なぜDAppsは注目されるのか?仕組みと関連サービスを解説

DAppsって何?

「DAppsとは?どんな仕組みなの?どんなサービスがあるの?」

仮想通貨に投資を行っている方、特にイーサリアム等への投資を行っている方なら一度は「DApps」という言葉について、聞いたことがあると思います。ただ、実際にどのような仕組みなのか?そもそもなんの事なのか?についてしっかりと理解出来ていないという方もいるでしょう。

DAppsと聞くと、なんだか難しいように感じてしまいますが、ポイントを押さえる事で誰でも概要・特徴については理解出来ると思います。(詳しい技術部分についてはエンジニアでないと難しい)

なので、今回は「DApps」について以下のポイントを

  • DAppsの概要や特徴
  • DAppsのメリット・デメリット
  • DAppsの実例

詳しく分かりやすく解説していきたいと思います。まず、はじめに「DAppsとは?」という観点から、DAppsの概要や特徴についてご紹介していきたいと思います。

DAppsとは

DAppsとは、「Decentralized Applications」の略称です。日本語の訳し方については、新しい技術なので様々な和訳が存在しています。ただ、最も分かりやすいのは「非中央集権と分散型という特徴を持ったアプリ」だと思います。

Decentralizedというのは、日本語で「非中央集権・分散」と言ったような意味を持っており、コンピュータの技術等を解説する時に使われる英語です。Applicationsとは「Application」の複数形であり、Applicationは、日本語でアプリケーション(アプリ)と呼ばれる事が多いです。

少し英語が沢山出てきて複雑になってしまいましたが、要は「非中央集権・分散型のアプリの総称(複数形なので)」という事です。

DAppsの定義

上記だけでしっかりと押さえていただければ、DAppsの説明は完了したと言えます。ただ、少しまだ掴めないという方もいると思うので「DAppsの定義」について解説し、もう少し詳しく解説したいと思います。

DAppsの定義には、主に4つの条件が存在しています。

  • オープンソースであり、中央管理者がいない事
  • データの管理や記録にブロックチェーンを用いている事
  • アプリケーション内でトークンが利用され、なにか報酬を支払う際にはトークンを用いる事
    (トークンとは暗号トークンの事で、仮想通貨のようなものです)
  • なにかアプリケーションに貢献した場合は、その評価を暗号アルゴリズムで行う。
    (その作業によって、トークンが生成される)

定義なので、少し難しい言葉が入ってしまっていますが、それほど難しいものではありません。1つ1つ解説していきたいと思います。

オープンソースと管理者

この項目は主に「仕組みが公開されている事」「非中央集権的で、管理者が存在しない事」というのを、定義の1つにあげています。

オープンソースというのは、仕組みが公開されている事という意味なので、非中央集権ではなく「誰でも仕組みをチェック出来る」という点を確保するために導入しています。

また、管理者が存在しなく「自動的に処理が進む事」というのも条件の1つに挙げられており、なにか仕組みを変更する際には「ユーザーの同意」が必要になっています。

まとめると「仕組みが公開されており、管理者がおらず、仕組みを変更するにはユーザーの同意がいる」というのが、DAppsの定義に組み込まれています。

データの管理・記録にブロックチェーンを用いる

データの管理や記録にブロックチェーンを用いるという定義を、簡単にまとめると「データを扱う際はブロックチェーンを利用する必要がある」という事です。

つまり、DAppsに含まれるアプリケーションの全てがブロックチェーンを利用している必要があり、ブロックチェーンを用いていないアプリはDAppsには含まれません。

DAppsは、そもそも根底に「ブロックチェーン」という技術を利用している必要があるという事です。

トークン関連

最後の2つは、トークン関連の事です。トークン関連の定義を簡単にまとめると「なにか報酬・決済等の処理を行うならトークンを使っている」というのが、DAppsの定義になるという事です。

一例を挙げると、ビットコインが最も分かりやすいと思います。ビットコインは「マイニング」によって、ビットコインを報酬として作成するシステムを導入しています。

つまり、アプリケーションへの貢献を「ビットコインで報酬支払う」というように「アプリ内で使う報酬・決済等にトークンを利用している」のです。

DAppsのトークン関連の定義については、取り敢えずトークンが様々な所で使われている必要があるという点を、押さえて頂ければ大丈夫です。

DAppsの種類

DAppsには3つの種類が存在しており、1つ1つによって特徴が異なります。3つの種類というのは以下のタイプの事で

  • 1つ目の種類 ビットコイン・イーサリアム
  • 2つ目の種類 1つ目の種類のブロックチェーンを用いる
  • 3つ目の種類 2つ目の種類のプロトコルを用いる

と言ったような種類になっています。これだけじゃあまり掴みにくいと思うので、少し詳しくご紹介したいと思います。

1つ目の種類のビットコイン・イーサリアムタイプというのは、「オリジナルのブロックチェーンを利用している」と言ったようなタイプです。もちろん、元々の仕組みはビットコインをモデルとしており、仕組みも似通っています。

ただ、イーサリアムのようなタイプの仮想通貨は、オリジナルのブロックチェーンで運用されており、仮に模倣していた場合であってもオリジナルのブロックチェーンを使用していたら、このタイプに該当します

2つ目の種類は、上記したオリジナルのブロックチェーン上で、運用されているようなアプリケーションの事です。例えば、イーサリアムは様々なアプリケーションを運用する上でのプラットフォームとして、利用されています。

イーサリアムのプラットフォーム上で運用されているようなアプリケーションは、この種類に当てはまります。また、近年注目されているDAppsのほとんどがこのタイプに当てはまります。

3つの種類は、2つ目の種類のプロトコル等を利用して運用されるアプリケーションの事です。この当たりになってくると、少しややこしくなってきますが、簡単に言うと「2つ目のタイプに該当するアプリを利用した上で、動くアプリ」の事です。

上記の3つをパソコンに例えるなら、デスクトップ・ノートパソコンのOSが1つ目のタイプです。2つ目の種類は、OSの上で動くアプリケーション(オフィスソフトやゲーム)というイメージです。

3種類目は「ゲーム・オフィスソフトにプラスアルファしてなにかさせるためのアプリ」というようなイメージで、どんどん土台が重なっていくようなものになっています。

ただ、この点はそれほど本質的な部分ではないので、理解できなくてもDApps全体への理解が出来ないという訳でありません。技術的にもっと詳しく知りたいという方は、別途書籍等を購入する事をおすすめします。

DAppsのメリット・デメリット

先程、DAppsの基本的な部分についてご紹介させて頂きました。ただ、上記したような基本的な部分だと「実際の所、DAppsの何が凄いの?」というポイントを理解出来ないと思います。

なので、これからDAppsのメリット・デメリットについてご紹介していき、実際にDAppsのどんな所に魅力・欠点があるのか?という点を詳しく解説していきたいと思います。

DAppsのメリット

DAppsとこれまでのアプリケーションを比較した時に、上げられるメリットは沢山あります。ただ、その中でも主に2つに絞って、重要なポイントを解説していきたいと思います。

  • 中央管理者のいない
  • データの管理や記録

上記したような事が、主にDAppsのメリットとなります。1つ1つ詳しく解説していきたいと思います。

中央管理者がいないという事

ブロックチェーンを利用したようなアプリケーションの全てに共通していえる事ではありますが、中央管理者がいないという事はかなり大きなメリットが存在しています。

まず、1つ目に「管理者の都合(利益)」によって、ユーザーにとって不都合になるような事が発生する事はありません。これまでのアプリケーションを考えてみると、管理者の利益のためにユーザーの利益が無くなってしまうという事は沢山存在していました。

ただ、DAppsのアプリケーションでも、このような不都合が起こらないとは限りません。ただ、現状のアプリケーションよりも、その可能性はぐっと減ります。

データの管理や記録

やはり、DAppsのメリットを解説する上で「データの管理・記録」という点は外せません。DAppsと定義出来るアプリケーションは、必ず「ブロックチェーン」を利用している必要性があります。

このブロックチェーンを利用する事によって、以下のようなメリットがあります。

  • データの管理・記録のコストが低下
  • もしものときにブロックチェーン上にデータが存在している

データ管理のコスト低下

まず、はじめにデータの管理や記録に際してのコストが下がるというメリットについてご紹介していきます。この点を理解する上で、もっとも理解しやすいのは「銀行のシステム」です。

銀行のネットバンキング等のシステムは、金融サービスという性格上「セキュリティ・安定性・速度」等が、かなり重要なポイントになってきます。やはり、金融システムなので「安全性」をかなり担保する必要があるのです。

現在の一部のサーバーにデータを集めて、高性能な状態を維持するためには、年間最低でも数十億円規模のランニングコストが必要になり、導入時のコストはそれよりも高いものになってきます。

ただ、ブロックチェーンなら安全性を確保した上で、かなりの低コストでデータを管理する事が可能です。(数万円で出来るという説もある)そのような点を考えると、データの管理・記録のコストが低下するというのは様々なアプリケーションを開発する上で、大きなメリットになるのです。

また、ブロックチェーンは安全な方法でデータを管理出来るので、現在の使用されている中央集権的な方法よりもハッキングの可能性がぐっと下がります。

事実、ビットコインはこれほどの規模を持つようになりましたが、未だにビットコインのブロックチェーンが改ざんされた事はなく、ブロックチェーンのシステムが安全であるという事の証明になるでしょう。

もしもの時にブロックチェーンがある

このもしもの時にブロックチェーンがあるというメリットを解説するには、DAppsで開発される事の多い「オンラインゲーム」を、例に考えると分かりやすいです。

というのも、DApps上で開発されるゲームは、データをブロックチェーンで管理しているため、仮にサービスが終了したとしても、ブロックチェーンは残ります。

つまり、これまでサービス終了等によって「ユーザーの大事なゲームデータも無くなってしまう」という事が発生していましたが、DAppsのゲームでは新しいゲームにそのブロックチェーンを利用してしまえば、データをもう一度使う事が可能です。

そのため「仮にアプリケーションが終了しても、ブロックチェーンは残る」というのが、大きなメリットになるのです。

DAppsのデメリット

次にDAppsのデメリットについて、ご紹介していきたいと思います。まだまだ、開発が行われている段階であり、沢山の魅力的なサービス・アプリケーションが出てくる事は確実で、その上で新しいデメリットが出てくるかもしれません。

そのため、現状で挙げられるデメリットはそれほど、存在していないのです。(実際に、沢山運用してみないと分からない)ただ、1つDAppsのデメリットを挙げるとすると、現状DAppsに限らず仮想通貨業界で発生している「手数料の高騰・価値の不安定さ」というポイントです。

手数料の問題については、着実に進歩しており徐々に解決されつつあります。ただ「トークン(仮想通貨)価値の不安定さ」というポイントは、まだまだ解決する事はないでしょう。

ただ、これはDAppsに限らず、仮想通貨業界全体で発生している問題なので、DAppsに限った話をすると大きなデメリットは現状で見つかりません。

DAppsのサービス・アプリケーション

これまでDAppsの基本的な部分やメリット・デメリットについて解説させて頂きました。しかし、「実際にどのようなアプリがあるのか?実例を知りたい」という方もいると思います。

なので、DAppsの代表的なアプリケーションである「ゲーム」を中心的にご紹介していきたいと思います。

BitPet

まず、始めにご紹介したいDAppsのアプリは「BitPet」です。このアプリは、動物を購入したり・育成したりするゲームです。育成したペットを繁殖させたりする事が可能です。

ただ、これだけど通常のゲームとそれほど、違いはありません。BitPetでは、イーサリアムと交換する事が可能な「POP」という通貨が存在しています。

繁殖させたペットを販売する事も可能であり、販売する事によってPOPを獲得する事も可能です。つまり、「ゲームをするだけで仮想通貨を稼ぐ」事が可能なのです。

このようなゲームはDAppsの中で徐々に増えており、DApps上のゲームでは基本的にゲーム内通貨を換金する事が可能です。BitPetは動物繁殖系のゲーム中で特に人気をもっており、DAppsのゲームをしたい!という方にまずおすすめ出来るゲームです。

Etheremon

次にご紹介したいDApps上のゲームは「Etheremon」です。日本語発音にすると「イーサエモン」という名前で、どこか日本の国民的アニメ・ゲームに似ているものを感じる方もいるかもしれません。

実際の所、このゲームはイーサエモンと言われるモンスターのようなものを捕獲したり、繁殖させたりするゲームです。他のゲームと同じように、イーサエモン内のトークンで販売する事が可能です。

また、このアプリについてもイーサリアムと交換する事が可能です。

DEX

最後はゲームではありませんが、DAppsに該当する「DEX」と呼ばれるアプリケーションについてご紹介したいと思います。DEXとは、分散型の仮想通貨取引所の事です。

ブロックチェーンを利用した非中央集権型の仮想通貨取引所であり、これまで中央集権的な仮想通貨取引所で発生したような問題を克服出来る事を期待されている取引所の形です。(ハッキング等)

これからは、ハッキングリスク等を考慮した時にDEXの取引量が増えていくと見られており、取引所の安全性に疑問がある方は選択肢の1つとして検討するのも良いかもしれません。

まとめ

DAppsとは?

  • 非中央集権的な分散型アプリケーションの事
  • DAppsの定義は4つある
  • DAppsの種類は3つ存在しており、それぞれが土台のような役割

DAppsのメリット・デメリット

  • メリット・中央管理者がいない
  • メリット・データ管理のコスト等の低下
  • デメリット・発展途上な部分が多い

DAppsのサービスやアプリケーション

  • 動物を育てるビットペット(BitPet)
  • イーサエモンを捕獲する(Etheremon)
  • 分散型取引所の総称DEX

今回は、DAppsとは?という基本的な部分から、DAppsのメリット・デメリット、DAppsのサービス・アプリケーション等からDAppsの実例等についてご紹介させて頂きました。

DAppsを初めて聞くと、なにかのプラットフォームや仮想通貨なのか?と感じてしまう事も少なくありませんが、実際はブロックチェーン・トークンを利用したアプリケーションの総称です。

なので、DAppsの可能性・魅力を一言で説明する事は難しいですが、ぜひ気になる方はDApps関連のトークンやサービス・アプリを利用してみてみると良いと思います。実際に使用してみると、意外に簡単でとっつきやすいアプリケーションが多く、魅力を直に感じられると思います。

senna
senna
728 views

金融業界経験 4年 個人投資家 3年

個人投資家として「株式」「債権」「FX」「仮想通貨」などへの投資・投機を中心的に行っている。

資産運用はもちろん、ファイナンシャルプランナーの知識を活かしながら、税金やライフプランに関する情報発信を行っている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。