FXのデモトレードとは?本当に無料?実際にデモトレードできるFX会社も紹介!

Man
デモトレードって本当に無料なの?初心者なんだけど、やったほうが良いのかな・・・?

こんな気持ちを持っていませんか?

FXでは、デモトレードをやることで受けられるメリットが数多くあります。特に、初心者の方であれば積極的に活用したいところです。いっぽう、デモトレードは本当に無料なのかなど、疑問点も数多くあることでしょう。不安があることで、なかなかデモトレードに踏み出せない人も多いでしょう。

そこで今回の記事では、初心者向けにFXのデモトレードとはどのようなものか、デモトレードをやるメリットやデメリット、本当に無料なのかなど細かな疑問点にも答えていきます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

FXのデモトレードとは?

まずは、FXにおけるデモトレードとはどのようなものか、全体的な概要を確認していきましょう。

FXのデモトレードは仮想口座で練習できる取引ツール

デモトレードは仮想の口座を開設し、その口座を使って練習で取引することができるツールです。いきなり本番のFX取引をするのは、初心者の方だとなかなか難しいですよね。自分のお金を使って練習をするのも、なんだか緊張して気が引けてしまいます。

いっぽう、デモトレードであれば仮想の口座を開設して、実際の自分のお金を運用しないで仮想のお金で練習をすることができます。そのため、どれだけ損失が出ても本当の自分の損失にはなりません。加えて、取引で使う為替レートは実際のレートが反映されているため、限りなく本番に近い状況でトレードを練習することができます。

つまり、デモトレードは本番の環境を限りなく反映させて行うことができる、FXのゲームのようなものです。初心者の方であれば、ぜひとも一度は使ってデモトレードで練習をしておきたいところです。

FXのデモトレードは完全無料

デモトレードは完全無料で楽しむことができます。ツールのダウンロードも無料であり、取引で利用する資金もバーチャルのものなので、ユーザー側に費用の負担はいっさいありません。

急に自分のお金を使ってトレードをしようとすると、どうしても抵抗感が出てくることでしょう。投資に回せる資金が、そこまで多くないという方も多いはずです。いっぽう、初心者の方であれば練習を一度して、感覚を掴んでから取引をやってみたいと思っている人も多いといえます。

デモトレードであれば完全に無料で使うことができるので、ユーザーのこうした気持ちにも応えることができるのです。

FXのデモトレードは2種類

デモトレードには、アプリを使ったデモトレードとFX会社が提供するデモトレードツールの大きく分けて2種類があります。それぞれの詳しい内容を、確認していきましょう。

アプリを使ったデモトレードツール

1つ目は、アプリの制作会社が提供する、アプリを使ったデモトレードです。これは実際のレートのサンプルを反映させながら、本格的なトレードが可能なだけでなく、多くの場合FXのマンガなどで基礎的な知識も紹介されています。

メリットとして、より手軽にトレードをすることができる点や知識をかんたんに学べる点、自分に合ったFX会社を質問に答えるだけで紹介してくれるといった点があります。いっぽう、本番環境に移行したい時にスムーズに移行できないデメリットがあります。

FX会社が提供するデモトレードツール

2つ目は、FX会社が提供するデモトレードツールです。現在、国内ではさまざまな企業がFXのサービスを提供しています。また、それと合わせてその中の多くのFX会社が、デモトレードのツールも提供しています。

こうしたFX会社が提供するデモトレードツールのメリットとして、本番環境とまったく同じ環境で練習ができるというメリットが挙げられます。いっぽう、こうしたデモトレードツールの場合には、基礎的な知識の提供や他のFX会社でどこがおすすめなのかはわかりません。こうした点はデメリットといえるでしょう。

FXのデモトレードのメリット

ここからは、FXのデモトレードをするメリットを確認していきましょう。具体的には、デモトレードのメリットは下記の5点になります。

FXのデモトレードが持っている5つのメリット

①練習によってトレード体験ができる

②感覚が掴めるので本番環境に移行した時にも強い

③理論を試したい時にも有効

④平日であれば24時間練習ができる

⑤株と比較するとデモトレードのツールが多い

①練習によってトレード体験ができる

FXのデモトレードのメリットとして、トレード体験ができることが挙げられます。FX取引というのは、頭の中でわかっていても、実際にやってみるといろいろと違う点が出てきます。

本番で自分のお金を使ってトレードする前に、実際にそのトーレドを体験することができるのは、非常に大きなメリットといえます。

②感覚が掴めるので本番環境に移行した時にも強い

FXデモトレードのメリットとして、本番環境に移行した時にも強い点が挙げられます。1つ目のメリットと似ている部分もありますが、実際に自分のお金を使って本番でトレードをした時に、大事な時に操作ミスなどをして余計な損失を出してしまうと大きな痛手になってしまします。

いっぽう、FXのデモトレードでしっかり練習した後に、本番に移行した場合はどうなるでしょうか。練習をしっかりしていれば、こうした操作ミスが大事な時に起こることもありません。

こうした点は、FXのデモトレードをやる非常に大きなメリットといえるでしょう。

③理論を試したい時にも有効

デモトレードは初心者向けのツールというだけではありません。中級者や上級者のさらなるレベルアップを目指した、トレーニングにも活用できます。

たとえば、これまでのトレードを振り返り、新しく試してみたいトレード方法が見つかったとします。こうした場合に、デモトレードを使うことで自身で組み立てた理論のもとお試しでトレードをすることができるのです。これによって、理論が実際のトレードでも通用するのかなど、確認することができます。

このように、FXのデモトレードは初心者が練習するだけでなく、中級者や上級者が新しく自分のトレード理論を試したい時にも非常に効果的に利用することができるのです。

④平日であれば24時間練習ができる

FXのデモトレードは、平日であれば24時間練習することができます。たとえば、他の投資の例をあげると株取引の場合、平日の午前と午後の数時間しか取引をすることができません。いっぽう、FXでは世界中の市場をぐるぐる回りながらトレードを行うことができるため、平日であれば24時間いつでも取引をすることができるのです。

具体的には、日本の東京証券取引所が閉まったら、ヨーロッパの市場へ移動し、そこも閉まったらアメリカ、次にオセアニアといった感じです。平日であれば24時間世界のどこかで必ず市場が開いているため、こうした取引方法が実現できるのです。

仕事終わりやちょっとした隙間時間、本業の夜勤や日勤といった勤務時間などを問わず練習できる点はFXの持っている大きなメリットといえるでしょう。

⑤株と比較するとデモトレードのツールが多い

株と比較するとデモトレードのツールが多い点も、大きなメリットといえます。株はFXと並んで代表的な投資です。いっぽう、デモトレードのツールはそこまで多くありません。

これに対して、FXのデモトレードはツールが多くなっています。FX会社が提供しているツールはもちろんのこと、アプリの制作会社が提供するツールも多くさまざまな用途やタイプがあるため、ユーザーの細かなニーズに応えることができるのです。

こうした点も、FXのデモトレードツールのメリットといえます。また、ツールが多いことで株よりもFXの方が初心者にも非常に適していることがわかります。

FXのデモトレードのデメリット

FXの概要や利用することで得られるメリットはわかりましたね。ここからは、逆にFXのデモトレードが持っているデメリットを確認していきましょう。

FXのデモトレードが持っている2つのデメリット

①土日は練習できない

②利益が出ても自分のものにならない

①土日は練習できない

土日は練習できない点は、FXのデモトレードにおけるデメリットといえます。FXは平日であれば24時間取引が可能ですが、土日は世界的に金融機関や証券取引所が休みとなっています。

FXは海外の法定通貨をやり取りして取引するため、こうした企業や機関が休みの場合は取引をすることができないのです。また、FXは副業で取り組んでいる人がほとんどです。土日といえば多くの人が本業の仕事が休みのタイミングです。もっとも時間が取れて練習をしたい時に、デモトレードが使えない点は大きなデメリットといえるでしょう。

いっぽう、後ほど紹介しますがFX業者の中では土日でも取引できるデモトレードツールを提供しているところもあります。もしあなたが土日に練習をしたいのであれば、こうしたFX業者のデモトレードをやってみると良いでしょう。

②利益が出ても自分のものにならない

利益が出ても自分のものにならない点も、FXのデメリットといえます。FXのデモトレードは損失が出ても自分の損失にならないというメリットがあります。

いっぽう、本来であればトレードで利益が出れば自分のものになるはずです。しかし、FXのデモトレードでは実際に利益が出ても自分のお金にならないのです。

こうした点は、FXのデモトレードが持っているデメリットということができるでしょう。

デモトレードができるおすすめのFX会社

ここまでで、デモトレードについて概要やメリット・デメリットをまとめてきました。全体的なイメージはざっくりつかめたことでしょう。そろそろ、どんなデモトレードツールがあるのかや、どこがおすすめなのかも気になるころだと思います。

そこでここからは、国内でも信頼性の高い企業が提供しているFXのおすすめデモトレードツールを2つ紹介したいと思います。

DMM FX

DMM FXの特徴

・国内口座開設数No.1の確かな実績がある

・使いやすい取引ツールで初心者でもかんたんにFXを始められる

・資金力があり信頼性も高いDMMグループが運営している

DMM FXはデモトレードを提供しているFX業者として、国内ではもっとも大きな人気を集めています。運営元はさまざまな事業を手がけるDMMグループとなっており、資金力や信頼性の面ではバツグンです。数ある国内のFX会社の中でも口座開設数No.1という、確かな実績もあります。

また、取引ツールが使いやすいため、画面を見ただけで初心者の方でもすぐにトレードを行うことができます。操作に不安がある方にも、非常におすすめなのがDMM FXです。

ヒロセ通商

ヒロセ通商の特徴

・土日の取引にも対応したFXデモトレードができる

・サーバーが強く約定率が高い

ヒロセ通商は国内に拠点を構えるFX会社です。特徴として、土日のFX取引にも対応している点が挙げられます。FXでは土日が休みのため、取引やデモトレードの練習も本来であればすることができません。FXをやる人の多くが、土日が休みであるという人がほとんどでしょう。もっとも練習したいタイミングでできないというデメリットも、ヒロセ通商であれば問題なく練習することができます。

また、サーバーが強く、価格変動が激しいタイミングでや注文が殺到したタイミングでも高い約定率で取引を完了させることができます。練習を徹底的に行いたい方や、トレードを本格的にやってみたいという方であれば、ヒロセ通商は非常におすすめです。

デモトレードで意識しておきたいポイント

ここまでで、デモトレードのことはほとんどわかったかと思います。ここからは、デモトレードで意識しておきたいポイントを確認しておきましょう。

本番と同じであるという緊張感を持とう

本番と同じであると考えながら、デモトレードをやってみることも重要なポイントの1つです。デモトレードはあくまで仮想の口座で練習ができるため、ついつい緊張感がなくなりがちです。

そのため、本番ではやらなそうな取引もやってしまいがちになります。具体的には、実際には使えないくらいの大きな金額でトレードをやってしまったり、損切りや利確も本番ではやらなそうなタイミングでやってしまったりという感じです。

こうしたデモトレードをやってしまうと、いざ本番のトレードになった時にデモトレードの練習があまり意味を持たなくなります。たとえば、運用できる金額をあまりにも大きくしてしまうと、利益や損失の出方も異なってくるため本番で同じようなトレードができず結果大負けしてしまうということにもなりかねません。

こうした点を踏まえても、デモトレードではありながらも常に本番を意識してトレードをするよう心がけておきましょう。

ファンダメンタルも意識してみよう

せっかくデモトレードをするのであれば、ファンダメンタルも意識して取引してみると良いでしょう。ファンダメンタルとは、FXのトレードに関連して各国が発表する経済指標などのデータのことを指しています。こうしたデータは、政策金利や雇用統計などが挙げられ、為替のレートにも直接結びつき反映されます。

ファンダメンタルを意識して取引をすることで、情報の発表のタイミングを意識する習慣がついたり、どのような情報であればどれくらいチャート価格に影響をあたえ反映されるのかなど、分析する力が身につきます。

ファンダメンタルは1週間、1ヶ月の間に各国が定期的にさまざまな指標を発表します。すべてを把握するのは時間的にもなかなか難しいので、重要なものだけ最初のうちはピックアップして、カレンダーなどにメモをしておきましょう。たとえば、アメリカは世界経済の中心であり、その動向に各国の通貨の為替レートが大きく関わってきます。初心者の方は慣れるまで、アメリカの経済指標を中心に見ておくと良いでしょう。

まとめ

以上、FXのデモトレードについて解説してきました。デモトレードはFXにおいて、練習をしたい初心者だけでなく中級者や上級者まで自分の理論を実践できるなど、とても重要な存在です。基本的に、初心者の方であればまずはデモトレードからやってみたほうが良いでしょう。しっかり練習をしてから取り組むことで、本番のFXに移行した時にでも何不自由なく取り組むことが可能です。

こうした点を踏まえても、アプリのデモトレードよりは実際にFX会社で提供しているデモトレードのほうがおすすめです。なぜなら、FX会社が提供しているデモトレードは本番の環境をそのまま反映しているからです。デモトレードで練習をしてすぐに同じ環境で本番に移行できることは、トレードをするうえでも大きな強みとなるでしょう。

みなさんもこの記事を参考に、ぜひFXのデモトレードを楽しんでくださいね。

前原
前原
655 views

仮想通貨やフィンテックを中心にフリーライターとして活動しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。