。

現在は、カードローンの上限金利は利息制限法で以下のように定められているのです。

借入限度額上限金利
10万円未満年利20%
10万円以上〜100万円未満年利18%
100万円以上年利15%

この金利は上限金利のため、これよりも低い金利であれば法律違反にはなりませんが、消費者金融会社のカードローンは上限金利ぎりぎりの金利が設定されています。

借入残高がなかなか減らない仕組み

カードローンの約定返済方式に、残高スライドリボルビング方式という方式があります。今や、残高スライドリボルビング方式がカードローンの返済方式の主流になっていて、ほとんどの金融機関が採用しています。

リボルビング方式とは毎月決められた一定額を返済していく方式で、リボ払いのことです。残高スライド方式とは、借入残高によって最低返済額が変動していく方式です。

この2つの方式を合わせた残高スライドリボルビング方式とは、借入残高によって決められた最低返済額を毎月返済していくことをいいます。この最低返済額は金融機関が勝手に決められますので、大抵の場合は利用者に無理のない金額が設定されています。

一方、金融機関にとっては返済金額が少なくなるほど利息の割合が多くなりますので利益の上がりやすい方式なのです。利用者にとっては、利息ばかり返済していることになり元金はあまり減っていきません。

例えば、楽天銀行カードローンの利用残高ごとの最低返済額は以下になります。

借入残高最低返済額
10万円以下2,000円
10万円超30万円以下5,000円
30万円超50万円以下10,000円
50万円超100万円以下15,000円
100万円超150万円以下20,000円
150万円超200万円以下30,000円
200万円超250万円以下35,000円
250万円超350万円以下40,000円
350万円超400万円以下45,000円
400万円超500万円以下50,000円
500万円超600万円以下60,000円
600万円超700万円以下80,000円
700万円超800万円以下100,000円

また、このように返済が進んでいって借入残高が減っていっても、約定返済の最低返済額も減っていきますのでなかなか残高が減らない仕組みになっているのです。さらに、返済期間が長ければ長いほど総返済額が増えていくので注意が必要です。

以下はカードローン会社ごとの返済方式です。

カードローン返済方式
三菱UFJ銀行バンクイック借入金額スライドリボルビング方式
三井住友銀行カードローン残高スライド元利定額
みずほ銀行カードローン残高スライド方式
りそな銀行カードローン残高スライド方式
住信SBIネット銀行カードローン残高スライドリボルビング方式
楽天銀行カードローン残高スライドリボルビング返済方式、元利込定額返済
イオン銀行カードローン残高スライド方式
オリックス銀行カードローン残高スライドリボルビング方式
セブン銀行カードローン元加方式
じぶん銀行カードローン残高スライドリボルビング方式
アコム定率リボルビング方式
プロミス残高スライド元利定額返済方式
アイフル借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

このように、ほとんどのカードローン会社が残高スライドリボルビング方式を採用しています。そのため、毎月の約定返済だけではなかなか借入残高が減っていかないのです。

借入限度額までなら何回でも借り入れできること

基本的に借入金は、一回借り入れをすると後は返済していくだけです。しかし、カードローンの特徴として、借入限度額までの金額でならば何回でも借り入れができます。

何回でも借り入れできることはメリットでもありますが、せっかく返済してもまた借り入れをすることになり借入残高がなかなか減っていかないのです。このような借り入れを繰り返していると、元金は減っていかないので利息ばかり払うようになります。

他の借り入れの審査に影響する可能性があること

カードローン以外の借り入れをしようと考えた場合に、カードローンが審査に影響する可能性があります。ローンの申し込みをした場合は他の借入金がどのくらいあるのかを確認しますが、カードローンの残高が多すぎたり過去に延滞をしていたりした場合は他の借り入れの審査が通らない場合もあります。

使っていないカードローンは、放置しておかないで解約すると良いでしょう。

銀行カードローンのデメリットについて

銀行カードローンとは、銀行信用金庫などが提供するカードローンのことをいいます。銀行カードローンの特徴としては、消費者金融カードローンと比較して金利が低いことが挙げられます。

カードローンなのに金利が低いならばデメリットはないのではと思われるかもしれませんが、デメリットはあります。ここでは、銀行カードローンのデメリットについて解説していきます。

審査に時間がかかる

消費者金融カードローンの中には、申し込みをしたその日に借り入れができる即日融資ができるカードローンもあります。しかし、銀行カードローンは、申込者が反社会的勢力でないことの確認をしないといけないため即日融資はできないのです。

そのため、カードローンの審査通過は、最短でも翌営業日になります。

審査が厳しい

銀行カードローンは、基本的には消費者金融カードローンよりも金利が低いため審査が厳しいと言われています。2010年貸金業法が改正され総量規制が行われるようになると、消費者金融会社は年収の3分の1を超える融資ができなくなりました。

一時期は総量規制対象外の銀行カードローンはどんどんと残高を伸ばしていったのですが、今度は銀行カードローンの貸し過ぎが社会問題になったのです。そのため、2017年4月にメガバンク3行がカードローンの自主規制を発表して、銀行カードローン全体で総量規制やそれ以上に厳しい基準の審査が行なわれるようになったのです。

銀行口座が必要な場合もある

銀行カードローンの中で、口座がなくても利用できるものは以下になります。

カードローン借入限度額金利
三菱UFJ銀行カードローンバンクイック500万円年1.8%~年14.6%
楽天銀行スーパーローン800万円年1.9%~年14.5%
オリックス銀行カードローン800万円年1.7%~年17.8%
じぶん銀行カードローン800万円年1.7%~年17.8%
イオン銀行カードローン800万円年3.8%~年13.8%

最低金利はつかない

カードローンの金利は何%~何%と表示されている銀行は多いですが、最低金利が設定される場合は借入限度額が最大の場合です。借入限度額が最大まで借り入れできる人は、なかなかいないのが現状です。

そのため、最低金利が設定されることはほとんど無いと思われます。

例えば、横浜銀行カードローンの借入限度額ごとの金利は以下になります。

借入限度額金利
100万円以下年14.6%
100万円超200万円以下年11.8%
200万円超300万円以下年8.8%
300万円超400万円以下年6.8%
400万円超500万円以下年4.8%
500万円超600万円以下年4.5%
600万円超700万円以下年4.0%
700万円超800万円以下年3.5%
800万円超900万円以下年3.0%
900万円超1,000万円未満年2.5%
1,000万円年1.9%

消費者金融カードローンのデメリットについて

消費者金融カードローンとは、消費者金融会社が提供するカードローンです。ここでは、消費者金融カードローンのデメリットを解説していきます。

金利が高い

消費者金融カードローンは、銀行カードローンと比較すると基本的に金利が高く設定されています。以下は大手消費者金融カードローンの限度額と金利です。

カードローン会社借入限度額金利
プロミス1万円~500万円年4.5%~年17.8%
アイフル1万円~800万円年3.0%~年18.0%
SMBCモビット1万円~800万円年3.0%~年18.0%
アコム1万円~800万円年3.0%~年18.0%
レイクALSA1万円~500万円年4.5%~年18.0%

銀行のカードローンの金利は、銀行によって異なりますが約1.8%~約15.0%です。そのため、比較すると消費者金融カードローンは少々金利が高く設定されています。

年収の3分の1以上の借り入れができない

2010年の貸金業法の改正により、総量規制が行われるようになりました。総量規制とは、消費者金融会社などの貸金業者からの借り入れが年収の3分の1を越えてはならないと規制するものです。

この法律の背景には、貸金業者からの借入金による多重債務者が増えたことによります。多重債務者の増加は、自己破産や債務整理を行う人の増加に繋がっていったのです。

このことにより、現在では消費者金融会社からは、年収の3分の1を越える金額を借り入れすることができません。

必要以上に借りすぎてしまう

大手消費者金融会社のカードローンであれば、コンビニATMなどの提携ATMから簡単にお金を借りることができます。また、大手消費者金融会社のカードローンであれば、振込融資にも対応しています。

このように、借入限度額までであれば簡単に借り入れすることができます。そのため、どうしても必要以上に借り入れをしてしまう危険性があるのです。

利用状況が信用情報に登録される

消費者金融カードローンに限らず借入金の借入状況や返済状況などは、個人信用情報機関の信用情報に登録されます。消費者金融カードローンに申し込みをすれば申し込み情報が登録されますし、返済を延滞すれば返済状況に登録され延滞を続ければブラックリストに登録されます。

信用情報に傷がつけば、その他の借り入れをする時や、クレジットカードの申し込みにも影響を与えますので注意が必要です。

カードローンのメリットについて

ここまで、カードローンのデメリットについて解説してきましたが、カードローンはメリットもたくさんあります。ここでは、カードローンのメリットについて解説していきます。

借入限度額までなら何回でも借り入れできる

大抵のローンは1回借り入れすると後は返済していくだけですが、カードローンの場合は借入限度額までであれば何回でも借り入れすることができます。借り入れや返済が自由ということは、カードローンの最大の特徴です。

利便性に優れている

ほとんどのカードローンはコンビニATMなどの提携ATMを利用して手軽に融資を受けられるため、利便性に優れています。また、24時間365日利用できるものが多いです。

審査が早い

銀行カードローンでは即日融資はできませんが、大手の消費者金融カードローンなどは即日融資が可能なものが多いです。他の借り入れに比べると審査結果がでるのが早いことも特徴の一つです。

無利息期間

大手の消費者金融会社では、初めて利用する人に対して一定期間利息が0円になる無利息サービスを行っているところが多いです。短期の借り入れであれば、利息0円で借りることができますのでとてもお得です。

まとめ

このようにカードローンには、メリットもありますがいろいろなデメリットがあります。一旦借り入れしてしまうと場合によっては利息ばかり払ってなかなか完済にまで到達しないこともあり得ますので、きちんと返済計画を立てて借り入れすることがとても大切です。

aktkaktk
aktkaktk
464 views

金融機関勤務歴8年ですが、金融機関歴は、信用金庫で営業や融資の窓口を経験して住宅ローンやカードローンなどの個人ローンに強みを持っています。

現在は、銀行のシステムを開発しながら、カードローンや、クレジットカードや、社会保険労務士の資格を活かした年金など金融機関のライティングをしています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。