• HOME
  • ブログ
  • FX , 投資
  • FXでメンタルは重要?一流投資家の投資テクニックから学ぶメンタルテクニックを紹介!

FXでメンタルは重要?一流投資家の投資テクニックから学ぶメンタルテクニックを紹介!

Man
FXではメンタルが重要っていうけど、別にたいした効果はなさそうだけどなあ・・・

こんな気持ちを持っていませんか?

FXではメンタルの持ち方が非常に重要です。それにも関わらず、テクニカルやファンダメンタルの方が重要だと考える人が多く、それが結果として勝てるトレーダーと負けるトレーダーの大きな差になっています。なぜなら、FXにおけるメンタルはテクニカルやファンダメンタルと同じくらい重要なポイントだからです。

そこで今回の記事では、FXにおけるメンタルとはそもそもどのような存在なのか、なぜ重要なのかを中心に、一流投資家のメンタルテクニックと合わせて解説していきたいと思います。ぜひこの記事を参考に、メンタルを向上させるテクニックを身につけてみてくださいね。

FXのメンタルとは?

まずは、FXのメンタルがトレードにおいてどのような存在なのかを確認していきましょう。

FXでなぜメンタルが重要なのか?

FXにおけるメンタルは、投資判断と直結します。たとえば、ポジティブなニュースが出た時にはそのファンダに基づいてロングポジションを持つことが多いでしょう。いっぽう、利益確定を行うタイミングを決めるのは、個人の裁量でありメンタルに大きく左右されます。

具体的には、価格の上昇が続いている状態では、「さらに上昇する」と考えてしまいがちです。加えて、価格が下落をはじめても「さっきと同じ利益額に戻るまで待とう」と考えてしまいます。結果として、せっかくポジティブなファンダを掴んでトレードに活かせたのに、メンタル面の投資判断が適切にできなかったことで、利益を小さくしてしまう、または損失を出してしまうことになるのです。

こうした経験は、トレードをしたことがあれば誰もが1度は経験があるでしょう。いっぽう、その原因がメンタルにあると気づいている人は多くありません。より多くの利益が出ていれば利益を確定できたと考える人が多くなっており、自分自身の資金の少なさのせいにしてしまいがちです。

利確や損切りの判断において資金の多さは関係ない

そこで視点を変えて考えてみましょう。もし数十億円の資産でトレードをしたらどうでしょうか。この場合、資金が少ない時よりも利確や損切りの水準が下がるかといえば、決してそうはなりません。なぜなら、自分の資産と利益や損失を相対的に考えるようになるからです。

実際に数億円の資産を築いたトレーダーでも、ほとんど無一文の状態まで落ちてしまう事例があります。仮に数億円の資産があれば、数千万円の損失は軽く感じられますし、リスクの許容範囲も増えます。つまり、資産が増えればその分利益や損失に対する考え方も大きくなり、結果として誤った投資判断をしてしまうのです。

こうした点からも、正しい投資判断ができないことのもっとも大きな要因はメンタル面です。資金の大小ではないのです。

AIの普及からさらによくわかるメンタルの重要性

ここ最近では、一部の機関投資家やファミリーオフィスなどの大口を中心にAI(人工知能)による投資を行うところが増えています。こうした大口投資家も、もちろんかつては優秀な人材を雇用して人力での投資を行っていました。それではなぜAIに投資を行わせるようになったのでしょうか。この理由は2つあります。

理由その① データの処理能力

1つ目はデータの処理能力です。人間ではこれまでのデータの動きや動向を、自分の頭1つに入れ込むのは不可能です。ここ最近では、グーグルのAIであるDeep Mindが、囲碁のプロ棋士に勝利したことが大きな話題を集めましたね。囲碁は手数があまりにも多く複雑なため、機械でもプロ棋士に勝利することは難しいと考えられていました。

いっぽう、この勝負では圧倒的な強さでAIがプロ棋士から勝利を収めています。これは、人間の記憶量や計算量の限界を示している良い事例の1つです。また、機械にデータを記憶させ、行動の判断を任せた方が良いということを示す事例でもあります。

こうした点からもわかるように、FXのチャートの記憶やデータを基にした投資判断は、AIが行う方が適切なのです。

理由その② 感情に左右されない

2つ目の理由は、感情に左右されないという点です。そして、この点が今回のメンタルの話ともっとも深く結びついているポイントでもあります。

AIによる投資判断は、感情にいっさい左右されません。決められたアルゴリズムにのっとり、過去のデータを基に統計的にエントリーポイントや利食い損失の判断を行います。人間であれば欲がでて「さらに利益が欲しい」、「損失を小さくしたい」と考えてしまうタイミングでも、いっさいの感情を排除しトレードを行ってくれるのです。

こうした点より、AIを利用する大口投資家は増えています。顧客から多額の資金を預かり資産を運用する企業ですら、人間がトレードをするよりもAIの方が確実に効率的で利益率も高いと判断しているのです。

AIを使えない私たちはどうすべきか

ここで問題なのが、AIを使えない私たちのトレードです。FXや株取引などはAIが行った方が確実に効率よく稼ぐことができますが、それほど高度なAIを現時点では個人レベルで利用することは難しいでしょう。ここでメンタル面の重要性を再度提示したいと思います。

先ほども確認したように、AIのポジティブな面として感情に左右されないという点をあげました。これを人間に置き換えて考えると、メンタル面が常に安定している状態であると考えることができます。つまり、メンタル面を向上させることで、私たちはAIのトレードに近づくことができ、結果としてより適切な投資判断を行うことができるのです。

こうした点からもわかるように、メンタル面を鍛えていくことは今後のFXの世界ではさらに重要度を高めます。テクニカルやファンダメンタルに頼るだけでなく、徹底的にメンタル面を鍛え直すことであなたのトレードによる利益は上昇することでしょう。

一流投資家のメンタルテクニック

ここまでで、具体的なFXにおけるメンタルにはどのような意義があるのか、重要性を確認してきました。そうなると、一流投資家がどのようにメンタルを意識してトレードをしているのか気になりますよね、ここからは、そんな一流投資家のメンタルテクニックを見ていきましょう。

株投資家 神王リョウ

最初に紹介するのは、株投資家として有名な神王リョウ氏です。神王氏はテレビなどにも出演経験があるため、ご存知の人も多いのではないでしょうか。

神王氏はかつて、スパイダー投資法という独自に開発した手法でトレードを行っていたことを明かしています。この投資方法では、ポジションを持ったタイミングで2%価格が損失に振れたら損切りを行い、10%価格が上昇した場合には利益確定を行います。この方法で投資をすれば、10回のうち2回勝てば損益がプラスになる仕組みです。

あらかじめ決めたルールに従い機械的にトレードすることで、メンタル面に左右されることのない適切な投資を行うことができるようになっています。

投資に役立つ潜在意識の話も

また、神王氏は自身でYouTubeチャンネルも開設しており、積極的に情報発信を行っています。この中でも頻繁に取り上げられるメンタル面のコントロールは、とても参考になる内容です内容です。具体的には、潜在意識の持ち方などについて言及しています。

普段の考え方を意識的に変えることで、適切な投資判断を行うことができるという指針を示しています。潜在意識の話は、投資以外の面でもとても役立つので、神王氏のチャンネルを気になる方はぜひ確認してみてください。

FXトレーダー ぶせな氏

億単位の資産を築いたFXトレーダーとして有名なぶせな氏は、土日の時間の活用方法でメンタル面の見直しを提唱しています。具体的には、メンタルをしっかりと休ませリフレッシュすることの重要性を説いています。

また、ぶせな氏はリーマンショックによるドルの暴落で、数千万円単位の資産を失った失敗談をブログで投稿しています。この時の心理として、FXトレーダーとしてある程度の力量がついていたと過信した点をあげているだけでなく、「価格がいずれ戻るだろう」と考えていたことも明かしています。

このことからもわかるように、億単位の資産を築いた優秀なトレーダーさえメンタル面に左右されて損失を出してしまっています。過信や自分本位の予測をしてしまうことは、やはりFXにおいてはマイナス面に働くということを示している、貴重な経験談といえるでしょう。

独学で身につけた BNF氏

BNF氏はテレビにも出演経験がある株式トレーダーです。BNF氏はアルバイトで貯めた160万円の資金からスタートして翌年には2倍に、資産を増やし、さらにその翌年には6,000万円近くにまで伸ばしています。現在の資産は数百億円近くにまで達しているようで、ここ最近では秋葉原の数十億のビルを購入したことでも話題を集めました。

BNFはメンタル面を含めて、株取引のすべてを市場の中で取引しながら独学で身につけたと答えています。たとえば、業績の良い企業の株は通常であれば値上がりしそうですが、下がる場合もあります。株価は誰も予想ができません。こういった場合も、いちいち気にしていたら負けてしまうから、特に気に止めないようにしているのだそうです。

また、BNF氏はお金使いに関しても、浪費グセが少ないことでも知られています。テレビ出演時には、近場の立ち食いそばで食事を済ませているシーンなどもあり、基本的に投資以外にはほとんど興味を持っていないようです。こうした点を踏まえても、ブレずに常に同じ視点を持ち続けていることが伺えます。BNF氏の冷静なトレードをしている姿が目に浮かびますね。

Jcom株のはなし

BNF氏といえば、証券会社のJcom株の誤発注でたった数分間の間に数億円を稼いだことでも有名です。いっぽう、この時のトレードに関しても普段と変わらず冷静で、自身にとっては数ある取引の1つと同じだったとコメントしています。やはりブレない精神を常に持っていることが、BNF氏のメンタルの基盤になっていることが伺えます。

ケネディ大統領の父親のはなし

ケネディ大統領の父親は、かつて一流投資家として大きな資産を築いていました。そんなケネディ氏の投資に関連した、有名な靴磨きの少年という話があります。

当時、株が儲かるという風潮が世間的にも蔓延していました。実際にケネディ氏は株の値上がりで大きな利益をあげており、その資産額はアメリカ国内でもひときわ注目を集めていました。ある時、ケネディ氏は靴磨きの少年に靴を磨いてもらいながら、少年から「おじさん!株は儲かるらしいよ!今度僕も買うんだ!」という話をされます。

ケネディ氏は、投資の世界とはいっさい無縁の靴磨きの少年ですら、株の話をしているこの状況は異常だと考えます。そして、この話から危険を察知したケネディ氏は、自宅に戻り自分の株をすべて売却しました。その後、世界的な大恐慌が起こりましたが、事前に株を売却していたケネディ氏は難を逃れたというものです。

バブルはメンタル面を崩壊させ客観的な視点を見失わせるため注意

これまでもITバブルや住宅バブルなど、いくつかのバブルが起こっています。そして、その度に世界は熱狂に包まれて我を忘れた人たちが資金を投じています。しかし、バブルは一過性のものであり、決して長続きしません。誰もが儲かるという状況では、客観的な視点を忘れてしまいがちになります。

こうしたバブルの教訓は、メンタル面の重要性を再度教えてくれる重要なポイントでもあります。どれだけ価格が右肩上がりでも、指標などから客観的な視点を持ち分析することを心がけるようにしましょう。

自動売買システムを使うのも効果的

ここまでFXのメンタル面の重要性や一流投資家のテクニックなどを紹介してきました。もしあなたが記事を読んでみて、自分には少し難しそうだなと感じたのであれば、自動売買システムを利用することも視野に入れてみましょう。

たとえば、国内FX業者のFXブロードネットでは自動売買システムを利用することができます。チャートの波に従い、安いタイミングで買いを入れ、高くなったら売るという作業をひたすら永遠と自動で繰り返してくれるシステムです。AIのように投資判断をデータに基づいて行うわけではないため、精度の面では劣りますが感情に左右されないトレードをあなたの代わりに実現してくれます。

メンタル面のコントロールに自身がない方や、勉強をするのがいやだなあという方には、こうした自動売買システムをおすすめします。

将来的にはAIを使ったトレードが誰でも可能に?

先ほど、AIのトレードが大口投資家の間では主流になってきていることをお伝えしました。FX業者の中にはAIを活用した取引システムを提供する業者も少なからず出てきていますが、大口投資家の場合は多額の資金を投入して開発を行っているため、こうした業者のシステムよりもさらに高度なAIを構築しています。

今後投資の世界で覇権を握るのはいかに優秀なAIを作るかにかかっており、それと同時に私たちが安価に利用できるようなレベルまで開発は普及していくでしょう。将来的には、AIを使ったトレードが誰でもできる時代になるはずです。

個人レベルで利用できるようになったらAIをすぐに活用しよう!

今回紹介したメンタル面のテクニックは、AIが普及した頃を考えると必ずしも将来必要になるかはわかりません。しかし、原理原則を理解しておけば、それまでの間あなたのトレードに役立つことでしょう。

さらに、AIが個人レベルで利用できるようになった時には、いち早くそれを活用することで、ほかのトレーダーと大きな差をつけることができます。こうした点からも、FXの投資情報を確認しながら、AIの取引システムについても常にチェックを欠かさないことをおすすめします。

まとめ

以上、FXのメンタルについて解説してきました。今回紹介したように、FXとメンタルには大きな関係性があります。理解することで、より自分自身のトレード効率をあげることにもつながり、引いては利益にもつながることでしょう。こうした点を踏まえると、メンタル面の勉強やコントロール方法はできるだけ身につけておきたいところです。

一般的に、こうしたメンタル面の勉強はFXでは土日に行うことが主流です。土日であればチャートがいっさい動いていないため、精神的にゆっくりと自分を休ませることができます。加えて、先週のトレードの振り返りなどを行い、メンタル面でブレたところがあったかどうかを見直すことも可能です。

一流投資家のテクニックを学びつつ土日を中心に振り返りを行い、ぜひみなさんも自分のトレードにおけるベストなメンタルを身につけてくださいね。

前原
前原
546 views

仮想通貨やフィンテックを中心にフリーライターとして活動しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。