副業でFXはあり?経費・税金・会社にバレるのかなど気になる点を総まとめ

Man
FXを副業で始めたいけど、税金とか会社にバレるのかとか、いろいろ不安なことも多いんだよな・・・

こんな気持ちを持っていませんか?

現在の収入だけだと足りないと考えていて、副業でFXを始めようとしている人は多いでしょう。いっぽう、副業でFXを始めたら会社にバレてしまうのかや、税金や経費など、気になる点が多いことも事実です。

そこで今回の記事では、副業でFXは稼げるのか、税金や経費はどうすれば良いのか、会社にはバレてしまうのかなど、FXの概要や特徴を踏まえてまとめて検証していきます。これから副業でFXを始めようと考えている人の疑問をすべて解決できる内容になっているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

副業でFXはおすすめ?気になる点を解決しよう!

そもそも副業でFXっておすすめなのか気になりますよね。一番のポイントは、副業のFXでも稼げるのかという点です。まずは、こうした副業でFXを始める時に感じる疑問点を1つ1つ解決していきましょう。

FXってそもそも何?副業でも稼げるの?

FXとは外国為替証拠金取引のことで、日本円を使って海外の法定通貨を取引することを指しています。証拠金という名前にある通り、FX会社に担保になるお金(証拠金)を提出することで、そのお金を元手にしてさらに大きな金額をトレードで利用することができます。

副業で取り組んでいる人の中には、1月に10万円以上稼ぐ人もいます。これから副業を始めようと考えている方であれば、まさにピッタリなのがFXです。

副業でFXは会社にバレる?税金の支払いによってはバレる

副業でFXは会社にバレるのかも確認していきましょう。結論からいうと、FXで利益が出た場合に税金の支払いをするとバレる可能性があります。FXはクレジットカードや賃貸の審査のように、口座の開設時に勤務先の会社に電話で連絡が入ることはありません。そのため、普通にFXを始めるタイミングでは基本的に会社にはバレません。

問題は税金を支払う場合です。FXでは年間で20万円以上の利益が出た場合に税金の申告が必要になります。税金を支払う場合には、確定申告をしなければいけません。この場合、会社の収入以外にも収入があったことを税務署に報告する必要があります。

税金を申告するタイミングでは会社にはバレませんが、翌年の住民税などは昨年度の収入に基づいて算出が行われます。この時、給料から天引きをされるなどの方法を選択していると、結果として会社に給料以外の収入があった、つまり副業をしていたとバレる可能性があるのです。

バレないためにはどうすれば良い?利益を抑えるか一括で支払おう!

FXを副業でやっていることを、会社にバレないためにはどうすれば良いのか考えてみましょう。結論をいうと、年間の利益を20万円以上出さないことか、一括で住民税や所得税を支払ってしまうことです。

まず、年間の利益が20万円を超えてなければ、FXでは税金の支払いが不要です。そのため、年間の利益を20万円以下に抑えてしまうことで、そもそもの税金の支払いをなくすことができるのです。また、確定申告をやってみるとわかるのですが、所得税は追加の支払いが必要な場合クレジットカードなどでオンラインで税務署に支払うことができます。住民税に関しても、給料から天引きにするか、その場で一括で支払うかを選択することが可能です。

このように、年間の利益を20万円以上出さないことか、一括で住民税や所得税を支払ってしまうことで会社にバレることを防ぐことができます。いっぽう、住民税や所得税を一括で支払っても、何かの形で所得を得ていたことがわかる可能性もあるので、もっとも手堅い方法は年間の利益を20万円以下に抑えることだと覚えておきましょう。

副業のFXは経費も申請できるの?

副業のFXでは、実は経費も申請することができます。ここでいう経費とは、取引でかかった元手や通信費、パソコンで取引していた場合にはその電気代などが該当します。基本的には、FXの取引にまつわることであれば大体申請することができます。

もし年間の利益が20万円を超えそうな場合には、いったん経費を洗い出してみましょう。思っていた以上に申請できる経費は多いものです。年間で数万円の経費がかかっているなんてこともFXでは副業でもざらにあるので、これによって年間の利益を20万円以下の抑えることも可能です。

副業でFXはなぜおすすめなのか?特徴とメリット

ここまでで、副業のFXの気になるポイントは大体わかりましたね。税金の支払いのところだけ注意しておけば、FXでは利益を出しても会社にバレる心配は減ります。

いっぽう、そもそもFXが副業に向いているのかも気になるところですよね。実は株と違い、FXはこれから投資を始めるという初心者の方にとてもピッタリなのです。ここからは、FXが持つ特徴やメリットをまとめて見ていきましょう。

FXの特徴やメリット

①平日は24時間取引可能

②資金が少なくても大きな利益が狙える

③少額からスタートできる

④不景気でもショートで稼げる

①平日は24時間取引可能

FXの特徴、メリットともいえるのが平日は24時間取引可能という点です。投資の中でも代表的な株の場合、東京証券取引所が開いている午前と午後の2回しか取引をすることができません。加えて、その時間も数時間単位と限られています。

これに対してFXでは、世界中の市場をぐるぐる回ることで、平日であれば24時間の取引が可能です。具体的には、東京の市場がクローズしたらヨーロッパの市場、それが終わったらニューヨークの市場といった感じで取引をすることができます。

時間制限がある株取引の場合、FXのように自由な取引ができません。まして、副業で取り組む人の多くは土日が休みという方がほとんどでしょう。この場合、本業をしながら平日の限られた時間で取引をすることはとても難しいといえます。こうした点からも、平日24時間取引可能というのはFXが持っている素晴らしいメリットであり、副業で投資をするのであればFXがおすすめであることがよくわかります。

②資金が少なくても大きな利益が狙える

FXの2つの目のメリットとして、資金が少なくても大きな利益を狙える点が挙げられます。上述したように、FXでは証拠金を元手にしてレバレッジをかけることで、通常では利用できない大きな資金を取引で利用することができます。そのため、本来であれば狙うことができない大きな利益を狙うことができるのです。

たとえば、元手が1万円でレバレッジを10倍にして取引をした場合はどうでしょうか。この場合の計算式は、「10万円(元手の証拠金) × 10倍(レバレッジ)= 100万円(取引で使える金額)」となり、100万円もの資金でFXをすることができます。

この場合、本来の資金で運用した時の利益が1万円でたのであれば、レバレッジ10倍であれば利益も10倍の10万円の利益がでます。こうした点を踏まえると、資金が少なくても大きな利益を狙うことができるのは、FXが持っている素晴らしいメリットだということができます。

③少額からスタートできる

少額からでもスタートできる点も、FXが持っている大きなメリットであるといえます。FXでは取引で利用できる最小単位が決まっています。また、この単位はFXの業者ごとに異なります。

たとえば、国内で最小の取引単位を提供しているのがSBI FXトレードです。ここでは最小でなんと4円からFX取引をすることができます。同じように投資の中でも代表的な株取引であれば、数万円から数十万円の資金は最低でも欲しいところです。しかし、FXであればこうした心配もなく少額の資金でも取引をすることが可能なのです。

初心者の方であれば、いきなりやったこともない投資に大きな金額をかけることは難しいでしょう。しかし、FXであれば少額からでもスタートできるため、資金が少ない初心者の方でもとても始めやすいのです。

④不景気でもショートで稼げる

FXの特徴として、ショート(売り)から入ることで下落相場でも稼ぐことができます。ショートとは、高い時に売って安い時に買い戻すこと利益を出すトレード手法です。特に2019年は世界的にリスクオフになる可能性が高く、相場も全体的に下落することが予想できるため、大きな稼ぎ時ともいえるでしょう。わかりやすくなるように、ショートの例で考えてみましょう。

たとえば、1ドル110円の時に1ドルをショートしたとします。そして、1ドルが109円になったタイミングで買い戻しを行いました。この場合の計算式は、「1ドル110円(ショート時の値段)- 1ドル109円(買い戻し時の価格)= 1円(ショートによる利益)」となり、1円がこのショートで利益として出せたことになります。

ショートでは後から買い戻すという約束のもと、本来であれば持っていない資産も売ったと仮定して取引をすることができます。この仕組みには、FXで用いられている差金決済という仕組みが大きく関わってきます。

差金決済とは?

差金決済とは、FXの取引によって発生した結果のみを決済する方式のことです。具体的には、FXでは取引の途中で発生した法定通貨同士のやり取りは実際には行われず、結果として発生した差額のみを決済します。わかりやすいように、例で確認してみましょう。

たとえば、1ドルを110円で購入し、その後1ドル111円になったタイミングで売却をしたとします。この場合、1ドルの購入と売却が取引の途中では行われていますが、実際に決済されるのは差額として発生した1円のみです。

このように、FXでは結果を重要視する決済方式が用いられています。これによって、ショートのように本来であれば持っていない資産も、後から買い戻すという制約のもと取引することができるようになっているのです。

億万長者が生まれるタイミングは、好景気の時よりも不景気の時が多いと言われています。つまり、ショートで不景気でガッツリ稼いでいるということですね。こうした点を踏まえても、通常の取引であればできないショートができる点は、FXが持っている大きな特徴の1つといえるでしょう。

FXにはリスクも!始める前に知っておきたいデメリット

ここまで見てきたように、FXでは特徴やメリットがたくさんあり、初心者が副業で取り組むことに非常に向いていることがわかりましたね。いっぽう、FXが持っているデメリットについても取引を始める前に知っておく必要があります。知らないと、FXの失敗談で見かけるように副業どころか単純に損失が大きく膨らんでしまう可能性があるからです。

FXの持っているデメリット

①借金をする可能性がある

②土日は取引できない

③ロスカットの存在

 ①借金をする可能性がある

FXのもっとも大きなデメリットとして必ず抑えておきたいのが、借金をする可能性があるという点です。具体的には、FXでは先ほども確認したように、自己資金よりも大きな金額を取引で利用することができます。本来であれば、証拠金として提出する金額しか持っていなくても、それ以上の資金を取引で利用することができてしまうのです。これは、イコールで自己資金以上の損失が発生する可能性を持っていることも示しています。

たとえば、本来持っている資金が10万円だった場合に、その資金を10倍のレバレッジで運用すれば、総額で100万円の資金を使って取引をすることができます。しかし、本来持っている資金は運用金額100万円の10%にあたる10万円しかありません。もし、10%を超えて損失が発生した場合には、10万円以上の損失が出たことになり、結果として借金をしてしまうことになるのです。

FXではこれまでにも数々の暴落が起きています。たとえば、スイスフランの暴落やリーマンショックなどがそれに該当します。こうした場合には急速に下落がスタートしてしまうため、自己資金を超えて損失が一瞬で発生してしまいます。こうした点を踏まえても、借金をするリスクがあることは常に意識しながら余裕を持った取引をするように心がけていきましょう。

②土日は取引できない

FXでは平日であれば24時間の取引が可能であるという点は、先ほどお伝えしました。いっぽう、土日はどうでしょうか。実はFXでは土日に取引をすることができないのです。

副業でFXを始める人の場合、ほとんどが土日に休みだという人でしょう。しかし、FXでは土日にトレードができないため、平日に取引を行う必要があります。株のように時間制限はありませんが、それでももっとっも多くの時間を使うことができる土日にトレードできないという点は、FXが持っているデメリットの1つであることは間違いありません。

こうした点を踏まえると、平日に仕事終わりでも良いのでしっかりと時間を取れない人であれば、FXはあまり向いていないかもしれません。

③ロスカットの存在

FXで注意しておきたいのが、ロスカットです。FXでは会社ごとに証拠金に対して一定の損失が発生すると、ロスカットという強制的なポジション決済が起こってしまいます。ロスカットはFXの損失を大きくしないために設けられた親切な仕組みです。いっぽうで、本来であれば決済したくないタイミングでもポジションが決済されてしまうため、デメリットになる可能性もあるのです。

たとえば、上昇トレンドに転換することを予想してロングのポジションを持ったとしましょう。しかし、急激な下落が起こってしまいました。こうした場合、証拠金維持率が下がりロスカットが発生してしまう可能性があります。上昇することを予想しているため、ポジションを決済したくないのですが、それでも強制的に行われてしまうのがロスカットです。

もちろん、これによって結果として損失が小さくなったなんてことも十分に考えられます。しかし、自分が思ったようにトレードができなくなってしまう可能性がある以上、ロスカットは注意しておかなければいけないデメリットの1つなのです。

まとめ

以上、副業FXの気になる点などについてまとめて解説してきました。FXは少資金でも大きな利益を狙うことができ、なおかつ少額でもスタートできるため副業で始めるのであれば非常におすすめです。いっぽう、借金をしてしまうデメリットなどもあるため、取引をする時には細心の注意を払って取引することを忘れないようにしましょう。

また、会社が副業禁止でバレてしまうと本業に支障をきたす場合には、基本的に年間の利益を20万円以下に抑えて取引をすることがとても大切です。基本的に税金の支払い関係で副業がバレることが多いからです。これによって、税金の支払いをなくすことができるので、会社にバレる可能性を少しでも減らすことができます。万が一20万円を超えてしまった場合は、税金をまとめて一括で支払うようにすることを意識して取り組むようにしましょう。

みなさんもこの記事を参考に、ぜひ快適な副業FXライフを送ってくださいね。

前原
前原
546 views

仮想通貨やフィンテックを中心にフリーライターとして活動しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。