同じゴールドカードでも空港ラウンジサービスはちがいます

ゴールドカードの空港ラウンジサービスの違いとおすすめカードを詳しく説明

ゴールドカードの代表的なサービスの1つに、空港ラウンジサービスがあります。

空港ラウンジサービスとは、空港内に用意された待合室であるラウンジを無料で利用できるサービスのことです。

空港内のラウンジは静かにくつろげるため、飛行機の搭乗時間を待つまでの時間を落ち着いてすごしたい方に人気があります。

中には、この空港ラウンジサービスを利用したいがためにゴールドカードを持っている人もいるほどです。

空港ラウンジは、基本的にはゴールドカードを持っていれば無料で利用できます。しかし、ゴールドカードの種類によって利用できるラウンジが異なります。また、ゴールドカードの種類によっては空港ラウンジサービスがついていないものもあります。

そこでこのページでは、ゴールドカードについている空港ラウンジサービスのちがいと詳しく説明し、おすすめのゴールドカードを紹介します。

待ち時間が長くて退屈になりがちな搭乗までの時間を有意義にすごすためにも、このページの内容を参考に空港ラウンジサービスが充実したゴールドカードを選んでいただけたらと思います。

空港ラウンジサービスとは?

ラウンジは、搭乗までの時間をくつろいで過ごせます

まず始めに、ゴールドカードについている空港ラウンジサービスの内容についてくわしく説明します。

冒頭でも簡単に説明しましたが、空港ラウンジサービスとは国内の空港内に用意された特別待合室(ラウンジ)を無料で利用できるサービスです。

空港ラウンジは静かな空間で、ソファーに座って無料でドリンクを飲むことができる上、ビジネスマンのためのデスクスペースまで用意されています。

また、電源コンセントもソファーごとに設置されているため、搭乗前にスマホやノートパソコンを充電しておくこともできます。

空港ラウンジは、1回につき1,000円前後(ラウンジにより異なる)の利用料金を支払えば誰でも利用することができます。

ただ、飛行機の搭乗時間を待つためだけに1,000円前後の料金を支払うのはかなり抵抗があります。また、飛行機を利用する機会が多い方なら、出費もさかんでしまいます。

そんなときに空港ラウンジサービスがついたゴールドカードを持っていれば、無料でラウンジが利用できるというわけです。

空港ラウンジサービスは多くのゴールドカードやプラチナカードについており、空港ラウンジサービスがついた一般カード(年会費が1万円以下のクレジットカード)は存在しません。

ですから、空港ラウンジサービスを利用するには、少なくともゴールドカードを持つ必要があります。

空港ラウンジには、大きく分けて次の2種類があります。

  • クレジットカード会社が共同で運営しているカードラウンジ
  • 航空会社が運営しているビジネスラウンジ

このうち、ゴールドカードを持っていることにより無料で利用できるのは、基本的にカードラウンジだけです。

ビジネスラウンジは航空会社の上級会員だったり、ビジネスクラスやファーストクラスといった上級な座席を利用する方だけが利用できます。

以下では、カードラウンジとビジネスラウンジのちがいについて説明します。

ラウンジには2種類ある

航空会社のラウンジは、ゴールドカードでも利用できないので注意!

(出典:ANA公式サイト・羽田空港 ANA SUITE LOUNGE

先ほど説明したとおり、空港内のラウンジにはカードラウンジとビジネスラウンジの2種類があります。ですから、空港ラウンジサービスがついたゴールドカードを持っていたとしても、空港内すべてのラウンジを無料で利用できるわけではないので注意しましょう。

では、ゴールドカードを持っていれば利用できる空港ラウンジをどのように見分ければよいのでしょうか? カードラウンジとビジネスラウンジのちがいについて、ここから説明していきます。

カードラウンジ

カードラウンジは利用できるカード会社が入口で分かります

ゴールドカードを持っていれば利用できるカードラウンジ。カードラウンジは、多くのクレジットカード会社が共同で運営しています。

カードラウンジの入口には、無料で利用できるカード会社がすべて表示されています。ですから、空港ラウンジの入口で自分が持っているゴールドカードの会社名が表示されているかをチェックしましょう。

なお、カードラウンジを無料で利用するには、持っているゴールドカードに空港ラウンジサービスがついていることが前提です。自分が持っているゴールドカードの会社名が書かれていたとしても、そもそもゴールドカードに空港ラウンジサービスがなければ無料利用はできないので注意しましょう。

ゴールドカードで利用できるカードラウンジは、入口にクレジットカード会社の名前が一覧で書かれています。

ビジネスラウンジ

次に、空港ラウンジサービスがついたゴールドカードを持っていても利用できないビジネスラウンジについて説明します。

上記で説明したカードラウンジと間違って入らないように、知っておきましょう。

ビジネスラウンジとは、ANAやJALといった航空会社が「お得意さん」のために用意しているラウンジのことです。

お得さんとは具体的には、

  • その日、ファーストクラスやビジネスクラスに搭乗する人
  • 年に何度もその航空会社を利用している上級会員

このような人のことで、日本国内で多く見られるビジネスラウンジには

  • ANAラウンジ(ANA)
  • サクララウンジ(JAL)
  • KALラウンジ(大韓航空)
  • デルタスカイクラブ(デルタ航空)

などがあります。

ビジネスラウンジは航空会社が自社のお得意さんに、より満足してもらうために用意しています。そのため、カードラウンジよりも豪華なサービスを受けることができます。

たとえば、ビジネスラウンジではカードラウンジでは用意されていないサラダやパンのような軽食やアルコールを無料で飲食することができることが多くあります。

そのような豪華なビジネスラウンジは、基本的にはゴールドカードの空港ラウンジサービスでは利用できません。しかし、ゴールドカードの中には一部のビジネスラウンジを利用できるものもあります。

なお、ビジネスラウンジが利用できるゴールドカードについては、後ほどくわしく説明します。

そんな多くのゴールドカードでは利用できないビジネスラウンジは、入口に航空会社の名前が書かれています。カードラウンジのようにクレジットカード会社の名前は書かれていません。

ビジネスラウンジは航空会社の名前だけが掲げられています

上記の写真は、関西国際空港にある大韓航空の「KALラウンジ」の入口です。KALラウンジはゴールドカードでは利用できないため、入口には「KAL Lounge」とだけ書かれています。

クレジットカード会社の名前が書かれていないラウンジはビジネスラウンジです。そのため、ゴールドカードを持っていても利用できません。

カードラウンジの内容

ゴールドカードで利用できるカードラウンジについて解説!

ここまでゴールドカードの空港ラウンジサービスについてと、空港内にあるカードラウンジとビジネスラウンジ、2種類のラウンジのちがいについて説明しました。

冒頭の方で、カードラウンジ内は静かでくつろぎながら飛行機の搭乗時間を待つことができると説明しましたが、ここでカードラウンジがどのような場所なのか? 説明したいと思います。

ラウンジは静かでフリードリンク

空港ラウンジの最大の特徴は、ここまで何度か説明しているとおり静かな空間でソファーでくつろげるところです。

時間帯によっては誰もいないラウンジですごすことも可能です

空港ラウンジを利用できるのはゴールドカードを持っているか、1,000円前後の利用料金を支払った人だけです。そのため、空いていることがほとんどです。

ラウンジ内では自由にドリンクを飲むこともできますし、ソファーだけでなくワークスペースも設けられています。そのため、ビジネスマンなら搭乗時間待ちを活用して仕事を片付けることもできます。

静かな空港ラウンジではデスクワークもはかどります

また、多くのラウンジでは無料Wi-Fiと電源コンセントも無料で利用できます。ですから、飛行機の待ち時間にスマホを充電しながらインターネットをしたり、ノートパソコンで仕事をすることも可能です。

電源コンセントと無料Wi-FiでノートPCを使って仕事もできます

ソファーにも電源コンセントがあるので、搭乗前にスマホをフル充電できるのも地味ながらメリットです。

ソファーにも電源コンセントがあるので、スマホも充電できます

また、空港ラウンジによっては分煙なので、タバコを吸いながらすごすこともできます。空港内でタバコを吸おうと思うと限られた喫煙所を探す必要がある中、ラウンジ内で喫煙できるのはタバコを吸う方にとっては大きなメリットだと言えます。

なお、ラウンジの中には全面禁煙のところもあるので注意しましょう。

空港ラウンジでは、

  • ソファーやワークスペース
  • ドリンク
  • 電源コンセント
  • Wi-Fi

これらがすべて無料で利用できます。

ゴールドカードごとのラウンジサービスのちがい

ゴールドカードの種類によってラウンジサービスはちがいます

ここまで説明した空港ラウンジサービスは、基本的にはゴールドカードを持つことにより利用できます。

しかし、ゴールドカードの中には国内のカードラウンジに加え、

  • 海外空港ラウンジも利用できる
  • 国内のビジネスラウンジも利用できる
  • ゴールドカードを持っている本人だけでなく同伴者も無料でラウンジを利用できる

このようにサービスが充実したものもあります。

空港ラウンジサービスを利用したいと考えている方の中には、海外の空港ラウンジやビジネスラウンジを利用したい方や家族旅行でラウンジを利用したい方もいらっしゃることでしょう。

以下では、一部のゴールドカードについている通常よりも手厚い空港ラウンジサービスの内容を紹介します。

海外ラウンジも利用できる

基本的には空港ラウンジサービスは、国内空港だけが対象です。しかし、ゴールドカードの中には国内空港に加え、ハワイや韓国のような海外の空港ラウンジも無料利用できるカードがあります。

ですから、ハワイや韓国に行く機会が多い方が空港ラウンジサービスを活用したいと考えているなら、海外ラウンジが対象となったゴールドカードを選ぶことをおすすめします。

ハワイや韓国のラウンジが利用できるゴールドカードで主なものは、以下の表のとおりです。

ゴールドカードの名前利用できる海外空港ラウンジ
楽天ゴールドカードハワイ・韓国
楽天プレミアムカードハワイ・韓国
アメリカン・エキスプレス・ゴールドハワイ・韓国
JCBゴールドハワイ
NTTグループカード(ゴールド)※ハワイ・韓国

※NTTグループカード(ゴールド)でハワイと韓国の空港ラウンジが利用できるのは、Mastercardブランドだけです。また、一部の国内空港は利用できないので注意が必要です。

プライオリティパスが無料

上記で、国内空港だけでなくハワイや韓国の空港ラウンジも無料利用できるカードを紹介しました。しかし、海外へ行く機会が多い方なら、もっと多くの海外空港ラウンジを利用したいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

そのような方なら、プライオリティパスがついたゴールドカードをおすすめします。

プライオリティパスとは、世界900の空港ラウンジを無料で利用できる会員制の空港ラウンジサービスです。

プライオリティパスは、本来なら99~399ドル(日本円で約1万円~4万円)という高額な年会費が必要なのですが、一部のゴールドカードでは年会費無料で入会することができます。

なお、プライオリティパスには以下の3つの会員ランクがあります。

会員ランク年会費会員利用料同行者利用料
スタンダード99ドル27ドル27ドル
スタンダードプラス249ドル27ドル
(年10回まで無料)
27ドル
プレステージ399ドル無料27ドル

ここで注意が必要なのは、もっともランクが低いスタンダード会員だと、海外空港ラウンジの利用1回につき27ドル(約3,000円)が必要なことです。

スタンダード会員の年会費99ドル(約1万円)が無料になるとは言え、海外で空港ラウンジを利用するたびに約3,000円もかかるとなると、手軽には利用できません。

できることなら、海外空港ラウンジを無制限に無料利用できるプレステージ会員がついたゴールドカードを選びたいところです。

なお、プライオリティパスのプレステージ会員がついたゴールドカードとしては、楽天プレミアムカードが代表的です。

楽天プレミアムカードは年会費1万円+税であるにも関わらず、プライオリティパスのプレステージ会員(年会費399ドル。日本円で約4万円)が無料になるという希少なカードです。

ですから、プライオリティパスを持つためだけに楽天プレミアムカードに入会しても、年会費の元が十分に取れます。

海外の空港ラウンジを活用したいなら、楽天プレミアムカードに入会してプライオリティパスのプレステージ会員になることを強くおすすめします。

同伴者も無料になる

ゴールドカードについている空港ラウンジサービスを利用できるのは、カード会員だけです。そのため、本カードや家族カードを持っていないとなりません。

カード会員1人での出張や家族カードを持った配偶者の方との旅行なら、それでも問題はありません。しかし、家族カードを持っていない配偶者の方やお子さん(18歳未満だと家族カードは申し込み不可)、友だちと一緒だと、空港ラウンジサービスが利用できません。

空港ラウンジサービスを利用できない方と一緒だと、結局はサービスを活用できません。これでは、ゴールドカードの空港ラウンジサービスが宝の持ち腐れになってしまいます。

そのような方は、家族カードがなくても、家族ではない友人や仕事の同僚であっても同伴者1名も空港ラウンジサービスを利用できるゴールドカードがおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・カードだけは、同伴者1名が無料になるサービスがついています。また、アメリカン・エキスプレス・カードは家族カードも同伴者1名が無料なので、家族旅行でご家族全員で空港ラウンジサービスを利用するということも可能です。

このように、アメリカン・エキスプレス・カードは、ゴールドカードの中でも唯一、自分だけでなく同伴者も空港ラウンジサービスが利用できるという特徴があります。

空港ラウンジを利用するためのオススメゴールドカード

ラウンジ利用でオススメのゴールドカードはこの3枚!

ここまでゴールドカードの空港ラウンジサービスについてくわしく説明してきました。では、空港ラウンジサービスを活用するためには具体的にどんなゴールドカードを選べばよいのでしょうか?

上記で説明した空港ラウンジサービスの手厚さを踏まえて、おすすめのゴールドカードを紹介します。

楽天ゴールドカード

空港ラウンジサービスを利用するためにもっともおすすめのゴールドカードは、楽天ゴールドカードです。

楽天ゴールドカードは年会費2,000円+税という格安ゴールドカードでありながら、国内空港はもちろん、ハワイと韓国のラウンジも無料利用できるというコストパフォーマンスのよさが魅力です。

そのため、「少ない年会費で空港ラウンジサービスを利用したい」と考えている方におすすめです。

ただし、海外空港ラウンジが無料利用できるプライオリティパスを持つことはできません。プライオリティパスを無料で手に入れたいと考えているなら、次で紹介する楽天プレミアムカードを持つことをおすすめします。

楽天ゴールドカードは、2018年9月から空港ラウンジサービスを利用できるのが年2回になりました。2018年8月までは年に何度でも空港ラウンジサービスを利用できたことを考えると改悪だと言えます。

そのため、空港ラウンジサービスの利用が年2回以内なら、楽天ゴールドカードは十分活用できます。

楽天プレミアムカード

楽天ゴールドカードの次におすすめのゴールドカードは、楽天プレミアムカードです。

楽天プレミアムカードは、先ほど説明した楽天ゴールドカードよりもランクの高いカードで、年会費が1万円+税と高くなる代わりについているサービスが充実しています。

特に空港ラウンジサービスに関しては、楽天ゴールドカードと同じように国内空港に加えてハワイ・韓国のラウンジも無料利用できる上、年会費399ドル(約4万円)のプライオリティパスのプレステージ会員に無料でなることができます。そして楽天ゴールドカードとはちがい、年に何度でも空港ラウンジサービスを利用できます。

年会費1万円のゴールドカードに年会費約4万円のサービスが無料でついているので、プライオリティパスを持ちたいだけの理由で楽天プレミアムカードを持っても年会費の元が取れます。

楽天プレミアムカードは、プライオリティパスのプレステージ会員がついたもっとも年会費が低いゴールドカードです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

続いておすすめのゴールドカードは、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは年会費29,000円+税と、ゴールドカードの中でも高額です。ただ、空港ラウンジサービスに関しては家族はもちろん、家族以外の友だちや会社の同僚のような同伴者1名も空港ラウンジサービスが利用できます。

しかも、家族カードは1枚に限り年会費無料で発行できる上、家族カードも空港ラウンジサービスが同伴者無料というサービスのよさが魅力です。

そのため、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードとその家族カードがあれば、合計で同伴者2名、トータル4名もの人数で空港ラウンジサービスが利用できます。ですから、家族旅行で空港ラウンジサービスを活用したい方にもアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがおすすめです。

ただ、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの欠点として、無料で入会できるプライオリティパスは年2回まで無料という制限があります。

先ほど説明した楽天プレミアムカードのプライオリティパスは年何度でも無料であることから、海外での空港ラウンジを利用する機会が多いなら、楽天プレミアムカードの方が適しています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、家族カードも含めて同伴者1名が無料で空港ラウンジを利用できるのが最大の特徴です。

まとめ

まとめ

このページでは、ゴールドカードについている空港ラウンジサービスのちがいと詳しく説明し、おすすめのゴールドカードを紹介しました。

空港内にあるラウンジには、

  • カードラウンジ
  • ビジネスラウンジ

この2種類があり、ゴールドカードの空港ラウンジサービスで利用できるのは、基本的にカードラウンジだけです。

ゴールドカードを持っているからといって、空港にあるすべてのラウンジを無料で利用できるわけではないことに注意しましょう。

そして、ゴールドカードについている空港ラウンジサービスは、国内空港で利用できるという点ではほぼ同じです。

ただ、中には

  • ハワイ・韓国の空港ラウンジも無料で利用できる
  • プライオリティパスが無料で手に入る
  • 同伴者も無料になる

このような手厚い空港ラウンジサービスがついたゴールドカードもあります。ですから、より手厚い空港ラウンジサービスを求めるなら、

  1. 楽天ゴールドカード
  2. 楽天プレミアムカード
  3. アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

この3種類のゴールドカードの中から選ぶことをおすすめします。

naru1979
喜田
14 views

過去に公務員として税務調査官に8年間勤務。
その経験を活かして現在は金融業界経験4年目。
また、税務調査官時代から個人的にFXによる
資産形成に取り組む。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。