投資初心者必見!ランチ代でFX投資ができる証券会社まとめ

投資とかFXとかって聞くと、「元手がないと出来ないんでしょ?」と言う方によく出会います。10万円ないとダメだと仰る方もいますし、中には30万円くらいないと投資は出来ないと考えられている方も多くいます。

ですが実は、投資を始めるのにそこまで大きな資金は必要ありません。もちろんあるに越したことはありませんが、ちょっと贅沢に外食ランチするくらいの金額からでも投資は始められます。特にFXは少額投資に向いているんです。

そこで今回は、ランチ代から始めるFX投資についてご紹介します。

FXとは

まずは、FXとは何かについて簡単に説明していきます。

安く買って高く売る

投資は、安く買って高く売る、もしくは高く売って安く買い戻すことで利益を得ます。FXの場合は売買の対象が通貨です。例えば円高のときにドルを買い、円安になってからドルを売って円に戻せばレートの差額が利益になります。

1ドル100円のときに、円でドルを買う ⇒ -100円
1ドル120円のときに、ドルを売って円に戻す ⇒ +120円

このパターンであれば、1ドルにつき20円の利益を得ることができます。

外資系や貿易にかかわる仕事をしていたり、海外旅行によく出かけたりする方なら特に、為替レートは定期的にチェックしていることでしょう。そのレートの変動に合わせて通貨を売り買いすることで、利益を生み出すのがFXになります。

証拠金のしくみ

少ない資金でFXをやろうとするなら、何よりもしっかり理解しておかなければならないのが証拠金の仕組みになります。資金管理、つまり証拠金管理を怠ると大きな損失を出してしまったり、投資の世界から退場せざるを得なくなったりするため、確実な理解が必要です。

FXでは通貨を売買する、と前項で説明しました。例えば1ドル100円のときにドルを1通貨買おうとすれば、100円が必要になります(手数料除く)。これはFXに限らず、普段の買い物のときに商品の代金を払うのと同じ原理です。ですがFXの場合、4円あれば100円とみなすことができ、100円のものを買うことができます。持っているお金の25倍とみなすことが可能なのです。この「25倍にする」ことをレバレッジといい、「持っている4円」のことを証拠金といいます。

「FXはランチ代でもできる!」のカラクリはここにあります。手元にある1,000円を証拠金として証券会社の口座に入金すれば、その25倍である25,000円分とみなすことができ、1ドル100円なら250ドルの購入が可能になります。証拠金とはいわば、FX取引をする際に担保として証券会社に預けるお金のようなものです。限界まで購入してしまうのは危険ですが、可能かどうかで言えば1,000円を証券会社に預けるでことで250ドルが買えてしまうのです。

最低取引単位について

4円の証拠金があれば1ドル買えます、と言いましたが、実際には帰る場合と買えない場合があります。というのも、証券会社ごとに最低取引単位が決められているからです。

最低取引単位とは、通貨を売買するときの最小通貨数です。もし最低取引単位が100であれば、100通貨単位でしか売買できません。10ドル買いたいとか、50ユーロ売りたいとか思ったとしても注文を入れることができず、100ドル売り、100ユーロ売り、といった形で注文する必要があります。

少額でFXをするためには、最低取引単位がなるべく小さい証券会社を選ぶ必要があります。多くの証券会社では最低取引単位が10,000通貨となっていますが、それでは1,000円でFXをやるのは難しくなります。最低取引単位をもっと小さく設定している、例えば100通貨とか1,000通貨とかそのくらいでの売買が可能な証券会社であれば、少額でもFXに挑戦することは可能です。

少額からからFX投資ができる証券会社

証券会社によって、最低取引単位が異なります。ランチ代程度でもFX投資が可能となる、最低取引単位の小さい証券会社をご紹介します。

SBI FX TRADE

ネット証券の最大手であるSBIグループで、FXを専門に取り扱う証券会社になります。

最低取引単位は1通貨から

SBI FX TRADEでは、1通貨から取引が可能です。例えばドル円ならば、1ドルから売買が可能なので、1ドル108円なら証拠金は4円ほどあれば足ります。

取引をはじめる前に証券会社の口座へ入金をする必要がありますが、そのときにクイック入金という方法を使う場合は最低入金金額が1,000円となっています。ですので4円だけ入金すればOKというわけにはいかなくなりますが、いずれにしても外食ランチを1度我慢してお弁当にすれば済むくらいの金額でFXを始めることができます。

もちろん、1通貨では得られる利益もかなり微々たるものになります。ですのでお金をしっかり増やしていこうと考えるなら証拠金は4円ではなく、ランチ代からディナー代くらいは用意したいところです。でもまたFXを始めたばかりで、まずは利益よりもトレードの練習をしたいという方は特に、1~数通貨から始められるSBI FX TRADEは魅力的だと言えます。

スプレッドも業界最低水準

SBI FX TRADEがすごいのは最低取引単位だけではありません。実は取引するときの手数料にあたる、スプレッドも業界最低水準となっています。

スプレッドとは、買いポジションを持つときと売りポジションを持つときの値段の差のことを言います。本来は、円からドルに替えたい人とドルから円に替えたい人が合意した値段で両替をするので、その値段は同じになるはずです。でも実際には、買いの値段を少し高くし、売りの値段を少し安くして、買いと売りで値段差が出るように設定されており、この値段差のことをスプレッドと呼んでいます。スプレッド分はそのまま証券会社に手数料として入っていくもので、証券会社によってスプレッドの値は異なっています。

例えばドル円なら、普通はスプレッドを0.3円としている証券会社が多いですが、SBI FX TRADEの場合は0.27円となっています。しかもイベント時や経済指標発表直後など、為替レートが大きく変動しているようなタイミングでもスプレッドが広がる(大きくなる)ことがほとんどありません。これもSBI FX TRADEの強みであると言えるでしょう。

マネーパートナーズnano

こちらはマネーパートナーズグループのサービスになります。マネーパートナーズFXの中でも少額で取引を始めたい方向けになっています。

最小取引単位は100通貨から

ひとつ前にご紹介したSBI FX TRADEには及ばないものの、こちらも多くの証券会社よりも少なめの100通貨から取引が可能となっています。ドル円なら、500円弱を証拠金として準備できればFXをスタートできます。

マネーパートナーズでは、口座に5,000円以上入金されている必要があります。5,000円を下回っても取引は可能ですが、各種情報画面が参照できなくなります。政治や経済に関するニュースなど情報画面で得られるものは多く、この画面が使えないのはもったいないので、最初だけはランチ代ではなくディナー代をうまく節約して、5,000円以上の入金をしておくことをオススメします。

なお、1通貨あたりの値段がドルよりも安い通貨を選べば、500円よりもさらに少ない証拠金でもFXが出来ます。例えばオーストラリアドルなら100通貨あたり350円程度、南アフリカランドなら100通貨あたり100円程度での取引が可能です。ただし南アフリカランドやトルコリラなどの発展途上国通貨はレートの変動が激しいため、必要証拠金もその時によって大きく変動します。入金額にはかなりの余裕を持たせておくようにしましょう。

スキャルピングトレーダーにオススメの約定力

マネーパートナーズの強みは約定力にあります。為替レートが大きく変動しているときは希望どおりのレートで売買することが難しいものですが、マネーパートナーズはレート変動時も約定しやすくなっています。また1日の取引回数も無制限なので、イベント時などレートが大きく動いているときに何度も取引を行い小さな利益を積み上げていくスキャルピングトレーダーに特におすすめしたい証券会社となっています。

今はまだ始めたばかりでも、ゆくゆくはスキャルピングトレーダーを目指したい、という方はマネパnanoでトレード練習をしつつ画面操作などに慣れていくと良いでしょう。

資金管理について

少ない証拠金でFXをやるなら、資金管理は絶対です。ここでは証拠金管理、資金管理について改めて解説していきます。

強制ロスカットにご注意

数秒から数分でポジションをクローズする、つまり売りと買いの両方を行うスキャルピングトレードの場合には、強制ロスカットはあまり起きないかもしれません。でも1日ほど売りポジションや買いポジションを持ち続けるデイトレードや、数日~数週間ポジションを持つスイングトレードなどの場合には、失敗すると強制ロスカットということが起こりえます。強制ロスカットを引き起こさないようにするためには、資金管理の徹底が必要となります。

強制ロスカットは、証拠金維持率の変動をきっかけとして起こります。証拠金維持率とは、必要とされる証拠金の金額に対して、実際の証拠金がどのくらいあるかということを表す比率です。例えば必要証拠金が500円の場合、実際の証拠金が1,000円あれば証拠金維持率は200%となり、実際の証拠金が250円しかなければ証拠金維持率は50%となります。

証券会社によりますが、国内ならば証拠金維持率が50%を割り込むと強制ロスカットというところが多いようです。海外ですと証拠金維持率が100%を割り込むと強制ロスカット、という厳しいところもあります。ただし国内の場合はレバレッジが最高25倍なのに対して、海外だとレバレッジが最高200倍というところも多く、レバレッジが大きいところは強制ロスカットの水準も高い場合が多いと覚えておくと良いでしょう。

少額トレードにおすすめの資金管理

証拠金が少ない場合には、あまりにも資金管理を厳しくしすぎるとお金がほとんど増えない状態となってしまいます。そこである程度リスクをとりつつ、強制ロスカットを起こさないための資金管理についてご紹介していきます。

資金管理その①:なくなっても良いお金で

まず大前提として、証拠金は「なくなっても良いお金」ということを徹底しましょう。もちろん、お金はあるにこしたことはないので、なくなって良いお金と言われると「そんなの無い」と思われる方もいるかもしれませんが、「なくなっても生活するうえで困らないお金」と言い換えれば理解してもらえるのではないでしょうか。

毎日の家賃や食費、また誰かに渡さなければならないお金など、なくなると支障の出るお金は投資にはまわさないこと。ましてや借金して投資をするなんてもってのほかです。「もしなくなったら明日は外食を諦めてお弁当にしよう」くらいに考えられると、負担も少ないし気分的にも楽なので良いですね。

資金管理その②:利益が出たら少しずつポジションを増やしていく

2通貨以上でトレードをする場合、いきなり全力で買ったり売ったりする必要はありません。10通貨分の証拠金があるなら5通貨×2セット、50通貨分の証拠金があるなら10通貨×5セットなど、ある程度分けて買いや売りを持つのが良いでしょう。

例えば、「いま買いポイントだな」と思ったらまず1セット分のポジションを持ちます。分析どおりにレートが上がってきたら、もう1セット分のポジションを持ちます。勢いよく上がっていくようならさらに追加で2セット、といった感じで、自分の分析や予想どおりにレートが動くことを確認してからポジションを増やしていくようにすると、いきなり大きな損失を出すことが少なくなります。

セット数が多ければ多いほど、管理が煩雑になったり、オペレーションミスが起きやすくなったりしますが、それも慣れれば少なくなってきます。少額でトレード練習をしている間にこういった作業にも慣れておければ、証拠金を増やしてから大きなミスをする可能性も低く抑えられます。

初心者におすすめのFXトレード方法

証拠金を準備し、証券会社の口座も解説し、資金管理についても理解できたところで、最後に初心者向けのおすすめトレード方法をご紹介します。ぜひここからチャレンジしてみてください。

トレード方法①:タイミングを狙う

FXは24時間ほぼいつでもできますが、レートが大きく動く時間帯もあれば、ほとんど動かない時間帯もあります。例えばドル円なら、次の時間帯は比較的よく動くことが多いです。

  • 7時(多くの証券会社で取引開始のタイミング)
  • 10時前後(日本でその日の取引レートが決まるタイミング)
  • 17時(サマータイムは16時、ロンドン市場が開くタイミング)
  • 25時(サマータイムは24時、ロンドンでその日の取引レートが決まるタイミング)

こういったタイミング、もしくはその直前はレートが一方向に動くことが多いです。この流れにうまく乗る練習をしてみると、相場の流れを読む練習になります。

トレード方法②:イベント時を狙う

雇用や生産、消費に関する経済指標が発表されるタイミングというのは、レートが大きく動きます。ドル円であればアメリカ、ユーロ円であればヨーロッパの指標発表直後はトレードチャンスになることが多くあります。慣れるまではレートの上下で損切りばかり繰り返してしまう場合もありますが、何度か経験するとイベント独特のシーソーのような動きをつかむことができます。

経済指標発表直後の動きには、AIが大きく関係しています。指標が良いか悪いかをAIが判断して、瞬時に売り注文や買い注文を入れてくるのです。そのため人間が追いかけようとしてもなかなかついていけない動きになったり、上がったかと思えばすぐ下がるような無茶苦茶な動きになったりします。思い込みや深入りは厳禁ですが、レートが大きく動くという意味ではチャンスも大きいタイミングになっています。

トレード方法③:テクニカル指標1つに集中する

テクニカル分析を行ううえで使えるテクニカル指標というのは、移動平均線を筆頭に数多く存在しています。これらのうち1つを選んで、集中的に使ってみるという方法です。

テクニカル指標というのは、これまでの値動きをもとに算出されます。どう算出するかによって結果も異なるため、算出方法の数だけテクニカル指標も存在します。複数を組み合わせて使えばより正確な分析にはなりますが、多すぎるとトレードチャンスが全く来ないということにもなりかねません。

そこで初心者ならば、まずはどれか1種類を選んで使い込んでみましょう。指標ごとに、こうなったら売り、こうなったら買い、というポイントが決まっていますので、そこで愚直に売り買いしてみます。それで負けより価値のほうが多ければ、そのまま使い続けていけば利益を積み上げていくことができます。逆に、自分がチャートを見るタイミングでは売り買いのポイントがなかなか来なかったり、愚直に従ってもなかなか勝てないような場合は、違う指標に変えてみてもよいでしょう。ぜひ、まずは1つ選んで使ってみてください。

あべまきこ
あべまきこ
157 views

銀行や証券会社のシステム構築に約6年従事。そのときに得た金融知識を活かし自分自身も3年前に投資デビューし、FX・株・指数先物など幅広く手掛けている。
30~40代女性、とくに子育て主婦が出来るような、ちょっとしたスキマ時間を活用しておこづかいを稼ぐ方法にニーズを感じ、少額投資、アフィリエイト、転売などジャンル問わずチャレンジ。
実践してみてうまくいったものをみんなにシェアする、といった活動も精力的に実施している。

現在は投資家、せどらー、ライターとして活動中。
相場を読むにあたって九星気学や占星術を使うので、そちらも勉強中。

Twitter
https://twitter.com/makiko_abe

note
https://note.mu/mackey283

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。