ビットコイン次の半減期は2020年5月?これまでの価格推移を解説

半減期とは?

「仮想通貨の半減期って?2020年のビットコイン半減期が来るまでに知りたい!」

仮想通貨を日々から取引している方にとって、半減期という言葉は馴染み深い言葉だと言えるでしょう。半減期に合わせて、相場が激しく動きことも少なくなく、最も注目したい情報の1つだと言えます。

ただ、まだ仮想通貨がよく分かっていないという人にとっては、イメージが難しいものだと思います。「半減期とは何なのか?」「なぜ、そんなものが存在するのか」等の疑問が出てくるのも当然です。

しかし、仮想通貨の代表的な存在である「ビットコイン」の半減期がどんどん近付いており、2020年の5月にも半減期が来ると予想されています。

半減期に合わせて、ビットコインの相場は上昇しやすい傾向にあるので、既に理解しているという方も復習の意味も含めて、ビットコインの半減期に備えていきましょう。

今回、この記事では「ビットコインと半減期」というテーマで、以下のようなテーマ

  • 半減期とはそもそも何?なぜ存在する?
  • これまでの半減期と価格の推移はどうなっているの?
  • 2020年の半減期はどうなるの?

に焦点を当ててご紹介していこうと思います。まず、初めに半減期の基本的な部分について理解していきましょう。

半減期を簡単に解説

ビットコインを含めた仮想通貨の半減期について、簡潔にご紹介すると「マイニングの報酬が半分になる事」です。

マイニングについて

ただ、これだけだとしっかりと理解出来ないと思うので、もう少し詳しくご紹介したいと思います。半減期についてしっかりと理解するには「マイニング」と言われる作業をしっかりと理解しないといけません。

マイニングについて簡単にまとめると「取引で不正が行われていないか?」「ちゃんとした取引か?」を確かめるとための計算を行う事を指しています。

そして、最も早く計算できた人に、報酬としてビットコインを与えるというシステムになっています。(他の仮想通貨でも導入している事が多い)

マイニングというのは英語で「発掘」という意味を持っており、報酬を目的としたマイニングの計算作業が「金の発掘」に似ている事から来ています。

マイニングについてのもっと詳しい内容は以下の記事が参考になります。

報酬を半分にするのが半減期

マイニングで得られる報酬がビットコインである事はご紹介させて頂きましたが、その報酬を半減させる(半分にする)のが半減期です。(ビットコインの場合)

ビットコインはこれまで半減期を2019年現在では2回経験しており、1回目の半減期では「50BTCから25BTC」とマイニング報酬が半減、2回目のマイニングでは「25から12.5BTC」まで半減しました。

もしも、初期にビットコインの採掘を行っており、数回マイニングに成功していれば、今頃数億円分のBTCを保有していた事になるでしょう。(中国にはこのようなマイニング長者が沢山います)

実は、このようにマイニングの報酬で出るビットコインは、新しく発行されたビットコインになっています。つまり、新規発行が行われているという事です。

現在の法定通貨に例えると、円を管理してくれた代わりに「日本銀行」が、新札を報酬として配ると言ったような仕組みになっています。

そして、この新規発行には上限が設定されており「2100万BTC」が上限となっています。

既に8割以上は発行済となっており、かなり大量のビットコインが発行された事が分かると思います。

ただ、ビットコインの半減期は予め64回訪れると設定されており、予想では2140年程度までは計算上、マイニング報酬は支払われると言われています。(もちろん、早まる可能性はあります)

つまり、新規発行によって得られる報酬は半減期によって徐々に減っていき、最終的にはマイニング報酬によって得られる新規ビットコインは「0」という事になります。

では、マイナーはどのように利益を出していくのでしょうか?上記したようなケースも予め想定されており、その後は「送金手数料」等からマイナーへの報酬はやり繰りされる予定になっています。

なぜ、半減期が存在しているのか?

半減期について理解すると、半減期がなぜ存在するのか?という疑問が出てくると思います。

何故なら、マイニングを行っている人達は、ビットコインの言わばメンテンスを行っている訳ですし、報酬を減らすという事にデメリット感じる人もいるかもしれません。

この点に「なぜ半減期はビットコイン・仮想通貨に必要なのか?」という疑問には2つの答えが存在しています。

価格の調整

半減期が存在するには明確な理由は存在しており、その中で最も大きな要因は「価格のコントロール」という点です。インフレ対策としては、上手く出来ている仕組みだと思います。

というのも、ビットコインは実態がなく、どこかの相場と連動しているわけでも無いので「需要と供給」のみによって、価格が決まります。そのため、あまりにも早いスピードでビットコインを発行するとインフレのリスクが出てきます。

もしも、50BTCのままビットコインを運用すれば、ビットコインは8年程度で全てのビットコインが発行される計算になり、これでは急激なインフレは避けられません。

そのため、ビットコインは半減期を導入しているのです。

先駆者への利益

近年注目されている半減期のメリットに「先駆者への利益」という部分が隠されています。近年、ビットコイン以外のマイニングにも注目されるようになった要因の1つが先駆者への利益というポイントが大きな理由です。

というのも、仮想通貨の半減期が発生する初めの段階で「マイニング」を行っておけば、将来的にそのアルトコインに価値が出てきた時に、大きな利益を期待出来ます。

そのため、マイナーは先駆者利益を開拓していくために、アルトコインのマイングを行っており、これは形として仮想通貨全体を盛り上げる結果に繋がりました。

現在、先駆者利益で大きく恩恵を受けている人がいるのは、やはり「ビットコイン」です。ビットコインは初めの時点で50BTCを計算に成功すれば、報酬として貰う事が可能でした。

2019年6月執筆現在においては、約5,000万円程度の価格になっており、50BTCで報酬が導入されてた頃は、まだまだマイングの難易度は高くありませんでした。

そのため、自宅のデスクトップでビットコイン初期のマイニングを行っていた人が、気付いたら知らない内に億万長者になっていたというケースも存在しています。

ビットコインも、その他の仮想通貨も「先駆者利益」が大きく働きやすいものになっており、それを可能にしているのが半減期なのです。

これまでの半減期と価格

先程、半減期の基本的な部分についてご紹介しました。これから「これまでの半減期」について振り返っていきたいと思います。

一般的に、仮想通貨の半減期は仮想通貨の価値が上昇する1つの節目だと言われています。

ただ、今回の記事は「ビットコイン 2020年の半減期」というのが1つのテーマになっているので、主に「ビットコインの半減期」についてご紹介していきたいと思います。

ビットコイン初めての半減期

ビットコインはじめての半減期は「2013年11月」になっています。この時の半減期で、ビットコインは50BTCから25BTCに報酬が半減し、はじめての半減期を経験したと言えます。

価格はどうなった?

ただ、この時期は「ビットコインが初めて注目され始めた時期」と被っていて、2013年10月には1万円だったビットコインが、2ヶ月後の12月には日本円にして「約12万円」の価格を付けました。

半減期と価格を単純に比較した場合に、近い時期にビットコインが暴騰していると言えます。

一概に半減期だからとは言えない

ただ、この価格が半減期によって実現されたものとは、一概には言えません。というのも、この時ビットコインにポジティブなニュースが飛び交っていました。

まず、始めにビットコインバブルを発生させる原因となったと言われている「キプロス危機」があります。キプロス危機とは、ギリシャ危機と連鎖的に発生した経済危機の事を指しており、ビットコインバブルを発生させた一因と言われています。

また、ビットコインの全体的な知名度も上がっており、テクノロジーの情報に敏感の方なら、この頃にビットコインの存在を知った方も多いと思います。(NHKの特集が組まれたのもこの時期)

一般的に、半減期に伴って仮想通貨の価格は上昇すると言われていますが、結果的に上がったという事と半減期によって価格が上昇したという議論はまた別物です。

このケースにおいては、ビットコインの報酬が爆発的に上昇した事から、半減期の影響というよりもキプロス危機と知名度向上によるものと見られています。

なぜ、この時のバブルは崩壊した?

様々な要因が挙げられますが、最も大きな原因は中国による仮想通貨一部規制の発表だと言われています。

全面的に禁止するような発表ではありませんでしたが、中国当局が「仮想通貨規制を強めていくのでは?」という不安から、売りが殺到しました。

ビットコイン2回目の半減期

ビットコインの二回目の半減期は「2016年7月」に訪れました。そして、ビットコインの半減期によって、報酬は「25BTCから12.5BTC」に切り替わりました。

一番、初めの報酬が50BTCである事を考慮すると、既に4分の1になっており、2019年現在のビットコインのマイニングは報酬は12.5BTCとなっています。

二回目の半減期と価格

半減期のビットコインの価格は「約6万6千円」程度の価格を維持しており、一度目の半減期のように数ヶ月でビットコインの価格が上昇すると言ったような事は発生しませんでした。

ただ、2回目の半減期が発生した約半年後の2017年1月にビットコインは11万円の値を付けて、そこから徐々に価格が上昇し2017年12月には200万円の値を付ける事になります。

その後、中国の全面的な仮想通貨禁止という中国国内の仮想通貨相場が膨大な影響を受け、「中国市場のビットコイン価格 = ビットコイン相場」と言えるくらい大きな存在だったので、2018年1月には大暴落します。

このバブルについても、要因は様々な説が唱えられていますが、その要因の1つで半減期が挙げられる事が少なくありません。

もちろん、バブルの要因になりそうなポジティブなニュースが発生していたのは事実ですが、価格を押し上げるほどのものか?と言ったら、それほどのインパクトのあるニュースは多くありませんでした。

そのため、半減期によって上昇したという説が強く唱えられているバブルになっています。

半減期と価格の相関性

半減期は、ビットコインの報酬を減らすというものなので、市場で出るビットコインの価格が抑制されますし、マイナーとしても価格の下落を避けたいため、相関性はあると言われています。(報酬が減っているため、1BTCあたりの価格を上げる必要がある)

ただ、長期的な観点から見た時に半減期が価格を押し上げている要因になっている可能性は高いですが、本当に?と言うと疑問点が残ります。

というのも、ビットコインは実体がなく、他の資産との相関性がありません。これはビットコインの魅力になりえる部分ではあるのですが、同時に「なぜそうなったのか?」という点を探りにくいという特徴にも繋がります。

実際の所、ビットコインが世に出てから既に10年は経っていますが、長期的な観点から見た時に「ビットコインの価格は上がり続けている」というビットコイン相場の特徴があります。

これも、半減期が要因となっている可能性は十分にありますが、それよりも大きいのは時間の経過とともに知名度を挙げた・何かポジティブなニュースがあったという事の方が大きいという見方もあります。(ビットコインバブルの際には政治・経済的なリスクが発生している事が多い)

また、実際に半減期が発生してから、価格上昇が発生するまでの期間はバラバラで、1年以内に発生しているとこじつける事も可能ですが、常にビットコイン相場は上がり続けているので、一概に半減期が要因だとは言えないです。

ビットコイン次の半減期はどうなる?

最後に、2020年5月に発生すると言われている「次にビットコイン半減期はどうなるのか?」というポイントについてご紹介していきたいと思います。

2020年ビットコイン半減期

2020年の5月と見られているビットコインの次の半減期は(前後する可能性あり)、マイニング報酬が「6.25BTC」になり、初期の50BTCと比較するとかんり目減りすると言えます。

半減期の前に買うか・後に買うか

先程、爆発的な価格上昇には相関性は無いとご紹介しましたが、数万円~数十万円程度の価格上昇・下落には相関性があります。

というのも、ビットコインは長期的な観点から見た時に「半減期後に爆発的な価格上昇」「半減期前に価格上昇」という現象が今現在では発生しています。

というのも、半減期の1ヶ月前に価格上昇がピークになるという現象が存在しており、2カ月~3カ月前程度に資金を入れておいて、半減期1ヶ月前に売却するという手法が主流になりつつあります。

この現象は他の仮想通貨でも見られ、選択肢の1つしてはありでしょう。

また、ビットコイン相場に限った話をすると半年~1年程度で、半減期後に大きな価格上昇が発生しています。これが、2回目の半減期の場合は空前の仮想通貨バブルだったと言えるでしょう。

もちろん、相関性があるかもしれないというだけで、まだまだデータの少ない仮想通貨で、確実性の高い手法か?と言ったらまた別だと思います。ただ、選択肢の1つとして頭に入れておくのはありでしょう。

既に価格上昇は発生している?

2019年6月現在、ビットコインの価格は100万円を超えており、数ヶ月でかなり大きな上昇を見せています。一部では、この価格上昇は「半減期によるものでは?」と言われ始めています。

というのも、半減期による価格上昇は数カ月前に発生する事が一般的であるとされていましたが、ビットコインの知名度・取引量が増えた事で、以前とは相場の都合が大きく異なってきており、既に半減期への期待から上昇を見せていると見られているのです。

もちろん、ここ数カ月でポジティブなニュースがあった事は事実ですが、半減期への期待である可能性も十分に高いでしょう。

これが事実であるとすれば、これからの半減期相場はこれまでの半減期相場とはまた異なったものになるかもしれません。

まとめ

仮想通貨における半減期とは?

  • マイニングの報酬が半分になること
  • インフレ・希少性を上げるために存在している
  • 先駆者利益の確保という見方もある

これまでの半減期と価格推移

  • ビットコインはじめての半減期では、バブルの発生原因があった
  • 2回目の半減期は、半減期が起こしたバブルという説もあり
  • 半減期と価格推移には一定関係性は認められる
  • ただ、全ての価格上昇が半減期によるものとは限らない

ビットコインの2020年の半減期はどうなる?

  • 半減期の前後のどちらにもエントリータイミングはある
  • 既に価格上昇が発生しているという見方も

今回は、仮想通貨の半減期というのを中心的に、半減期と価格の関係、次のビットコインの半減期等について解説させて頂きました。

この記事では半減期と価格の関係について、慎重な立場で記事を執筆させて頂きましたが、実際に半減期と価格推移を照らし合わせた時に、一定の関係性はあるというのが、一般的な見方になっています。

いつから、上がるのか?等についてハッキリした事を正確に予想する事は難しいです。ただ、仮想通貨への投資を行っている場合、見逃せないイベントである事は確かです。

senna
senna
579 views

金融業界経験 4年 個人投資家 3年

個人投資家として「株式」「債権」「FX」「仮想通貨」などへの投資・投機を中心的に行っている。

資産運用はもちろん、ファイナンシャルプランナーの知識を活かしながら、税金やライフプランに関する情報発信を行っている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。