誰にもバレずにお金を借りるための方法とNG行動について解説

さまざまな理由があってお金が必要だけれど、銀行口座に残高はない。同居の家族に相談もできないし、仮にお金を借りたことがバレたら何を言われるかわからないなどの悩みを抱えている方は意外に多くいることでしょう。

本業以外にアルバイトを考えてみても、それでは支払いに間に合わない・そもそもアルバイトができるほどの時間がなかったり就業規則で禁止されていたりするケースもあるかと思います。

そうなった場合、誰にもバレることなくお金を借りる方法を見つけるしかありませんが、果たしてそんなことはできるのでしょうか?

今回の記事では、誰にもバレることなくお金を借りるための方法に重要となるポイント、その他にも誰にもバレずにお金を借りるにあたってのNG行動についてまとめています。また、さまざまな方法を心がけたもののバレてしまった場合の対策も知っておきましょう。

今すぐにでもお金を何とかしたいと考えている方、これからお金が必要になって困ることがあるかもしれない方はぜひ最後までチェックして参考にしてみてください。

そもそもお金を借りたことがバレるのはどんなとき?

クレジットカードに銀行や消費者金融のカードローン、その他にもお金を借りるための選択肢は豊富にあります。

その中で誰かにバレることなくお金を借りることが本当にできるのかは、気になるポイントでしょう。

まず、お金を借りたことがバレないポイントを知るためにも、そもそもお金を借りたことがバレるのがどんなときなのかをお伝えします。

申し込みや契約時の電話連絡や郵送物

カードローンやフリーローンなどの申込みをすると、担当者から電話確認の連絡が入るのが一般的な流れです。

電話確認をどこで行うのかはどこで銀行、消費者金融によって異なり、基本的に本人の携帯電話で行います。しかし、つながらない場合は自宅の電話や職場の電話で行うこともあるでしょう。

自宅や職場へ電話が入った場合、本人以外の方が電話対応しても社名でなく個人名を名乗りますし、カードローンや借入れについての話をすることはありません。しかし、「今の電話の相手は誰?どんな用件だったの?」と疑いをかけられる可能性が出てきます。

また、電話確認は何とかなったとしても、次にバレる心配があるのが契約にともなう書類や借用書、ローンカードなどが郵送されてくるケースです。基本的に本人限定受取郵便や簡易書留などで郵送されてくるため、自分で受け取って開封ができれば問題はありません。

しかし、不在時などに家族が受け取ってしまうことも当然ありますし、特に同居する家族がずっと家に居る場合は心配です。

郵送物の差出人は銀行からの借入れであれば銀行名のこともありますが、消費者金融の場合は消費者金融と判断できない差出人名で届けられることがあります。いくら本人限定の郵便であっても、最悪の場合勝手に開封されたり間違って開封されたりするなど、お金を借りたことが一番バレてしまうパターンかもしれません。

審査時の在籍確認で勤務先にバレる

カードローンやフリーローンの審査の中で、審査担当者が申込者の勤務先に電話をかけて実際に働いているかどうかの事実を確認します。そして、この在籍確認時に勤務先の方にバレる可能性も高いです。

勤務先への在籍確認の電話は、消費者金融名や銀行名などの社名は名乗りませんし担当者の個人名でかけてきます。そして、その電話に勤務先の方が出たとしても、その場であれこれ借入れについて話すことはないでしょう。もちろん、カードローンやフリーローンの審査の一環であることも一切口にしません。

しかし、お金を借りる審査時の在籍確認は社名ではなく個人名でかけてくることを知っている方もいますし、明らかに仕事に関する電話でないことが雰囲気で伝わることは意外にあるものです。面と向かってお金を借りたことを確認されないにしても、本人のいないところで噂話として流れ、結果的にバレてしまう可能性があります。

督促の電話や郵便物

申込み時や審査時などは、電話がかかってくるタイミングや郵送物が送付されるタイミングがある程度把握できます。しかし、契約後に支払いを滞納してしまい、督促されることで家族や勤務先にバレてしまう可能性は十分に高くなるので注意が必要です。

返済日に入金が確認できなかった、または返済金額が足りなくて銀行口座から引き落としにならなかったなどの場合は必ずお金を借りた先から確認の連絡がきます。通常は電話連絡となるため、最初は個人の携帯電話に連絡が入るでしょう。

ただし、そこで携帯電話の着信に気付かない、故意に出なかったなどのことをすれば自宅や勤務先に電話連絡が入ります。この場合も本人が電話を取れなければ、誰かにバレてしまう可能性が十分に高まります。

そして、そこでも連絡がつかずに延滞日数がかさめば、次は自宅に督促状が届きます。一般的にハガキか封書で届きますが、この場合は家族にバレる可能性はさらに高まるはずです。

督促状の場合、差出人名が会社名のままというケースもあるので、バレたくない方は延滞を絶対にしないようにしてください。

財布やバッグの中を見られてバレてしまう

さまざまな理由で家族が財布やバッグをこっそりとチェックするなどのことがあるかもしれません。あるいは偶然見つけてしまうこともあるかもしれませんが、財布やバッグの中にあるカードや利用明細を見られてバレることもあるでしょう。

スマホが原因

最近のカードローンの中には、スマホを使って手続きをしたりキャッシングができたりするものも多くあります。店頭に足を運ぶことなく利用できるのは便利なことですが、スマホで会員ページなどを開いているのを見られてバレるケースもあるでしょう。

特にありがちなのが、スマホを置いてその場を離れた場合です。メッセージが届くことでスマホ画面に通知が表示されることで簡単にバレてしまいます。

ただし、手帳タイプのスマホケースを使っていれば誰かに見られる可能性はかなり下がるので、気になる方はぜひ取り入れてみてください。

ATM利用時

街中にあるATMでキャッシングしていたところ、誰かに見られてバレるケースもあります。

ただし、現在は提携ATMが充実していてコンビニATMや銀行ATMなどで利用することも可能なので、その場合は普通に銀行口座のお金を引き出しているのでは?くらいにしか見られないでしょう。

しかし、注意したいのが契約時に無人契約機を利用した場合です。消費者金融の契約機などは借金をするためのものなので、もしも出入りするところを見られれば確実にバレてしまいます。

うっかり口走ってしまう

隠しごとや嘘が苦手だという方は世の中に多数いますが、普段の会話の中でふとカードローンやフリーローンについて口走ってしまうケースもあるかと思われます。

また、利用しているとは口にしなかったとしても、家族に疑いをかけられた末に白状せざるを得なかったなどのこともあるでしょう。

バレることなくお金を借りるためのポイント

お金を借りるにあたって、バレてしまう理由がわかりました。逆を言えば、お金をバレないように借りるポイントさえおさえておけば悩みや問題は簡単にクリアできるようになります。

こちらでは、そのおさえるべきポイントについて解説していきましょう。

自宅への電話連絡がないようにする

カードローンやフリーローンに申し込むと、銀行や消費者金融から本人確認の電話が入ります。そこで、自宅の電話番号を記入していれば、当然電話は自宅にかかってくるでしょう。

個人名で電話をすることで極力バレないように配慮してくれますが、家族が電話を受けて後からあれこれ聞かれるのも嫌かと思います。

対策として、最初から連絡先は携帯電話の番号のみを書くのがおすすめです。そうすることによって、自宅にかかってくる電話でお金を借りたことがバレることはありません。

郵送物が届かないようにする

お金を借りた場合、ローンカードや契約書類などの郵送物が自宅に届くことがあります。

郵送物はカードローンやキャッシングの会社であることがわからないようになっていますが、家族に開封されたら間違いなくお金を借りたことがバレるでしょう。

そうならないためにできることは、郵送物が自宅に届かないようにすることです。

・自動契約機ですべての手続きを完了させる
・WEBから申し込みを行い、ローンカードなどの受取を自動契約機に指定する
・最初からカードレスのローンを選ぶ

このように選択肢は主に3つあります。

また、申し込んで契約して終わりではなく、その後も郵送物には気を付けないといけません。

店頭窓口やATMでキャッシングをした場合は特に問題ありませんが、振込でキャッシングをしたり、提携ATMでキャッシングをしたりすると、利用明細が自宅に送付される場合があります。そして、そこでバレてしまうということです。

利用明細の郵送を防ぐのであれば、WEB明細を利用するようにしてください。そうすることで利用明細はWEBでダウンロードできるようになるので、お金を借りてもバレる心配がなくなります。

在籍確認の電話

基本的に申込書に記載した勤務先に在籍しているかどうかを確認しますが、これは申請内容に虚偽がないかを確認する目的も含まれています。

その電話も個人名でかけてきますが、こちらもできるだけバレないような配慮はされていますが確実ではありません。

また、最近は架空の会社で働いているように装う「アリバイ会社」というものも存在していますが、勤務先を虚偽の申請によってお金を借りるのは詐欺に問われる可能性があります。利用することでバレる以前の問題になるので、絶対に利用しないでください。

お金を借りるときに在籍確認を「勤務先への連絡なし」にてできるのか

基本的に勤務先に在籍確認を行うことが多いですが、どうしても連絡なしにしたい場合は方法がないわけではありません。

在籍確認の代わりに社会保険証、あるいは組合保険証を提出することで在籍を認められた場合は「勤務先への連絡なし」にてお金を借りることが可能です。

もしも「勤務先への連絡なし」でお金を借りられれば、土日や勤務先が休日の日でも審査が即日に完了するなどのメリットがありますから、ぜひ対応方法についてチェックしておきましょう。

本人確認の時に担当者に相談してみるのも方法の一つ

勤務先に電話をかけられて困る場合、本人確認の際に担当者に相談してみるのも方法の一つです。電話での在籍確認が難しいと判断できれば、他の方法を検討してくれる可能性もあります。

また、消費者金融の場合、50万円を超える借入は審査が厳しくなる傾向があり、在籍確認は電話で確実に行われることになるでしょう。

どうしても勤務先への連絡をなしにしたいのであれば、借りるお金の額も気をつけてください。

自動契約機や店舗に行かない

自動契約機や店舗に行かなければ、誰かに見つかってバレることはないでしょう。

そのためにできることが、申込みをWEB完結にして借りたお金を銀行口座への振り込みにすることです。そうすればわざわざ自動契約機や店舗に足を運ぶ必要がないので、気をつかうことなくお金が手に入ります。

誰にもバレずにお金を借りるためのNG行動

お金を借りたことがバレないための方法を解説しましたが、それを知って終わりではありません。

借りた後の行動によってバレるだけでなく周りの人に迷惑をかける可能性もありますから、あらかじめどんなことなのかをチェックしておいてください。

遅れずに返済すること

借りたお金の返済が遅れることで、携帯電話・自宅、勤務先などに連絡がきます。

具体的に、どのくらい遅れるとどんな連絡がくるのかをチェックしておきましょう。

・3週間~1ヶ月の遅れ
携帯→自宅→勤務先のように、電話連絡がきます。

そして、電話連絡がつかない場合は、自宅にお金を借りた会社から督促状が郵送される流れになるでしょう。

・3~4ヶ月の遅れ
この頃になると、お金を借りた会社と契約する弁護士事務所から督促状が届いたり、携帯電話や自宅(場合によっては勤務先にも)に電話がかかってきます。また、メールが送られてくる場合もあるでしょう。

そこで、すぐに支払えない旨を相談して携帯電話でいつでも連絡がつくようにすれば、それ以上の追及はないでしょう。

しかし、連絡に応じずにそのまま放置するとさらに重大なことになります。

・裁判所からの出頭命令が送られてくる
借りたお金を払わずにずっと放置することで、最終的に裁判所からの出頭命令が送られてきます。

ここまでの状態になると家族にバレることは避けられませんし、仕事を休んで裁判所に行かなければならないので勤務先にバレる可能性は高くなるでしょう。

そして、どうしても支払いが困難になって自己破産の選択をせざるを得なくなった場合、家族の収入を証明できる書類や通帳のコピーまで提出しないとなりません。こうなってしまうと、お金を借りた事実は確実にバレます。

借金がバレてしまったらどう対処すれば良い?

さまざまな心がけや対策もむなしく、お金を借りたことがあっけなくバレてしまうこともあるでしょう。

それでは、実際に「お金を借りたことがバレてしまった」「バレてしまった後はどうすれば良いのか」などの対処法も一緒に考えておきましょう。

ひたすら謝る

お金を借りたことがバレる理由にバレないための方法などを解説しましたが、特に生活を共にする家族に隠しごとをするのは心苦しいことでしょう。

多重債務者に陥る方の多くに、家族には内緒で返済を続けて借入上限金額まで借り切ってしまう傾向があります。そして、返せなくなったがために新たな借金を繰り返すというパターンに嵌ってしまうのです。

最終的にお金を借りたことがバレてしまったら、そこは言い訳せずにひたすら謝るのがベストです。家族であってもそれぞれの人間ですから、お互いの感情を無視するようなことをしてはいけません。

身近な方に隠しごとをされていたら、嫌な気分にもなりますし信頼も失うことにつながります。まずは「隠していて申し訳なかった」と素直に伝えてください。さらに経済的な迷惑をかけていた、これからかけることになるのであれば、謝りすぎるくらいに謝ることが大切です。

現在の借入れ状況や今後の返済計画について話し合う

現在の状態を共有して、借りたお金を今後どうやって返済していくのかについてしっかりと話し合ってください。

もちろん相手との関係性によってどう話し合うのかは変わりますし、友達や勤務先の方にまで詳しく説明することはありません。しかし、家族間で借りたお金の状況を確認するのは重要です。

自分の責任で返済していく意思を明確にしておく

家族などの身近な方が将来的に借りたお金のことで頼られるのでは?という心配をすることは普通にあります。

そこは自分の借りたお金なので、返済は自分で行って迷惑はかけないことはしっかりと伝えてください。そして、自分ではどうにもならないくらいの状況になってしまっていたら、改めて援助を申し出るようにするのです。

しかし、個人のカードローンでは返済義務は本人にのみあるので、家族はもちろん配偶者にも返済の義務はありません。援助を断られたとしても起こることはせずに、自分で何とかすることを考えてください。

一般的なのは、自分の責任で債務整理などの方法を検討することでしょう。

まとめ

誰にもバレることなくお金を借りるための方法に重要となるポイント、その他にも誰にもバレずにお金を借りるにあたってのNG行動やバレてしまった場合の対処法について解説しました。

お金を借りたことは色々な方法を取り入れることでバレずに済むかもしれませんが、身近な人を騙しているみたいで気も引けてしまいますよね。

できればカミングアウトするのがベストですが、まずは自分ができることをやってみてください。そして、何とかバレずにお金を借りられているのでしたら、絶対に支払い遅れなどをすることなくしっかりと返済をしていってください。

とさかおみ
とさかおみ
874 views

メガバンクに勤務経験あり。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。